映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「フィフティ・シェイズ・ダーカー」「ハクソー・リッジ」「結婚」「ありがとう、トニ・エルドマン」etc.

アンディ・ラウ

グレートウォール

Great Wall
世界中を旅する傭兵ウィリアムは、仲間と共に火薬を求めてシルクロードへと赴く。砂漠地帯で馬賊の襲撃をかわして身を潜めていた彼らは、謎の獣に襲われる。多くの仲間を失いながら馬で駆け抜けた彼らの前に巨大な城壁“万里の長城”が現れた。長城防衛の命を受ける禁軍に降伏したウィリアムと相棒のトバールは、戦略を司る軍師ワン、女性司令官リン隊長らから、ウィリアムを襲った獣の正体は2000年前から60年に一度現れ、幾度となく中国を襲ってきた伝説の怪物、饕餮(とうてつ)であり、万里の長城はその獣を防ぐために築かれたことを知らされる…。

遠い昔の中国を舞台に万里の長城に秘められた伝説に迫るファンタジー・アクション「グレートウォール」。人類史上、最大の建造物・万里の長城には数々の謎や伝説がある。本作はその伝説のひとつを壮大なスケールで映像化した中国と米・ハリウッドの合作映画である。超大作の割には、アメリカでの興収はさんざんで、先のアカデミー賞でも司会者が友人のマット・デイモンをこの映画のことでいじり倒していたのが記憶に新しい。それはさておき、荒唐無稽なファンタジーだと割り切ってみると、意外にも楽しめる。金や名声のために働いてきたウィリアムが、自己犠牲の精神で命がけで戦う禁軍の戦士たちの影響で正義に目覚める…というストーリーはありがちで、ドラマとしての深みはほとんど感じられない。だがそれを補うのは、ビジュアルの美しさと迫力だ。長城を守る精鋭部隊は、役割毎に、色分けされ、石弓、空中戦などアクロバティックな戦いを繰り広げる。中でもバンジージャンプのような動きで獣と闘う美女軍団のアクションには目を見張った。そしてそこには西欧社会が渇望する最先端の武器である火薬もあって、圧倒的な破壊力を見せつけるという派手な見せ場も用意されている。知将の軍師ワン、女司令官リンら、際立つ登場人物もいるが、全体的には、個は埋没し、獣も人間も集団としてのイメージしか残らない。すべての人民が犠牲的精神で国家につくすという中国らしい考え方の是非は別問題として、伝説という名前の自由奔放なイマジネーションが爆発するスペクタクル巨編に仕上がった。名匠チャン・イーモウのハリウッド進出作だが、今後、彼はこの路線なのだろうか?? 道を踏み外してほしくない…と心配しつつ見守りたい。
【60点】
(原題「THE GREAT WALL」)
(中国・米/チャン・イーモウ監督/マット・デイモン、ペドロ・パスカル、ウィレム・デフォー、他)
(荒唐無稽度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
グレートウォール|映画情報のぴあ映画生活

桃さんのしあわせ

桃さんのしあわせ スペシャル・エディション [Blu-ray]桃さんのしあわせ スペシャル・エディション [Blu-ray] [Blu-ray]
年老いた使用人と雇い主の息子との絆を描く「桃(タオ)さんのしあわせ」。淡々とした作風がリアルな感動を生んでいる。

香港に済む敏腕映画プロデューサーのロジャーの家には、60年間、仕えてくれているメイドの桃(タオ)さんがいる。ある日、ロジャーが帰宅すると桃さんが脳卒中で倒れていた。マヒが残りもう仕事ができないからとメイドの仕事を辞める桃さんのために、ロジャーは老人ホームを探す事に。無事にホームに入居した桃さんだが、長年ロジャーとその家族の世話をしてきた彼女は、他人から介護されることにとまどいを感じる。一方、そばにいるのが当たり前だった桃さんがいなくなったことで、初めて彼女がいかに大切な人だったかに気付いたロジャーは、献身的に桃さんを見舞い、世話をすることになる…。

これは本作のプロデューサーである、ロジャー・リーさんの実体験を基にした実話だそうだ。特別な事件は起こらず、ただ淡々と人間関係をみつめるだけの物語なのに、心地よい優しさにあふれた秀作に仕上がっている。裕福な家の息子ロジャーは中年になってもメイドの桃さんに生活のすべてをまかせきりで、ろくに優しい言葉もかけない。桃さんが倒れた後、コネを使って入居させた老人ホームも、なんだか居心地が悪そうに見えて「え、こんなところに入れるの?!」と思ってしまう。最初は、ロジャーの桃さんへの愛情が見えにくいのだが、物語が進むにつれて認識が変わる。そっけない態度は家族以上に親密で空気のような存在だから。決して豪華とは言えないホームに入れるのは、見舞いの品はもらっても金銭は決して受け取らない誇り高い桃さんの経済力に配慮するためなのだ。多忙な日常の中、頻繁に桃さんを見舞うロジャーは、本物の親子のように、時には恋人のように、親しく桃さんと接していくが、2人の愛情は決してベタつかない。メイドの仕事に誇りを持ちながら、分をわきまえる桃さんは、穏やかだが芯の強い、そして他人の痛みが分かる懐の深い女性だ。そんな桃さんを演じるのが11年ぶりの銀幕復帰となったディニー・イップで、本作の味わい深い名演でベネチア国際映画祭で主演女優賞に輝いている。大スターのアンディ・ラウが本作に惚れ込んでノーギャラで出演したり、香港映画界を代表する俳優・監督たちがチラリと顔を見せたり。老い、介護、死を扱ったごく地味な物語にスターが名を連ねているその理由は、人生の晩年に、かけがえのない誰かがそばにいることの幸福が、じんわりと伝わってくる作品だからに違いない。女性監督アン・ホイの、穏やかで温かいまなざしがしみじみと胸にしみる。
【70点】
(原題「桃姐」)
(中国・香港/アン・ホイ監督/ディニー・イップ、アンディ・ラウ、アンソニー・ウォン、他)
(親孝行度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

