映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ゲット・アウト」「ブレードランナー 2049」「先生」etc.

プチレビュー11下旬

幕末太陽傳 デジタル修復版

幕末太陽傳 デジタル修復版 Blu-ray プレミアム・エディション幕末太陽傳 デジタル修復版 Blu-ray プレミアム・エディション
クチコミを見る
夭折の名匠・川島雄三監督の代表作を、日活が創立100周年を記念してデジタル修復した「幕末太陽傳 デジタル修復版」。1957年製作の傑作喜劇映画は、何度見ても面白い。

明治維新まであと5年という幕末。江戸の品川には北の吉原と呼ばれる遊郭があり、そこでお調子者の佐平次が陽気に騒いでいる。実はこの男、一文無しなのだが、さんざん遊んだあげくに“居残り”として遊郭に腰を落ち着けてしまう。店の雑用を一手に引き受け、勘定がたまる一方のもう一人の“居残り”である高杉晋作らとも親しくなる。佐平次は次々に店のもめ事を治め、ちゃっかりと御祝儀までもらう要領の良さだ。そんな彼に惚れた美人の女郎のこはるとおそめ。佐平次は二人からロ説かれるが…。

原作は「居残り佐平次」「品川心中」「三枚起請」「文七元結」「お見立て」などの古典落語。それらを基に、幕末の江戸の遊郭で繰り広げられるドンチャン騒ぎを、当時の日活オールスターキャストでテンポのいい活劇コメディとして仕上げた。川島雄三監督の洒脱な演出は冴えまくっているし、何といっても、佐平次を演じるフランキー堺が素晴らしい。金もないのに平気で遊ぶ左平次は、普段は陽気で抜け目がなく、遊郭の敏腕マネージャー的存在のお調子者なのだが、この男、実は肺病持ち。自分の部屋で一人になったときに見せる暗い表情との対比が見事である。この主人公が、若くして難病で逝った川島雄三監督その人とダブッて見えるのは、私だけではないはずだ。人気回復のための狂言心中が得意技の女郎や、勤王の志士・高杉晋作など、脇の登場人物も実に楽しく魅力的。そして売れっ子女郎を演じる南田洋子の粋な美貌に改めて見惚れる。笑いあり、涙あり、知恵あり、皮肉ありのこの名作が、美しいフィルムでデジタル修復されたことは、映画ファンには喜ばしい限りだ。TVドラマの劇場版やアイドル映画も結構だが、こんな痛快なエンタテインメントを、今の日本映画界も目標にしてほしい。
【75点】
(原題「幕末太陽傳 デジタル修復版」)
(日本/川島雄三監督/フランキー堺、南田洋子、石原裕次郎、他)
(粋度:★★★★★)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

幕末太陽傳〈デジタル修復版〉@ぴあ映画生活

運命の子

運命の子 [DVD]運命の子 [DVD]
クチコミを見る
「史記」に記された有名な物語を映画化した歴史絵巻「運命の子」。愛、復讐、犠牲、葛藤が入り乱れる愛憎劇だ。

中国・春秋時代、晋の国。武官・屠岸賈(とがんこ)の策略により、趙氏は一族を皆殺しにされる。生まれたばかりの赤ん坊だけが、医師である程嬰(ていえい)に預けられ難を逃れるが、趙氏一族の根絶やしを図る屠岸賈は、赤子の命までも奪う。だがその子は、赤子を守るため差し出した、程嬰の実子だったことを屠岸賈は知らなかった。我が子と妻までも殺された程嬰は、趙氏の生き残りの子を育てることで屠岸賈への復讐を誓う…。

