THE NEXT GENERATION パトレイバー/第7章(完全初回生産限定版)(限定特典:エピソード12シナリオブック付き) [Blu-ray]
THE NEXT GENERATION パトレイバー/第7章(完全初回生産限定版)(限定特典:エピソード12シナリオブック付き) [Blu-ray] [Blu-ray]
名作ロボットアニメを完全オリジナルで実写映画化した「THE NEXT GENERATION パトレイバー/第7章」。まるで長めの予告編という感じの1時間。

エピソード12:大いなる遺産
警視総監の後継者人事が噂される中、特車二課の解体が遂に現実となり始め不穏な空気が漂い始める。隊長の後藤田は、先代の隊長が特車二課の存続のために残していた警察内部に仕掛けた“遺産”を探る。後藤田が辿りついたのは、かつて幻のクーデターを率いたが、今は収監されているひとりの男だった…。

第7章では、まずシリーズ総集編、さらに1993年に公開された劇場版アニメ「機動警察パトレイバー 2 the Movie」の後日譚で、2015年公開の長編劇場版「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」にも繋がるエピソード12「大いなる遺産」で構成されている。押井守自らが監督する「大いなる遺産」の一番のウリは、キーパーソンとして、ファンの中でも人気の高いキャラ・南雲しのぶが登場(チラリとだが…)することと、彼女と関係の深い柘植行人の登場だろう。シリアスという意味ではシリーズ屈指だが、話は少しも進まないので力が抜けた。さらに言えば、既視感満載なダイジェストと、長編版に向けた長〜い予告編のようなエピソードで構成された1時間足らずの作品で堂々と入場料を取るのはいかがなものか…という気がしないでもない。ラストに登場する長編版の予告編を見る限り、かつてしかけた“遺産”を巡り、激しいバトルが繰り広げられる様子。ともあれ、ここまでつきあってきたシリーズだ。「首都決戦」に期待!である。特殊な公開形態ということで、長編映画に至るまでの章は、例によって今回も得点は表記しないこととする。
【(ー)点】
(原題「THE NEXT GENERATION パトレイバー/第7章」)
(日本/押井守監督/真野恵里菜、筧利夫、福士誠治、他)
(第7章度:★★★★★←暫)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
THE NEXT GENERATION パトレイバー 第7章@ぴあ映画生活