映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ドリーム」「亜人」「僕のワンダフルライフ」etc.

ウディ・ハレルソン

ある決闘 セントヘレナの掟



1886年、メキシコとの国境リオ・グランデ川に何十という死体が流れ着いた。この不可解な事件を捜査することになった、テキサス・レンジャーのデヴィッドは、妻と共に川の上流にあるマウント・ハーモンという町へ向かう。そこで彼は、人々に奇跡を見せて、町を掌握している“説教師”エイブラハムと出会う。身分を隠して町に住むことになったデヴィッドだが、エイブラハムは、決闘でデヴィッドの父を殺した男で、因縁の再会だった。町とその周辺を密かに調査したデヴィッドは、やがて驚愕の事実を知ることになる…。

メキシコ国境の町を牛耳る説教師の男と、彼に父親を殺されたテキサス・レンジャーの因縁を描くウェスタン・ノワール「ある決闘 セントヘレナの掟」。ヘレナ流の決闘とは、互いの左手を布で繋ぎ合わせ、右手に持ったナイフでどちらかが死ぬまで闘う男の掟だ。主人公のデヴィッドは、幼い頃、このヘレナ流決闘でエイブラハムに父を殺された過去がある。成長したデヴィッドはテキサス・レンジャーとなって、不可解な事件を調査し、そこで因縁の再会を果たすというわけだ。復讐は西部劇でしばしば描かれる主要なテーマのひとつだが、本作では実は主人公は復讐に対してはさほど思い入れはない。物語は、川に流れ着いた死体とその理由、怪しげな宗教的儀式で人心を掌握する男の謎を探るミステリー仕立てで、過去の復讐よりも現代の事件に重きを置いている、異色のヴァイオレンス映画という趣だ。ただ、この映画のストーリーは、西部劇というクラシックなスタイルで描かれるが、現代アメリカの闇を鋭く照射するもの。メキシコ国境での不条理な不審死事件の真相は映画を見て確かめてもらうとして、フィクションとはいえ、その人間性を欠いた暴挙に戦慄が走る。激しいガン・アクションやサバイバル、壮絶な暴力が全面に出ているが、戦争、宗教、人種差別といった今もアメリカを蝕む病巣を見る思いだ。謎のカリスマ説教師エイブラハムを演じるウディ・ハレルソンが怪演に近い熱演。エイブラハムが自らを正当化するかのように常に白い服に身を包んでいるのが不気味である。西部劇は今は映画界の主流ではないが、このジャンルを偏愛する映画人は間違いなく存在する。地味な小品だが、アメリカの伝統的スタイルで、現代の問題を浮き彫りにした意欲作といえよう。
【65点】
(原題「THE DUEL」)
(アメリカ/キーラン・ダーシー=スミス監督/ウディ・ハレルソン、リアム・ヘムズワース、アリシー・ブラガ、他)
(バイオレンス度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ファーナス 決別の朝

ファーナス/訣別の朝 [Blu-ray]
社会の底辺でもがく男がさらに転落していく様を描く人間ドラマ「ファーナス 決別の朝」。暗く地味な作品によくもここまで豪華キャストが集まったモンだ。

ペンシルバニア州の寂れた鉄鋼の町ブラドックで生まれ育ったラッセルは、老いた父の面倒を見ながら、恋人のレナと慎ましく暮らしていた。一方、彼の弟ロドニーはイラク帰還兵で心に深い傷を負い鬱屈した日々を送っている。ある日、ラッセルは交通事故を起こしてしまい刑務所へ。さらにロドニーが山岳地帯に住む危険な男たちとのトラブルに巻き込まれたことで、ラッセルの運命は闇へと転がり落ちていく…。

