映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

アカデミー賞

オスカー、決まりました 2018

コラム2018年度 第90回アカデミー賞が、日本時間の3/5に決定しました。
主要部門の受賞結果は以下。

作品賞:「シェイプ・オブ・ウォーター」
監督賞:ギレルモ・デル・トロ「シェイプ・オブ・ウォーター」

主演男優賞:ゲイリー・オールドマン「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」
主演女優賞:フランシス・マクドーマンド「スリー・ビルボード」
助演男優賞:サム・ロックウェル「スリー・ビルボード」
助演女優賞:アリソン・ジャネイ「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」

外国語映画賞:「ナチュラルウーマン」」(チリ)
長編アニメーション賞:「リメンバー・ミー」

作品賞は、今年は9作品がノミネート。最優秀作品賞を受賞したのは、「シェイプ・オブ・ウォーター」。すでに日本でも公開中なので、ご覧になった方も多いのでは?

オスカーは、シリアスなドラマが有利で、コメディーやミュージカルは弱いとされてきました。そんな中、ファンタジー要素が強い「シェイプ・オブ・ウォーター」が受賞したのは、画期的なことです。これからは、ファンタジーでも、怪獣映画でも、アメコミヒーローものでも、どんなジャンルでもアカデミー賞のチャンスがあるということ。これってすごいと思いませんか?

女性の権利問題や移民、ジェンダー問題なども含めて、政治色が強い近年のアカデミー賞ですが、全員が黒いドレスを着なくても(注:ゴールデン・グローブ賞での女性のパフォーマンス)、映画の作品そのもので多様性を示してくれた。このことがとても素晴らしく、センスがあると感じました。

それから、日本関係では、なんと、なんと!メイクアップ&ヘアスタイリング賞で日本人メイクアップアーティストの辻一弘氏が見事受賞となりました(大拍手〜っ!)。この人は過去にも「もしも昨日が選べたら」(06)、「マッド・ファット・ワイフ」(07)で同賞にノミネートされている実力者。3度目の正直で受賞になりました。この部門での日本人の受賞は初なので、本当に誇らしいです。

今年は昨年のような誤発表というトンデモないハプニングもなく、まずは無事に受賞式が終わって良かったです(笑)。それにしても、昨年の作品賞プレゼンターの、ウォーレン・ビーティとフェイ・ダナウェイの二人が再び登壇したのには大笑いしました。さすがはアカデミー賞、どこまでもエンタテインメントです!

アカデミー賞は映画界最大の祭典。
作品はこれから順次日本でも公開されます。楽しみに待ちましょう!
いかがでしょうか。順当?サプライズ?ぜひ感想をどうぞ。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

オスカー、決まりました 2017

ひとりごと2017年度 第89回アカデミー賞が、日本時間の2/27に決定しました。
主要部門の受賞結果は以下。

作品賞:「ムーンライト」
監督賞:デイミアン・チャゼル「ラ・ラ・ランド」

主演男優賞:ケイシー・アフレック「マンチェスター・バイ・ザ・シー」
主演女優賞:エマ・ストーン「ラ・ラ・ランド」
助演男優賞:マハーシャラ・アリ「ムーンライト」
助演女優賞:ヴィオラ・デイビス「フェンス」

外国語映画賞:「セールスマン」(イラン)
長編アニメーション賞:「ズートピア」
長編ドキュメンタリー賞:「O.J.:メイド・イン・アメリカ(原題)」←上映時間7時間!!

作品賞は、今年は8作品がノミネート。
そんな中、最優秀作品賞を受賞したのは、「ムーンライト」。

日本関係では、ジブリが製作した長編アニメーション賞に「レッド・タートル」がノミネートされましたが、残念ながら受賞はなりませんでした。受賞したのは「ズートピア」。やっぱりディズニー強し!です。

大本命の「ラ・ラ・ランド」は、美術賞、撮影賞、作曲賞、主題歌賞(City of Stars)、監督賞、主演女優賞の6部門受賞。見事な結果でした。デイミアン・チャゼル監督は32歳で、最年少受賞です!

人種問題や反トランプのスピーチなど、さまざまな懸念が予想されたオスカーでしたが、作品賞を間違えて発表してしまうという、ビックリ仰天の事態が起こりました。マジですか?!前代未聞!「ラ・ラ・ランド」関係者には、あまりにも可哀そう。…色々な意味で、何が起きるのかわからないのがアカデミー賞。あ〜、びっくりした!!