司馬遷の「史記」に記され、2,600年もの間、語り継がれてきた物語「趙氏孤児」は、中国では誰もが知る有名な復讐譚。雑劇、新劇、京劇など、さまざまな形式で繰り返し演じられている、今なお人気の作品だ。我が子のため命を犠牲にする母、母子の命を見逃す家臣、子と妻を殺されて復讐を誓う医師の苦悩と葛藤など、複雑な人間の心理が描かれる。程嬰は、武官・屠岸賈への復讐のために、あえて彼の門客となるが、屠岸賈は、程嬰の子・程勃(ていぼつ)が趙氏最後の生き残りだとも知らず、溺愛する。同じく、何も知らない程勃は、程嬰を父さん、屠岸賈を父上と呼んで、両方を慕う。なぜこんなややこしい復讐の手順を踏むのか。程嬰の狙いは、程勃がすべてを知り復讐を決行するとき、程勃を溺愛する屠岸賈へのダメージを大きくすることにある。そのために息子が成長するまで15年という長い時間をかけるのだから、やっぱり中国という国は何をするにしても考え方のスパンが長い。実の親、育ての親、父とも慕う身近な人物と、まさに“運命”の子といえる宿命を背負わされる遺児こそ、気の毒なのだが、この遺児の心の内をほとんど描かないのが物足りない点だ。ただ、この作品では、映画では珍しく“父性本能”に重点を置いて描いているのが面白い。悪人の屠岸賈の中にも父性愛があるとするのが、チェン・カイコー監督の新解釈だ。この映画のメッセージは、古い世代が滅び、新しい世代へと代わるとき、引き継ぐのは悪意であってはならないということなのだろう。
【65点】
(原題「趙氏孤児/SACRIFICE」)
(中国/チェン・カイコー監督/グォ・ヨウ、ワン・シュエチー、ファン・ビンビン、他)
(宿命度:★★★★★)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

運命の子@ぴあ映画生活

永遠の僕たち

永遠の僕たち (初回生産限定ポストカード4枚組付き) [Blu-ray]永遠の僕たち (初回生産限定ポストカード4枚組付き) [Blu-ray]
クチコミを見る
みずみずしい感性が光る異色の青春映画「永遠の僕たち」。死がテーマの物語だが最後には生きる希望へと至る。

両親を交通事故で失い、自らも臨死体験をした青年イーノックの趣味は、まるでゲームのように、見知らぬ人の葬式に参加すること。そんな彼は、とある葬式でアナベルという少女と知り合う。自分と同類と思ったが、アナベルは実は病で余命3ヶ月と宣告されていた。イーノックは、彼女との出会いや奇妙なデートを、唯一の友人であるヒロシと語り合う。実はヒロシとは、イーノックにしか姿が見えない、死者なのだ。ヒロシがそっと見守る中、イーノックとアナベルは惹かれあい、心の距離を近付けていくが…。

若さと死は、ガス・ヴァン・サントの得意とするテーマだが、この作品もその二つが際立つ物語である。主人公イーノックは臨死体験により死の世界を覗き、アナベルは難病で余命僅か、ヒロシは特攻隊員として戦死した幽霊なのだ。死に囚われているキャラクターばかりだが、ガス・ヴァン・サントは、切ないメルヘンとして、彼らの“生”を物語る。イーラックは時に不条理でもある死を理解できていない。ヒロシの霊としか友情を育めないのはそのためだ。そんなイーラックの前に現れたアナベルは、死にゆく自分のことよりも残されるイーラックを心配してしまうような女の子。イーラックとアナベルの恋は、切ないほど、ロマンチックだ。残された時間は少ないが、アナベルは生きることと自分の人生に深い愛情を注いでいることを、全身全霊でイーラックに教えることになる。難病ものにありがちな過剰な演出など皆無なところがとてもいい。故デニス・ホッパーの息子のヘンリー・ホッパーと、「キッズ・オールライト」のミア・ワシコウスカの二人が共に素晴らしい。また、重要にして奇妙な登場人物・ヒロシを演じる加瀬亮も好演だ。ずっと戦闘服だったヒロシが、ラストに正装し、アナベルの“長い旅”の供をすると申し出たとき、イーラックにも生の輝きが理解できたはず。青年の成長物語でもある繊細なラブ・ストーリーで、感動が心に染み入る。
【70点】
(原題「RESTLESS」)
(アメリカ/ガス・ヴァン・サント監督/ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮、他)
(繊細度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

永遠の僕たち@ぴあ映画生活

ニューイヤーズ・イブ

ニューイヤーズ・イブ Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)ニューイヤーズ・イブ Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
クチコミを見る
超豪華キャストで大晦日の8つのストーリーを紡ぐ「ニューイヤーズ・イブ」。美しいNYの夜景には人々の幸せそうな笑顔がよく似合う。