桃さんのしあわせ@ぴあ映画生活

新少林寺/SHAOLIN

新少林寺/SHAOLIN スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray]新少林寺/SHAOLIN スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray]
クチコミを見る
カンフー映画の金字塔が再びスクリーンに蘇った歴史アクション大作「新少林寺/SHAOLIN」。ジャッキー・チェンが厨房係ならではのコミカルな技で武道をアレンジする場面が楽しい。

辛亥革命の時代の中国。全土で覇権を巡る争いが絶えず、国は混乱に陥っていた。そんな中、登封市にある少林寺の僧侶たちは、戦争で亡くなった遺体を弔い、家を失くし傷ついた民衆の救済に全力を挙げていた。粗暴な将軍・候杰(こうけつ)は、そんな少林寺に逃げ込んだ敵を殺し、寺そのものを愚弄して去っていく。だが、戦いと策略の中、候杰は部下・曹蛮(そうばん)に裏切られ、最愛の娘を失った上、自身はお尋ね者として追われる身に。すべてを失った候杰は、少林寺の厨房係の悟道(ごどう)にかくまってもらい、やがて出家を決意する…。

リー・リンチェイ、後のジェット・リーをスターダムに押し上げたのが1982年の映画「少林寺」。カンフー映画の代名詞でもあるこの映画で、少林寺と少林武術は世界中にその名を轟かせ、多くのファンを生み出した。本作は、少林寺の全面協力による大掛かりな歴史大作で、アジア各国のスターが集結した豪華な作品。何しろジャッキー・チェンが脇役に徹していることからも、その分厚い魅力が伺える。傲慢な武将が、少林寺のストイックな暮らしと高潔な教えによって悟りを開くという軸になるストーリーはあるものの、主人公を演じるアンディ・ラウは元来、ジェット・リーのような武道系のアクション・スターではない。ということで、個人が突出するカンフー映画としてよりも、少林寺そのものを主役に、人々が命がけで守る“禅武”を描く物語になっている。禅武とは、武をもって禅を極めること。クライマックス、約2億4千万円という巨費を投じて作った同寸の少林寺のセットが炎上するシーンは大迫力だ。近代兵器と伝統的な武術が混在する時代を背景にしたのも、新味がある。アクションよりも人間ドラマに比重を置き、少林寺を題材にした今までのカンフー映画とは一味違う、人間性を感じる作品に仕上がった。
【65点】
(原題「新少林寺/SHAOLIN」)
(香港・中国/ベニー・チャン監督/アンディ・ラウ、ニコラス・ツェー、ファン・ビンビン、ジャッキー・チェン、他)
(ストイック度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

新少林寺/SHAOLIN@ぴあ映画生活

ウォーロード/男たちの誓い

ウォーロード/男たちの誓い 完全版 [DVD]ウォーロード/男たちの誓い 完全版 [DVD]
ラブストーリーのイメージのピーター・チャン監督の映画とは思えないほど、骨太で男っぽい作品だ。19世紀、内乱状態の中国で、義兄弟の契り“投名状の誓い”を結んだ男たちの、友情と裏切りのドラマが展開する。ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武という豪華スターの競演だが、アクションよりも複雑にからみあう人間ドラマが中心。3人の信念、野心、嫉妬、愛などの悲痛な思いが、すべて清朝の重臣たちのコマとして利用され、友情と絆が壊れていくのが哀しい。実話に基づくが、権力志向のパン将軍と元盗賊のアルフの間で揺れる純粋なウーヤンの視点が、物語にロマンと悲哀を加えている。名手ジェット・リーのアクションの見せ場は少ないが、その分、彼の確かな演技力が確認できる。ワイヤーアクションに頼らない、リアルで血生臭い戦闘シーンは迫力たっぷりだ。
【70点】
(原題「THE WARLORDS/投名状」)
(香港・中国/ピーター・チャン監督/ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武、他)
(男気度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックお願いします(^o^)

