映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ドリーム」「亜人」「僕のワンダフルライフ」etc.

アンドリュー・ガーフィールド

ハクソー・リッジ

Hacksaw Ridge [Blu-ray]
ヴァージニア州の田舎町で育ったデズモンド・ドスは、幼少期の苦い体験から「汝、殺すなかれ」の教えを守ると固く心に誓っていた。やがて第二次世界大戦が激化すると、デズモンドは、衛生兵ならば自分も国に尽くせるとして、恋人ドロシーや父親の反対を押し切って陸軍に志願する。1945年、沖縄に到着するが、ハクソー・リッジと呼ばれる激戦地での過酷な闘いにさらされる…。

武器を持たずに人命救助に徹した実在のアメリカ兵、デズモンド・ドスの困難な戦いを描く人間ドラマ「ハクソー・リッジ」。ハクソーはのこぎり、リッジは崖の意味で、沖縄の激戦地の前田高地を指す。衛生兵のデズモンドは、地獄のような戦場で、包帯とモルヒネだけを手に断崖付近を駆け回り、たった一人で75名もの命を救った男だ。彼がこの奇跡のような行動に至るまでのドラマが非常に丁寧で説得力がある。幼少期の両親の不仲、第一次世界大戦の惨状を見た父親の心の傷、初々しい恋などで、デズモンドの人柄を手際よく描いていく。新兵訓練キャンプでは、武器を持たないことを、静かに、でもきっぱりと主張したため、上官や兵士たちの執拗ないじめに遭うが、それでもデズモンドの信念は揺るがない。ここまでの演出が的確でエモーショナルなため、いざ戦場に放り出されたときには、誰もがデズモンドの目線で戦争の現実をみつめられるようになっている。それにしても接近戦の戦闘描写の、なんと壮絶なことか。手足が吹き飛び、頭を打ちぬかれ、爆風と砂塵で息もできない臨場感。肉片と血しぶきが舞う地獄絵図は、監督メル・ギブソンの本領発揮といったところだ。戦闘シーンが生々しく残虐だからこそ、デズモンドが、このような場でも「殺さずに、救いたい」との信念を貫いた並外れた強さが際立つのだ。彼の勇気ある行動は、信仰心のためというのが本作のスタンスだが、仲間たちは、どんな困難に遭遇しても決して自らの信念を曲げないデズモンドの姿に、信仰以前の、人としての強さを見たに違いない。ただ、この舞台が日本であること、今、日本もアメリカも先行きが見えない岐路に立っていることを思うと、複雑な思いを禁じ得ない。デズモンドの立ち位置は、軍隊用語でいう良心的兵役拒否だが、自らを良心的協力者と呼んでいたそう。繊細さと大胆さを兼ね備えた男を、アンドリュー・ガーフィールドが真摯に演じて好演だ。近年、お騒がせのゴシップばかりが目立ったメル・ギブソンだったが、監督として「ブレイブハート」以来の秀作に仕上げて鮮やかな復活劇となった。圧倒的な暴力の中に、確かに存在した奇跡のような実話は、今までにないタイプの戦争映画に仕上がっている。
【80点】
(原題「HACKSAW RIDGE」)
(豪・米/メル・ギブソン監督/アンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、テリーサ・パーマー、他)
(信念度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

沈黙 サイレンス

沈黙-サイレンス- [Blu-ray]
17世紀、江戸初期。宣教師フェレイラが日本で棄教したと聞き、フェレイラの弟子の若き宣教師ロドリゴとガルペは、日本人キチジローの手引きで、マカオから長崎にたどり着く。幕府による激しいキリシタン弾圧の嵐が吹き荒れる中、ロドリゴらは隠れキリシタンと呼ばれる人々の存在を知る。やがてキチジローの裏切りで捕らえられたロドリゴは、長崎奉行から棄教を迫られる。激しい拷問を受ける信者たちを救うために棄教するべきか、それとも信仰を守り抜き殉教するべきか。ロドリゴは決断を迫られるが…。

