映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ジャスティス・リーグ」「火花」「ギフテッド」「光」etc.

アンセル・エルゴート

ベイビー・ドライバー

Baby Driver (Music From The Motion Picture)
幼い時の事故の後遺症で、耳鳴りが激しい“ベイビー”は、完璧なプレイリストをセットしたiPodで音楽を聴くことで、なぜか驚異のドライビングテクニックを発揮する青年。犯罪組織から逃がし屋の仕事を請け負っているベイビーだったが、偶然出会ったデボラと運命的な恋に落ち、裏社会から足を洗うことを決意する。だがベイビーが組織から抜けることを許さないボスにデボラの存在を知られ、脅迫されたあげく危険な仕事を請け負うことになる…。

若き天才ドライバーの恋と活躍を描く犯罪アクション「ベイビー・ドライバー」。音楽を聴くと天才的なドライバーになるという現象の学術的根拠はさておき、今、映画好き、音楽好きの両方から大注目のエドガー・ライト監督の新作である本作は、実に楽しい快作だ。物語は単純で、裏稼業に身を置く青年が恋人のために“最後の仕事”を請け負うという、ありがちなもの。ボーイ・ミーツ・ガールもカーアクションも珍しいわけではないが、ベイビーという役名がぴったりのアンセル・エルゴートとリリー・ジェームズの好演と、劇中の音楽が誰もが知るヒットナンバーを使う“ジュークボックス・ミュージカル”風なので、いつしか観客は気持ちよくノセられてしまう。音楽センスには定評があるライト監督なので、選曲も物語に沿った的確なもので、実にノリがいい。

主人公の脇を、ケヴィン・スペイシーやジェイミー・フォックスら、オスカー俳優が、怪演に近いサポートでがっちり固めるという妙な豪華さも見逃せない。特にフォックス演じる犯罪者のイカレっぷり(と、その末路)は必見だ。ロマンティックでハートウォーミングなエピソードが随所に登場するので、ご都合主義な展開にも素直にうなずける。カーチェイス版「ラ・ラ・ランド」との評判だが、むしろ、iPod風味の「トゥルー・ロマンス」と評したい。コ難しいドラマやド派手なアメコミ映画に疲れたら、こんな楽しい作品で一息入れよう。サントラもおすすめだ。
【70点】
(原題「BABY DRIVER」)
(アメリカ/エドガー・ライト監督/アンセル・エルゴート、リリー・ジェームズ、ケヴィン・スペイシー、他)
(ロマンティック度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

きっと、星のせいじゃない。

きっと、星のせいじゃない。 [Blu-ray]
ガン患者の集会で出会った若い男女の恋を描く「きっと、星のせいじゃない。」。難病ものなのに暗さはなく、後味はさわやか。

末期ガンを患う17歳のヘイゼルは、親の勧めでガン患者の集会に参加し、骨肉腫を克服したガスと出会う。ガスはヘイゼルに好意を寄せるが、ヘイゼルは彼を傷つけまいとあえて距離を置くことに。そんなある日、ガスはヘイゼルが愛読する小説の作者にメールを送り返事をもらう。2人は友達の関係のまま、作家が住むオランダに向かうが、そこで作家から思いがけない言葉を投げかけられる。さらに旅の終わりにガスはヘイゼルにあることを打ち明けるが…。

原作は作家ジョン・グリーンが友人をモデルに書いたベストセラー小説「さよならを待つふたりのために」。いわゆる難病ものだが暗さはまったくなく、不思議なほどさわやかなところが何よりも好ましい。鼻からチューブを付け、酸素ボンベが手放せないヒロインのヘイゼルは、13歳から自分の病気と闘っていて、いつも死を意識している大人びた少女だ。恋人はおろか友人さえいない彼女に思いがけない恋が…という展開だが、この物語は観客の予想を鮮やかに裏切っていく。自分のことを“いつ爆発するかわからない手榴弾”に例えて、誰かと深くかかわることを避けていたヘイゼルが、ガスとの恋にときめき、しっかりと他者と向き合う姿には、見ているこちらが勇気をもらうほど。アムステルダムに行き憧れの作家に会うが、そこでは予定調和の感動やなぐさめはないというところも、逆にハッとさせられる。「アンネの日記」のエピソードは少し浮いた感じもあるが、生きることの大切さを強く感じさせてくれた。人は誰もが限られた生を生きていて、その長さが少し違うだけ。死と向き合うことで生を愛おしく思う。秀作「(500日)のサマー」の脚本家は、難病を扱いながら、決して湿っぽくならず若いカップルの感情に素直に寄り添う素晴らしい物語を紡いでくれた。みずみずしさと達者な演技で主人公を演じるのシャイリーン・ウッドリー。やはりこの人は上手い。
【70点】
(原題「THE FAULT IN OUR STARS」)
(アメリカ/ジョシュ・ブーン監督/シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、ナット・ウルフ、他)
(ポジティブ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
きっと、星のせいじゃない。@ぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