大晦日恒例となった、NY、タイムズスクエアのカウントダウン。イベントの準備で賑わう街で、それぞれの思いをいだく男女がいた。イベント責任者のクレアをはじめ、1年の目標をかなえようと決意した女性と彼女を助ける自転車メッセンジャーの青年、意外な場所で再開した元恋人同士、死期の迫った老人と彼を介護する看護師、エレベーターに閉じ込められた隣同士の男女など、8つのエピソードが描かれる…。

監督は、ラブ・ロマンスの名手のゲイリー・マーシャル。大ヒットした前作「バレンタインデー」同様、豪華スター競演で、特別な日に出会うさまざまな男女のアンサンブル・ストーリーを作り上げた。物語には、NYを舞台にしたことで、よりきらびやかに、また時にシビアに、再生への思いが浮かび上がってくる。登場するキャラクターは、ちょっと不器用だけど、懸命に幸せになろうと願う人々ばかりだ。恋人同士の恋愛だけでなく、友情や親子の愛情、離れてすごす夫婦の絆と、メリハリがあり、それらが少しずつ重なっていることで、ラストには希望へとつながっていく仕掛けだ。出演するのは、ミシェル・ファイファー、ザック・エフロン、ヒラリー・スワンク、ハル・ベリーに、ジョン・ボン・ジョヴィまで、スターを数え上げたらきりがない。マーシャル監督自身、大晦日にプロポーズした経験があるそうで、ニューイヤーズ・イブには特別な思いがあるのだという。数あるエピソードの中でも、去年出会った女性が忘れられない御曹司サムの意中の女性は、はたして誰なのか?という謎が物語を引っ張っていく。最後に“その女性”はいかにも彼女らしい華やかなファッションで登場し、映画を盛り上げてくれた。カップルでも、友人同士でも、家族でも楽しめる、ハートフルな1本だ。
【65点】
(原題「NEW YEAR'S EVE」)
(アメリカ/ゲイリー・マーシャル監督/ロバート・デ・ニーロ、ヒラリー・スワンク、ハル・ベリー、他)
(豪華キャスト度:★★★★★)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ニューイヤーズ・イブ@ぴあ映画生活

聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―

聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- [Blu-ray]聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- [Blu-ray]
クチコミを見る
最も戦争に反対しながら開戦の口火を切ることになった指揮官の苦悩を描く「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―」。運命の皮肉というしかない。

1939年、海軍次官の山本五十六は、圧倒的な軍事力を持つ米国との戦いを避けるため、日独伊三国軍事同盟に強く反対の立場を貫く。だが、第二次世界大戦が勃発し、1941年、ついに対米開戦となる。連合艦隊司令長官に任命された山本が、早期終戦を目指し、練った策が真珠湾攻撃だった。奇策は効を奏するが、目的の空母撃破には失敗。山本は意に反して悪化する戦況へと巻き込まれていく…。

古くは名優・三船敏郎が演じた山本五十六の半生を、現代の名優・役所広司が重厚に演じて感動を呼ぶ戦争大作だ。だが戦闘の場面は意外なほど少ない。映画の本意は、激戦の模様を再現することではなく、誰よりも開戦に反対しながら、陣頭指揮を取る司令長官にならざるをえなかった軍人の苦悩と、それでも失わなかった温かい人間性を描くことだ。山本と彼の周囲のわずかな理解者だけが、戦況を冷静に見極めているが、無謀な精神論や好戦ムードの中、日本は戦争へとなだれこんでいく。山本は自分がこうむる理不尽を叫びたい気持ちを押し殺して、軍人として職務をまっとうする覚悟があり、それが終始、固い表情から伺える。そんな彼が唯一、心安らぐのが、甘いものを食べるときだ。山本は、故郷・長岡の名物である水饅頭にさらに砂糖をふりかけて食べるほどの甘党。この姿はちょっと意外だったが、それ以外は、本作で描かれる山本五十六という人物に一瞬のスキもない。世界情勢を見極める視野の広さ、部下に慕われる人徳、良き家庭人。戦闘ではなく人間を掘り下げるという、異色のアプローチだけに、主人公の弱さや欠点も少しは描いても良かったのでは。とはいえ、主役の役所広司をはじめ、柳葉敏郎や阿部寛など、共演者は皆、好演。苦渋の連続だった、真珠湾攻撃とミッドウェー海戦、ブーゲンビル島上空での非業の死まで、骨太なドラマとして仕上がっている。
【65点】
(原題「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―」)
(日本/成島出監督/役所広司、玉木宏、柄本明、他)
(シニア向け度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