アカデミー賞は映画界最大の祭典。
作品はこれから順次日本でも公開されます。楽しみに待ちましょう!
いかがでしょうか。順当?サプライズ?ぜひ感想をどうぞ。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

オスカー、決まりました 2016

ひとりごと2016年 第88回アカデミー賞が、日本時間の2/29に決定しました。主要部門の受賞結果は以下。

作品賞:「スポットライト 世紀のスクープ」
監督賞:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(「レヴェナント 蘇えりし者」)

主演男優賞:レオナルド・ディカプリオ(「レヴェナント 蘇えりし者」)
主演女優賞:ブリー・ラーソン(「ルーム」)
助演男優賞:マーク・ライランス(「ブリッジ・オブ・スパイ」)
助演女優賞:アリシア・ビカンダー(「リリーのすべて」)

外国語映画賞:「サウルの息子」(ハンガリー)
長編アニメーション賞:「インサイド・ヘッド」
衣装デザイン賞:ジェニー・ビーバン「マッドマックス 怒りのデス・ロード」

作品賞は、今年は8作品がノミネート。そんな中、最優秀作品賞を受賞したのは、「スポットライト 世紀のスクープ」。オスカー好みの実話の映画化で、神父による性的虐待とカトリック教会の隠ぺいを、新聞記者たちが暴いていくという社会派ドラマ。ジャーナリスト魂という言葉を感じさせる力作です。

監督賞のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥは、去年の「バードマン」に続いて2年連続の受賞。まさにあぶらがのりきった絶頂期です。ちなみに「レヴェナント 蘇えりし者」で撮影を担当した名カメラマンのエマニエル・ルベツキにいたっては3年連続の受賞。メキシコ勢、ノッてます!

主要な演技部門は、去年に引き続き、見事に4作品に分かれて受賞。ここはなんといってもレオナルド・ディカプリオ悲願の受賞につきるでしょう(笑)。レオ様、おめでと〜の声が各地から聞こえてますが、「レヴェナント」のレオは本当に素晴らしい。鬼気迫る…っていうか、完全に別世界にいっちゃった感じです、いろんな意味で(笑)。とにかくずっとオスカーに嫌われていたので、きちんとした作品できちんと受賞してくれて、ホッとしました〜。

日本関係では、長編アニメーション賞に「思い出のマーニー」がノミネートされましたが、残念ながら受賞はなりませんでした。受賞したのは「インサイド・ヘッド」。やっぱりディズニー強し!ですね〜。私としてはひそかに「ひつじのショーン」を応援してたんだけどな〜 (;^_^A

今回のアカデミー賞の特徴は、これまた、去年と同じで、圧倒的に強い作品はなく、演技部門に代表されるように、受賞作品が分かれたこと。全体的に地味な印象は否めません。むしろ話題は、映画そのものではなく、白人ばかりがノミネートされたことへのさまざまな反応でした。

白人偏重のオスカー、ボイコット問題というニュースもあり、授賞式、どうなることかと思ったんですが、ともあれ、無事に終わってよかったです。人種差別問題については、イニャリトゥ監督もスピーチで述べていましたね。しっかり取り組んでもらいたいですが、本当に良い作品、素晴らしい仕事をした映画人を選ぶという点は、ブレないでほしいものです。それから最多受賞は、なんと「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の6部門。演技部門ではなく技術・ヴィジュアル系中心ですが、とりあえず大好きな作品なので、喜ばしい!

アカデミー賞は映画界最大の祭典。
作品はこれから順次日本でも公開されます。楽しみに待ちましょう!
いかがでしょうか。順当?サプライズ?ぜひ感想をどうぞ。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

オスカー、決まりました 2015

ひとりごと2015年度 第87回アカデミー賞が決定しました。
主要部門の受賞結果は以下。

作品賞:「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
監督賞:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ(「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」)

主演男優賞:エディ・レッドメイン(「博士と彼女のセオリー」)
主演女優賞:ジュリアン・ムーア(「アリスのままで」)
助演男優賞:J・K・シモンズ(「セッション」)
助演女優賞:パトリシア・アークエット(「6才のボクが、大人になるまで。」)

外国語映画賞:「イーダ」(ポーランド)
長編アニメーション賞:「ベイマックス」
衣装デザイン賞:ミレーナ・カノネロ「グランド・ブダペスト・ホテル」

作品賞は、今年は8作品がノミネート。そんな中、最優秀作品賞を受賞したのは、「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」。これ、ストーリーも映像もとっても面白い作品ですが、ちょっとクセがある映画なので、好き嫌いが分かれそうです。
でも、実話や社会派映画が強いとされているオスカーで、ある意味、ファンタジックな(?)この映画が受賞したのは、さすがです。往年のヒーローをバッドマンのマイケル・キートンが演じるというキャスティングもナイス!実力派のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥも、監督賞に輝きました。