三国志

三国志 コレクターズ・エディション [DVD]三国志 コレクターズ・エディション [DVD]
三国志演義の中でも、勇猛で容姿端麗な英雄と伝えられる蜀の武将・趙雲に焦点を当てた歴史活劇だ。若き趙雲は平和を夢見て兵士になるが、劉備の嫡子を救ったことから、五虎将のうちでも最も活躍する武将になっていく。趙雲の生涯の最盛期の部分をすっぽりと削除したストーリーは説明不足な感は否めない。ただ、どんな英雄もやがて滅び去る運命という無常感は強調された。また、趙雲を複雑な思いで見守る兄貴分を配することで、趙雲の人間的な側面がクローズアップされている。主役のアンディ・ラウが精悍な面持ちで、老年期も含めて素晴らしい。マギーQも華やかで美しい。
【65点】
(英語原題「THREE KINGDOMS:RESURRECTION OF THE DRAGON」)
(中国/ダニエル・リー監督/アンディ・ラウ、マギーQ、サモ・ハン、他)
(アクション度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックお願いします(^o^)

墨攻

墨攻 [DVD]墨攻 [DVD]
原作は日本の漫画。墨家は伝説の思想家集団で、守りに徹するその戦略は、知力に富む。戦わずして勝つという発想とそれを実践した時代がごく短期間でも存在したことが驚き。物語は骨太で見応えがあるが、恋愛パートがとってつけたようで不自然。
【60点】
(英語原題「A BATTLE OF WITS」)
(中国・日本・香港・韓国合作/ジェイコブ・チャン監督/アンディ・ラウ、アン・ソンギ、ワン・チーウェン、ファン・ビンビン、他)
(骨太アクション度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

インファナル・アフェア

インファナル・アフェア [DVD]インファナル・アフェア [DVD]
◆プチレビュー◆
すばらしい脚本に、上手い俳優陣。それなのにこの覚えにくいタイトルはマズすぎる。もっと判りやすい邦題を付ければ宣伝効果も上がったものを…。

香港。大麻取引に関わる2人の対照的な男がいる。ラウが警察学校に入ったのは、マフィアのボスの命令で内部情報を流すため。一方、同じ警察学校に通っていたヤンが強制退学させられたのは、その能力を買われ、密かにマフィアに潜入し実情を探るためだった。それぞれ身分を隠して過ごした月日は10年。ある事件で互いの内通者の存在が発覚し、その裏切り者を探すことになる…。

この作品、すでにハリウッドでリメイクが決定している。昨今アジアン・ホラーの焼き直しが大流行しているが、この映画はホラーでもなければ、香港映画特有の派手なワイヤーアクションや銃撃戦でもない。もちろんおバカな笑いやクンフーとも無縁。正統派だが、いたって地味で渋いハード・ボイルドだ。こういうジャンルの映画がハリウッドに認められたのは、アジア人の一人として喜ばしいと思う。しかも、あのブラピが出演を熱望しているというから話題性も十分だ。

映画の一番の魅力はトニー・レオンとアンディ・ラウという、香港を代表する2大スターの共演だ。トニーは甘いマスク、アンディは男っぽい雰囲気と対照的なのだが、二人とも渾身の演技で熱演している。立場は違うが、共に本当の自分を隠して生きねばならない葛藤。この二人の距離が少しずつ縮まっていく展開がスリリングだ。日の光を浴びない人間のやましさが、セリフではなく表情ににじむところが実に憎い。

陰と陽と簡単に割り切るには、登場人物の設定は複雑。マフィアのボスの右腕となりながら裏社会でもがくヤンは、恋人とも別れ身も心もボロボロに疲れて極限状態に。一方、警察で出世街道をひた走り豪奢な生活を楽しむラウは、いつしかマフィアであることよりも長年住む嘘の世界の安定を手離せなくなる。複雑な内面描写は、今までの派手な香港アクションにないもので、見応え十分。華を添える女優陣も含め、脇役の描き方も丁寧で、物語に厚みを与えている。

男性ファンならどちらかに自分自身を投影し、女性ファンはどちらかに強く惹かれるだろう。しかし、突き詰めると、対照的に見える二人は、お互いを映しどこかで判りあっている鏡のような存在だ。実像と虚像といったらいいだろうか。全編を暗い映像が占めるが、時折挿入される青空が心に残る。

冒頭の回想シーンで、マフィアのボスが仏の前で言う「自分の道は自分で決めろ」というセリフがこの物語の軸になっている。原題の「無間道」とは、仏教用語で無間地獄のこと。絶え間ない責め苦を受ける場所の意味だ。無限ではなく無間というところが考えさせられる。勝ち組、負け組という単純な分かれ方ではない。他人と自分自身を一生あざむいて生きることの苦しみは、どこにも属さない地獄の苦しみなのだ。

□2002年 中国(香港)映画  原題「無間道/Infernal affairs」
□監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック
□出演:トニー・レオン、アンディ・ラウ、ケリー・チャン、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
震災には負けない!
リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

icon icon
おすすめ情報
おすすめ情報

twitterやってます!
おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
いいね!もよろしく♪
Facebookをご利用の皆さん、このブログが気に入ったら、ぜひ「いいね!」ボタンをポチッと押してください。 渡まち子の励みになります!
タグクラウド
  • ライブドアブログ