映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ワンダーウーマン」「エル」「関ケ原」「ボブという名の猫」etc.

アーロン・エッカート

ビニー/信じる男



自惚れ屋のボクサー、ビニー・パジェンサは、一度は引退を宣告されながらも、飲んだくれだが優秀なトレーナー、ケビン・ルーニーの指導で徹底したトレーニングを行って勝利をつかみ、チャンピオンになった。だが直後に交通事故により頚椎(せきつい)を損傷するという大怪我を負ってしまう。ボクシングへの道は絶たれたかに思えたが、歩くことさえままならないビニーは再起を決意。ケビンと共に命懸けのリハビリを行って、スーパーミドル級チャンピオンを目指してトレーニングを始める…。

奇跡のカムバックを果たした元ボクシング・チャンピオン、ビニー・パジェンサの生き様を描く実話「ビニー/信じる男」。ロードアイランド出身のビニー・パジェンサは1962年生まれ。ギャンブル好きのお調子者で自惚れ屋だが、ボクシングへの情熱は誰にも負けない。そんな男が大事故からカムバックを果たす物語は、スポーツ映画によくある“再起”の実話だ。だが脊椎損傷からのボクサー復帰は、簡単なカムバックではない。ボクシングはおろか、歩くことさえ無理と言われても、首を固定するためにまるで中世の拷問器具のようなリハビリ装具を付けての生活を強いられても、彼はあきらめなかった。安全な方法の治療を拒否し、命がけのカムバックを目指したのは、ただ寝ているだけの人生に何の価値も見出さなかったからである。

ボクシング界の裏事情やビニーの周囲の雑念もリアルに描かれる。金儲けしか眼中にないプロモーター親子や、息子を愛しながら支配しようとする父親がいる一方で、現実は、トレーナーのケビンでさえ、最初は「危険すぎるから復帰は諦めろ」と言うほど絶望的だった。そんな複雑極まる状況の中、ビニーが言う「本当はすべてのことはとても単純なんだ」という言葉が、ボクシングというスポーツの本質を突いている。四角いリングの上で殴り合い、強いものだけが勝つ。なるほど単純だ。だからこそボクシングの栄光の輝きは無条件に人々を魅了するのだろう。「セッション」で注目された若手実力派マイルズ・テラーは、セコい小悪党からヒーローまで、演じる役柄の振り幅が大きい俳優だが、本作では見事な肉体改造と精悍な表情で役者魂を見せている。実話がもとのスポ根映画として見応えがあるが、何よりも自分を信じ続ける勇気と信念の力強さに心を打たれる物語だ。まさに事実は小説より奇なり、である。
【70点】
(原題「BLEED FOR THIS」)
(アメリカ/ベン・ヤンガー監督/マイルズ・テラー、アーロン・エッカート、ケイティ・セイガル、他)
(信念度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

エンド・オブ・キングダム

エンド・オブ・キングダム ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/特製ブックレット付) [Blu-ray]
テロリストに占拠されたホワイトハウスの奪還劇から2年。シークレットサービスのマイクは、謎の死を遂げたイギリス首相の葬儀に出席する米大統領ベンジャミンの護衛でロンドンを訪れる。しかし世界中の首脳が葬儀に訪れたロンドンで大規模なテロ事件が発生。歴史的建物が崩壊し、首脳たちが次々に犠牲になる中、マイクとベンジャミン大統領は命からがら脱出することに成功。二人は世界を混乱から救おうと立ち上がるが…。

