映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ラ・ラ・ランド」「トリプルX 再起動」「彼らが本気で編むときは、」etc.

アンソニー・ホプキンス

ハイネケン誘拐の代償

ハイネケン誘拐の代償 [Blu-ray]
オランダで実際に起こった大富豪誘拐事件を描く「ハイネケン誘拐の代償」。レクター博士が人質じゃ、かなわない!

1983年、世界有数のビールメーカー、ハイネケンの経営者で大富豪のアルフレッド・ハイネケンが何者かに誘拐され、高額の身代金が要求される。警察は巨大組織による犯行と考えていたが、実際の犯人は犯罪経験のない幼なじみ5人の青年たちだった。計画は順調に思えたが、人質であるハイネケンの威圧的な態度に圧倒され、徐々に計画に狂いが生じ始める…。

1983年にオランダで実際に起こった大富豪誘拐事件の顛末を描く「ハイネケン誘拐の代償」。エミー賞受賞の犯罪ジャーナリスト、ピーター・R・デ・ブリーズのベストセラーを基に、実話を映画化した作品だが、身代金の行方など、今も多くの謎が残る事件なのだそうだ。事件の真偽はさておき、映画は、誘拐する側“素人集団”と誘拐される側“百戦錬磨の経営者”という対立の構図と、老獪な人質のペースに犯人が徐々に飲み込まれていく過程を重視している。何と言ってもハイネケンを演じるのはレクター博士ことアンソニー・ホプキンスなので、そこにいるだけで威圧されるのも無理はない。だが犯人と人質の息詰まる心理戦というほどの会話劇にはなっていない。むしろ、犯人グループ5人の奇妙な友情やわだかまり、犯罪に加担した負い目など、自滅に近い展開だ。印象に残るのは人質であるハイネケンが、犯人を素人の友人グループと見透かして言うセリフ。「裕福には二通りある。大金を手にするか、大勢の友人を持つかだ。両方はありえない」。これは自身の体験からの言葉だろうか。かけがえのない友情を手にしているのにそれに気付かない愚かな若者たちへの指針にも思える。やはり器が違うのだ。それにしても、エンドロールに流れる、その後の犯人グループの運命が興味深い。
【60点】
(原題「KIDNAPPING MR. HEINEKEN」)
(ベルギー・英・オランダ/ダニエル・アルフレッドソン監督/アンソニー・ホプキンス、ジム・スタージェス、サム・ワーシントン、他)
(心理戦度:★★☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ハイネケン誘拐の代償@ぴあ映画生活

映画レビュー「ヒッチコック」

ヒッチコック [Blu-ray]
◆プチレビュー◆
サスペンスの神様の知られざる素顔を描く「ヒッチコック」。名匠のコンプレックスと映画の裏話に興味津々。 【65点】

 映画監督として大成功を収めたアルフレッド・ヒッチコックは、自費を投じて扇情的なホラー映画「サイコ」の制作に着手する。だが、それまでの常識を覆す演出のため、映画はさまざまなトラブルに見舞われる。さらに妻アルマとの関係にもほころびが生じはじめ、ヒッチコックはついに倒れてしまう…。

 サスペンスの神様、アルフレッド・ヒッチコック、通称ヒッチの唯一のホラー作品で、最大のヒット作は言うまでもなく「サイコ」だ。数々の逸話を残すこの名作誕生の舞台裏を描く本作は、ヒッチコキアン(ヒッチコックの熱狂的なファン)には、よく知る逸話ばかりだろう。

 だが、本作はヒッチコックという天才監督の賛美ではない。「サイコ」のモデルで大量殺人者のエド・ゲインの幻影が、常にヒッチにつきまとうが、ゲインはヒッチの深層心理の象徴だ。描かれるのは、コンプレックスや嫉妬心、殺人や倒錯を嗜好する異常性。さらに、公私ともに強い絆で結ばれた夫婦の葛藤を浮き彫りにするアプローチが新鮮だ。

 「サイコ」は、下着姿やトイレを映したこと、ヌードが見える、見えないの論争などで、映倫との長い戦いが繰り広げられた作品として知られている。さまざまなテクニックで難局を乗り切るヒッチの戦略はまさに天才的で、彼の才能とチャレンジ精神は疑いようがない。だがその一方で、世間の評判を気にし、アカデミー賞を取れないことに傷つく弱い側面も。そんな複雑な夫のそばで、妻アルマもまた、編集者・脚本家として悩んでいたのだ。

