THE NEXT GENERATION パトレイバー/第6章 [Blu-ray]
名作ロボットアニメを完全オリジナルで実写映画化した「THE NEXT GENERATION パトレイバー/第6章」。やっと戦うレイバーの姿にしばし感動。

エピソード10:暴走!赤いレイバー
旧ソ連の軍用レイバーが新潟経由で密輸されるとの情報が公安部から寄せられる。協力を要請してきた公安部を特車二課第二小隊隊長の後藤田はたくみにかわすが、以前捕えたテロリストの蜂谷が、レイバー強奪を狙って逃亡したため、アキラとユウマは新潟へ出張することになる…。
エピソード11:THE LONG GOODBY
特車二課で、イングラムの操縦と格闘ゲームに明け暮れるアキラ。そんな時、同窓会の招待状が届く。仕事を抜けだし、ほろ苦い思い出を胸に出席した彼女は、かつて想いを寄せていた男と再会し、胸をときめかせる。クルーズ船に乗り遅れた2人は、先輩の一人とともに船を待つことになるが、男にはある秘密があった…。

第6章は、色々な意味で画期的だ。エピソード10では、ついにレイバーが戦う姿を目にすることができる。軍用レイバーVS警察用レイバーのバトルは、膝をつき、奇策を秘めたレイバーの銃砲が火を噴く…と言いたいところだが、ギャグ系のこのシリーズのこと、予想外の展開に。むしろ見どころは、思いがけず同じ部屋で一夜を過ごすことになったアキラとユウマの微妙な関係かもしれない。ともあれ、待ち望んだレイバーの戦う雄姿に「いよっ!待ってました〜♪」と叫びたくなる。一方でエピソード11は、ほとんどレイバーは関係なしというから、メリハリがあるというか、やけっぱちというか…。色気ゼロのアキラの恋愛(未満だが)模様の物語だ。高校時代の想い人と再会し胸をときめかせるアキラだが、その結末はほろ苦い。ちょっと嬉しいのは、映画「ロング・グッドバイ」のセリフの解釈で、これがこのエピソードの結末にリンクしている。第6章は久しぶりにアキラが主役。キュートな女子高校生姿やドレスアップしたエレガントな姿など、アキラファンには至福の時だろう。特殊な公開形態ということで、長編映画に至るまでの章は、例によって今回も得点は表記しないこととする。
【(ー)点】
(原題「THE NEXT GENERATION パトレイバー/第6章」)
(日本/押井守監督/真野恵里菜、筧利夫、福士誠治、他)
(第6章度:★★★★★←暫)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
THE NEXT GENERATION パトレイバー 第6章@ぴあ映画生活