映画通信シネマッシモ


映画通信シネマッシモは、2018年4月をもって、終了しました。

ブログ終了にあたり、たくさんのあたたかいコメントをお寄せいただき、本当にありがとうございました。
皆さまの映画ライフに少しでもお役に立てたならこれほど嬉しいことはありません。
長い間のご愛顧に心より感謝いたします。

ごひいき監督

ビリー・ワイルダー

Billy Wilder. Eine Nahaufnahme
あまりにもいろいろなジャンルのすばらしい映画を作るので、器用貧乏的な誤解を受けがちだが、とんでもない誤解だ。作品は深く上質なものばかり。今やもっとも玄人受けする監督の一人といえる。コメディから人間ドラマ、戦争ものまでこなし、それぞれに傑作を持つ。出身はオーストリア。ナチスの弾圧を逃れてアメリカへ渡って映画監督へ。

代表作:失われた週末、サンセット大通り、情婦、お熱いのがお好き、アパートの鍵貸します、昼下がりの情事etc.

ビリー・ワイルダー自作自伝
ワイルダーならどうする?―ビリー・ワイルダーとキャメロン・クロウの対話






人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

セルジオ・レオーネ

Sergio Leone: The Great Italian Dream of Legendary America
マカロニ・ウェスタンはこの人から始まった。残酷描写も交えた、けれん味たっぷりの独特の作風で、今なおファンが多い。クローズアップの多用が特徴で、男の生き様を描かせると天下一品との評価も。ゆったりとした長編の中には喪失感とノスタルジーが漂う。
非常に寡作なイタリアの巨匠監督で、音楽は常にエンニオ・モリコーネを起用し、その効果は絶大。

セルジオ・レオーネ―西部劇神話を撃ったイタリアの悪童

代表作:荒野の用心棒、夕陽のガンマン、続・夕陽のガンマン、ウェスタン、夕陽のギャングたち、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカetc.




人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

ジム・ジャームッシュ

ジム・ジャームッシュ インタビューズ―映画監督ジム・ジャームッシュの歴史
スタイリッシュな作品を多く作り出す、現代アメリカを代表する監督。どこかずれたリズムを持つオフビートな映画を得意とする。ハスキー・ボイスのトム・ウェイツの音楽を好んで使用する。

代表作:ストレンジャー・ザン・パラダイス、ダウン・バイ・ロー、ミステリー・トレイン・ナイト・オン・プラネット、デッド・マン、ゴースト・ドッグ、イヤー・オブ・ホースetc.

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

ヴェルナー・ヘルツォーク

Herzog on Herzog
ドイツ映画の異端児的存在。カルト的人気で一部に熱狂的ファンを持つ。超人や不具者など異常な人間を好んで描き、メキシコ、アフリカ、南米など世界を旅しながら映画を撮る。
お気に入りの俳優はクラウス・キンスキー。

代表作:アギーレ・神の怒り、カスパー・ハウザーの謎、ノスフェラトゥ、フィッツカラルドetc.

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

ユーリ・ノルシュテイン

ユーリー・ノルシュテイン
ロシアの天才アニメーション作家。これこそアートと呼ぶにふさわしい。
詩情溢れる絵柄と深遠なストーリー。そのくせ親しみやすさもある。気の遠くなるような手作業のため、作品は少ないが、世界中のアニメーターが尊敬してやまないクリエイターだ。

代表作:話の話、霧につつまれたハリネズミ、あおさぎと鶴、冬の日

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

ヴィクトル・エリセ

スペインの詩人的映画監督。繊細なタッチが魅力。
非常に寡作なことで有名で約10年に一度しか作品をとらない。
多くの熱烈なファンを持つ。

代表作:ミツバチのささやき、エル・スール、マルメロの陽光 、10ミニッツ・オールダー(内1本)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