映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「あさひなぐ」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」「プラネタリウム」「ユリゴコロ」etc.

アーロン・テイラー=ジョンソン

ザ・ウォール



2017年、イラクの砂漠地帯。米軍のスナイパーのアイザックとマシューズは、壊滅した村に潜む敵を狙って5時間潜伏していたが、まったく動きがない。様子を見に行ったマシューズが瓦礫の壁に近づくと、想定外の方向から銃撃され、倒れる。援護に向かったアイザックもまた足を撃たれ、何とか壁の後ろに逃げ込んだ。壁に隠れて身動きが取れないアイザックは助けを呼ぶために無線を手にするが、そこから急に「仲間だ。すぐに助けに行くから、名前とID、正確な位置を言え」との声が。一瞬安堵するアイザックだったが、その声の英語のアクセントに違和感を覚え、それが仲間ではないことに気付く。声の主は米軍から“死神”と恐れられるイラク軍のスナイパー“ジューバ”の声だった…。

イラク戦争で大勢のアメリカ兵を葬った実在のスナイパーと米兵との攻防を描くシチュエーションスリラー「ザ・ウォール」。場所は、灼熱の砂漠にある廃墟の壁の周辺、登場人物は3人のみでそのうち一人は声しか聞こえない。この“開かれた密室”で、主人公アイザックは、負傷している上に、最恐のスナイパーであるジューバに狙われているという圧倒的に不利な状況だ。戦争を扱ってはいるが、その戦いは、激しい銃撃戦や大爆発などではなく、会話で相手を追い詰める心理戦、頭脳戦だ。全編、緊張感に満ちている。

米軍のスナイパーを描いた「アメリカン・スナイパー」は、狙う側の視点から描かれたが、同じ実在のスナイパーものでも、本作は狙われる側を体感でき、それが異様な怖さを醸し出している。実際、ワンシチュエーションものでは、回想シーンや別の場所で同時進行する場面などを組み込むことが多いのだが、本作ではそういう演出はまったくない。それでも知能犯のジューバの巧みな会話による誘導で、アイザックの過去や米軍の暴挙の実態が露わになっていく展開は、まったく飽きさせないものだ。会話は、身の上話のような内容から、この戦争の意義、米国の復興支援の欺瞞にまで及んでいく。ザ・ウォール(壁)とは、イラク戦争の双方の間に絶対的に存在する境界線だ。それでいてその壁は緩く脆く不確かで、正義の所在が見えないイラク戦争の象徴に思える。ほぼ一人芝居で熱演するアーロン・テイラー=ジョンソンの演技力も大きな見所だ。かつてない“手触り”で戦争を描いた異色作である。
【75点】
(原題「THE WALL」)
(アメリカ/ダグ・リーマン監督/アーロン・テイラー=ジョンソン、ジョン・シナ、他)
(会話劇度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

キック・アス ジャスティス・フォーエバー

キック・アス ジャスティス・フォーエバー [Blu-ray]
コスプレ姿で戦う高校生と美少女暗殺者がコンビを組んで巨悪と戦うアクション映画の続編「キック・アス ジャスティス・フォーエバー」。あまりに血生臭くてドン引き。

キック・アスことデイヴとヒット・バールことミンディは、ヒーローの姿を捨て、ごくごく平凡な学園生活を送っていた。しかし卒業を間近に控え将来に悩むデイヴは、元ギャングで運動家のスターズ・アンド・ストライプ大佐の呼びかけで、世界初のヒーロー軍団“ジャスティス・フォーエバー”を結成し、街の平和を守ることを決意する。一方、普通の女の子として生きようとするミンディは、ヒット・ガールを封印していた。そこに、キック・アスに復讐を誓うレッド・ミストがマザー・ファッカーと名前を変え、悪党軍団を引き連れて姿を現す…。

通販で買ったコスチュームに身を包んだへっぽこヒーローと、父親から戦闘技術を叩き込まれた少女が、覆面を付けて、巨悪と戦うという異色アクション「キック・アス」は、大ヒットを記録した。何の特殊能力もない等身大ヒーローが街の人気ものになる展開もさることながら、まだ幼い少女ヒット・ガールが、その可愛らしいルックスとは真逆の悪態とバイオレンスアクションで悪をなぎ倒すギャップが大反響を呼んだ。「キック・アス」は今や売れっ子のクロエ・グレース・モレッツの出世作なのである。というわけで続編が作られ、パワーアップして登場したのだが、これがなんともノレない作りだ。序盤に登場するチンピラ退治や、因縁深いマザー・ファッカーとのバトルでは、流血と残酷シーンで思わず目を覆いたくなるし、キック・アスの恋愛も中途半端だ。ヒーロー軍団、悪党軍団ともにおかしなキャラのオンパレードだが、シリアスなのかコミカルなのかはっきりせず、モヤモヤ感だけが残ってしまう。せっかく出てきたジム・ジャリーもパッとしない有様だ。前作の突き抜け感がまったく感じられず、不満だらけの続編だが、見所がないわけではない。少し大人っぽくなったモレッツと平行して、ヒット・ガールもまたちょっぴり大人に。ティーン・エイジャーならではの悩みや不安を描いて、女子力がUPしている。もっとも、いじわるな美女グループに強烈なしっぺ返しをする場面は、まぎれもなくヒット・ガール。やっぱりファンはヒット・ガールの鮮やかな活躍を見たいのだ。
【50点】
(原題「KICK-ASS 2」)
(イギリス/ジェフ・ワドロウ監督/アーロン・テイラー=ジョンソン、クリストファー・ミンツ=プラッセ、クロエ・グレース・モレッツ、他)
(突き抜け度:★☆☆☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

キック・アス/ジャスティス・フォーエバー@ぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