キリシタン弾圧下の日本で、ポルトガル人宣教師が体験する苦悩を描く人間ドラマ「沈黙 サイレンス」。原作である遠藤周作の名作小説を、巨匠マーティン・スコセッシ監督が28年越しの願いで映画化した力作だ。何があっても己の信仰を守るべきか、信者たちの命を守るために信仰を捨てるべきかと苦悩する若き宣教師の物語で、棄教は踏み絵という目に見える形で描かれる。だがこの映画のテーマはそれだけではない。スコセッシは聖職者を志した経歴もあり、彼の作品の多くは、信仰と暴力が同居している。本作もまたしかり。キリスト教の布教に情熱を傾けた人々が直面する圧倒的な暴力を背景に、善と悪、赦しと不寛容、さらには布教という名の西欧の植民地主義や、宗教が根付かない沼と例える日本論まで、内包するメッセージは多岐にわたる。決して歴史ものや宗教映画ではなく、この映画のテーマは恐ろしいほど現代的なのだ。ハリウッドの俳優たちの熱演も見事だが、日本人キャストの存在感、演技力は決してひけをとらない。体重を落として壮絶な姿を見せるモキチ役の塚本晋也の命がけの熱演や、狡猾でいながら真実を射抜く目を持ち清濁併せ持つ長崎奉行役のイッセー尾形の深みのある演技には、心を打たれた。残酷すぎる現実の前で、ロドリゴは「神よ、あなたはなぜ何も答えないのですか」と問い、苦悩の末に、ある決断を下すことに。何度もキリスト像を土足で踏む裏切者キチジローは、この物語の中でのユダだ。だがキチジローは裏切っては赦しを求め、心の片隅に信仰を宿し続ける。彼は弱いのか強いのか。卑小にして偉大という矛盾の権化か。キチジローこそ、この映画のキーパーソンである。「こんな自分でも神は赦すでしょうか」というキチジローの問いの答えは、ロドリゴの問いの答えと同じく、沈黙の中にある。そして、何が正しかったのかという答えもまた、見る者それぞれの心の沈黙の中にあるのだ。
【80点】
(原題「SILENCE」)
(アメリカ/マーティン・スコセッシ監督/アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライヴァー、他)
(試練度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
沈黙−サイレンス−|映画情報のぴあ映画生活

ドリーム ホーム 99%を操る男たち

ドリーム ホーム 99%を操る男たち [DVD]
リーマン・ショック後の大不況に見舞われたアメリカ。フロリダに住む無職のシングルファザー、デニス・ナッシュは、ローンの返済に苦慮していたが、ある日突然、長年暮らしてきた家から強制退去させられる。家族のために大切な家を何としても取り戻したいナッシュは、自分たちを追い出した不動産ブローカーのリック・カーバーに雇われることに。ナッシュはカーバーの下で働きながら、法の穴を抜ける悪辣な住宅差し押さえビジネスの手法を身につけていく。母や息子に真実を言えないまま、大金を稼いでいくナッシュだが、やがて彼は大きな代償を払うことになる…。

マイホームを失ったことから金と欲望の世界に堕ちていく男の姿を描く「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」。物語は、リーマン・ショック後に家の差し押さえにあった人たちの実話をベースにしていて、非情なアメリカ資本主義を冷徹なまなざしで批判する社会派サスペンスだ。リーマン・ショックの舞台裏を描く作品はすでに何本もつくられていて、近日公開の話題作「マネー・ショート」などもその一例。なぜこんなことになったのか?!を紐解く映画が多い中、本作は、社会の末端に生きる人間の一人だった主人公が、家を失った人々の悲劇を食いものにする不動産ブローカーと共闘して道を踏み外していくという異色ドラマである。A.ガーフィールドが葛藤する主人公を好演するが、何といっても強烈なのは、悪徳不動産ブローカーを怪演するマイケル・シャノンの圧倒的な存在感だ。国や政府、公的システムをまったく信用していない彼は、良心のかけらも持たない勝ち組である。彼いわく「アメリカは負け犬に手を差し伸べない。この欺瞞の国は、勝者の勝者による勝者のために国だ」。この言葉には多くのアメリカ人が納得してしまうのだろう。それはイラン移民を両親を持つラミン・バーラニ監督の視点でもある。主人公が本当に失ったのは家ではなく、人間性と家族だ。ついに手に入れたプール付きの豪邸に、一緒に住む家族はもういない。最後の最後に見せるナッシュの良心に、かすかな希望が託されている。
【65点】
(原題「99HOMES」)
(アメリカ/ラミン・バーラニ監督/アンドリュー・ガーフィールド、マイケル・シャノン、ローラ・ダーン、他)
(非情度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ドリーム ホーム 99%を操る男たち@ぴあ映画生活

