映画通信シネマッシモ


映画通信シネマッシモは、2018年4月をもって、終了しました。

ブログ終了にあたり、たくさんのあたたかいコメントをお寄せいただき、本当にありがとうございました。
皆さまの映画ライフに少しでもお役に立てたならこれほど嬉しいことはありません。
長い間のご愛顧に心より感謝いたします。

イドリス・エルバ

ダークタワー

Dark Tower / [Blu-ray] [Import]
巨大な暗黒の塔(ダークタワー)、魔術を操る黒衣の男、拳銃使いの戦士らが現れる悪夢に毎日うなされる少年ジェイクは、その夢を周囲の大人に訴えるが信じてもらえない。ある日、夢に出てくる中間世界と呼ばれる異界の入り口が、時空を超えて現実世界につながっている場所を発見する。中間世界へと導かれたジェイクは、世界のバランスを維持するタワーの守護者であるガンスリンガーのローランドと、タワーを破壊しようとする黒衣の男ウォルターの死闘に巻き込まれていく…。

孤独な少年が迷い込んだ異世界で世界のバランスを維持するタワーを巡る争いに巻き込まれるダーク・ファンタジー「ダークタワー」。原作はスティーブン・キングがライフワークだと語る全7冊にも及ぶ大長編小説だ。もっとも映画は、原作を大胆に翻案していて、最後の戦士ガンスリンガーがダークタワーを目指す長い長い物語は、不思議な能力を持つ孤独な少年のストーリーに変わっている。少年の成長物語というほどの変化はないし、わずか95分の上映時間から分かる通り、物語は駆け足で通り過ぎて、ゆっくり余韻にひたる時間もなく、壮大な世界観も伝わらない。原作ファンは相当ご立腹のようだ。まぁ、キング原作の映画化は原作ファンが満足することなどほとんどないそうなので、ある意味、問題なしとも言える。

それはさておき、手軽でスタイリッシュなガンアクション・ムービーを見ると割り切れば、そこそこ楽しめる作品だ。日常から異世界へ迷い込み、世界の危機を救う。手垢のついたストーリーだが、「マトリックス」を例に出すまでもなく、多次元世界ものはやはり興味深い。タワーを守る使命を背負ったガンスリンガー役のイドリス・エルバの、切れ味鋭いアクションとカリスマ性、威厳に満ちた存在感が最大の魅力だ。
【50点】
(原題「THE DARK TOWER」)
(アメリカ/ニコライ・アーセル監督/イドリス・エルバ、マシュー・マコノヒー、トム・テイラー、他)
(深み度:★☆☆☆☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

マンデラ 自由への長い道

マンデラ 自由への長い道 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
元南アフリカ大統領ネルソン・マンデラの自伝を映画化した「マンデラ 自由への長い道」。単なる英雄伝になっておらず、影の部分もきちんと描く姿勢に好感が持てる。

人種隔離政策アパルトヘイトによって、少数の白人の圧制に、大多数の黒人が耐えていた南アフリカ共和国。ヨハネスブルグで弁護士をしていたネルソン・マンデラは、反アパルトヘイト運動にのめりこみ、やがて武装闘争を選択。テロに走ったマンデラは逮捕され、1964年に国家反逆罪で終身刑の判決を受け、27年間、収監されることになる。牢獄生活の中、マンデラは思索を深め、憎しみではなく共存と愛こそが必要との考えに至るが、外の世界でマンデラに代わって家庭を守り、闘争運動に参加していた妻ウィニーとの間には、大きな溝ができてしまう…。

原作は、2013年12月5日に他界した元南アフリカ大統領ネルソン・マンデラの著書「自由への長い道 ネルソン・マンデラ自伝」。アパルトヘイト撤廃という偉業を成し遂げたマンデラだが、映画は単純に彼を礼賛する伝記映画ではない。若い頃のマンデラは、浮気もし、最初の妻と離婚。政治思想もテロに走るほど過激だった。そんな矛盾や弱さ、葛藤を描くからこそ、やがて愛と赦しこそが平和への道と悟り、弱者を思いやる人間性が形成される過程が際立っていく。また白人による迫害も、必要以上に強調されず、むしろ、黒人同士の間に生じる亀裂、獄中のマンデラに代わって指導者の役割を背負わされた妻ウィニーの苦悩を描いている。そうすることで、マンデラの人生は、栄光の影でいかに多くのものを失ったかが伝わってくる。主人公マンデラを演じるイドリス・エルバは、若き日から老年までを熱演するが、闘志に満ちた前半と、政治的かけひきも含めて平和を手繰り寄せる後半の演技のメリハリが素晴らしい。憎しみの連鎖を断つことは容易ではない。だが確かにそれを目指して勇気ある一歩を踏み出した人間がいたことが、希望を与えてくれる。
【65点】
(原題「MANDELA:A LONG WALK TO FREEDOM」)
(英・南ア/ジャスティン・チャドウィック監督/イドリス・エルバ、ナオミ・ハリス、トニー・キゴロギ、、他)
(不屈の精神度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!
人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
マンデラ 自由への長い道@ぴあ映画生活
おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