広大なアメリカの大半はド田舎で、多くの人々は、経済発展や時には文明からも見捨てられたような場所で暮らしている。オバマ大統領の熱っぽい演説をぼんやりとTVで眺める人々は、自分たちが“変われない”ことを知っているのだろうか。主人公ラッセルが暮らす、かつて鉄工所で栄えたその街には希望も未来もない。彼は半ばあきらめながら、それでも身の丈にあった暮らしを穏やかに生きていたのだが、そんなラッセルを不幸な運命が襲う。イラク帰りの弟は激しいPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しみ、殴り合いで自分を傷つけることしかできない。選択肢は鉄工所か軍隊かという男たちが、特殊なコミュニティである山岳地帯に住む無法者たちのえじきになるのだから、この話がいかに暗く、重くるしいものかは想像がつくだろう。愛する弟を奪われた兄ラッセルの復讐もまた、やるせないもので、爽快感とは無縁だ。物語の背景は、「ウィンターズ・ボーン」や「ディア・ハンター」など、過去作の要素の既視感が満載で、正直、オリジナリティには欠けている。だが、「クレイジー・ハート」で名を挙げたスコット・クーパー監督が長いブランクの果てに作った本作に集まった俳優たちは、主演のクリスチャン・ベイルを筆頭に、F.ウィテカー、W.デフォー、W.ハレルソン、S.シェパードとクセモノ揃いの豪華キャストなのだから驚きだ。線が細いイメージのC.アフレックもファイトシーンでは男臭さを爆発させる。女性向けとは言い難い作品だが、主人公と元恋人が橋の上で交わす別れのシークエンスは、あまりに切なく胸に迫る。
【60点】
(原題「OUT OF THE FURNACE」)
(アメリカ/スコット・クーパー監督/クリスチャン・ベイル、ウディ・ハレルソン、ケイシー・アフレック、他)
(やるせなさ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ファーナス/訣別の朝@ぴあ映画生活

セブン・サイコパス

セブン・サイコパス Blu-ray
悩める脚本家がクレイジーな事態に巻き込まれるクライム・サスペンス「セブン・サイコパス」。クセ者揃いの俳優の中でもウサギを抱っこしたトム・ウェイツが最高。

脚本家のマーティは新作映画「セブン・サイコパス」の脚本が進まずに悩んでいた。見かねた親友の俳優ビリーが、ネタ集めのために、マーティに無断で“サイコパス(イカレた奴)大募集”の広告を出す。やって来たのは、ウサギを抱えた正義の殺人犯。さらに、犬を溺愛するマフィアのボス、復讐を誓った非暴力のクエーカー教徒らが次々に現れる。気が付けばマーティの周りにはサイコパスだらけに。脚本のアイデアは溢れているものの、マーティは彼らが巻き起こす命がけのトラブルに翻弄されていく…。

監督のマーティン・マクドナーは劇作家出身。きっと彼自身も常にアイデアに詰まりながら傑作を生み出しているのだろう。本作は、筆が進まない脚本家がトラブルの連鎖に巻き込まれる物語。監督デビュー作「ヒットマン・レクイエム」で組んだコリン・ファレル演じる主人公マーティが巻き込まれる犯罪劇は、虚実が激しく錯綜して、トンデモない事態に陥る。何しろ7人ものサイコパスが手を変え品を変えて主人公を翻弄するのだから、イカレっぷりも一筋縄ではいかず、何が現実で何か空想なのかが曖昧になるという仕掛けだ。ジワジワと執拗に追い詰める心理戦があるかと思えば、流血の殺人にサラッといたるものまで、まったくもって先読み不能である。サイコパスをどう描けばいいのか分からず行き詰っていたマーティは、あっという間に過激なネタに囲まれるのだが、脚本の完成より生き延びる方が先決だ。静かな狂気をかもし出すクリストファー・ウォーケンの怪演が出色だが、個人的には疲れきった死神のような“正義の殺人犯・ザカリア”を演じたトム・ウェイツがイチおしだ。すべてが終わった後、ザカリアがマーティに言う「おまえ何だか変わったな」とのセリフが、脱力系の笑いを誘う。これは悩める脚本家の成長物語だったのか。それとも、壮大な人生訓か。いやいや、やっぱり映画愛からくる笑いと暴力の寓話に違いない。いずれにせよ、物語を作るとは、こんなにも大変なコトなのだ。豪華キャストがヘンテコな役を楽しそうに演じていて見ているこちらも愉快になる佳作だ。
【65点】
(原題「SEVEN PSYCHOPATHS」)
(イギリス/マーティン・マクドナー監督/コリン・ファレル、サム・ロックウェル、ウディ・ハレルソン、他)
(シニカル度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

