インターステラー ブルーレイ スチールブック仕様(2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
人類の存亡をかけて宇宙へ旅立つ壮大なミッションを描くSFドラマ「インターステラー」。驚愕の映像と父娘愛のドラマで、169分の長尺をグイグイ引っ張っていく。

近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類は滅亡の危機を迎えていた。元パイロットのクーパーは、居住可能な新たな惑星を探すという危険なミッションに挑むことになる。幼い娘を地球に残して旅立つ苦悩と、人類を滅亡から救う使命の間で葛藤するクーパーだったが、やがて「必ず戻ってくる」との約束を胸に、数人のクルーと共に、前人未到の宇宙空間へと旅立つことになる…。

人類を救うために未知なる宇宙へ。この「アルマゲドン」な設定に、実は、見る前は、期待度は薄かった。だが、蓋をあけてみれば、やっぱり才人クリストファー・ノーラン、時間と空間、そして愛をテーマに、壮大な宇宙への旅をスタイリッシュな映像で描いてくれた。相対性理論とキップ・ソーン博士のタイムワープ論などは、根っからの文系の私には難しすぎて困ったが、映画のベースは父と娘の親子愛なので、意外なほどすんなりとストーリーを追うことができる。人類が居住可能な星は本当にあるのか?とのサスペンスフルな展開で緊張感をはらみつつ、映像派のノーラン監督が魅せてくれるのは今まで見たことがないような宇宙のヴィジュアルだ。ワームホールを通過しブラックホールに突入、宇宙空間で時空を超越すれば、4次元、5次元の世界が見えてくる。終盤に登場する、本棚のシークエンスは、時空を超えた親子愛の神秘とでも言おうか。マコノヒー、ハサウェイ、チャステイン、ケインら、実力派俳優が勢ぞろいするが、話が壮大すぎて彼らの演技の素晴らしさのことを、しばし忘れてしまっていた。このことが、人類の歴史や英知など、広大な宇宙の中では、些細なことにすぎないとの思いに重なった時、改めてノーラン作品のスケールの大きさを実感するのである。
【90点】
(原題「INTERSTELLAR」)
(アメリカ/クリストファー・ノーラン監督/マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、他)
(壮大度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
インターステラー@ぴあ映画生活