 ヒッチ役の名優アンソニー・ホプキンスは、特殊メイクで巨匠を熱演するが、顔は似ていないのに、しぐさや人間描写の掘り下げでヒッチになりきっているからさすがである。対するヘレン・ミレンは、夫の浮気癖に耐えながらも、妻として編集者として夫を支える気丈なアルマを、これまた貫禄たっぷりに演じる。モノクロ映画の「サイコ」の名シーンの数々が、鮮やかな“カラー”で見られるのが何より嬉しい。

 第一回試写で酷評された「サイコ」を、鮮やかな編集手腕で名作に作り変えたアルマとヒッチは、互いに欠点を抱えながらも、二人揃うと最強になった。本作のタイトルは「ヒッチコック」だが、これはむしろ「ヒッチ&アルマ」とでも呼びたいバディ・ムービーなのだ。多くの名作を作りながらアカデミー監督賞を取れなかったことに生涯コンプレックスを抱えていたヒッチコック。彼とその妻の物語を、ホプキンスとミレンというオスカー俳優の二人が演じることを知ったら、ユーモアと皮肉が大好きだったヒッチは苦笑いするに違いない。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)夫婦善哉度:★★★★★

□2012年 アメリカ映画 □原題「HITCHCOCK」
□監督:サーシャ・ガバシ
□出演:アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハンソン、他
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ヒッチコック@ぴあ映画生活

恋のロンドン狂騒曲

恋のロンドン狂騒曲 ブルーレイ [Blu-ray]恋のロンドン狂騒曲 ブルーレイ [Blu-ray] [Blu-ray]
屈折した笑いに彩られた恋愛悲喜劇「恋のロンドン狂騒曲」。アイロニカルな視点がいかにもウディ・アレンらしい。

ロンドンに住むアルフィはある日突然老いの恐怖にとらわれ、40年連れ添った妻を捨てて若いコールガールと結婚宣言。妻のヘレナはあまりのショックにインチキ占い師に頼りきりになる。2人の娘のサリーは両親を心配しながらも、勤め先のギャラリーのオーナーに胸をときめかせ、サリーの夫で一発屋の小説家のロイは、向いに住む赤い服の美女ディアに心を奪われる。誰もが目の前の相手に不満をいだき、もっと幸せになれるのではと妄想する中、残酷な現実が近付きつつあった…。

複数のカップルの恋の顛末を賑やかに描くのはウディ・アレンの十八番だが、今回はかなりシニカルなムードが漂うコメディである。恋にときめき、新しい未来に向かって一歩歩み出すことは許しても、その後の現実の厳しさで登場人物を翻弄するのは、懲りない大人たちへ戒め、引いては自分の人生への自虐なのだろうか。前作「ミッドナイト・イン・パリ」のようなファンタジー要素がないだけに、キャラクターたちは現実の壁に直面すれば切実なムードに包まれる。特に、珍しく情けない老人を演じたアンソニー・ホプキンスが、若いコールガールに翻弄されたあげく妻に複縁を頼んで断られるエピソードや、一発屋の作家ロイが出来ごころで盗んだ他人の原稿で大絶賛を浴びた後の顛末は、アレン流のギリシャ悲劇のようだ。年甲斐もなく、恋に右往左往する、彼らのバイタリティーに感心しつつも、野心、成功、盗作、密通など、すべては、アレンに言わせれば、広大な宇宙の営みの塵に過ぎない。どうやらウディ・アレン御大、悟りの境地に達しているようだ。
【55点】
(原題「YOU WILL MEET A TALL DARK STRANGER」)
(米・スペイン/ウディ・アレン監督/アントニオ・バンデラス、ジョシュ・ブローリン、アンソニー・ホプキンス、他)
(シニカル度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
恋のロンドン狂騒曲@ぴあ映画生活

最終目的地

最終目的地 [Blu-ray]最終目的地 [Blu-ray] [Blu-ray]
南米の辺境の豪邸に暮らす人々の人間模様を描く「最終目的地」。国際的なキャストの中で、真田広之が潤滑油のような役割を自然体で演じている。

