映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ワイルド・スピード ICEBREAKE」「無限の住人」「帝一の国」etc.

エマ・ワトソン

美女と野獣

美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック<英語版[1CD]>
ある城に魔女の呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった、一人の美しい王子が住んでいた。魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れない。希望を失いかけたその時、美しい村娘のベルが城に現れる。聡明で進歩的な考えを持つベルは閉鎖的な村になじめず悩みながらも、人と違うことを受け入れる女性だった。そんなベルと触れ合ううちに、外見に縛られて自分の価値を見出せずにいた野獣の心は変化していく。互いに惹かれあう二人だったが…。

アニメーションとして初のアカデミー賞作品賞にノミネートされたディズニー・アニメの不朽の名作を実写映画化したラブ・ストーリー「美女と野獣」。近年のディズニー・アニメの実写化では、おとぎ話を現代的な解釈で再構築するのがコンセプトだったが、本作は、1991年のアニメ版をほぼ忠実に実写化しているので、ストーリー的な驚きはほとんどない。だがその分、実写ならではの絢爛豪華な美術、衣装などのきらびやかな映像と、抜群に芸達者な俳優たちの素晴らしい歌声で、観客の心を鷲づかみにしてくれる。もともとはフランスの民話なので、フランスで何度かの実写化がなされているが、本作はアニメ版はもちろん、1946年のジャン・コクトー版へのリスペクトが見て取れる。「ドリームガールズ」のビル・コンドンはミュージカルが得意な監督で、本作でも美しく繊細、かつスピード感あふれる演出が冴えていた。ベルと野獣のダンスシーンは有名な主題歌“美女と野獣”も含めて最高にロマンチックだし、ベルを迎えて城の住人(ポットや時計、燭台たち)がファンタジックな大騒ぎを繰り広げる“ひとりぼっちの晩餐会”の躍動感は、近年のミュージカルでは出色の楽しさだ。そして、自分の輝きを信じること、本物の美しさは外見ではなく内面に宿るという、いつの時代も変わらない「美女と野獣」の普遍的なメッセージが、しっかりと伝わってくる。アニメ版に忠実すぎる実写化という点は、賛否が分かれるかもしれないが、完成度が極めて高いエンタテインメントを見る幸福感に素直に酔いしれたい。
【80点】
(原題「BEAUTY AND THE BEAST」)
(アメリカ/ビル・コンドン監督/エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス、他)
(エンタテインメント度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
美女と野獣|映画情報のぴあ映画生活

ブリングリング

ブリングリング [Blu-ray]
実際に起こったティーンによるセレブ豪邸窃盗事件を描く「ブリングリング」。優等生のイメージのエマ・ワトソンの“イケナイ子”が新鮮。

セレブの豪邸が立ち並ぶLAの高級住宅街。転校生のマークは仲良くなったレベッカと同級生の留守宅で盗みを働く。華やかな生活に憧れを抱くニッキーらも加わり、窃盗団を結成。ネットでパリス・ヒルトンらセレブの住所と予定を調べ、彼らの豪邸に忍び込んでは、高級ブランドの服やバッグ、現金やジュエリーなどを盗みまくる。だが無軌道な彼らの行動はやがて明るみに出ることになる…。

2008年から09年にかけて、ハリウッド・セレブの豪邸が少年少女の窃盗団に荒らされた実話をベースに描く異色の青春犯罪映画だ。タイトルはロサンゼルス・タイムズ紙が10代の窃盗団につけた“キラキラしたやつら”の意味。そのまぶしいほどの輝きは見事なまでに偽物なのだが、女の子たちに罪の意識はない。それどころか、夢も野心も何もなく、ただひたすらに物欲と快楽を追い求めるのだから、これはもう現代社会の罪の落とし子といってもいい。モラルを知る前に自己顕示欲に支配された彼らは、盗みの実態をSNSに書き込み、パーティで友人に自慢げに話す。脇が甘いのか、おバカなのか、あどけないのか、もはや判別不能だ。警察につかまっても「これは学びの場だったんだと思うの」と悪びれずに言ってのけ、リアリティ番組で自分のサイトを宣伝するしたたかさも。黒一点のマークの素顔は、事件によってFacebookで大勢の友達申請が来たことを喜んでいるシャイな少年だ。被害総額3億円にも上る窃盗事件は確かに問題だが、現代社会の情報過剰な大海原は万人の前に等しく広がっている。少女たちの刹那的な犯罪という意味では、ハーモニー・コリン監督の「スプリング・ブレイカーズ」の方が明らかに出来はいい。だが底知れない空虚さでは本作がはるかに上だ。何よりセレブ・カルチャーをスタイリッシュに活写する映画はおしゃれアイコンであるソフィア・コッポラだからこそリアルに描ける世界である。それにしても、パリス・ヒルトンやリンジー・ローハンら、セレブリティの防犯意識の低さにはあきれてしまう。鍵は安易に玄関マットの下に置き、窓は開けっ放しでは、豪邸も入り放題だ。さらに住所はネットで公開しているし、スケジュールもオープン状態。盗む方も盗む方だが、盗まれる方も盗まれる方なのだ…。おっと、これは庶民のやっかみか。
【65点】
(原題「THE BLING RING」)
(米・仏・英・日・独/ソフィア・コッポラ監督/エマ・ワトソン、ケイティ・チャン、タイッサ・ファーミガ、他)
(刹那的度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ブリングリング@ぴあ映画生活

