美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック<英語版[1CD]>
ある城に魔女の呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった、一人の美しい王子が住んでいた。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。希望を失いかけたその時、美しい村娘のベルが城に現れる。聡明で進歩的な考えを持つベルは閉鎖的な村になじめず悩みながらも、人と違うことを受け入れる女性だった。そんなベルと触れ合ううちに、外見に縛られて自分の価値を見出せずにいた野獣の心は変化していく。互いに惹かれあう二人だったが…。

アニメーションとして初のアカデミー賞作品賞にノミネートされたディズニー・アニメの不朽の名作を実写映画化したラブ・ストーリー「美女と野獣」。近年のディズニー・アニメの実写化では、おとぎ話を現代的な解釈で再構築するのがコンセプトだったが、本作は、1991年のアニメ版をほぼ忠実に実写化しているので、ストーリー的な驚きはほとんどない。だがその分、実写ならではの絢爛豪華な美術、衣装などのきらびやかな映像と、抜群に芸達者な俳優たちの素晴らしい歌声で、観客の心を鷲づかみにしてくれる。もともとはフランスの民話なので、フランスで何度かの実写化がなされているが、本作はアニメ版はもちろん、1946年のジャン・コクトー版へのリスペクトが見て取れる。「ドリームガールズ」のビル・コンドンはミュージカルが得意な監督で、本作でも美しく繊細、かつスピード感あふれる演出が冴えていた。ベルと野獣のダンスシーンは有名な主題歌“美女と野獣”も含めて最高にロマンチックだし、ベルを迎えて城の住人(ポットや時計、燭台たち)がファンタジックな大騒ぎを繰り広げる“ひとりぼっちの晩餐会”の躍動感は、近年のミュージカルでは出色の楽しさだ。そして、自分の輝きを信じること、本物の美しさは外見ではなく内面に宿るという、いつの時代も変わらない「美女と野獣」の普遍的なメッセージが、しっかりと伝わってくる。アニメ版に忠実すぎる実写化という点は、賛否が分かれるかもしれないが、完成度が極めて高いエンタテインメントを見る幸福感に素直に酔いしれたい。
【80点】
(原題「BEAUTY AND THE BEAST」)
(アメリカ/ビル・コンドン監督/エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス、他)
(エンタテインメント度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
美女と野獣|映画情報のぴあ映画生活