聯合艦隊司令長官 山本五十六@ぴあ映画生活

ワイルド7

ワイルド7 [Blu-ray]ワイルド7 [Blu-ray]
クチコミを見る
リアリティはさておき、アクションはダイナミックな犯罪劇「ワイルド7」。出演者全員が大型免許を取得したというバイク・アクションに注目だ。

逮捕も裁判もなしに、凶悪犯を処刑する権限を与えられた超法規的警察組織、通称“ワイルド7”。凶悪犯罪が後を絶たない現代日本で、警視庁内に極秘に設置されたその組織を構成するのは、いずれも重い犯罪歴の持ち主だ。彼らは罪を免除される代わりに、テロリストなどの凶悪犯を退治する任務が与えられている。ある日、いよいよ犯人を逮捕する寸前に、謎のスナイパーが現れ、犯人を射殺して走り去る。メンバーの一人、飛葉は、スナイパーを追うが見失い、追跡の際に迷い込んだクラブで美しい女性ユキと知り合う。2人は急速に親しくなっていくが、ユキにはある秘密があった…。

原作は、望月三起也による人気コミック。犯罪者が犯罪者を裁くという“目には目を、悪には悪を”というスタイルは、法では裁けない悪人を退治するには、権力者にとってこれほど好都合なやり方はない。だが致死率90パーセントのバイオテロを企て、現金2億ドルを要求する凶悪事件の裏側に潜んでいた陰謀は、警視庁や国家そのものを揺るがすものだ。監視社会の盲点と弱点によって仕組まれたその犯罪は、ワイルド7が極秘であることと激しく矛盾するし、7人が一枚岩で闘う心理描写も極めて浅い。飛葉以外のキャラクターの背景も、ごくあっさりと触れるのみだ。ドラマ性という点では欠点だらけだが、その分、本作は、バイク好きにはたまらないアクションであふれている。映画冒頭、大型トラックの中から改造バイクに乗ったメンバーたちが次々に飛び出す登場シーンは、バイクに詳しくなくても思わず興奮するはずだ。さらに邦画では特筆するほどの大量の銃弾が飛び交うガン・アクションとしてもド迫力。とりあえず、形だけはハリウッドに近付いたこの作品、クライマックスにみせる男同士の絆も含め、まずは日本のアクション・エンタテインメントの飛躍を評価したい。
【55点】
(原題「WILD SEVEN」)
(日本/羽住英一郎監督/瑛太、椎名桔平、中井貴一、他)
(男の子向け度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ワイルド7@ぴあ映画生活

私だけのハッピー・エンディング

私だけのハッピー・エンディング [Blu-ray]私だけのハッピー・エンディング [Blu-ray]
クチコミを見る
ガンを宣告された30歳の女性が人生最後の恋をする「私だけのハッピー・エンディング」。難病ものにありがちな湿っぽさがないところがいい。

広告代理店に勤務する30歳のキャリアウーマンのマーリーは、自由きままな独身女性。陽気な性格で友人もたくさんいるが、本気の恋はお断りだ。すべてが順調だったある日、検診で、医師から突然“ガン”の宣告を受ける。ショックを受けながらも、いつもと変わらぬ態度で過ごそうとするマーリーだったが、ハレモノにさわるように接する友人の態度や、不仲な両親の存在にイライラがつのる。余命半年で死の恐怖におびえる中、マーリーは自暴自棄になるが、そんな自分を静かに受け止めてくれる主治医のジュリアンの存在が、いつしか彼女の心の支えになっていく…。