ウォールフラワー

ウォールフラワー [Blu-ray]
内気な少年が風変わりな兄妹と出会って成長する青春ドラマ「ウォールフラワー」。傷ついてもなおも輝くはみ出しものたちの姿が素敵だ。

小説家を夢見る16歳のチャーリーは学校でも地味で目立たない存在。ひっそりと息をひそめて高校生活をやり過ごそうと決めていた彼の前に、陽気なパトリックと美しく奔放なサムという風変わりな兄妹が現れる。自由人である彼らに迎え入れられ、初めて知る友情や恋に心をときめかせるチャーリー。真夜中のドライブやバカ騒ぎ、音楽や小説の話によって、世界は無限に広がるかに思えた。だがチャーリーには、皆にひた隠すある秘密があった…。

原作はあの「ライ麦畑でつかまえて」の再来と絶賛された青春小説。著者であるスティーヴン・チョボスキーが自ら脚本を書いて監督し、青春期特有の揺れ動く心を丁寧にすくい取っている。ウォールフラワーとは壁の花のこと。学校内で目立たない主人公はスクールカーストの最下層に位置づけられ、友達も彼女もいない。みんなの輪に入れず、壁の前が低位置という地味な少年だ。だが上級生のパトリックとサムの兄妹は、学園内のカーストなどとは関係なく奔放にふるまう自由人。そんな彼らがチャーリーの存在を認めて友情を築くのは、チャーリーが自分たちと同じ“はみ出しもの”だからだ。不器用なチャーリーは、本当はサムのことが好きなのに、押しが強いパンク少女のメアリーと付き合ってしまうなど、もどかしさもどこか微笑ましい。居場所を見つけたチャーリーの友情と恋物語は、やがて彼の心に傷を残した過去のある事件に触れ、さらに兄妹の秘密にも言及していく。チャーリーの過去の秘密の衝撃は思ったほどではないのだが、チャーリーという壁の花が、友情や恋によって勇気と自信を持ち、やがては人生を切り開いていくプロセスが実にみずみずしい。自分の才能を認めてくれた国語教師によって小説家として目覚めていく姿もまた希望に満ちている。美男美女ばかりの登場人物は出来すぎだが、ローガン・ラーマンやエマ・ワトソンら、メジャー系の大作映画に出演してきた若手俳優が、このインディーズ作品で予想以上に輝いている。劇中に登場するのはカルトの名作「ロッキー・ホラー・ショー」。この演出のおかげでつい点が甘くなってしまった。
【70点】
(原題「THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER」)
(アメリカ/スティーヴン・チョボスキー監督/ローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー、他)
(みずみずしさ度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ウォールフラワー@ぴあ映画生活

映画レビュー「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 ブルーレイ & DVDセット スペシャル・エディション(4枚組)[初回限定生産] [Blu-ray]ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 ブルーレイ & DVDセット スペシャル・エディション(4枚組)[初回限定生産] [Blu-ray]
◆プチレビュー◆
いよいよ迎えたフィナーレは激しいアクションと深い人間ドラマがドッキング。スネイプの秘密は涙なくしては語れない。 【80点】

 宿敵ヴォルデモートを倒す手掛かり“分霊箱”を探すために、ホグワーツ魔法学校に戻ったハリー、ロン、ハーマイオニー。闇の勢力との最終決戦が目前に迫る中、ハリーは愛するものを守るため悲壮な決意を固めるが…。