ホワイトハウスがテロリストに占拠される危機を描いた大ヒット作「エンド・オブ・ホワイトハウス」の続編「エンド・オブ・キングダム」は、ロンドンを舞台に、アラブの武器商人から狙われた西欧諸国の危機を描く。回りくどいドラマはいっさい排除し、いきなりド派手なサスペンス・アクションに突入、あとはクライマックスまでまっしぐら!という潔い演出がいかにもハリウッドだ。タフガイのシークレット・サービスのマイクが超人レベルで活躍するのは言うまでもないが、続編の本作では大統領とのバディ・ムービーの色合いが濃く、ベンジャミン大統領の活躍の場も増えている。ロンドンの観光名所を容赦なく破壊し、各国の首脳の運命をステレオタイプで描き分け(渋滞に巻き込まれるだけの日本の総理にトホホ…)、テロリスト相手に「おまえらが何度攻撃しようと、アメリカは安泰だっ!」と、あつくるしいタンカを切る。それでいいのか?!とのツッコミはもちろんなしだ。ただ、単純な大味ブチ壊しムービーというわけではなく、夜間の路上での銃撃戦をワンカット長回しで撮影するなど、随所にこだわりの演出が見られ、緊張感を盛り上げてくれる。強すぎるマイクを演じる1969年生まれのジェラルド・バトラーの頑張りには脱帽だ。原題の「ロンドン橋落ちたぁ〜♪」ののんきなムードが笑えるのは、伊勢志摩サミットが無事に終了したから。これぞハリウッド式エンタメ・アクションである。
【65点】
(原題「LONDON HAS FALLEN」)
(英・米・ブルガリア/ババク・ナジャフィ監督/ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマン、他)
(孤軍奮闘度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
エンド・オブ・キングダム|映画情報のぴあ映画生活

アイ・フランケンシュタイン

アイ・フランケンシュタイン [Blu-ray]
フランケンシュタインが天使と悪魔の戦争に巻き込まれて戦うSFアクション「アイ・フランケンシュタイン」。フランケンシュタインの使い道とは?!

フランケンシュタイン博士によって生を受けた怪物アダムは、命は与えられたが魂は与えられないまま200年の時を生きのび、現代まで生き続けていた。そんな中、世界支配を目論む悪魔と、それを阻止する天使の全面戦争に巻き込まれてしまう。悪魔は、アダムの特殊な細胞を使って人類を滅ぼし、世界を支配するつもりなのだ。アダムは一人で闘おうとするが、科学者のテラだけが自分を理解してくれていることを知る…。

19世紀にメアリー・シェリーによって書かれた小説「フランケンシュタイン」。本作は生みの親であるフランケンシュタイン博士が死んだ後も、生き延びていた怪物のその後を描くものだ。アダムと名付けられたその怪物は、天使でも悪魔でも、まして人間でもない。天使の手下であるガーゴイルたちが、人知れず悪魔たちと戦っていると聞いても「それがどうした」というのが本音だろう。実際、アダムの細胞を使って死人を甦らせようと企む悪魔もヒドいが、天使の部下であるガーゴイルたちもアダムを助けはするが味方とは認めていない身勝手さ。天使も悪魔も利己的な中、孤立無援のアダムを理解するのが、人間の女性サイエンティストのテラという設定は、なかなか皮肉が効いている。悪魔が軍団を作るために人造人間を研究しているという設定はあまりにもいいかげんで苦笑ものだが、怪物にこんな使い道があったとは考えたものだ。アダムが戦う理由は「自分とは何ぞや?」というアイデンティティーの確立。ダークなSFアクションでありながら、根っこの部分は青春映画のようである。しかもこの怪物が徐々に悩み多き“ヒーロー”に見えてくる。タイトルは「私はフランケンシュタイン」。つまり自分の“父”の名を名乗ることで、魂を得るということなのだ。怪物が何だかこざっぱりしていることや、ゴシック調のファッションの天使に対して、モダンなスーツ姿の悪魔たちと、ビジュアル重視で楽しませてくれる。
【60点】
(原題「I,FRANKENSTEIN」)
(アメリカ/スチュアート・ビーティー監督/アーロン・エッカート、ミランダ・オットー、ビル・ナイ、他)
(バトル度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
アイ・フランケンシュタイン@ぴあ映画生活

