47RONIN ブルーレイ(「47RONIN」メインキャスト・ポストカードセット(6枚セット)付き) [Blu-ray]
忠臣蔵の世界観をハリウッドが独自に解釈した娯楽アクション大作「47RONIN」。日本愛にあふれた珍作。

美しい赤穂の地。領主の浅野に助けられた混血児カイは、鬼と蔑まれながらも、浅野への忠誠と浅野の娘ミカへの恋心を秘めて、たくましく成長した。だが赤穂の領地を狙う吉良と妖術を操る謎の女ミヅキの策略によって、浅野は命を落とす。大石ら赤穂の侍たちは主君を失い、浪人となるが、1年後再び集まり主君の仇討ちを誓う。彼らは大軍を擁する吉良に対抗するため、奴隷に売られたカイを探し出して仲間に加えることに。彼らは次々に現れる怪物たちを退け、吉良への復讐に向かうが…。

赤穂浪士47人の吉良邸討ち入り事件“忠臣蔵”は、日本人ならば誰でも知る仇討ち話。この古典的な歴史にハリウッドが独自の解釈を施した本作は、主演に世界的スターのキアヌ・リーブスを迎えて異形のアクション・エンタテインメントに仕上がっている。主人公のカイは混血のはぐれ者。周囲からは鬼と蔑視されるが、寡黙にじっと耐え忍ぶ姿はある意味、侍そのものである。カイの侍らしさは、浅野家の武士を助けてもそのことは口には出さず、妖術で動けない家臣に代わって命を懸けて敵との戦いに挑むなど、犠牲の精神にも表れている。最初はカイを軽蔑していた家臣たちもやがては彼を認めていくのはそのためだ。CM界の俊英カール・リンシュは、おそらく忠臣蔵や日本の文化、精神風土に関して徹底的に調べ、すべて判った上で、換骨奪胎したのだろう。もしかしたらこれが、外国人が考える理想の武士道なのかもしれない。妖術や、クリーチャーの登場や、若く野心的な敵・吉良、浅野の娘ミカとカイの恋などの設定は、冒険ファンタジーそのものだ。主演はキアヌだが、国際的に活躍する真田広之、浅野忠信、菊地凛子が豪華共演。見たこともない壮大な冒険物語を活写する。仇討ちや死を美化する思想がそのままなのは不満だが、体面ばかり重んじる武士が異形のカイによって本物の忠義に目覚める展開は、外から見るサムライ・スピリットとして興味深い。忠臣蔵と思えば珍作だが、エキゾチックなファンタジー・アクションと見ればインパクト大の娯楽作だ。
【55点】
(原題「47RONIN」)
(アメリカ/カール・リンシュ監督/キアヌ・リーヴス、真田広之、柴咲コウ、他)
(ファンタジー度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

47RONIN@ぴあ映画生活