 選ばれし魔法使いハリー・ポッターの物語の映画化が始まったのは、2001年。10年目を迎えて、世界中を席巻した人気ファンタジーがついに最終章を迎える。主人公ハリーの背負う宿命の重さから、シリーズ後半はマイナス・オーラ全開の展開で、大いにストレスがたまったものだ。だがそれもこれも、最終章の大爆発に向けてのV字曲線だったのだ。すべての謎に答えが用意された壮大なフィナーレは、ファンを感嘆させるだろう。

 浅からぬ因縁を感じるハリーとヴォルデモート。なぜハリーにはヴォルデモートの心の声が聞こえるのか。理由は、分霊箱を破壊していくプロセスの中で明かされる。それはハリー自身、予想もしないおぞましいものだが、運命に対峙する準備を整えたハリーは逃げたりはしない。シリーズは登場人物たちの実年齢と寄り添い進んできたため、ハリーの心の成長に胸が熱くなる。

 同時に、ハリーの宿命を悲哀と共に見守っていた人物の願いも知ることに。その人こそ、謎めいた存在スネイプだ。ダンブルドア校長の命を奪い、ヴォルデモートにひれ伏す彼の真意とは? 最終章でハリーは“憂いの篩”によってスネイプの記憶を見る。ここで観客は、この長い長いファンタジーが、崇高な愛の物語だったことを知るのである。これには思わず涙した。

 ワクワクするような学園生活の場だったホグワーツ魔法学校は、命懸けの戦いの場へと変貌。迫力のアクションシーンは、シリーズ初の3Dで描かれる。最終決戦の果てに目にするのは、本物の勇気と真摯な愛。10年間続いたシリーズを支えてきた、スタッフ・キャストの努力と作品への愛情に、惜しみない拍手を送りたい。もちろん映画の“魔法”がもたらしてくれた興奮に対しても。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)壮絶度:★★★★★

□2011年 英・米合作映画
 原題「HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART II」
□監督:デイビッド・イェーツ
□出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、他
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2@ぴあ映画生活

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 【DVD】

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 【DVD】
価格:2,235円(税込、送料別)

映画レビュー「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 (1枚組) [DVD]ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 (1枚組) [DVD]
◆プチレビュー◆
物語も画面もひたすら暗く、まるでホラー映画。ハリーら3人の真の友情が試される。 【60点】

 17歳になり、魔法学校の最終学年7年生になったハリー。親友のロンとハーマイオニーと共に、宿敵ヴォルデモート卿の不死と抹殺の鍵である“分霊箱”を探す旅に出る。助けや導きは何一つない彼らに、次々と襲いかかる過酷な試練。ついに3人を引き裂く闇の力に屈してロンが離れていくが…。

 長い長いシリーズも第7作で遂に完結!…と言いたいところだが、クライマックスの「死の秘宝」は前・後編2部作で描かれ、本作はまずはPART1。もともとは3D映画になる予定が「完璧な状態でないなら3Dにしたくない!」との理由で2Dとして公開の運びとなった。物語には、魔法や学校生活でのワクワク感はなく、代わりにあるのは流血や拷問なのだから、ほとんどホラー映画だ。

 ダーク・ホラーであると同時に、本作はロード・ムービーでもある。ヴォルデモート卿の策略により、逃亡生活を余儀なくされたハリーたちは、寒々とした荒野や暗い森をさまよう。光など届かない世界に見えるが、そこにポツンと灯がともるテントの存在は、ハリーたちが残された唯一の希望である証だ。そんな彼らが知るのは、今は亡きダンブルドア校長の秘められた過去と、校長が3人に託した遺品が導く古い物語だ。ほとんど忘れられていた伝説「死の秘宝」のストーリーが、アジアンテイストの影絵のような映像で語られ、とても美しい。語られる3つの宝は、すべてが死にまつわるアイテムである。

 だが、もはや子供ではないハリーには、死は必ずや対峙しなくてはならない運命と同じ意味を持っている。強大な闇の力に立ち向かう責任も覚悟もあるハリーだが、それでも大切な仲間の絆が揺らぐのは何よりつらい。分霊箱のロケットが持つ邪悪な力がもたらす亀裂は、思春期特有の嫉妬心や劣等感を突く巧妙なもので、3人それぞれの心のわだかまりにもリアリティがある。余談だが、今回はハリーとハーマイオニーのセクシーなキスシーンがあるのが“事件”だ。ちょっとドキドキするが、同時にこんなに大人になって…と、しみじみとしてしまうのは、この物語をずっと大切に見守ってきたせいだろう。

