ニード・フォー・スピード ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ロングランの人気ゲームを実写映画化したカー・アクション「ニード・フォー・スピード」。主人公がこんなに地味でいいものか?!

天才的なドライビング・テクニックとエンジニアの腕を持つトビーは、かつてのパートナーのディーノに裏切られ、無実の罪をきせられてしまう。復讐を誓ったトビーは、非合法で危険なストリート・レースに参戦することに。勝つためには手段を選ばないライバルや、トビー逮捕を狙う警察の追跡、さらにはディーノの卑劣な妨害の中、レースがスタートする。仲間たちに助けられたトビーはゴールを目指してひた走るが…。

原作は90年代から発売され、世界的に熱狂的なファンを持つレーシングカーゲーム・シリーズ。カー・アクション映画の宿命で、“ワイルド・スピード”と比べられるのは避けられない。実際、本作は、ストーリーは平凡だし、出演者も極めて地味で、いわゆる亜流映画にしか見えないだろう。だが本作には、CGに頼らない本物のカー・アクションのド迫力があり、これだけはワイスピを上回る。監督のスコット・ワウは、スタントの世界でキャリアを積んできた人物だそうで、なるほど、そのこだわりはハンパない。登場する車も、フォード・マスタングやランボルギーニなど世界のスーパーカーばかりで車好きにはたまらないだろう。個人的に気に入ったのは、主人公を助ける英国人美女で実は車オタクの女性バイヤーを演じるイモージェン・プーツのコケティッシュな魅力だ。可愛くて知的、度胸や荒っぽさも持ち合わせる彼女のキャラが、物語の中でいいアクセントになっている。それにひきかえ、主人公を演じるアーロン・ポールときたら、何とヤボッたいことか。TV界ではスターらしいが、いくらなんでも地味すぎる。ともあれ、この映画、主人公より、車や仲間という周辺の魅力が上回るという困った状態ながら、純粋にカー・アクションを楽しむにはもってこいの1本といえよう。
【60点】
(原題「NEED FOR SPEED」)
(アメリカ/スコット・ワウ監督/アーロン・ポール、ドミニク・クーパー、イモージェン・プーツ、他)
(スピード感度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ニード・フォー・スピード@ぴあ映画生活