世界侵略:ロサンゼルス決戦

世界侵略:ロサンゼルス決戦 [Blu-ray]世界侵略:ロサンゼルス決戦 [Blu-ray]
クチコミを見る
海兵隊バンザイ!的な内容で、地球侵略を企むエイリアンをテロリストに見立てたプロパガンダ映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」。延々と続く戦闘シーンに圧倒される。

1942年、謎の未確認飛行物体がロサンゼルス上空で確認される。その後、ブエノスアイレスやソウル、ロンドンなど世界各地で同様の現象が目撃されるが、その真相は不明のままだった。2011年、それまでずっと地球と人類を狙う好奇を伺っていたエイリアンが、ついに地球侵略を開始する。最初の侵略地となったロサンゼルスは瞬く間に壊滅状態に。そんな中、子供を含む民間人5名が逃げ遅れ、ロス西警察署に取り残された。引退を決めていたベテランの海兵隊員のナンツ軍曹ら10名からなる小隊は、エイリアンと激しい市街戦を繰り広げながら、民間人の救出を試みるのだが…。

何しろ上映時間のほとんどがノンストップの銃撃戦で、ほとんどが接近戦の激しい戦闘場面だ。ドキュメンタリー映画のように臨場感があり、まるで自分が市街戦の真っ只中に放り込まれたかのような感覚を覚える。エイリアンは、明らかに人類より高度な文明や武器を持っていてるためか、人類と交渉の余地など皆無という破壊主義者で善意のかけらもない。一方、目の前で部下を失った心の痛みを胸に秘めた主人公のナンツ軍曹は、タフで優しい男として描かれる。つまり海兵隊さまさまの映画なのだが、この作品の面白い点は、40年代に現実に起こった“ロサンゼルスの戦い”を拡大解釈していること。米政府がひた隠すUFO情報は、多くのアメリカ人が目撃し、米海軍が出動しながらもUFO1機も撃墜できなかったという情けない史実である。当時はUFOという概念さえなく、存在を認めることさえ恐れられた。この映画はそのリベンジに見えなくもない。敵を認識して初めて対等に闘える。現在の対テロ戦争の基本理念と同じなのだ。
【60点】
(原題「BATTLE: LOS ANGELES」)
(アメリカ/ジョナサン・リーベスマン監督/アーロン・エッカート、ブリジット・モイナハン、ミシェル・ロドリゲス、他)
(接近戦度:★★★★★)



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

世界侵略:ロサンゼルス決戦@ぴあ映画生活

【送料無料】世界侵略:ロサンゼルス決戦

【送料無料】世界侵略:ロサンゼルス決戦
価格:2,205円(税込、送料別)

幸せのレシピ

幸せのレシピ 特別版 [DVD]幸せのレシピ 特別版 [DVD]
ドイツ映画「マーサの幸せレシピ」は小品ながら秀作だった。そのリメイクが出来がいいのは当然で、いい違いはハリウッド版はゴージャスになる所だ。おいしそうな料理、少し力を抜いて自分を見つめること、何より素直になることの大切さが伝わってきた。ただ、もっとコメディ色を強くすれば、よりアメリカ映画らしくなって良かったのではと思う。エッカート演じる男性シェフの、何気ない優しさがいい。
【65点】
(原題「NO RESERVATIONS」)
(アメリカ/スコット・ヒックス監督/キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、アーロン・エッカート、アビゲイル・ブレスリン、他)
(華やか度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

カンバセーションズ

カンバセーションズ [DVD]カンバセーションズ [DVD]
再会した元カップルの微妙な心理を、全編2分割画面で描くユニークな恋愛劇。ストーリーは平凡だが、ちょっとおしゃれに感じるのは、会話が中心の構成が仏映画を思わせるからか。分割画面に常に二人がいるデュアル・フレームが男女の感情表現の役割を担っている。
【65点】
(原題「CONVERSATIONS WITH OTHER WOMEN」)
(アメリカ/ハンス・カノーサ監督/ヘレナ・ボナム・カーター、アーロン・エッカート、他)
(まったり度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