 第4作「炎のゴブレット」で初めての犠牲者が出て以来、物語は命懸けの戦いの様相を呈している。今回もまたしかり。もの言わぬ心の友で、いつもハリーを見守ってくれた白フクロウのヘドウィグが懸命にハリーを守る場面は胸が張り裂けそうだし、屋敷しもべ妖精ドビーの運命も涙なくしては語れない。

 そんな本作の中にも、ほんの少しだがコミカルな要素がある。ヴォルデモートの追っ手からハリーを安全に逃がすため、不死鳥の騎士団の面々が魔法でハリーに変身し、なんと7人のハリーが登場する。主演のダニエル・ラドクリフ自身が一人7役で演じるこのシークエンスには、思わず吹き出してしまうセリフも。何しろ見た目はハリーだが中身は別人というそのギャップが可笑しい。

 夜明け前は最も暗い。何だかシリーズの5作目以降ずっと、暗い、暗いと言い続けているような気がするが、ハリーの過酷な運命は言うまでもなく、友情も愛情も不確かな本作の暗さはシリーズ屈指だ。シリアスというより悲壮、悲壮というより残酷。そんな殺伐とした空気が全体を覆っている。しかし、より激しい展開とカタルシスが待つであろうPART2への前奏曲が本作。目をそらすわけにはいかないのだ。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)ダーク度:★★★★★

□2010年 米・英合作映画 原題「HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS:PART1」
□監督:デイビッド・イェーツ
□出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、他


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

  映画レビュー用BRバナー

←応援ポチ、よろ しくお願いします!


ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1@ぴあ映画生活

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

ハリー・ポッターと炎のゴブレット [DVD]ハリー・ポッターと炎のゴブレット [DVD]
◆プチレビュー◆
おしゃれなフランスチーム、マッチョなブルガリアチームなど、キャラの設定もメリハリがあって楽しい。今回の目玉はもしやハリーの入浴シーン?!マートルに迫られアセる姿はファンには必見だ。

ハリー・ポッターは魔法学校の4年生に。今年は100年ぶりに三大魔法学校対抗試合が行われる。それに伴い、学校の代表選手を選ぶが、立候補した覚えのないハリーの名前がそこにあった。親友ロンとも気まずくなったハリーだったが…。

このシリーズは回を重ねるごとに暗くなる。本作は初めて英国人監督を起用し、全編にイギリスらしさを漂わせ、まるでゴシック・ホラーのようだ。冒頭から大迫力のクィディッチW杯の華麗な映像で魅了し、舞踏会では正装姿を見せるハリー達。そして邪悪な“闇の帝王”が遂に登場する。見せ場の連続で2時間37分はあっという間だ。

第4作は魔法版の青春映画といっていい趣。ハリー、ハーマイオニー、ロンは皆、お年頃で、それぞれの淡い恋が微笑ましい。しかも、恋の行方は結構ややこしいのだ。その分、対抗試合に出場する新キャラの描き方はあっさりとしたものになっていて、もっと活躍してほしいところだが、長尺のシリーズではそうもいかない。

炎のゴブレットに導かれたハリーの運命は、遂に邪悪なヴォルデモート卿の復活へとたどり着く。終盤の展開は極めて悲劇的だ。素晴らしい映像も手伝って映画はいよいよ子供より大人のものへとダークに変貌していく。ハリー・ポッターは、もはや子供ではいられないのだ。

□2005年 アメリカ映画 原題「Harry Potter and the Goblet of Fire」
□監督:マイク・ニューウェル
□出演:ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、レイフ・ファインズ、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
トラックバック(承認済)
午後8時の訪問者 (映画的・絵画的・音楽的)
午後8時の訪問者
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
震災には負けない!
リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

icon icon
おすすめ情報
おすすめ情報

twitterやってます!
おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
いいね!もよろしく♪
Facebookをご利用の皆さん、このブログが気に入ったら、ぜひ「いいね!」ボタンをポチッと押してください。 渡まち子の励みになります!
タグクラウド
  • ライブドアブログ