主要な演技部門は、見事に4作品に分かれて受賞(笑)。実力はあるのに、ずっと受賞できなかったベテランのジュリアン・ムーアがついに受賞したのは嬉しかったです。

日本関係では、長編アニメーション賞に「かぐや姫の物語」、短編アニメーション賞に「ダム・キーパー」がノミネートされましたが、残念ながら受賞はなりませんでした。やっぱりディズニー強し!ですね〜 (;^_^A

今回のアカデミー賞の特徴は、最多でも4部門と、圧倒的に強い作品はなく、演技部門に代表されるように、受賞作品が分散。言いかえれば実力伯仲ということだったんでしょう。

そうそう、余談ですが、アカデミー賞の日本の中継(WOWOW)で、ネタバレ連発という行儀の悪い発言があったとか(苦笑)。長ーい受賞式の模様は録画してるので、週末にゆっくり見る予定なので、まだ未見なんですが…。これから公開の作品も多いので、放送局ももう少し映画ファンに気を配ってほしいものです。ま、生放送だからね(苦笑)。

アカデミー賞は映画界最大の祭典。
作品はこれから順次日本でも公開されます。楽しみに待ちましょう!
いかがでしょうか。順当?サプライズ?ぜひ感想をどうぞ。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

オスカー、決まりました 2014

ひとりごと2014年度 第86回アカデミー賞が決定しました。
主要部門の受賞結果は以下。

作品賞:「それでも夜は明ける」
監督賞:アルフォンソ・キュアロン(「ゼロ・グラビティ」)

主演男優賞:マシュー・マコノヒー(「ダラス・バイヤーズクラブ」)
主演女優賞:ケイト・ブランシェット(「ブルージャスミン」)
助演男優賞:ジャレッド・レト(「ダラス・バイヤーズクラブ」)
助演女優賞:ルピタ・ニョンゴ(「それでも夜は明ける」)

外国語映画賞:「追憶のローマ」(イタリア)
長編アニメーション賞:「アナと雪の女王」
衣装デザイン賞:キャサリン・マーティン「華麗なるギャツビー」

作品賞は、
「それでも夜は明ける」「ゼロ・グラビティ」「アメリカン・ハッスル」の3強の争い。
そんな中、最優秀作品賞を受賞したのは、「それでも夜は明ける」。
やっぱりこのテの実話&社会派ドラマは強い!
前評判通りに受賞するのは、案外難しいことなので、さすがと言えるでしょう。

個人的には、オスカーでは不利なSF作品からノミネートされて奮闘した、「ゼロ・グラビティ」がイチオシだったんですが、それでも監督賞に輝いたので嬉しいです。

日本関係では長編アニメーション賞に「風立ちぬ」、短編アニメーション賞に「九十九」がノミネート。残念ながら受賞はなりませんでしたが、アニメ大国ニッポンの実力を印象付けました。

今回のアカデミー賞の特徴は、比較的ですが、日本で公開されている作品が多くノミネートされたこと。ちょっとだけですが、予想もしやすかったのではないでしょうか  (;^_^A

演技部門は“やっぱり”的に「ダラス・バイヤーズクラブ」が強かったです。マシュー・マコノヒーといえば、以前は、セクシー&マッチョ、ちょっと軽いイメージの俳優だったんですが、ここにきて一気に演技派となりました。今後が楽しみな俳優です。

アカデミー賞は映画界最大の祭典。
作品はこれから順次日本でも公開されます。楽しみに待ちましょう!
いかがでしょうか。順当?サプライズ?ぜひ感想をどうぞ。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

オスカー、決まりました 2013

ひとりごと2013年度 第85回アカデミー賞が決定しました。

主要部門の受賞結果は以下。

作品賞:「アルゴ」
監督賞:アン・リー(「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」)

主演男優賞:ダニエル・デイ=ルイス(「リンカーン」)
主演女優賞:ジェニファー・ローレンス(「世界にひとつのプレイブック」)
助演男優賞:クリストフ・ヴァルツ(「ジャンゴ 繋がれざる者」)
助演女優賞:アン・ハサウェイ(「レ・ミゼラブル」)

外国語映画賞:「愛、アムール」(仏・独・オーストリア)
長編アニメーション賞:「メリダとおそろしの森」
衣装デザイン賞:「アンナ・カレーニナ」

去年に引き続き、作品賞ノミネートが9本というハンパな数(笑)。
そんな中、最優秀作品賞を受賞したのは、ベン・アフレックが監督賞に“ノミネートされなかった”「アルゴ」。歴史を踏まえ、堅いテーマを、とぼけたユーモアと秘めた正義感で描いた、秀作エンタテインメントです。

