さよなら渓谷 [Blu-ray]
最悪の形で出会った運命の相手との愛憎を描く「さよなら渓谷」。“裏”主人公は監督の実弟の大森南朋演じる記者だ。

緑豊かな渓谷で、幼児が殺害され母親が逮捕されるというショッキングな事件が起こる。母親の逮捕で事件は解決したかに思えたが、隣家に住む尾崎俊介が母親と不倫関係にあると通報され、共犯の可能性が浮上した。通報したのは俊介の内縁の妻かなこ。なぜ妻が夫を告発したのか。なぜ夫婦は世間に背を向けるように暮らしているのか。事件を追う週刊誌記者の渡辺は、尾崎夫妻を調べるうちに15年前に俊介が犯した罪が二人を結び付けていることを知る…。

日本には“腐れ縁”ものという映画ジャンルが伝統的に存在する。成瀬巳喜男のシリアスドラマ「浮雲」や豊田四郎のペーソスあふれる人情劇「夫婦善哉」などがそのジャンルの一級の代表作だ。一緒にいても幸せにはなれないと知りながら、離れることができない男女。こういう奇妙な関係が逆に強固な絆となる歪んだ恋愛は、見ていて息苦しいが、本作もまたヒリヒリと灼けつくような痛みを感じる。俊介とかなこは、15年前の集団レイプ事件の加害者と被害者なのだ。あえてネタバレしてしまうのは、本作の主軸が過去の事件の謎解きにはないからである。事件は、かなこばかりか俊介の人生さえ狂わせてしまうのだが、この男女は、その忌まわしい出来事を隠す必要がない唯一の相手という意味で、一番“自然”でいられるのだから皮肉なものだ。しかも最悪の出会いをした彼らは悲しいことに運命の相手で、決して離れては生きていけない。壮絶な“業(ごう)”である。週刊誌記者の渡辺もまた、スポーツ選手として挫折し、人生の方向性を見失っている男だが、この歪な純愛を貫く男女に寄り添うことで、生きる力を取り戻していく。この記者の存在が、観客の目となって一筋縄ではいかない男女の愛憎の糸をほぐしていく仕掛けだ。主演の真木よう子が、ヒロインの複雑な感情を、セリフではなく、官能的な演技と繊細な表情の変化で演じていて好演。ねっとりしているはずの夏の暑さの中でも、登場人物たちがどこか涼しげなのが、ビジュアル的には惜しい。それでも、本作の「さよなら」は再びの出会いの始まり。この物語は、ハッピーエンドなのだと思える。
【65点】
(原題「さよなら渓谷」)
(日本/大森立嗣監督/真木よう子、大西信満、鈴木杏、他)
(運命の相手度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
さよなら渓谷@ぴあ映画生活