『マエストロ!』Blu-ray&DVDセット 豪華版 【初回限定生産 3枚組】
再結成した名門オーケストラの奮闘を描く音楽ドラマ「マエストロ!」。オーケストラやクラシックのトリビアが楽しい。

若手コンサートマスターの香坂は、不況で解散した名門オーケストラの再結成に携わることになる。だが集まったのは再就職先も決まらない負け組楽団員と、腕は一流だがアマチュア・フルート奏者のあまね。そこにうさんくさい謎の指揮者・天道が現われる。彼こそこのオーケストラの再結成を企画した張本人だった。天道の破天荒な指揮とムチャな練習に、最初は猛反発する楽団員たちだったが、次第にその魅力に引き込まれ、メキメキと上達していく。だが天道は復活コンサートにある秘密を仕掛けていた…。

原作は、さそうあきらの人気コミック。バラバラだった楽団員たちが、謎の指揮者によって、音楽への情熱と自信を取り戻し、復活コンサートへと向かう物語は、笑いあり、涙あり、感動ありの、賑やかさで最後まで飽きさせない。劇中で演奏するのはベートーベンの「運命」とシューベルトの「未完成」という超有名な2曲。この名曲の解説もきっちりと描かれる。「運命」のジャジャジャジャーンの前には休符があるので音合わせは難しい、唇が薄い人は管楽器に向いている、指揮者とオーケストラは敵同士!などの知識は、いわばオーケストラのトリビア。クラシック界の実情やオーケストラの内情に詳しい人は「そうそう」と頷き、詳しくない人は「へぇ〜」と得した気分になる、実にうまい作りだ。父へのコンプレックスを抱くコンマスの苦悩、天才フルート奏者あまねの壮絶な過去からそれを乗り越えての名演奏など、人間ドラマも丁寧に描写される。松坂桃李と西田敏行はバイオリンと指揮の猛特訓を受けたそうで、なかなかサマになっている。クライマックスのコンサートのシーンは、感動が波のように押し寄せ、圧巻だ。誰かと響き合うことができれば、音楽は永遠になる。こんなキザな言葉も、映画を見終われば納得できてしまう。
【70点】
(原題「マエストロ!」)
(日本/小林聖太郎監督/松坂桃李、miwa、西田敏行、他)
(トリビア度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
マエストロ!@ぴあ映画生活