そして父になる Blu-rayスペシャル・エディション
子供の取り違えという過酷な事件をきっかけに家族の絆を問いかける秀作人間ドラマ「そして父になる」。是枝監督は子供の撮り方が本当に上手い。

学歴も仕事も申し分なく、都内の高級マンションで妻子と暮らすエリート会社員・野々宮良多。人生で負けたことがないと思っていた彼と従順な妻・みどりの元に、病院から連絡が入る。彼らの息子で6年間大切に育ててきた慶多が、出生時に病院で取り違えられた他人の子だというのだ。ショックを受ける夫婦は、相手方の斎木夫妻と会い、本当の息子・琉晴とも会うことに。血のつながりか、あるいは愛情をかけ一緒に過ごしてきた6年間という時間か。親たちの心は揺れ動くが、病院の勧めで“交換”を決めることに。だがそこから良多の“本当の父親”になる葛藤が始まる…。

実際の事件をテーマにすることが多い是枝監督だが、本作の子供の取り違え事件もまた、現実に起こった出来事だ。主人公の良多はいわゆる勝ち組の男。自分の息子が生物学上のつながりがないと知り、息子を愛してはいたが優しすぎる性格に不満を持っていた彼は“やっぱり…”と口にしてしまう。相手の斎木夫妻のがさつな性格と、田舎で小さな電気店を営む生活レベルを軽蔑する良多は、斎木夫妻に対し傲慢な態度を繰り返すため、観客は主人公に嫌悪感を抱くはずだ。悩んだ末に交換を決めた夫婦がそれぞれの息子を試験的にお泊りさせるが、野々宮家の無機質な高級マンションで居心地が悪そうにしている琉晴に対し、斎木家のにぎやかで親しげな空気の中で慶多はすぐに心を開く。それぞれの子供の反応を見るだけで、観客はどちらが親として本物の愛情を持っているかがすぐにわかるのだが、今まで人生で負けたことがない良多には、自分に何が欠けているのかが分からないのだ。そんな彼の心の変化こそが、この映画の感動の源である。これは知らずに他人の子を育てていたという衝撃的な事実を突きつけられて悩む二組の夫婦の物語であると同時に、主人公が、本物の父性を獲得し、父として人間として成長していく物語なのである。親たちが最終的にどういう選択をし、どう行動するのかは、ここでは明かさないが、終盤、切ない思いを懸命に口にする幼い慶多と、本物の父になろうと奮闘する良多の会話は感動的だ。私生活でも俳優業でも父親の経験がない福山雅治だが、繊細で見事な演技を披露している。他のキャストも絶妙。子供たちの自然な演技もまた素晴らしい。複雑で深いストーリー、脇役に至るまで丁寧な人間描写、俳優の良質な演技を引き出す是枝監督の演出の上手さが光る、年間屈指の秀作だ。
【90点】
(原題「そして父になる」)
(日本/是枝裕和監督/福山雅治、尾野真千子、真木よう子、リリー・フランキー、他)
(家族の絆度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

そして父になる@ぴあ映画生活