映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

アビー・コーニッシュ

ジオストーム

Geostorm - O.S.T.
近未来。天候を制御する宇宙ステーションが開発され、地球の大規模自然災害は過去のものとなっていた。ところが運用開始から2年後、宇宙ステーションがウイルス感染して大暴走を始め、各地で同時多発的な異常気象・ジオストームが発生。宇宙ステーションの開発者ジェイクと、何かとジェイクと対立してきた弟マックスは、地球と人類の滅亡の危機を食い止めるため、立ち上がる…。

地球の天候を制御する気象宇宙ステーションがウィルス感染により暴走するパニック・アクション大作「ジオストーム」。映画の中の地球破壊のレベルはどんどん増し、ついに宇宙規模の大ぶち壊し大会へと到達したか…と思わずため息がでるディザスター・ムービーだが、パニックをひたすら詰め込んだ進化形だと割り切れば、なかなか楽しめる作品だ。中東の砂漠は氷結、ムンバイでは巨大竜巻、東京には激しい雹が降り注ぐ。リオの浜辺では常夏のはずの海が氷り、ドバイではすべてを飲み込む大洪水…と、もはや天変地異の品評会のような映像の連打に、しばし唖然。宇宙ステーション暴走の裏側には、政治的な陰謀があったり、わだかまりを抱えた兄弟のドラマが一応盛り込まれてはいるもの、何といってもド派手なVFX映像こそが見所なので、何も考えずひたすらスペクタクルに身を委ねるのが、正しいお作法だ。

天才科学技術者がジェラルド・バトラーというところで思わず吹き出しそうになるが、実はこのマッチョなスコットランド人俳優は、役者になる前は弁護士だったのだから、隠れ知性派なのである。人は見かけによらないという言葉は、ストーリーの中でも再確認することになる。落とした卵が瞬時に目玉焼きになるほどの高温地熱の香港の道路に平気で人が立ってることも、「アルマゲドン」や「カリフォルニア・ダウン」、秀作「ゼロ・グラビティ」まで総動員した既視感満載の映像にも、決してツッコんではいけない。この凶暴なディザスター映画、ひょっとして監督は“破壊大好き”ローランド・エメリッヒなのか?!と思ったら、当たらずとも遠からず。エメリッヒの相棒的存在のディーン・デヴリンだった。長編監督デビュー作でこれだけ大暴れしたら、次はどうするの? …というのは余計な心配か。
【55点】
(原題「GEOSTORM」)
(アメリカ/ディーン・デヴリン監督/ジェラルド・バトラー、ジム・スタージェス、アビー・コーニッシュ、他)
(厄災てんこもり度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋

ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋 [DVD]ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋 [DVD] [DVD]
世紀のロマンスを女性側から描いた「ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋」。豪華な衣装や小道具に目を奪われる。

1998年、NYに住む裕福な人妻ウォリーは、子供を欲しがらない夫との不仲に悩んでいた。そんな時、サザビーズのオークション会場で、ウィンザー公爵夫妻の遺品オークションを目にし、心を奪われる。エドワード8世との“王冠をかけた恋”で知られ、自由奔放に生きた米国人女性ウォリス・シンプソンの物語に惹かれていくウォリーだったが、すべてを手にしたと思われたウォリスにも人知れず悩みや苦悩があったことを知り、「ウォリスの本当の気持ちを知りたい」と思うようになる…。

