もらとりあむタマ子 [Blu-ray]
音楽番組から生まれた異色の人間ドラマ「もらとりあむタマ子」。ニコリとも笑わないぐうたらヒロインを演じる前田敦子のダメっぷりがいい。

23歳のタマ子は東京の大学を卒業したものの、現在は無職。地元の甲府に戻り父が一人暮らしする実家に戻っている。だがタマ子の毎日は、就職活動をするでもなく、ただ食べて寝て、マンガを読んでテレビに悪態をつくというぐうたらな日々だ。季節が移り変わる中、ようやく書いた履歴書の送り先は芸能事務所。小言は言うものの優しい父は、それでもそんな娘を応援せずにはいられない。ある日、父に再婚話が持ち上がり、タマ子は動揺するのだが…。

音楽チャンネル「MUSIC ON!TV(通称エムオン)」でタマ子という女の子のぐうたらな日常を、四季折々に映し出すプログラムから生まれた異色ドラマを、ささやかな日常を切り取る名手、山下敦弘が演出。「苦役列車」で組んだ前田敦子と再びタッグを組んでいる。元AKB48のエースでトップアイドルの前田の女優としての演技は、なぜか巷では評判が悪いのだが、私はこの人の暗くくすぶった感じはなかなか得がたいものだ評価しているのだ。それはさておき、この作品では、何もしないくせに口だけは達者で逆切れが得意、ボサボサ頭にジャージ姿で食っちゃ寝を繰り返すという、外見も内面もダラしないヒロインを“脱力系熱演”で演じていて、女優としての新境地を開いている。どうしようもないヒロインをダサい日常の中で描く物語からうっすらと聞こえる通奏低音は、ぐうたらな娘と不器用な父が言葉少なに互いを思いやる優しさだ。とはいえ、タマ子は近所の中学生にさえ「あの人、友達いないから…」と同情されてしまう残念娘。就職活動しろと叱咤されると「その時が来たら動く。でも少なくとも今ではない!」と意味不明の威勢のいい啖呵を切る。そんなタマ子がなぜか愛おしいのは、この不器用な停滞期は多かれ少なかれどんな人も通過する、あるいは通過してきたモラトリアム(成長を猶予する期間)だからだろうか。ラスト、小さな一歩を踏み出すタマ子に、気持ちがほっこりする。
【65点】
(原題「もらとりあむタマ子」)
(日本/山下敦弘監督/前田敦子、康すおん、鈴木慶一、他)
(グダグダ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

もらとりあむタマ子@ぴあ映画生活