映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

エマニュエル・ベアール

DISCO ディスコ

DISCO ディスコ [DVD]DISCO ディスコ [DVD]
全世界的に懐古趣味なのか、フランスから中年男のディスコ・ダンスをテーマにした映画がやってきた。70年代にディスコキングとしてならしたディディエは、今ではすっかり冴えない中年に。愛する息子とのバカンスのため、賞品の海外旅行を狙ってディスコ大会優勝を目指す。どうみてもダサいおやじの勘違いだらけの奮闘物語。それでもかわいらしく見えるのは、主人公たちが自分に誇りを取り戻すために頑張っているから。美人ダンス教師役のベアールもちょっとトボけた味が愛らしい。音楽を「シェルブールの雨傘」の巨匠ミシェル・ルグランが手がけていることが、実は一番の目玉だった。
【60点】
(原題「Disco」)
(フランス/ファビエン・オンテニエンテ監督/フランク・デュボスク、エマニュエル・ベアール、ジェラール・ドパルデュー、他)
(ほろ苦度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

輝ける女たち

輝ける女たち [DVD]輝ける女たち [DVD]
身勝手な恋と生き方を決して責めず、むしろ慈しんで描くのは仏映画が最も得意とするところ。この物語では大切な人の死によって再び集まった家族の絆を笑いをまじえて描く。いじわるな元妻を悠々と演じたドヌーヴと吹き替えなしで歌うベアールが上手い。負け組の中年男役ランヴァンもいい味を出している。
【55点】
(原題「LE HEROS DE LA FAMILLE/FAMILY HERO」)
(フランス/ティエリー・クリファ監督/ジェラール・ランヴァン、カトリーヌ・ドヌーヴ、エマニュエル・ベアール、ミュウミュウ、他)
(人生再出発度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