今回のアカデミー賞の特徴は、1作品に集中しない、分散型だったこと。
見事にバラバラです  (;^_^A

演技部門は、ダニエル・デイ=ルイスは予想通りとしても、主演女優賞は、ジェニファー・ローレンスかジェシカ・チャステインと予想し、私はチャステイン有利かと思っていたんですが、結果はローレンス。若き演技派の堂々たる受賞でした。
タランティーノ作品で2度目の受賞のクリストフ・ヴァルツもお見事。

個人的に嬉しかったのは、長編ドキュメンタリー賞を「シュガーマン 奇跡に愛された男」の受賞。これ、なかなか興味深い内容で、かつ、感動的な作品で、おすすめです。

アカデミー賞は映画界最大の祭典。作品はこれから順次日本でも公開されます。楽しみに待ちましょう!
いかがでしょうか。順当?サプライズ?ぜひ感想をどうぞ。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!



人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

オスカー、決まりました 2012

ひとりごと2012年度 第84回アカデミー賞が決定しました。
主要部門の受賞結果は以下。

作品賞:「アーティスト」
監督賞:ミシェル・アザナヴィシウス(「アーティスト」)

主演男優賞:ジャン・デュジャルダン(「アーティスト」)
主演女優賞:メリル・ストリープ(「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」)
助演男優賞:クリストファー・プラマー(「人生はビギナーズ」)
助演女優賞:オクタビア・スペンサー(「ヘルプ 心がつなぐストーリー」)

外国語映画賞:「別離」(イラン)
長編アニメーション賞:「ランゴ」
衣装デザイン賞:「アーティスト」

作品賞ノミネートが9本というハンパな数が気になる今回のオスカーでしたが(笑)、「アーティスト」と「ヒューゴの不思議な発明」の“映画愛”対決が華やかでした。
結果、作品賞は「アーティスト」。
白黒のサイレント映画ですが、本当に素晴らしい作品です。

演技部門は今年は、ノミネートも含めて、ベテランの頑張りが光りました。
特に「人生はビギナーズ」のクリストファー・プラマー(「サウンド・オブ・ミュージック」のトラップ大佐ですよ!)は、史上最高齢の82歳での受賞。生涯現役!!

オスカーの作品賞で、フランス映画が受賞するのは初めて。しかも、サイレント映画の受賞は、第一回の「つばさ」以来83年ぶりというから、本当に快挙です。
映画はどんどん進化しているのですが、原点に戻って、映画本来の楽しさ、素晴らしさ、芸術性を、改めて感じてみると、ますます映画が好きになりますね。

今回は、日本がらみの作品がほとんどなかったのがちょっぴり寂しいんですが(短編ドキュメンタリーで東日本大震災を扱った作品がノミネートされてました)、それでもアカデミー賞は映画界最大の祭典。作品はこれから順次日本でも公開されます。楽しみに待ちましょう!

いかがでしょうか。順当?サプライズ?ぜひ感想をどうぞ。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

オスカー、決まりました 2011

ひとりごと2011年度 第83回アカデミー賞が決定しました。
主要部門は以下。

作品賞:「英国王のスピーチ」
監督賞:トム・フーパー(「英国王のスピーチ」)

主演男優賞:コリン・ファース(「英国王のスピーチ」)
主演女優賞:ナタリー・ポートマン(「ブラック・スワン」)
助演男優賞:クリスチャン・ベール(「ザ・ファイター」)
助演女優賞:メリッサ・レオ(「ザ・ファイター」)

オリジナル脚本賞:デビッド・サイドラー「英国王のスピーチ」
外国語映画賞:「In a Better World」(デンマーク)
長編アニメーション賞:「トイ・ストーリー3」

演技部門はそれぞれ大本命がいて、予想通りの結果になりました。その中で激戦だったのは助演女優賞。「ザ・ファイター」から2人がノミネートされ票が割れることが予想されたせいです。個人的には、子供を愛しすぎるがゆえに束縛してしまう母親を強烈な個性で演じたメリッサ・レオの受賞は納得でした。

オスカーの作品賞は去年に引き続き10作品がノミネート。おかげで公開規模が小さいインディーズ系の映画にも光が当たるようになったのは喜ばしいことです。それにしても、やっぱり「英国王のスピーチ」は強かった。アカデミー会員って、昔から英国の王室ものにヨワいんですよねぇ(笑)。

今回は、日本がらみの作品がほとんどなかったのがちょっぴり寂しいんですが(「インセプション」に渡辺謙氏が出演していることを忘れないで!)、それでもアカデミー賞は映画界最大の祭典。作品はこれから順次日本でも公開されます。楽しみに待ちましょう!

