殺人者の記憶法 (新しい韓国の文学)
元連続殺人鬼の男ビョンスはアルツハイマーを患いながらも、娘と二人で穏やかに暮らしていた。ある日、偶然出会った男テジュの異様な雰囲気を感じ取り、彼もまた自分と同じ殺人鬼であることを直感する。ビョンスは警察にそれを通報するが、テジュは実は警察官で、誰もビョンスの言うことを信じようとしない。ビョンスは自らテジュの凶行を阻止しようとするが、ビョンスはアルツハイマーによる記憶の喪失に苦しめられる。そんな中、新たな連続殺人事件が発生するが…。

アルツハイマーを患う元連続殺人鬼が新たな殺人鬼と死闘を繰り広げる様を描く異色サスペンス「殺人者の記憶法」。物語は、殺人鬼VS殺人鬼のバトルの構図だが、主人公ビョンスは年老いてアルツハイマー、一方、敵のテジュは若い警察官。あまりに分が悪い戦いだ。何よりもビョンスは自らの記憶の混濁と戦わねばならない。メモを取り、録音し、昨日の自分の行動をたどる様は「メメント」さながらだが、記憶を整理していく過程で、なぜビョンスが殺人を繰り返してきたかという謎や、ビョンスの罪悪感、アイデンティティーに一人娘への愛情など、単純な善悪では割り切れない思いや心理が絡み合う。複雑なのに、それを見事に整理した脚本が巧みだ。

韓国映画のサスペンスは人気のジャンルだが、特に地方の田舎町の閉塞的な空気や土着性、古い慣習などの独特のムードを活かした作品に優れたものが多く、本作もまたそんな系譜につながる1本だ。人殺しを習慣とする二人の殺人者の対決は、周囲を情け容赦なく巻き込みながら、予想外の展開へとなだれこむ。なりきり型の演技派俳優ソル・ギョングが10kg以上減量して作り上げた老いとやつれっぷりがすさまじく、演技に凄みを増している。体重を14kg増やしてテジュを演じたキム・ナムギルの、爬虫類のような薄気味悪さも好対照だ。見終わってみれば、猟奇殺人のサスペンスでありながら、秀逸な人間ドラマを見たことに気付かされる。竹林の場面など、思わずハッとさせられる美しい映像も見所だ。
【80点】
(原題「MEMOIR OF A MURDERER」)
(韓国/ウォン・シニョン監督/ソル・ギョング、キム・ナムギル、ソリョン、他)
(役作り度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)