映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

アーミル・カーン

ダンガル きっと、つよくなる

ダンガル きっと、つよくなる
レスリングでインド国内チャンピオンにまでのぼりつめたマハヴィルは、生活のために引退し、若手の育成に励んでいた。心の奥底でレスリングをあきらめきれないマハヴィルは、子どもに金メダルをとる夢を託そうとするが、生まれてくるのは女の子ばかり。それでもケンカで男の子をやっつけた長女ギータと次女ハビータを見て、二人をレスリング選手として鍛えることを決意する…。

レスリングに夢を託した熱血漢の父と二人の娘たちの奮闘を描くインド映画「ダンガル きっと、つよくなる」。インドでこんなにもレスリングが盛んだとは知らなかったが、それはさておき。頑固オヤジのスパルタ猛特訓で、姉妹が才能を開花させ、実績を残したのは事実。その実話を踏まえて作られた本作は、涙と笑いのブレンド具合が絶妙で、感動の家族愛・スポ根ドラマに仕上がっている。最初は娘たちに自分の夢を“無理やり”託す父親が暴君に見えるのだが、実は父親の猛特訓は決してエゴではなく、娘たちへの深い愛情ゆえと分かってからは、感動へと一直線に突き進む。姉妹たちも、元来の負けず嫌い。ナニクソ!とばかりに頑張ってしまう姿がこれまた、実に清々しい。

インドの国宝級スターのアーミル・カーンが27kgの体重増減で役者魂を披露すれば、姉妹役の二人(どちらも美人!)も自らレスリングシーンをこなし、ガッツを見せている。父性愛とスポ根だけなら、よくあるストーリーだが、注目してほしいのが、ここにフェミニズムの視点を盛り込んでいることだ。男尊女卑のインド社会では、女の子は家事だけこなし、親から決められた結婚を強いられるなど古い慣習に縛られている。そんな中、レスリングを通して自我に目覚め、成長していく女子の物語は、まさにタイムリーだ。因習も偏見も、悪徳コーチも世界の壁も、この父娘なら、きっと乗り越えられる。出演作を厳選することで知られるアーミル・カーンの作品はやっぱりハズレなし!である。
【80点】
(原題「DANGAl」)
(インド/ニテーシュ・ティワーリー監督/アーミル・カーン、サークシー・タンワル、、他)
(熱血度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

PK ピーケイ

PK ピーケイ [Blu-ray]
留学先のベルギーで大失恋したジャグーは、現在は母国インドに戻り、テレビ報道局で働いていた。彼女はある日、さまざまな宗教の飾りを身に着け、大きなラジカセを持ってチラシを配布する不思議な男と出会う。PK(ピーケイ)と名乗るその男は神様を探していた。興味を持ったジャグーは彼を取材することにするが、世間の常識を全く知らないPKが語る話はにわかには信じられないものだった…。

無垢な男が宗教に対する疑問をストレートに投げかけ、いつしか社会全体を動かしていく様を描くインド映画「PK ピーケイ」。日本でも大ヒットを記録した「きっと、うまくいく」の監督と主演が再タッグを組む本作は、奇想天外な設定ながら、宗教を皮肉り、信仰の本質を問う、上質のエンタテインメントだ。PKは実は宇宙人。嘘や不正がない世界から来た彼は、地球にやってきたとたんに、宇宙船への連絡手段であるリモコンを盗まれてしまうのがコトの発端だ。何とかリモコンを返してもらおうと神様に頼もうとするが、地球のことを何も知らないピュアなPKには、多宗教のインドの実態は疑問だらけ。いっさい白紙の状態の主人公を通して、宗教そのものの在り方を問うスタイルが上手い。仏教、ヒンズー教、イスラム教、キリスト教…と、あらゆる宗教が同居するインドの宗教事情は日本とは比べ物にならないほど複雑で、その矛盾にズバリと切り込むのだから勇気がある。しかも、神や信仰そのものは決して否定していない。多くの宗教が互いに憎しみあったり、導師、教祖、神父などの神の代理人が献金や不正に左右されたりの“ニセモノ”の行為に「なぜ?」と素朴な疑問を投げかけるのだ。誰もが思っていながら、なかなか口に出しては言えないことを、本作は、ユーモアたっぷりに、時に歌や踊りを交えて物語る。さらにインドとパキスタンの難しい関係を、恋愛にからめて描き、PKのピュアな恋もまた、相手の幸せを心から願うもので感動的だ。さまざまなジャンルをクロスオーバーしながら、宗教を皮肉る風刺が効いた社会派映画なのに、堅苦しいところは微塵もなく、インド伝統のマサラ・ムービーならではの明るさを保っているこの映画、滅多にお目にかかれない娯楽映画の快作だ。主演を務めるインド映画界の大スターのアーミル・カーンは、本当に納得がいく優れた脚本にしか興味を示さないそうだが、それが頷ける秀作に仕上がっている。
【85点】
(原題「PK」)
(インド/監督/アーミル・カーン、アヌシュカ・シャルマ、スシャント・シン・ラージプート、他)
(社会派度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
PK|映画情報のぴあ映画生活

チェイス!

