映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

アンジェリーナ・ジョリー

Mr.&Mrs.スミス

Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション [DVD]Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション [DVD]
◆プチレビュー◆
ブラピとアンジーの公私混同演技もまた楽し。こんなに激しい銃撃戦なのに、ご近所は平気なのか?!…と、こういうヤボなことを言うヤツには、お気楽娯楽映画を見る資格はない。

ジョンとジェーンは運命的な出会いを経て電撃結婚。幸せな夫婦生活だが、最近ちょっぴり倦怠期。二人は表面は普通の生活をしているが、実はお互いに裏の顔を隠していて、二人とも凄腕の殺し屋なのだ。だが、そんなスゴい秘密を隠しとおせるわけはない…。

スターがスターらしい役柄を演じ、観客はそれを思う存分楽しむ。ハリウッドに昔から存在する映画のスタイルで本作はまさにそれ。いちいち派手に格好をつけながら、お約束のハッピーエンドへと強引になだれ込む。小難しい映画評論家からは鼻で笑われても大衆はこんな作品が大好きだ。そして映画は大衆のためにある。

小さなヒネリはあるものの、ストーリーはいたって単純明快だ。最初と最後をカウンセリング場面にしたのが上手い。観客は主演二人から秘密を打ち明けられているように感じて、ワクワクするだろう。お互いの正体を知った殺し屋は相手を消さねばならないが、この闘いを夫婦喧嘩の拡大版と解釈しているところがおもしろい。

殴り合い、銃撃、爆発、カーチェイスと何でもありだが、基本は強気のジェーンとひょうひょうとしたジョンのかけあいのおもしろさ。表面はアクション映画だが、中身はロマンチック・ラブコメディなのだ。それをブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーという美男美女が演じるのだから、おもしろくないわけがない。

□2005年 アメリカ映画 原題「Mr.& Mrs. Smith」
□監督:ダグ・リーマン
□出演:ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー、ビンス・ボーン、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

アレキサンダー

アレキサンダー 通常版 [DVD]アレキサンダー 通常版 [DVD]
◆プチレビュー◆
一人の人物を真摯に描いているのにますます霧の中…という印象は「ニクソン」を見たときも感じたものだった。美しいバビロン入場のシーンが、アメリカ軍の中東入りに見えてしまうのが、時世の悲しさか。

謎に包まれたマケドニアの王アレキサンダー。史上最大の帝国を築いた若き王は、利己的な父や、息子を支配する母との葛藤に苦しみながら育った。わずか20歳で王になった彼は、世界を統一するという大きな夢を追い続けて、遠くアジアの果てまでも旅を続けるが…。

本作の主人公アレキサンダーは、歴史の教科書にも登場する有名人物。実在ながら伝説の英雄アキレスの子孫であると全編に暗示がある。舞台は神話の世界と同じくらい遠い昔だ。記録が少ない人物を描写するのは、逆に言えば自由に構築できるということ。だが、この作品では“結局、彼のことはよくわかりませんでした”と言われているようで何とも釈然としない。

難点は、狂言回しを務めるアンソニー・ホプキンスが映画の中で浮いてしまったことだ。大王の部下で後のエジプト王プトレマイオスが王の生涯を記録するという形で物語が進行するが、老プトレマイオスに戻るたびに話が中断され、違和感を感じてしまう。おかげで映画を見終わった後に記憶に残るのが、マザコンと同性愛嗜好ばかりなのだ。

評価すべきはアンジェリーナ・ジョリーで、息子を支配しようとする母親を、妖気と愛情に溢れる演技で熱演。このキャラは見ようによってはかなり笑えるシロモノで、注目だ。ペルシャ軍を打ち破った戦闘場面やインドでの象を使った戦いは、監督得意の凄惨な戦争映画のノリで見応えがある。だが、肝心の主人公の人物造形に深みがない。アレキサンダーが本気で信じた民族融合による平和な世界は、今の世の中では、原理主義という形でしかお目にかかれないのだ。ならば、伝説の英雄は魅力溢れる人物であってほしいし、そうでなくては映画の主人公は務まらない。

オリバー・ストーンがライフワークとしてベトナム戦争を描き続け、映画でアメリカの過ちを検証していることは自他ともに認めるところ。この人の演出手腕は、やはりアメリカ現代史において最も冴える。素材と調理法の両方を誤ってしまった、料理人の一皿を食すような映画だった。しかも、本当は腕がいいことを誰もが知っているだけに、大いに悔やまれる。

□2004年 アメリカ映画  原題「ALEXANDER」
□監督:オリバー・ストーン
□出演:コリン・ファレル、アンジェリーナ・ジョリー、ヴァル・キルマー、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

トゥームレイダー

トゥームレイダー (初回限定版) [DVD]トゥームレイダー (初回限定版) [DVD]
◆プチレビュー◆
モノトーンの服に身をつつむ強気モードのララ。映画的な中身は全くない。

ララ・クロフトは財宝探検家。ある日、失踪した父クロフト卿の不思議な時計を発見。その時計は時を支配する秘宝の手がかりだった。だが、邪悪な秘密結社のイルミナーティも世界を征服するために秘宝探索に乗り出していた。かくして、ララと宿敵のバトルが世界中を駆け巡る。果たして、ララは世界を救えるのか?

スーパーヒロインが大活躍の冒険物語。A.ジョリーは文句なくピッタリで、天賦の才と強烈なボディ、脅威の運動神経という三拍子そろったヒロインを演じて、それぞれ心の中に思い描く主人公がいるゲームファンをも、納得させた。彼女のフェロモンを十分すぎるほど楽しめるのが本作。

そもそもこの映画の原作は、記録的なヒットをとばす超メジャーな大人気ゲーム。世界で最も有名なゲームヒロインがララ・クロフトその人。ゲーマーには既に大まかな設定が把握できているというわけだ。おかげで物語の核になる人間関係の描写はほとんど手抜き状態。当然、話に深みなどあるはずもなく、ララが戦うのは、世界を救うという目的よりも、むしろ戦うことそのものが好きという印象。このあたりが実にゲームっぽい。

ゲーマーの楽しみは、どんなに不完全でも、自分でストーリーを作っていくこと。たとえそれが、実はクリエーターの作った話の流れを追うことだとしても。また、ゲームオーバーでもリトライできるという楽しみもある。いわば習得する喜びだ。一方、映画を見る観客は、完成されたストーリーを、十分に味わうことを期待する。それも、きちんと構築されたストーリーとキャスティング、映像と音楽、そしてセリフの深みまで総合した完成品でなくてはならない。もちろん、ゲーマーと映画鑑賞者の年齢層の違いもあるが、むしろ、メディアの質と求めるものの違いに気づくべき。要は、ゲームを映画化するという企画そのものに、無理があるのだ。これがゲームの実写化の壁でもあるし、逆に将来への期待とも言えるだろうか。

□2001年 アメリカ映画 原題「Tomb Raider」
□監督:サイモン・ウェスト
□出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジョン・ボイド、イアン・グレン、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