アメイジング・スパイダーマン2

アメイジング・スパイダーマン2TM(初回限定版) [Blu-ray]
スパイダーマンが3人の強敵と対峙する、人気アメコミ新シリーズの第2弾「アメイジング・スパイダーマン2」。ストーリーは大雑把だが、繊細な恋愛パートにマーク・ウェブ監督らしさがみえる。

スパイダーマンとしてNYの街を守りながら恋人グウェンと幸せな毎日をおくるピーター・パーカー。だが、幼馴染で大企業オズコープ社の御曹司ハリーがNYに戻ったことから、ピーターの運命は変わり始める。オズコープ社の電気技師で孤独な生活を送るマックスが、事故により高圧電流を操るエレクトロに変貌。サイ型パワードスーツを身につけたライノの出現、さらには怪人グリーン・ゴブリンとなったハリーという、最強の敵3人がスパイダーマンに襲い掛かる…。

新スパイダーマンの第2作は、ピーターの宿敵グリーン・ゴブリンの初登場と、ピーターの両親がなぜ彼を置いて去って行ったのかが明かされる。だがそれらのドラマより、今回はピーターとグウェンの恋愛に黄色信号が灯り、それをどう乗り越えていくかという青春ラブストーリーが中心だ。サム・ライミ版と比べられる宿命にあるこの新シリーズで「(500)日のサマー」のマーク・ウェブ監督は、恋愛や人間関係における心の揺れをテーマに描いていく。橋にクモの糸で「I Love You」と描く無駄にスウィートな場面があるが、この物語のビターな結末を考えれば、これはこれでバランスがとれているのだ。一方で、3体の強敵との対峙はかなり駆け足である。スパイダーマンへの憧れから一転、ほとんど勘違いから復讐に走るエレクトロには、誰からも顧みられない人間の鬱屈した哀しみがあるが、ロシアのギャングのアレクセイが怪力鉄人に変貌するプロセスはあまりに安直。ハリーがグリーン・ゴブリンになりスパイダーマンを恨む理由も逆恨みに近い。スパイダーマンを敵視する理由にはいちいち首をかしげるが、アクションシーンはダイナミックでスピーディなので、とりあえずその高揚感に身をませよう。両親の死、敵との対峙、恋人との関係。すべてはヒーローとしての責任と因果なのである。第2作は過酷な試練となった。今後の展開はさらに激しいバトルとなっていくのだろう。
【60点】
(原題「The Amazing Spider-Man 2」)
(アメリカ/マーク・ウェブ監督/アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、ジェイミー・フォックス、他)
(因縁度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

アメイジング・スパイダーマン2@ぴあ映画生活

アイム・ヒア

There Are Many of UsThere Are Many of Us
クチコミを見る
「かいじゅうたちのいるところ」などのスパイク・ジョーンズ監督による短編映画。ジョーンズ監督初のラブ・ストーリーは、スタイリッシュで切ない映像詩で、サンダンス映画祭、ベルリン国際映画祭などで絶賛された作品だ。

近未来のロサンゼルス。人型ロボットのシェルダンは、家と職場の図書館を往復する生真面目な性格のロボットだ。そんな彼が、同じく人型ロボットで、奔放な性格のフランチェスカと出会い、恋に落ちる。ドライブ、ピクニック、初めてのライブ。シェルダンは今まで味わったことがない楽しさと喜びを知るのだが…。