いかがでしょうか。順当?サプライズ?ぜひ感想をどうぞ。

人気ブログランキン  グ←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

オスカー、決まりました 2008

ひとりごと第81回アカデミー賞が決定しました。主要部門は以下。
主要部門は以下。

作品賞:「ノーカントリー」
監督賞:ジョエル&イーサン・コーエン(「ノーカントリー」)

主演男優賞:ダニエル・デイ=ルイス(「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」)
主演女優賞:マリオン・コティヤール(「エディット・ピアフ/愛の讃歌」)
助演男優賞:ハビエル・バルデム(「ノーカントリー」)
助演女優賞:ティルダ・スウィントン(「フィクサー」)

外国語映画賞:「ヒトラーの贋札」(ドイツ)
長編アニメーション賞:「レミーのおいしいレストラン」
衣装デザイン賞: 「エリザベス/ゴールデン・エイジ」
歌曲賞:“Falling Slowly”(「ONCE ダブリンの街角で」)

主演・助演の演技4部門は、すべて米国人ではない、外国人俳優(イギリス、フランス、スペイン)が占めるという珍しい結果になりました。

血と暴力の国 (扶桑社ミステリー マ 27-1)
←「ノーカントリー」の原作はこれ。コーマック・マッカーシー著。
作品賞の「ノーカントリー」は、とても興味深い作品で、コーエン兄弟ならではの感性が光る映画です。個人的にイチオシだったので、受賞はとても嬉しかった!助演男優賞をとったハビエル・バルデムのヘンテコな髪型と異様な雰囲気は、映画史でも屈指の個性じゃないでしょうか。好き嫌いは分かれそうな作品ですが、今まで味わったことのない不思議な緊張感にあふれています。“○○に匹敵する”とか“21世紀の○○”のように、過去の作品とは比べられない新しいテイストが、何よりも評価されたんだと思います。

対抗馬だった「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」も負けず劣らず秀作で、その迫力に圧倒されます。映画としての完成度ではこちらが上だと私は思います。160分という長さを全く感じさせず、一気に嵐が吹き荒れるという感じ。でもこの映画は何よりも主演のダニエル・デイ=ルイスのド迫力の演技がすべてでしょう。スゴイですよ、ほんとに!

日本の浅野忠信主演の「モンゴル」が受賞を逃したのは残念でしたが、ノミネートされただけでも大変な名誉。何しろ外国語映画賞は最激戦区ですから。

日本ではまだ公開されてない作品が多いので、予想は難しいのですが、皆さんの感想はいかがでしたか?仕事柄、公開前に作品を見る私も、全カテゴリーを見渡すと、まだ未見のものも。早く見たいゾ〜!個人的には、「ONCE ダブリンの街角で」が歌曲賞を受賞したのが感激でした。こんな小さな(でも、愛すべき)作品にもちゃんと光をあててくれるんですね。いいとこあるなぁ、アカデミー!

長かった受賞式(約4時間)の映像を、ようやく見終わりました。心から感激していたマリオン・コティヤールのスピーチ、素直でとても良かったです。

受賞作、ノミネート作たちは、3月から5月にかけて大挙して日本にやってきます。楽しみに待ちましょう!

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

オスカー、決まりました 2007

ひとりごと第79回アカデミー賞が決定しました。主要部門は以下。

作品賞:「ディパーテッド」
監督賞:マーティン・スコセッシ(「ディパーテッド」)

主演男優賞:フォレスト・ウィテカー(「ラストキング・オブ・スコットランド」)
主演女優賞:ヘレン・ミレン(「クィーン」)
助演男優賞:アラン・アーキン(「リトル・ミス・サンシャイン」)
助演女優賞:ジェニファー・ハドソン(「ドリームガールズ」)

オリジナル脚本賞:「リトル・ミス・サンシャイン」
撮影賞:「パンズ・ラビリンス」

外国語映画賞:「善き人のためのソナタ」(ドイツ)
長編ドキュメンタリー賞:「不都合な真実」
長編アニメーション賞:「ハッピーフィート」
衣装デザイン賞:「マリー・アントワネット」
オリジナル歌曲賞:“I Need to Wake Up”(「不都合な真実」)

いかがでしょうか。順当?サプライズ?ぜひ感想をどうぞ。

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