WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~ Blu-ray 豪華大木エディション
都会育ちの青年が林業を通して成長していく青春コメディ「WOOD JOB!(ウッジョブ) 神去なあなあ日常」。矢口監督は相変わらず目のつけどころがいい。

毎日お気楽に過ごしていた18歳の勇気は、彼女にフラれ大学受験にも失敗。進路も将来の見通しも何もない彼は、軽い気持ちで1年間の林業研修プログラムに参加することになる。携帯の電波も通じないド田舎の村での暮らし、凶暴で粗野な先輩ヨキのしごき、命の危険にさらされる過酷な林業の現場に、もう耐えられないと逃げ出そうとするが、気の強い美女・直紀と出会い恋してしまい、村にとどまることに。やがて勇気は底抜けに明るい村の人々や100年先を見据える壮大な林業の魅力に触れて、少しずつ変化していく…。

原作は三浦しをんのベストセラー小説「神去なあなあ日常」。村の名前“神去(かむさり)”とは神と住む村の意味らしい。さらに“なあなあ”とは「ゆっくり行こう」「まあ落ち着け」などを意味する方言だそう。いったいどんな物語なのかと気になる本作は、林業をテーマにした異色の青春エンタテインメントだ。男子のシンクロや航空業界、ロボットと、マニアックな専門職を取り上げてきた矢口史靖監督らしい、爆笑と感動のエピソードが、明るいタッチで描かれている。一般には林業を深く知る人は少なく、都会っ子の主人公の目はそのまま観客の視点となる。厳しい山の環境や慣れない過酷な作業に心身ともに折れそうになる勇気が、やがて村人の人情や林業の魅力に目覚めて成長するプロセスは、ウェルメイドな展開ながら見ていて清々しい。林業という切り口は新しいが、映画の作りとしては極めてオーソドックスなこの映画、実に魅力的でにくめないのだ。山での不思議な体験や、クライマックスの「!」な奇祭まで、サービス精神もたっぷり。山の厳しさや林業の実態は本当はもっとシビアで別次元のものだろう。だが自分の居場所を自分で決めた主人公の心の成長は確かなものだ。だからこそ本作の清涼感は格別なのである。
【65点】
(原題「WOOD JOB! 神去なあなあ日常」)
(日本/矢口史靖監督/染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、他)
(ウェルメイド度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!
人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜@ぴあ映画生活