L.A.ギャングストーリー ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産) [Blu-ray]
ロス市警の極秘チームと大物ギャングの“仁義なき戦い”を描く「L.A.ギャングストーリー」。暴力には暴力をという発想がアメリカらしい。

1949年のロサンゼルス(L.A.)。巨大犯罪組織のボス、ミッキー・コーエンは、警察や政治家までも支配下に置き、麻薬、銃、売春とあらゆる悪事で町を牛耳っていた。長年コーエンの犯罪を見過ごしてきたロス市警は、ついに彼の支配に終止符を打つため立ち上がる。ジョン・オマラ巡査部長をはじめ、少数精鋭6人による最強部隊を組織し、警察官の身分を隠して、時には犯罪者顔負けの違法手段を用いてコーエンとその組織を追い詰めていくが…。

ギャング映画には数多くの傑作があるが、共通するのはクールでスタイリッシュなこと。そのために一番重要なのはキャスティングだ。本作ではジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリングら旬の俳優たちに、オスカー俳優ショーン・ペンをぶつけて、激渋の雰囲気を醸し出している。大物ギャング、ミッキー・コーエンを倒したL.A.市警の極秘チーム“ギャングスター・スクワッド”のメンバーは、正義感はあるが警察内部のはぐれ者ばかり。コーエンとの戦いに勝っても身分を隠した彼らに賞賛はない。それでも戦うからこそ男の美学が際立つのだ。警察官であることを捨てて戦う彼らはギャング顔負けに荒っぽい。劇中、コーエンが「L.A.という街はメキシコ人が先住民から奪い、さらに白人が奪った。今度は俺が奪う」と豪語する。この台詞が極めてアメリカ的で、結局、今のアメリカにある正義も腐敗も、血まみれの歴史の上に成り立っているということだ。コーエンを演じるショーン・ペンの怪演はさすがの迫力で、クライマックスにはオマラとの殴り合いという無駄なサービスまで用意されている。監督がオフビートなコメディを作ってきたルーベン・フライシャーというのが少し意外だが、ここでは得意の笑いは封印し、実録ギャング映画をアクション・エンターテインメントとして仕上げている。ちなみにコーエンが逮捕された後の裏社会の混乱を描いたのが映画「L.A.コンフィデンシャル」。こちらはフィクションだが、続けて見ると面白いだろう。警察とギャングの癒着と死闘に終わりなどないのだ。
【70点】
(原題「GANGSTER SQUAD」)
(アメリカ/ルーベン・フライシャー監督/ジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリング、ショーン・ペン、他)
(クール度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
L.A. ギャング ストーリー@ぴあ映画生活