アメリカの大学院生オマーは、たった1冊の著書を残して自殺した作家ユルス・グントの伝記執筆のため、遺族に伝記公認の許可を得る目的で、南米ウルグアイの辺境の地にやってくる。その豪邸には、作家の未亡人キャロライン、愛人アーデンとその娘、作家の兄アダムとそのパートナーの男性ピートという、奇妙な家族が暮らしていた。オマーという“侵入者”の滞在によって、彼らは皆、それぞれの人生を見つめ直していく…。

国際的なキャスト、異国情緒、ノスタルジー、のっぴきならない人間関係。ジェームズ・アイボリーらしい静かで格調高い文芸ドラマだ。原作はアメリカ人作家ピーター・キャメロンの同名小説。物語は、閉鎖的な小さな世界で、人生をあきらめたかのように暮らす人々の群像劇である。劇的な事件は何も起こらず、けだるい午睡のような空気の中で、深みのあるセリフが静かに語られる。妻、愛人、兄らを結び付けているのは、自殺した作家ユルスの“不在”で、故郷を喪失して、身動きできなくなってしまった彼らの呪縛をゆっくりと解くのがオマーの役割だ。オマーという“よそ者”が、図らずも彼らに、本当はどこに行きたいのか、あるいは誰と行くべきなのかを問い、人生の最終目的地へと向かわせることになる。そこにナチスの迫害を逃れてドイツから南米に渡ったユダヤ系の先代のホームビデオや、母親が残した宝石類などが、人々が“動き出す”きっかけとしてミステリアスな味付けを加えている。アイヴォリー監督とは「上海の伯爵夫人」で組んだ真田広之は、今回は名優アンソニー・ホプキンスのゲイの恋人という難役。停滞とも平和ともつかない世界の潤滑油のような役割を、不思議な優しさとユーモアを漂わせつつ、自然体で演じて、国際派俳優として見事な存在感だった。新しい何かを手に入れるためには、今持っている古い何かを捨てねばならない。互いに惹かれあうアーデンとオマーだけでなく、誰もが自分の居場所をみつけるラストには、愛憎入り乱れる人間関係の不可思議と共に、柔らかな希望も。人生の機微を知る大人のための物語だ。
【65点】
(原題「THE CITY OF YOUR FINAL DESTINATION」)
(アメリカ/ジェームズ・アイヴォリー監督/アンソニー・ホプキンス、ローラ・リニー、真田広之、他)
(優雅度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
最終目的地@ぴあ映画生活

ザ・ライト エクソシストの真実

ザ・ライト エクソシストの真実 Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)ザ・ライト エクソシストの真実 Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
バチカン公認の正式な職業“エクソシスト”の実態に迫るこの物語は、実話がベースになっている。悪魔の恐ろしさ以上に怖いのは、名優アンソニー・ホプキンスの鬼気迫る表情。話そのものは怖くはないのに、ホプキンスが上手すぎて恐ろしくなる。

アメリカ人神学生のマイケルは、恩師の強い勧めでバチカンのエクソシスト養成講座を受講することになる。ローマで出会ったのは超一流のエクソシストと言われるルーカス神父だ。信仰心が揺らぎ司祭への道を捨てようとしていたマイケルだったが、ルーカス神父の悪魔祓いを手伝ううちにさまざまな信じがたい出来事を経験することになる…。

