シンデレラ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
名作アニメをディズニーが実写映画化した「シンデレラ」。舞踏会シーンの美しさは圧巻。

幼い頃に母を亡くしたエラは、父親の再婚で継母トレメイン夫人とその連れ子である姉妹と暮らすことに。しかし父が事故で急死し、エラは継母たちに使用人のようにこき使われる。母の教えである“勇気と優しさ”を胸につらい仕打ちに耐えるエラだったが、ある日涙をこらえきれずに家を飛び出し、森へと馬を走らせる。そこで青年キッドに出会い心惹かれるが、実はキットは王国の王子だった…。

最近のディズニーの十八番である名作アニメの実写版は、それまで知られた物語を変化させるのがテクニックだったが、本作は私たちがよく知る「シンデレラ」の物語にほぼ忠実だ。それでもヒロインのエラは随所に現代的な魅力を放つ。王子と森で出会ったエラは質素な身なりで自分の境遇を隠さない。王子は最初は身分を伏せてはいるが次第に格式や因習から自由になっていく。王道のストーリーといえども、やはり現代的なテイストは必須なのだ。何より継母の悪巧みに対しシンデレラことエラが「あなたから王子と王国を守る」と宣言するのが新しい。シェイクスピア俳優でもあるケネス・ブラナー監督の格調高い演出は、大人の観客も十分に楽しませるもので、色彩の洪水のように華麗な舞踏会や、美しい馬車がかぼちゃにもどっていくスピード感あふれる演出には目をみはった。ヒロインのリリー・ジェームズの清純な美しさもいいが、継母役のケイト・ブランシェットの上手さもまた際立っていた。自分の幸せは自分でつかむ。そのためには“ありのまま”でなくてはいけない。ディズニーの新・王道はここでもしっかり活きている。
【70点】
(原題「CINDERELLA」)
(アメリカ/ケネス・ブラナー監督/リリー・ジェームズ、ケイト・ブランシェット、リチャード・マッデン、他)
(ゴージャス度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
シンデレラ@ぴあ映画生活