マドンナの監督第2作は、意外なほど端正な作品だ。ウィンザー侯爵夫妻の恋は、英国王エドワード8世が恋のために王冠を捨てたと、男性側、そして英国側からばかり語られる世紀のロマンス。それを、現代に生きる女性の視点をからめてウォリス・シンプソンの立場から見る立ち位置が新しい。映画は、王族に恋をした女性が何を犠牲にし、どんな苦悩を抱えていたかをひも解いていくという構成だ。離婚歴があって、さして美人でもなかった彼女が、いかにして王の心をつかんだのかは、ウォリーだけでなく観客にも興味をそそる部分だろう。単純な“女の半生”的な内容にならなかったのは、現代を生きる女性ウォリーを語り部にしているからだ。とはいえ、ウォリーがウォリスに感情移入していくプロセスはほとんどが空想で、少々無理があり、二人の共通項があまり感じられないのは残念。キャストには、いわゆる大スターではなく、雰囲気のある役者を選んでいるところに、マドンナ監督のこだわりが見える。ウォリスを演じるアンドレア・ライズブローがとても優雅で魅力的だ。アビー・コーニッシュとオスカー・アイザックの「エンジェル ウォーズ」コンビもなかなかいい。原題の「W.E.」は、ウォリスとエドワードの意味だが、同時にヒロインのウォリーと彼女が心惹かれる、亡命ロシア人の元ピアニストのエフゲニの略でもあるのだ。それにしても映画を彩る衣装や宝石、芸術作品がなんと豪華で美しいことか。細部にまでこだわって映画を作るマドンナ監督のセンスが表れていた。
【60点】
(原題「W.E.」)
(イギリス/マドンナ監督/アビー・コーニッシュ、アンドレア・ライズブロー、ジェームズ・ダーシー、他)
(フェミニズム度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋@ぴあ映画生活

ブライト・スター いちばん美しい恋の詩(うた)

ブライト・スター いちばん美しい恋の詩うた DVD
夭折した天才詩人キーツの恋を描く繊細な恋愛ドラマだ。1818年、ロンドン郊外に若き詩人のジョン・キーツがやってくる。親友のブラウンの家で暮らす彼は、隣家に住む、刺繍やダンスが大好きな娘ファニーと惹かれ合う。詩人として駆け出しのキーツは、評論家の酷評や弟の死、貧しさなどに苦しみながらも、ファニーとの淡い恋の中で、次々に完成度の高い作品を生み出していく。だが、キーツは弟と同じ肺患を患ってしまい…。

ヒロインはよく窓辺に座っている。猫を抱いて物思いにふけったり、光にかざして手紙を読んだり、美しい緑を眺めたり。まだ女性が社会の中で自由ではなかった時代、窓辺にたたずむ行為は、広い世界への憧れのように見える。何しろファニーは、弟や妹らの付き添いなしには、愛するキーツに会うことさえ難しいのだ。だがこのような厳格な時代の空気が映画全編に漂う品格となって、はかなく美しい恋の、内に秘めた情熱を際立たせた。わずか25歳でこの世を去ったロマン派の詩人ジョン・キーツの純愛物語は、プラトニックゆえの官能性に満ちている。ブライト・スターとは「煌く星よ」というキーツの詩からとられたタイトルだ。ファニーとの純愛が、キーツの詩才を刺激し、美しい作品が生まれていく様子はみずみずしい輝きに満ちているが、病の身体で一人イタリアに旅立つキーツと彼と共に行けない悲しみを押し殺すファニーの表情もまた、残酷なまでに美しい。19世紀の英国には、伝統と革新がせめぎあっている。そんな時代の中、「平凡な50年を生きるより、夏の3日間を生きる蝶でありたい」と願う若い恋人たちはどこまでもピュアだ。襟につけたレースの手触りや、柔らかいリボン、優雅なドレスの衣擦れの音まで伝わってくるようで、細部にまで神経が行き届いている。ジェーン・カンピオンの十八番である硬質でストイックな少女の世界がここには確かにある。快活で知的なファニー・ブラウンを演じるアビー・コーニッシュの、何かを強く決心したような横顔が忘れがたい。
【65点】
(原題「Bright Star」)
(英・豪/ジェーン・カンピオン監督/アビー・コーニッシュ、ベン・ウィショー、ポール・シュナイダー、他)
(純愛度:★★★★☆)
人気ブログランキン  グ←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