この物語をハウツー本風に言うならば「○日間でバッチリ理解できる悪魔祓い」、あるいは「これであなたも悪魔ツウ!エクソシストが1(イチ)から分かる本」といったところか。何しろ、科学とは真っ向から対立するキリスト教にとって、悪魔と精神疾患の境界線はあいまいなものなのだ。主人公マイケルは信仰心を見失ってはいるが、神の存在を完全に否定しているわけではない。彼にとって、神や悪魔は曖昧なものだが、リアルなのは無条件に子供を愛する母親という確固たる存在だ。主人公の信仰心の根源的な問題は、幼少期のトラウマにあるというわけである。16歳の少女が悪魔にとりつかれ、やがてエクソシストの第一人者であるはずのルーカス神父自身にも悪魔がとりつく。どうやら悪魔というのは人間の弱さにつけこむものらしい。ではどうやって人間は強くなるかというと、悪魔ととことん対話して説得し名乗らせるという方法を取る。スーパーナチュラルな相手にさえ理詰めで責めるキリスト教の特性がいかにも西欧風だ。マイケルは信仰を取り戻し、神の存在を信じることができるのか。ルーカス神父の悪魔祓いの儀式のクライマックスで、追いつめられた彼から出た言葉は、いわば変化球なのだが、これがなかなか説得力がある。悪魔から身体をのっとられれ、すさまじいなりきり演技の怪演をみせるホプキンスのおかげで異様な雰囲気を醸し出してはいるが、この映画はホラーやオカルトではなく、むしろルーキーがベテランと組んで現場で仕事を覚えていく成長物語とみた。“ライト”とは宗教上の儀式の意味。バチカンに歴然と存在するエクソシストの全貌を知る意味でも興味深い1本だ。
【65点】
(原題「THE RITE」)
(アメリカ/ミカエル・ハフストローム監督/アンソニー・ホプキンス、コリン・オドナヒュー、アリシー・ブラガ、他)(なりきり度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ザ・ライト -エクソシストの真実- @ぴあ映画生活

ウルフマン

ウルフマン ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]ウルフマン ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
狼男といえば恐怖映画の不動のレギュラーメンバーで、ホラーにもコメディにもなる便利な素材。意外性のあるキャスティングと、格調高く正統派アプローチで描く本作は、さしずめゴシック・ホラーだ。19世紀末、人気俳優のローレンスは生家ダルボット城がある村に帰郷する。到着早々、無残な兄の遺体と対面するが、それは人間以外の魔物の手による犯罪としか思えぬほど切り裂かれていた。村人はウルフマンの仕業として恐れ、犯人の捜索が行なわれるが、ローレンスはウルフマンに襲われた上、自らもウルフマンに変身してしまう…。

ウェアウルフやライカンなど、獣人伝説は世界中のあらゆる時代に存在する。だが科学と魔術が共存する19世紀末の英国はもっともふさわしい舞台のひとつだろう。本来、狼男の物語は、満月の夜になるとおぞましい殺人鬼に変身してしまうという、いわば多重人格の変種のようなもの。普段は押さえ込んでいる本能が目覚めてしまうところから、精神医学的な解釈も多くなされた。だが、映画は主人公の内面の深みにはあまり言及せず、父と息子の確執へと移行する。これがホラー映画から離れてしまった要因なのだが、それはそれで俳優の演技を際立たせた。ウルフマンに変身し苦悩するローレンスを、わざと凶行に走らせた上に警察へ引き渡す父親ジョンの不可解な行動には、25年前の妻の死にまつわる秘密が。それを解き明かす過程はサスペンス、ウルフマンの蛮行はスプラッタ、ローレンスの苦悩と顛末は人間ドラマと、多重性のある物語は、狼男の出自とも重なり合うものだ。狼男映画には、ロン・チェイニー・ジュニアが主演した1941年の決定版「狼男」をはじめ、数多くの作品がある。お勧めはニール・ジョーダンの赤頭巾異聞「狼の血族」だが、ほとんどノーメイクのジャック・ニコルソンが立派に狼男に見える「ウルフ」も捨てがたい。特殊メイクの第一人者リック・ベイカーに、初めてのオスカーをもたらした「狼男アメリカン」も必見だ。本作では、CG全盛の時代に、あえて大部分を、前述のリック・ベイカーによる特殊メイクで表現した。映像と物語とで、変身、救済、再生とが構築される様が興味深い。人の手によるモンスターの創造という意味でも。
【60点】
(原題「THE WOLFMAN」)
(アメリカ/ジョー・ジョンストン監督/ベニチオ・デル・トロ、アンソニー・ホプキンス、エミリー・ブラント、他)
(クラシック度:★★★★☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ジョー・ブラックをよろしく

ジョー・ブラックをよろしく 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]ジョー・ブラックをよろしく 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]
死神と人間の女性が紡ぎ出すファンタスティックなラヴストーリー。ブラッド・ピットが人間の女性に恋してしまう死神を演じている。

大富豪パリッシュのもとにやってきたジョー・ブラックと名乗る謎めいた青年。実は彼はパリッシュを“お迎え”にきた死神だった。ジョーはパリッシュに少しの猶予を与え、人間の世界を見たいと告げる。パリッシュの愛娘のスーザンと出会ったジョーは恋に落ちるが、人間の恋愛を知った彼はスーザンをあの世に連れていきたいと悩むようになる…。