ひまわりのような笑顔のケイト・ハドソンが演じるヒロインのマーリーは、陽気で明るく、物事が深刻になってもユーモアでするりとかわす、そんなプラス思考の女性だ。だが、自信満々でポジティブな分、本当にシリアスな事態になった時は脆い。いつも明るいが、根っこの部分では、悲しい出来事に弱く、怖がりだ。マーリーは余命半年と言われて初めて、周囲をじっくり見ることになる。このあたりは実話をもとにした「50/50」とも共通していて、人は非常事態になって初めて、真の友人や、本当に大切なことが分かると教えてくれる。マーリーと恋に落ちる、主治医のジュリアンは、あまりにもいい人で都合がよすぎる気がしないでもないが、彼の誠実さがマーリーを素直にし、生きる意味を教えてくれるのだ。それに、この物語は一種のファンタジーでもある。その証拠に、マーリーにはある時期から“神”が見える。この神を演じているのがウーピー・ゴールドバーグ。本人が好きな姿として見えるのが神という設定が、なかなかしゃれている。マーリーは死ぬ前に3つの願いをかなえてもらうが、最後までとっておいた3つめはもちろん本物の愛。陽気なラストは、ケイトとウーピーのツーショットのおかげで、さわやかな余韻を残してくれた。
【50点】
(原題「A LITTLE BIT OF HEAVEN」)
(アメリカ/ニコール・カッセル監督/ケイト・ハドソン、ガエル・ガルシア・ベルナル、キャシー・ベイツ、他)
(ファンタジー度:★★★☆☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

私だけのハッピー・エンディング@ぴあ映画生活

子どもたちの夏 チェルノブイリと福島

子どもたちの夏 チェルノブイリと福島 [DVD]子どもたちの夏 チェルノブイリと福島 [DVD]
クチコミを見る
チェルノブイリと福島の両方の家族に取材して完成したドキュメンタリー「子どもたちの夏 チェルノブイリと福島」。不安の中でも懸命に生きる人々の姿が胸を打つ。

史上最悪の原発事故であるチェルノブイリと、東日本大震災によってそれに匹敵する被害を受けた福島。両方の地域で暮らす人々は、時間経過の違いこそあれ、同じように不安を抱えて暮らしている。ウクライナの家族は事故から25年たった今も、その傷跡は癒えていない。一方、事故から初めての夏を迎えようとしている福島では、母親たちが子どもを守るため、自ら立ち上がろうとしていた…。

本作は、本来、チェルノブイリの事故から25年目の節目の4月26日に、公開予定だったそうだ。しかし、3月11日を経験した以上、同じ内容では済まされないとの思いから、当初の予定を変更し、福島で取材を重ねて、再編集されたという。結果、編集の不自然さやナレーションの聞き取りにくさなど、荒っぽさはあるものの、四半世紀の時間を隔て、チェルノブイリと福島がくっきりと対比する形となった。チェルノブイリのパートでは、事故直後に国家の首脳部たちの反対を押し切り、多くの子どもをいち早く救った最高会議の女性議長が紹介されるが、目につくのは、圧倒的な情報不足である。一方、福島の被災者にはインターネットというツールがある。事実、若い母親は、事故後に早々と出された安全宣言に疑問を持ち、自ら役所へ出向き、同じ不安を抱える母親たちと交流しながら、自分たちに出来ることを精一杯模索した。映画は田中由里子さんと、娘の晴菜ちゃんに密着取材するが、遊びたい盛りの幼い晴菜ちゃんを、外に出ないよう室内で遊ばせ、安全が確認できた公園まで車で送り迎えするなど、放射能からなんとか我が子を守ろうとする福島の親たちの大変な苦労がうかがえる。福島はチェルノブイリをどう生かすか。今はまだ明確な答えはない。だが、ウクライナの若い女性が「結婚や出産をあきらめたりしない。幸せになりたい」と語るのが印象的だ。何より、福島とチェルノブイリ、両方の子どもたちの無邪気な笑顔と笑い声が胸にしみる。きっと未来に希望はあると信じたい。
【60点】
(原題「子どもたちの夏 チェルブイリと福島」)
(日本/田野隆太郎監督)
(メッセージ性度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

子どもたちの夏 チェルノブイリと福島@ぴあ映画生活

friends もののけ島のナキ

フレンズ もののけ島のナキ 豪華版【Blu-ray】フレンズ もののけ島のナキ 豪華版【Blu-ray】
クチコミを見る
日本初の3DCGアニメ「friends もののけ島のナキ」。ファミリー映画だが、大人の方が泣いてしまいそう。

海の中に浮かぶ“もののけ島”には、赤鬼のナキや、ナキの唯一の友達で青鬼のグンジョーら、たくさんのもののけが暮らしている。ある日、人間界からもののけ島に幼い兄弟が迷いこむが、弟で赤ん坊のコタケが島に取り残されてしまう。突然現れた人間を見て、もののけたちは大パニックに。島の長老は、ナキにコタケの面倒を見るように命じる。最初はケンカばかりのナキとコタケだったが、一緒に暮らすうちに次第に心を許し合うように。だが、どんなに仲良くなっても、もののけと人間は一緒には暮らせない。ナキは、コタケを人間界に戻すことにするが…。

