映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

ウォルター・ヒル

レディ・ガイ

Assignment/ [Blu-ray] [Import]
凄腕の殺し屋フランク・キッチンは、マフィアとの銃撃戦の最中に意識を失ってしまう。見知らぬ安ホテルのベッドで目覚めると、フランクは男から女へ性転換手術を施されていた。ベッドの脇に置かれたテープレコーダーを再生すると、自分は手術をした医者で、手術はフランクへの復讐なのだという見知らぬ女の声が。怒りに震えながらも、フランクは大切な“モノ”を奪った女医を見つけ出し制裁を加えるため、銃と色気を武器に女殺し屋となって復讐に立ち上がる…。

組織に裏切られ狂気の女医から性転換で女にされてしまった殺し屋の復讐を描く異色のアクション「レディ・ガイ」。性別が入れ替わるという設定の映画は過去にも、日本映画「転校生」や、大ヒットしたアニメ「君の名は。」がある。米映画にも「スウィッチ/素敵な彼女?」という佳作があるなど、ひそかに人気のジャンルなのだが、その入れ替わりには、不思議な力が働いているというものがほとんど。だが本作は、性転換手術というから、現実的なのだ。体は女でも心は男のまま。“モノ”は取られたが、俺を女にしたヤツらのタマ(命)は取る!…というワケで壮絶な復讐劇がスタートする。キワモノでギャグすれすれのストーリーだが、リベンジの理由が妙に説得力があるのも事実だ。

見所は何と言っても、男っぽさが魅力の二人の女優だろう。男前女優ことミシェル・ロドリゲスが、術前・術後の両方を一人で演じるが、男女共にフルヌードまで披露し、気合が入った女優魂を見せてくれる。一方、もう一人の女傑女優シガニー・ウィーバーは、狂気の天才外科医に扮して貫禄たっぷりだ。メガホンを取るのは男の世界を描き続けてきたウォルター・ヒル監督。初の女性主人公が性転換された殺し屋とは、恐れ入ったが、こういうヒネッた形でもハードボイルドなテイストは貫いている。復讐のプロセスが無駄に複雑だったり、アクションが控えめだったりと、不満はある。また一部ではトランジェンダー蔑視との批判の声もあったとか。だが、効果的に挿入される劇画のグラフィックノベル風の演出を見れば、これが荒唐無稽な愛すべきB級映画だと分かる。目くじらを立てるのはヤボというもの。狂ったマッド・ドクターのラストシーンに、ゾクッとした。
【65点】
(原題「THE ASSIGNMENT」)
(仏・カナダ・米/ウォルター・ヒル監督/ミシェル・ロドリゲス、シガニー・ウィーバー、トニー・シャルーブ、他)
(珍作度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

バレット

バレット スチールケース仕様 【5,000個 初回数量限定生産】 [Blu-ray]
S.スタローンが殺し屋に扮したクライム・アクション「バレット」。名匠ウォルター・ヒルの久々の映画復帰が嬉しい。

裏社会で生きる凄腕の殺し屋ジミー・ボノモは、逮捕歴26回、有罪2回のつわもの。完璧に仕事をこなしてきたジミーだが、依頼された仕事で裏切りにあい、唯一信頼していた相棒を殺される。復讐を誓うジミーは、やむを得ない事情から、自分の力しか信じないルールを曲げ、まだ若く頑ななまでに正義を貫く刑事のテイラーと手を組むことに。殺し屋と刑事という異色コンビは衝突しながらも不思議な信頼感で結ばれていく。しかし、そんな彼らの前には、警察、マフィア、そして凶暴な殺し屋キーガンが立ちはだかる…。

主演シルベスター・スタローンと監督ウォルター・ヒルという、いかにも男臭い組合せの本作は、悪(ワル)の生き様をスタイリッシュに描くハードボイルド・アクションだ。原作はアメリカ在住のフランス人作家、アレクシス・ノランによるフランスのグラフィックノベル「Du Plomb Dans La Tete」。独特の妖気と腐敗の香りがするニューオリンズを舞台にしていることから、物語が倫理や正義とは無縁のバイオレンスに突入することは容易に予想できる。観客は、殺し屋であるジミーが筋を通す姿に男気を感じ、正義感の若き刑事テイラーがやがては法を超えたところに正義を見る姿に成熟を見出だすことになる。「ストリート・オブ・ファイヤー」「48時間」のウォルター・ヒルにとっては約10年ぶりの復活となる本作だが、肉体勝負のアナログ・アクションが魅力のスタローンと組み、雰囲気はどこか懐かしい70年代のアクション映画のよう。クライマックスには、冷徹で巨漢の殺し屋キーガンとの一騎打ちという見せ場が用意されているが、その時の武器はなんと斧である!まるで古代ギリシャの戦士のようなこのバトルにあきれつつも、問答無用の迫力には手に汗を握るはずだ。タイトルのバレットとは、ジミーが愛飲するウィスキーの名前。こだわりのスタイルでたしなむその酒は、最後までしゃれた小道具として登場する。良くも悪くもアナログ的要素が強いアクションに、ウォルター・ヒルが愛する西部劇の香りを感じた。
【60点】
(原題「BULLET TO THE HEAD」)
(アメリカ/ウォルター・ヒル監督/シルヴェスター・スタローン、サン・カン、ジェイソン・モモア、他)
(アナログ感度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

バレット@ぴあ映画生活
おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