清須会議 Blu-ray スペシャル・エディション(特典DVD付3枚組)
織田信長亡き後の継嗣問題と領地配分を決めた会議の心理戦を描く群像劇「清須会議」。勝家VS秀吉の根回し合戦に抱腹絶倒。

天正10年(1582年)。本能寺の変で命を落とした織田信長亡き後の、織田家の後継者問題と領地配分を協議するため、尾張の清須城で評定(会議のこと)が開かれた。筆頭家老の柴田勝家と羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)が後見に名乗りを上げ、両派の心理戦が始まる。二人があこがれるお市様や信長の息子、弟など、さまざまな立場の人間がそれぞれの思惑で動く中、5日間にわたる清須会議が開かれる…。

三谷幸喜の監督6作目は、自身初の時代劇。ただ自他共に認める歴史好きの三谷監督は、この物語を脚本としてより先に小説として執筆したそうだ。どうりで細部までこだわりが感じられる。物語の基本は、勝家と秀吉の勢力争い。日本の歴史上、初めて会議で歴史が動いたといわれる清須会議は、織田家の跡継ぎを決めるというのに織田一族は蚊帳の外。重臣たち4人によってすべてが決められたのだから、何ともやるせない話だ。群像劇なので、数多くのキャラクターが登場するが、勝家派と秀吉派がそれぞれ押す跡継ぎと、さまざまな事情でどちらかに肩入れする周囲の人々の思惑は、組んず解れつ。それを絶妙の笑いとペーソスで包んだ三谷脚本は、もはや名人芸だ。男衆が涙ぐましい根回し合戦を繰り広げる一方で、注目したいのは女性キャラの冷静で冷徹な動きである。過去の恨みや血筋の継続、さらには純粋な愛情で歴史の中に存在する女性たちこそ、清須会議の陰の功労者ではなかろうか。有名な会議とはいえ、派手なアクションや情熱的なロマンスがあるわけでもない、本作の清須会議は、映画としてはすこぶる地味な題材。それを日本映画が誇る豪華キャストを集めて、抱腹絶倒の歴史エンタテインメントに仕上げてみせた。小さな役まで主役クラスの俳優を使う豪華さだが、中でも、大泉洋演じる秀吉が絶品。チャラチャラしていながらしっかりと天下を見据える野心、敵さえも魅了する人間性が豪華キャストの中でもひときわ光っていた。
【70点】
(原題「清須会議」)
(日本/三谷幸喜監督/役所広司、大泉洋、小日向文世、他)
(豪華キャスト度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

清須会議@ぴあ映画生活