セブン・サイコパス@ぴあ映画生活

メッセンジャー

メッセンジャー [DVD]メッセンジャー [DVD] [DVD]
戦場ではなく、その外側にある悲劇を丁寧に描く戦争ヒューマン・ドラマ「メッセンジャー」。やっと日本で公開されて一安心。

イラク戦争で負傷し帰国した米軍のウイル軍曹は、上官のトニー大尉と共に、戦死した兵士の訃報の第一報を遺族に伝える、メッセンジャーの任務につく。任務は想像以上に過酷で、遺族は非難と怒りの矛先を、国や軍ではなく、メッセンジャーにぶつけてくる。ウイルたちは日々罵声をあびながら精神的に疲弊し、この任務に対し葛藤を抱えていく。そんな中、ウイルは、夫の戦死を伝えた未亡人のオリヴィアと出会い、心惹かれていくのだが…。

2009年の作品がどういうわけがこんなにも遅れて日本公開となった。アカデミー賞やベルリン映画祭をはじめ、世界中の映画賞で評価されている作品だけあり、題材のユニークさ、俳優の繊細な演技、静かな反戦のメッセージと、心に訴えかける内容だ。遺族に訃報を伝えるメッセンジャーには絶対的なルールがあり、告知は24時間以内、告げる相手は最近親者だけ、告知の時間は6時から22時、最近親者には決して触れない、というもの。双方ともに耐えがたい瞬間を少しでも“上手く”やり過ごすために考え抜かれたルールなのだ。この映画の脚本がクレバーなのは、主人公と戦争未亡人の恋を主軸にするのではなく、主人公とその上官の二人の、微妙な距離感を持った不器用な友情を中心にしていることだ。ウイルは自分自身や戦友の戦死で心身ともに傷ついているが、トニーもまたメッセンジャーの過酷な任務で性格が歪み、感情を失いつつある。そんな二人が戦死通達というつらい任務を共にこなすことで、もう一度生きる理由を見い出していく姿が感動的だ。映画は戦場を直接描かない。さらに国家や社会への批判めいたセリフもない。犠牲者ではなく、生き残った人間が悲しみを乗り越えることで、結果的に反戦メッセージがくっきりと浮かび上がった。ベン・フォスターとウディ・ハレルソンが対象的な性格の兵士を演じるが、二人が向き合わずに涙する終盤のシークエンスは名演。かすかな希望が感じられるラストに救われる思いがする。
【70点】
(原題「THE MESSENGER」)
(アメリカ/監督オーレン・ムヴァーマン/ベン・フォスター、ウディ・ハレルソン、サマンサ・モートン、他)
(恋愛ドラマ度:★★★☆☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

メッセンジャー@ぴあ映画生活

ゾンビランド

ゾンビランド [DVD]ゾンビランド [DVD]
ゾンビものなのに妙にさわやかなところが魅力的。ホラー、コメディー、ラブストーリーと、複数のジャンルを盛り込むこの映画は、ゾンビ映画というより青春ロード・ムービーと呼びたい。人類の大半がゾンビと化したアメリカ。オタクで引きこもりの青年コロンバスは、生き残るために独自の32のルールを作って実践していた。故郷へ向かう旅の途中で、ゾンビを殺しまくるマッチョな男タラハシーや、詐欺師姉妹ウィチタとリトルロックらと出会う。4人は、ゾンビがいないと噂されるLAの遊園地“パシフィックランド”を目指すのだが…。