チェイス! オリジナル全長版 完全版Blu-ray
復讐を誓う天才トリックスターが凄腕刑事とバトルを繰り広げるインド発のアクション大作「チェイス!」。トランスフォームするバイク・アクションなどガジェットの面白さに注目。

シカゴで人気のサーカス団を率いるサーヒル。だが彼の裏の顔は、かつて父親を死に追いやった銀行に対し復讐を誓って、鮮やかな犯行を重ねる一級の金庫破りだった。現場に残された手がかりから、犯人をインド系と断定した警察は、本国インドから腕利きの刑事ジャイとその相棒アリを呼び寄せる。大胆にもジャイの前に現われたサーヒルは、人生最大のトリックを仕掛けていた…。

インドでは国民的大スター、ハリウッドや世界のセレブからも一目置かれる俳優アーミル・カーンが、サーカスのアクロバティックなシーンやアクションシーンのため大幅な肉体改造で挑むのは、タイトルの通り、激しいチェイス。冒頭からシカゴの街を爆走するバイク・アクションが炸裂するが、地上から水上、果ては大ジャンプの空中で繰り広げられるアクションは、何でもありのインド映画のエンタテインメントの中でも、とびきりアクション度数が高い。しかも主人公サーヒルは、悪徳銀行を襲う“義賊”のような人物なので、いわゆるヒーロー映画という形だ。インド映画ではおなじみの華麗なダンスシーンはもちろん用意されているが、本国バージョンに比べて少な目になっているらしい。抜群のダンスセンスを見せるカトリーナ・カイフが美しいが、残念ながら彼女の役割はあまり重要ではなく、今回はあくまでも華やかさを添える役割。その分、アーミル・カーンの魅力が際立った。彼が演じるサーミルが仕掛けた究極のトリックは、大スターをとことん堪能したいというインド映画の嗜好をしっかりと反映したものといえよう。世界的興行を視野に入れているため、ダンスやアクションが従来の泥臭いものではなく、スタイリッシュな雰囲気を醸し出しているので、インド映画が苦手な人も楽しめるはずだ。
【65点】
(原題「DHOOM: 3」)
(インド/ヴィジャイ・クリシュナ・アーチャールヤ監督/アーミル・カーン、カトリーナ・カイフ、アビシェーク・バッチャン、他)
(ガジェット度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
チェイス!@ぴあ映画生活

きっと、うまくいく

きっと、うまくいく [Blu-ray]
楽天的な明るさが魅力の青春グラフィティ「きっと、うまくいく」。競争社会への風刺や教育問題を裏テーマに、インド映画ならではの娯楽満載の演出に圧倒される。

超エリートが集う工科大学ICEに入学した、機械より動物が好きなファルハーンと苦学生で何でも神頼みのラージューは、天才的な頭脳と型破りなまでに自由な心を持つランチョーと意気投合し、問題児“3バカトリオ”として学内で騒動を巻き起こしていた。3人はスパルタ指導の鬼学長の過酷な課題をなんとかクリアし、卒業にこぎつけるが、ランチョーは卒業と同時に行方不明になってしまう。10年後、ランチョーが街に戻ったと聞き、親友二人は彼が姿を消した謎を追うことになるが、そこには驚きと感動の真実が待ち受けていた…。

インド映画の中で、質、量ともに世界最高水準を誇る洗練された北部ヒンディー語映画を一挙に4本公開する「ボリウッド4ザッツエンターテインドメント」で上映される1本。中でも本作は、インド映画の興収記録を塗り替え、ハリウッドリメイクも決まったという話題作だ。自由人のランチョーは、どんなピンチに陥っても「きっと、うまくいく」がモットーので楽天家。成績や就職のためだけに勉強する他の生徒たちとは違い、本当に好きなこと、学びたいことに打ち込んでいる。ボリウッドの大スターのアーミル・カーンが演じるこの主人公が、実に魅力的なのだ。いやみのない明るさで親友たちと騒動を巻き起こしたり、鬼学長やガリ勉のライバルをコケにし、鬼学長の娘で女医の卵のピアと恋をするランチョーを見ているだけでも楽しくなる。もちろんインド映画のお約束のミュージカルシーンや、ベタなギャグも満載。行方不明になったランチョーが実は何者なのか?という謎を追うミステリーと、10年前のとびきり愉快な大学生活が平行して描かれ、ラストには、生きる喜びを実感できる爽快な気分が味わえる。往年のインド映画の泥臭さを知るものには、随分と洗練されたものだと感無量だ。だが、笑い、涙、サスペンスにアクション、そして歌と踊りといった娯楽要素を、これでもか!とばかりに詰め込むインド映画のサービス精神は今も昔も変わらない。退屈とは無縁の170分間、間違いなくハッピーになれる。
【70点】
(原題「3 IDIOTS」)
(インド/ラジクマール・ヒラニ監督/アーミル・カーン、カリーナー・カプール、マドハヴァン、他)
(エンタテインメント度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