死神ジョー・ブラックが、パリッシュの家のキッチンで、ピーナッツ・バターを初めて食べて大いに気に入る場面が面白い。死神さえも夢中にさせるピーナッツ・バターは、アメリカではどんな家庭にも必ず常備してある人気食品。ただ映画に登場したのは、日本でもおなじみの「スキッピー」ではなく、「ローラ・スカダーズ」という食品メーカーのピーナッツ・バター。劇中のセリフでも「スキッピーと並ぶおいしさ」とあるところをみると、米国ではかなりの人気なのだろう。無邪気な笑顔でピーナッツ・バターをなめるブラッド・ピットの表情が忘れ難い。

1934年の「明日なき抱擁」のリメイクだが、死神と令嬢の切ない恋を、人気スターのブラッド・ピットと、名優のアンソニー・ホプキンスという組合せで情感豊かに蘇らせた。死神の恋には上手いオチがつくのだが、劇中にある「逃れられないもの。それは死と税金」というセリフが効いていた。

(出演:ブラッド・ピット、アンソニー・ホプキンス、クレア・フォラーニ、他)
(1998年/アメリカ/マーティン・ブレスト監督/原題「Meet Joe Black」)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックお願いします(^o^)

ボビー

ボビー BOBBY  [DVD]ボビー BOBBY  [DVD]
ロバート・F・ケネディ暗殺の日に同じホテルにいた架空の22人の人生模様。典型的なグランド・ホテル形式で描かれるドラマで、構成は上手いし味があるが、22人は多すぎたか。やや民主党よりだが、今の社会情勢と絶妙にリンク。本物のスピーチが感動を呼ぶ。
【85点】
(原題「BOBBY」)
(アメリカ/エミリオ・エステベス監督/アンソニー・ホプキンス、シャロン・ストーン、イライジャ・ウッド、他)
(豪華キャスト度:★★★★★)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

映画レビュー「世界最速のインディアン」

世界最速のインディアン スタンダード・エディション [DVD]世界最速のインディアン スタンダード・エディション [DVD]
◆プチレビュー◆
元気じいさんが最高にカッコいい。他者とその好意を素直に受け入れ、自分の中で生かしていく姿に、人生のベテランの知恵と余裕が見えた。勇気をもらう実話。 【60点】

ニュージーランドの田舎町に住む老人バート・マンローはバイク狂。国内では数々の記録を保持しているが、自ら改造したバイクを駆って、米国ボンヌヴィルの大会で行われるレースの世界記録に挑戦することに。NZからLA、ユタ州と無謀な旅をする。様々なトラブルに見舞われながら、ついにライダーの聖地に立つのだが…。

世は高齢化社会。年寄りは少々のことでは枯れず、元気で生意気だ。多少健康状態に問題はあれど気合で突っ走る。バート・マンローはそんな“元気じいさん”のチャンピオン。何しろ、60歳を越えてからバイクの世界最速記録を作る年寄りなど、なかなかいない。名優のアンソニー・ホプキンスが、ユーモアたっぷりに老ライダーを演じてみせた。

インディアンとは伝説的なバイクの名称だ。魚に似た流線型のフォルムは、ちょっとレトロなSFのよう。バートは実生活ではかなりの変人だし、言動もムチャが多い。だが、自由な精神を持ち、自分の夢を信じてあきらめない彼の姿勢が、いつのまにか周囲をも動かし、困難を乗り越えていく。「ゆずれない、絶対的に好きなもの」がある人間は強いのだ。

そんな男を主人公に持つこの映画には、悪い人が登場しない。徹底的に性善説なのだ。なぜなら、バートじいさんのように生きたいと皆、心の中で思っているから。おとぎ話のような物語だが、40年以上も愛車を改造しスピードに挑み続ける彼の努力は本物。バイク乗りではなくとも、生涯現役で頑張らねばならない!と、本気で思う。見終われば、塩の平原ソルトフラッツを駆け抜けるバートの姿が、目に焼き付いていた。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)老人パワー度:★★★★★