主人公コロンバスの徹底したヘタレっぷりがいい。ゾンビ映画でお馴染みの怖いもの知らずのヒーローとはほど遠く、彼が自らに課したルールも生活臭たっぷりのセコいものばかり。そのくせちゃんと説得力があるから可笑しい。たとえば、ゾンビからひたすら逃げるため、作ったルールは「有酸素運動を欠かさないこと」。走って逃げるには1に体力、2に体力だ。ゾンビが本当に死んだ(既に一度死んでいるのだが)かどうか確認するため、必ず2度撃ちして止めを刺すことや、車で轢き殺した際に自分の身を守るためにシートベルト着用などもある。最も大切なルールは「決して英雄になるな」だ。ゾンビ映画のマエストロで、社会派かつ正統派のロメロの作品とは対極の、見事な逃げっぷりの物語を見ているうちに、この映画のゾンビはただの脇役にすぎないことが分かってくる。人間関係を上手く築けないコロンバスと、実は切ない過去があるタラハシー、男たちよりずっとしたたかでチャーミングな詐欺師姉妹は、やがて強い絆で結ばれていく。もちろん安全なはずの遊園地では大バトルが待っているのは言うまでもない。これほど陽性のゾンビ映画は初めてで、大いに楽しんだ。さらに、スペシャルゲストとしてビル・マーレイが登場するサービスも。いつ、どんな役で登場するかは映画を見て確かめてほしい。32のルールの中には「小さなことを楽しめ」の項が。こんなささやかな作品で思いがけず楽しめるのだから、そのルールは正しいという証拠だ。
【65点】
(原題「ZOMBIELAND」)
(アメリカ/ルーベン・フライシャー監督/ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、エマ・ストーン、他)
(おおらか度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ゾンビランド@ぴあ映画生活

【送料無料】ゾンビランド

【送料無料】ゾンビランド
価格:2,953円(税込、送料別)

7つの贈り物

7つの贈り物 コレクターズ・エディション [DVD]7つの贈り物 コレクターズ・エディション [DVD]
感動作のふりをしているが、中身は、神の真似事をする不愉快な物語だ。心に傷を負ったベンは、見知らぬ男女7人に彼らの人生を変える贈り物をする。ネタバレは禁止なので詳しくは明かせないが、主人公は、善人に対し善行を施すのが目的。だが“選ぶ”などという行為がそもそも傲慢だ。基準も曖昧で納得できない。動機もある意味で平凡である。冒頭から苦悩モードのウィル・スミスの熱演も、物語に説得力がなければ空回りするばかりだ。7人目の女性と共に過ごす穏やかな場面のみ、幸福感が漂う。この作品は、間違いなく意見が割れる。それが目的なら大成功といったところか。
【10点】
(原題「SEVEN POUNDS」)
(アメリカ/ガブリエレ・ムッチーノ監督/ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、ウディ・ハレルソン、他)
(問題提起度:★★★★★)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックお願いします(^o^)

俺たちダンクシューター

俺たちダンクシューター すべて見せちゃうバージョン [DVD]俺たちダンクシューター すべて見せちゃうバージョン [DVD]
ハジケた笑いに欠ける中途半端なスポーツ系コメディ。70年代に実在したプロのバスケ・リーグABA。パフォーマンス重視のチームが、NBAに吸収され解散直前のリーグで、最後の意地を見せる物語だ。摩訶不思議な技は登場するものの、ダンクや技術はさして重要じゃない。全体的にギャグにキレがないのは、パンチのある悪役の不在と、実話の感動が笑いの温度を下げたためだろう。フェレルのコメディは、おバカに徹っしてこそ評価されるのに。邦題の“俺たち”は同じでもフィギュアスケーターの爆笑にはほど遠い。全編に流れる70年代サウンドと、子グマ対決が貴重な笑い所だ。
【45点】
(原題「Semi-Pro」)
(アメリカ/ケント・オルターマン監督/ウィル・フェレル、ウディ・ハレルソン、アンドレ・ベンジャミン、他)
(キモセクシー度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