原作は、浜田廣介の傑作童話「泣いた赤おに」。ストーリーは大胆にアレンジされていて、ベースとして、人間がもののけを怖がるのと同様、もののけも人間に対しておびえて暮らしているという、相互理解の欠如がある。ナキは人間嫌いで暴れん坊の赤鬼。もののけの中でも浮いている彼が、コタケという純粋無垢な存在によって少しずつ自分の奥底にある“優しさ”を発見するプロセスが自然で、素直に感情移入できるだろう。もちろん原作の重要なエッセンスである青鬼との友情や犠牲の精神は、しっかり描かれ、感動を呼ぶ。ナキとコタケ、そしてナキとグンジョー。出会いと別れと共に、互いを思いやる姿に胸が熱くなる。何かを得るということは、何かを失うということなのだ。この切なさを味わえるのは、大人の観客の方かもしれない。映像は、さすがは山崎貴監督だけあり、隅々まで作りこんであり美しい。キモ可愛いもののけのキャラの造形は、カラフルで楽しい中にも、奥行きと陰影がある。スピード感も抜群で、特に海の上をジャンプする場面や、クライマックスの崖の上での戦いは大迫力。個人的には、夕焼けの空の美しさに感動した。
【65点】
(原題「friends もののけ島のナキ」)
(日本/山崎貴、八木竜一監督/(声)香取慎吾、山寺宏一、YOU、加藤清史郎、他)
(キモ可愛い度:★★★★★)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

friends もののけ島のナキ@ぴあ映画生活

サラの鍵

サラの鍵 [DVD]サラの鍵 [DVD]
クチコミを見る
戦争中の悲劇をひも解く、ミステリー仕立ての社会派ドラマ「サラの鍵」。歴史告発というより、個人史として描いている。

パリで暮らすアメリカ人ジャーナリストのジュリアは、1942年に、ナチス占領下のパリで行われた、フランス警察によるユダヤ人迫害事件“ベルディヴ事件”を調べることになる。取材を重ねるうちに、ユダヤ人少女サラが、自分の幼い弟を自宅の納戸に隠し、その鍵を手にしたまま収容所に送られたことを知る。しかもサラの住んでいた家というのは、ジュリアと家族が今、住んでいるアパートだったのだ。収容所を脱走したサラの数奇な足跡をたどるジュリアは、彼女の悲劇を追体験していく…。

原作は、タチアナ・ド・ロネの同名ベストセラー小説。ベルディヴ事件は、近年では「黄色い星の子供たち」で詳細に描かれた、歴史の暗部だ。本作では、現代のジュリアの物語と、1942年を生きる少女サラの物語が並行して描かれ、少しずつ歩み寄っていく。サラが収容所で受ける激しい迫害もさることながら、納戸に閉じ込められた弟のもとへとひた走る逃走劇がドラマチックだ。イノセントな少女が、戦争という暴挙によって、心を粉々に打ち砕かれてしまう。サラは究極のトラウマを背負い、どこで誰と暮らそうとも悲しみから逃れることができなかった。一方で、ジュリアもまた、過去を知ることで揺さぶられていく。事実から目を背けずに受け止めることは、時に、ジュリア自身や周囲を傷付けるのだが、それでも知らねばならない真実があった。フランスからアメリカ、イタリアへ。まるでサラに導かれるように観客は旅をすることに。クリスティン・スコット・トーマスの抑制の効いた演技と共に、少女サラを演じたメリュジーヌ・マヤンスの迫真の演技に目を見張る。この物語は、ホロコーストを過去の“点”ではなく、現代へと続く線、あるいは面としてとらえることで、命は次世代に引き継がれ、未来への希望が生まれることを教えてくれる。ラストシーン、娘の名を聞かれたジュリアが答える場面では、胸いっぱいにあたたかい感動が広がった。
【70点】
(原題「ELLE S'APPELAIT SARAH」)
(フランス/ジル・パケ=ブレネール監督/クリスティン・スコット・トーマス、メリュジーヌ・マヤンス、ニエル・アレストラップ、他)
(悲痛度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

サラの鍵@ぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