30分弱という短編映画ながら、本作のストーリーには、社会の片隅で生きるものの哀愁と優しさが満ち溢れている。映像や音楽センスの良さで知られるスパイク・ジョーンズだけに、とてもハイセンスな作品に仕上がっているが、テーマはピュアな恋心と犠牲的精神という深いものだ。無機質なロボットのはずなのに、命や魂(ソウル)まで感じさせる演出はさすが。短編だけにストーリーに省略が多いが、それは欠点にはならず、むしろ美しい余白のように感じる。劇中に印象的に登場する、紙でできたネズミの家族のオブジェは、ロボットのシェルダンやフランチェスカが、望んでも決して手に入らないあこがれの象徴だろう。二人がベッドに横たわり、コンセントから電気を分け合うシーンは、最高にユニークなラブシーンだ。

シェルダンを演じるのは“新・スパイダーマン”こと、アンドリュー・ガーフィールド。映画は、スウェーデンのウォッカのブランドのアブソルート社がスポンサーになり誕生したものだそうだ。日本では、イタリアのファッションブランドDIESEL(ディーゼル)のギャラリー“DIESEL ART GALLERY”にて、写真、スケッチ、映像が展示された。映像メディアと企業とのコラボの好例といえそうだ。日本人アーティストのAska Matsumiya(アスカ・マツミヤ)らによる、癒しを感じる音楽にも注目したい。

(出演:アンドリュー・ガーフィールド、シエンナ・ギロリー、他)
(2010年/アメリカ/スパイク・ジョーンズ監督/原題「I'm Here」)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
アイム・ヒア@ぴあ映画生活

アメイジング・スパイダーマン

アメイジング・スパイダーマンTM ブルーレイ&DVD セット [Blu-ray]アメイジング・スパイダーマンTM ブルーレイ&DVD セット [Blu-ray]
クチコミを見る
キャスト、スタッフ共に一新したリブート作品「アメイジング・スパイダーマン」。青春映画としての明るさが顕著な、フレッシュなアクション大作だ。

NYに住むピーター・パーカーは、成績優秀で正義感が強いが、ごく平凡な高校生。幼い頃、両親が謎の失踪を遂げて以来、心優しい叔父と叔母のもとで暮らしている。ある日、失踪した父のことを調べるために、巨大企業オズコープ社を訪ねるが、迷い込んだ研究室で、特殊な蜘蛛に噛まれてしまう。翌朝目覚めたピーターは、すでに特異な遺伝子により、超人的な力を備えたスパイダーマンへと変貌していた。驚異的な能力を手にしたピーターは、暴漢に襲われ殺された叔父の敵を討つため、悪者退治をはじめるが、NY市民からはヒーローとみなされる一方、警察からは無法者として指名手配されてしまう…。

かつてサム・ライミが監督し世界規模の大ヒットシリーズとして映画史に名を刻んだ「スパイダーマン」。大いなる力を手に入れた悩めるヒーロー像を確立した秀作シリーズを、スタッフ、キャスト共に一新した新シリーズとして作り直したのが本作だ。結論から言うと、リズミカルな明るさを持つ青春映画として、楽しめる作品に仕上がっている。無論、両親の失踪の謎や、優しいベンおじさんの死、父の失踪の謎を解くコナーズ博士との出会いから、NYを恐怖に陥れる怪物リザードを産んでしまう苦悩などは描かれるものの、想いを寄せる美少女グウェンとの恋も含めて、あくまでも青春学園ものの枠組みに収まっている。スパイダーマンになる“誕生の物語”では、イマドキの若者らしく、ネット通販で手に入れた衣装を手作りで加工し、愛用のスケートボードの要領で、空中飛行のレッスンに励むなど、どこかコミカルな明るさがあるのが新鮮だ。映画前半が青春学園ものなら、後半は、生命再生の研究を行うコナーズ博士が変身した、爬虫類型の怪物リザードとの壮絶なバトルへと変貌。ここで、シリーズ初となる3D映像が抜群に効いてくる。もともとNYの摩天楼を飛び回るスパイダーマン。“飛ぶ”行為をさらに説得力を持って訴えかけるツールとして3Dほどふさわしいものはない。負傷したピーターが、スパイダーマンを応援する市民の助けで、クレーンからクレーンへと飛び移るシークエンスは、文句なしの素晴らしさだ。スパイダーマンとしての自覚と責任、グウェンとの恋の行方、リザードとの対決と、見せ場の連続だが、物語は始まったばかり。しなやかなアクションを披露する“新スパイダーマン”ことアンドリュー・ガーフィールドの、今はまだくったくのない陽性のヒーロー像を楽しみたい。
【70点】
(原題「THE AMAZING SPIDER-MAN」)
(アメリカ/マーク・ウェブ監督/アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、リース・イーヴァンズ、他)
(青春映画度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
アメイジング・スパイダーマン@ぴあ映画生活

