マジック・イン・ムーンライト [Blu-ray]
魔術師と占い師の恋の行方を描くロマンチック・ラブコメディ「マジック・イン・ムーンライト」。天真爛漫なラブストーリーは軽やかさが心情。

魔法や超能力など信じないイギリス人マジシャン、スタンリーは、友人からある大富豪が入れあげているアメリカ人占い師、ソフィの正体を暴いてほしいと頼まれ、コート・ダジュールの豪邸へと乗り込む。だがソフィは、実際に会ってみると若くて美しい女性で、スタンリーに対して次々に透視能力を発揮した。悲観主義者のスタンリーは、それまでの人生観を覆され、笑顔が魅力的なソフィに惹かれるようになるのだが…。

前作「ブルー・ジャスミン」での痛々しさから一転、名匠ウディ・アレンが描くのは、1920年代の南仏を舞台に正反対の男女の恋の駆け引きを描くラブ・ロマンス。全編に、明るさとユーモアがあふれている。英国人の魔術師スタンリーは、中国人のフリをして観客を騙すのに自分自身が騙されるのは大嫌い。そもそも魔法なんか信じていないニヒリストだ。一方、アメリカ人の占い師ソフィは、超能力や霊媒を駆使して不可思議な現象を操る女性だが、性格は明るく快活で超ポジティブ。そんな真逆な男女の恋が一筋縄でいくはずがない。もっともストーリーは単純だし種も仕掛けも拍子抜けするような内容なのだが、この映画のテーマは“恋とは魔法のようなもの”ということ。すべてが軽やかなのは見ていて楽しくなるし、1920年代のクラシックで華麗なファッションもまた魅力的だ。思えばアレンの映画には、手品や占い、催眠術や霊媒師などが頻繁に登場する。恋愛をイリュージョンと言いきるのはいささか穿った見方だが、それが人生を幸福へと導くのなら信じてみるのも悪くない。映画だって同じこと。暗闇で見る作りものの物語に心地よく騙される至福を、私たち映画ファンはよく知っているから、この作品が憎めないのだ。
【60点】
(原題「MAGIC IN THE MOONLIGHT」)
(米・英/ウディ・アレン監督/コリン・ファース、エマ・ストーン、アイリーン・アトキンス、他)
(ロマンチック度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
マジック・イン・ムーンライト@ぴあ映画生活