□2005年 ニュージーランド・アメリカ合作映画 
□原題「THE WORLD'S FASTEST INDIAN」
□監督:ロジャー・ドナルドソン
□出演:アンソニー・ホプキンス、ダイアン・ラッド、ポール・ロドリゲス、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

レッド・ドラゴン

レッド・ドラゴン [DVD]レッド・ドラゴン [DVD]
◆プチレビュー◆
米国の若手実力派E.ノートンも、これだけ優秀な英国人俳優たちに囲まれては、さすがに少し影が薄かった。「羊…」よりも前の出来事を、10歳以上老けたちょっと太めのホプキンスが演じるのは矛盾だが、この役をいったい他に誰が演じられようか。

殺人鬼レクター博士を命懸けで逮捕したFBI捜査官グレアム。心と身体に大きな傷を負い、FBIを引退していたが、新たな連続殺人事件が起こったため、やむなく復帰し再びレクターと対面する。“レッド・ドラゴン”と呼ばれる犯人を追うことになるが、レクターは巧妙な手口でグレアムと彼の家族を危険にさらす…。

ブレッド・ラトナーが監督で大丈夫なのか?!これが今回の最大の懸案事項だった。ジョナサン・デミ、リドリー・スコットと続いて、次が「ラッシュ・アワー」のラトナーとは、誰もが首をかしげただろう。だが、その心配は杞憂に終わってくれた。なかなか良く出来ているではないか。但し、美しき駄作「ハンニバル」に比べてだが。

精神科医レクターはグレアムと刺し違えた後、牢獄に入っているが、新たな事件の解決のために彼の明晰な頭脳が必要とFBIは判断した。よって、時代的には最初に当たるが、みたびサー・アンソニー・ホプキンスの登場となる。オラ、オラ、レクター博士のお通りだい!というわけだ。本作はシリーズ第1作にして完結編とのこと。「羊たちの沈黙」「ハンニバル」の前2作につながる伏線や、見覚えのあるキャストも登場するので、鑑賞前に予習しておくと、より楽しめる。

人間は慣れる動物なのか、シリーズも3作目ともなると怖さは随分薄れるものだ。レクターが出す料理の素材が何なのかということや、彼の並外れた知性を観客は既に知っているし、今回の犯人“レッド・ドラゴン”の正体も早い段階で明かされる。この映画のテーマは謎解きではなく、映画史上、最も魅力的な悪の化身レクターと、聡明な元FBI捜査官グレアム、更に悲しい過去を持つ犯人の三つ巴の物語。それは、同じ思考回路を持つ者たちの、スリリングで愛憎紙一重の駆け引きなのだ。

演技派俳優勢揃いで息が詰まりそうだが、犯人を演じるR.ファインズの鬼気迫る演技が特に凄い。トラウマを背負った複雑な人間心理に加え、盲目の女性との愛という未経験の感情に戸惑う姿が絶妙だ。少年期の背景の描き込みがやや浅いが、この程度にしておかないと、この話の主役がレクターとグレアムから、犯人へと移りかねない。この作品、実は切ない恋愛モノなのかも…と観客に勘違いされては困るのだ。このシリーズはあくまでレクターという超絶な“絶対悪の象徴”が中心なのだから。

カニバリズム(人肉食い)を描いた作品は他にもあったが、それは、生きるためであり、魂を得る精神世界のためだった。ハンニバル・レクターは全く違う。自身の桁違いの美意識に基づいて“好きでやっている”ところが凄いのだ。そんな人知と常識を越えた彼の前では、人間の情愛など何の意味もないが、それでも理解し合える同類を待っている。宿敵であろうと自分と五分に渡り合い、奇妙な親愛の情を共有できる人物。それが、グレアムであり、後に登場するクラリスなのだ。

□2002年 アメリカ映画 原題「RED DRAGON」
□監督:ブレッド・ラトナー
□出演:アンソニー・ホプキンス、エドワード・ノートン、レイフ・ファインズ、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
震災には負けない!
リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

icon icon
おすすめ情報
おすすめ情報

twitterやってます!
おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
いいね!もよろしく♪
Facebookをご利用の皆さん、このブログが気に入ったら、ぜひ「いいね!」ボタンをポチッと押してください。 渡まち子の励みになります!
タグクラウド
  • ライブドアブログ