わたしを離さないで

わたしを離さないで [DVD]わたしを離さないで [DVD]
ある秘密を持つ3人の男女の詩情豊かな物語「わたしを離さないで」には、静かな緊張感が漂っている。その謎を知ったとき誰もが胸を締め付けられるだろう。

外界から隔離された寄宿学校ヘールシャムに、幼い頃からいつも一緒に過ごしてきたキャシー、ルース、トミーの3人がいた。謎めいたこの学校で彼らは規則正しく暮らし、絵を描いたり詩を書いたりしながら、“特別な存在”と教えられながら成長する。18歳になりヘールシャムを出て農場のコテージで共同生活を始めた3人だったが、ルースとトミーが恋人同士になり、キャシーは孤立を深めていく。さらに、コテージを出て離れ離れになった3人には、残酷な運命が待っていた…。

キャリー・マリガン扮する優秀な介護人キャシーの悲痛な回想で進むこの物語は、SFともサスペンスとも解釈できるものだが、実はそのどちらでもない。映画は緊張感はあるものの、謎解きのスリルとは無縁。ある役割を運命付けられた男女3人のあまりに悲しい友情と恋愛の物語が、端正な筆致で描かれる人間ドラマなのだ。物語の背後にあるその秘密を明かすわけにはいかないが、キャシーたちが、徹底して健康を管理し、親の気配もなく、1970年代とはとても思えない古風なライフスタイルなのに、手首にはセンサーを付けていることなどから、彼らの特異な役割が少しずつ見えてくる。キャシーたちはある目的のために生まれてきたのだが、その運命を知ってもなお、3人は互いを愛し、わずかな可能性を信じて生きようとする。だが真実はあまりにも過酷だった。もっとも、映画はその目的や役割の是非を問うものではない。これは限られた人生を精一杯生きようとした男女を描くことで、もしかしたら、将来私たちに起こるかもしれない問題を静かに提起するものなのだ。命、生と死、魂の存在。何もかもが慎ましく描かれるため、私たち観客は3人の運命に対して罪悪感さえ抱いてしまうだろう。彼らはただ愛する人と共にいたいだけなのに、それを許さないのは私たちのような気がしてしまい、いたたまれなくなる。原作はブッカー賞受賞作家、カズオ・イシグロの同名小説だ。キャリー・マリガン、キーラ・ナイトレイ、アンドリュー・ガーフィールドという次世代の映画界を担うであろう若手俳優たちが皆、素晴らしい。とりわけ、本来はトミーと愛し合っているのにその思いを封じ込めようと苦悩するキャシー役のキャリー・マリガンの複雑な表情には感動させられる。成長した3人にそっくりの子役たちや、毅然とした表情の校長役の大女優シャーロット・ランプリングの存在感も記憶に残る。本当に愛し合っていることを証明することだけが彼らの存在意義だったという事実は、深い余韻を残すものだ。みずみずしい映像がことさら哀しみを際立たせる。
【70点】
(原題「Never Let Me Go」)
(英・米/マーク・ロマネク監督/キャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイ、シャーロット・ランプリング、他)
(ミステリアス度:★★★★☆)
チケットぴあ



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

わたしを離さないで@ぴあ映画生活

【25%OFF】[DVD] わたしを離さないで

【25%OFF】[DVD] わたしを離さないで
価格:2,993円(税込、送料別)

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