利休にたずねよ コレクターズ・エディション(Blu-ray Disc)
希代の茶人・千利休の秘めた恋を描く「利休にたずねよ」。市川海老蔵の眼光が美にこだわる狂気を物語る。

雷雨の中、3000人もの兵士に屋敷を囲まれ、千利休は、天下人の豊臣秀吉の命によって今まさに切腹しようとしていた。利休の妻・宗恩が「あなた様にはずっと想い人がおられたのでは…」と尋ねる。利休には、放蕩の限りをつくした若い頃、高麗からの貢物である美しい女と出会い、激しく心を奪われた恋があった。さらに、織田信長、豊臣秀吉に仕えた波乱万丈の人生を思い出していく…。

原作は直木賞作家の山本兼一の同名小説。千利休を枯れた茶聖ではなく、恋や美に身を焦がす情熱の人だったと解釈し、利休の美意識は若い頃に経験した悲恋がベースになっているという仮説に基づいて描かれるものだ。若い頃、遊郭に入り浸っていた利休は、異国の地・高麗からきた高貴な美女と出会い、一目で恋に落ちる。一緒に逃げて心中しようとまで思いつめるが結局一人生き残ってしまう。しかも彼女の最期の言葉は「あなたは生きてください」だったのだから、これは利休の人生と価値観を変えてしまうのも無理はない。織田信長にさえ自分の美意識を曲げない利休は人々を虜にするが、あまりに高まる名声に秀吉が嫉妬し、やがて利休を死に追いやるという展開は、歴史通りだ。不満な点は、秀吉や家臣の石田光成が利休の名声や美意識を恐れる背景が、掘り下げられていないこと。胸からチラリと見える緑色の小壷だけでは説明不足なのではなかろうか。ただ10代から晩年までを演じ分けた市川海老蔵の熱演は見事。この人の歌舞伎仕込みの演技は映画では浮くことが多いのだが、今回は静の場面になればなるほど情熱を感じさせる演技で、利休になりきっていた。故・市川団十郎との最初で最後の父子共演も見もの。何より、実際に利休が使用した国宝級の茶道具や建造物を使って撮影された映像は、本物志向。重みのある歴史絵巻に仕上がっている。
【60点】
(原題「利休にたずねよ」)
(日本/田中光敏監督/市川海老蔵、中谷美紀、大森南朋、他)
(本物志向度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

利休にたずねよ@ぴあ映画生活