試写室だよりアカデミー賞を前にして、秀作、話題作のマスコミ試写、公開が続いて、最近とっても濃い映画ライフを送っております〜(←嬉しい悲鳴)。

通常、本国(概ねアメリカ)で公開前の作品のマスコミ試写では、セキュリティーが非常に厳しくなります。荷物チェックや、スマホ、タブレット、デジカメなど録音・録画機器の所持の確認、時にはそれらを預ける場合も。上映中、係員が前方に座って、不審な動きをしている不届きモノがいないか(汗)チェックするなど、厳重な環境で見ることになります。

そんな中、先日の某作品の試写では、スマホを預け、手荷物の検査までしたのに、なぜかボディチェック(専用の機械で頭から足元までスキャン)はなかったんですよね〜、なぜ、なぜ??ちらっと宣伝担当さんに聞いてみたら、本国の配給元が「別にいいよ」って言ったらしいんですが…(悩)。ここにきて、今さらながらセキュリティーの謎が深まっております (--;)

最近見た主な映画は以下。

「15時17分、パリ行き」「ペンタゴン・ペーパーズ」「ブラックパンサー」「リメンバー・ミー」「去年の冬、きみと別れ」「ちはやふる 結び」「曇天に笑う」などなど。

平昌(ピョンチャン)オリンピック、連日TV観戦しております。しかし、強烈に寒そうだなぁ、ピョンチャンって(苦笑)。冬季五輪の屋外競技は、天候に大きく左右されるので、選手の皆さんには、万全のコンディションで実力を発揮してほしいです。

ところで、フィギュアスケート女子のエフゲニア・メドベージェワって、ちょっとレイチェル・ワイズに似てますね。後輩のアリーナ・ザギトワはナタリー・ポートマンとアン・ハサウェイを足して2で割った感じ。2人とも美しい。もちろん演技も素晴らしい!強敵揃いだけど、頑張れ、ニッポン〜ッ!!


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)