映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」「ユダヤ人を救った動物園」etc.

エル・ファニング

パーティで女の子に話しかけるには

How to Talk to Girls at Parties (Original Motion Picture Soundtrack) [Explicit]
1977年のロンドン。パンク好きなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだ風変わりなパーティで美少女ザンと出会う。大好きなパンク・ミュージックやファッションの話を熱く語るエンと、それに共感したザンは、互いに惹かれあい恋に落ちる。だが、ザンは遠い惑星からきた異星人で、あと48時間後に地球を去らねばならなかった。大人が決めたルールに反発した二人は、大胆な逃避行に出る…。

パンク少年と異星人の女の子の運命の恋を描く青春ラブ・ストーリー「パーティで女の子に話しかけるには」。原作は小説家&コミック作家ニール・ゲイマンによる小説だ。1977年のロンドンの熱気は、想像するしかないのだが、パンクに夢中の若者は、大人たちの目には、理解不能の異星人のように映っただろう。そんな主人公が本物の異星人の美少女と恋に落ちる。一見突拍子もない設定に思えるが、ベースとなるのは、既成のルールに反発し、自らの生き方を貫く“同志”の男女の、普遍的な恋愛なのだ。

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のジョン・キャメロン・ミッチェル監督は、社会から少しはみだした人々にあたたかいまなざしを注ぐ俊英監督。この切ないラブ・ストーリーは、SF的要素まで動員して、ポップで魅力的な作品に仕上がっている。何しろ異星人の美少女ザンを演じるエル・ファニングが最高にチャーミングだ。レトロ・モダンなファッションに身を包んだ異星人たちが繰り広げる噛み合わない会話や謎のパフォーマンスなども、独特のユーモアに彩られていて、思わずクスリと笑える。そしてザンがパンクバンドのボーカルとして熱唱するライブシーンの、何と魅力的なことか!パンクのゴッド・マザー役のニコール・キッドマンの暴れっぷりもいい。ラスト、大人になったエンのもとにやってきたのは…。心優しい感動が一気に押し寄せる。音楽、ファッション、アニメまで贅沢に詰まった甘酸っぱいラブストーリーは、ブッ飛んでいるのにどこまでもピュア。これは間違いなく、はみ出し者たちへの応援歌だ。
【75点】
(原題「HOW TO Talk TO GIRLS AT PARTIES」)
(アメリカ/ジョン・キャメロン・ミッチェル監督/エル・ファニング、アレックス・シャープ、ニコール・キッドマン、他)
(ボーイ・ミーツ・ガール度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

20センチュリー・ウーマン

20センチュリー・ウーマン
1979年、アメリカ、カリフォルニア。15歳の一人息子ジェイミーを育てるシングルマザーのドロシアは、思春期の少年の育て方で悩んでいる。そこでドロシアは、ルームシェアしているパンクな写真家のアビーと、近所に暮らすジェイミーの幼なじみのジュリーに相談し、ジェイミーの教育と成長を助けてほしいと頼む。多感な15歳の少年が、3人の年上の女性と過ごす、特別なひと夏が始まった…。

70年代の南カリフォルニアを舞台に3人の年上の女性とのさまざまな経験で成長していく少年の姿を描く「20センチュリー・ウーマン」。監督のマイク・ミルズは、秀作「人生はビギナーズ」で、ゲイであることを晩年にカミングアウトした父親を、ユーモアを交えたあたたかなまなざしで描いたが、本作で描くのは自らの母親のこと。ミルズ監督の半自伝的な作品だけに、影響を受けた時代背景やカルチャーなど、彼の少年時代の思い出がたくさん詰まった内容は、もう二度とは戻れない“あの頃”へのノスタルジーが感じられてちょっぴり切ないテイストが特徴的だ。“大恐慌時代の女”こと、55歳のドロシアは、自由な考えを持つシングルマザーだが、自らの保守的な道徳観に屈折したコンプレックスを抱いている。ジェイミーにとっては、この個性的な母親が最も影響力が大きいが、他の2人の女性も負けていない。20代半ばのパンクな写真家のアビーはジェイミーにNY仕込みのポップ・カルチャーとフェミニズムの本質を教える自由奔放な姉貴のようだし、17歳のジュリーは、友達以上恋人未満の存在で、ジェイミーにはリアルな女の子と理想の恋人が混在するファンタジックな美少女だ。ジュリーときたら、添い寝はするが、男女の関係になってジェイミーとの友情が壊れることを恐れているという悩ましい存在でもある。こんな異世代の女性3人を、アネット・ベニング、グレタ・ガーウィグ、エル・ファニングという超強力トリオの女優が演じるのだから、それだけでも引き込まれる。パンクな生き様を見せるガーウィグや小悪魔美少女のファニングもいいが、やはりベニングの貫禄と哀愁が頭ひとつ抜けていた。ティーンエイジャー特有の不安やとまどい、性の悩み、生きることの難しさなどを、女性たちは、時には失敗やとまどいさえさらしながら、導いてくれる。彼女たちが正直で自然体だからこそ、監督のパーソナルな思い出は、普遍的な物語に昇華していくのだ。トーキング・ヘッズをはじめとする70年代を代表す音楽が効果的で、反抗期の少年時代を描く私小説的な映画でありながら、同時に、70年代というフェミニズムの時代を生きる3世代の女性を描く女性映画として、出色の出来栄えとなった。
【70点】
(原題「20TH CENTURY WOMEN」)
(アメリカ/マイク・ミルズ監督/アネット・ベニング、エル・ファニング、グレタ・ガーウィグ、他)
(女性映画度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
20センチュリー・ウーマン|映画情報のぴあ映画生活

ネオン・デーモン

ネオン・デーモン [Blu-ray]
モデルを夢見て、田舎から大都会ロサンゼルスにやってきた16歳の美しい少女ジェシー。すぐにモデル事務所と契約し、チャンスを手にしたジェシーは、一流カメラマンやデザイナーを魅了するようになる。だが、ライバルたちは異常なまでの嫉妬でジェシーを引きずり降ろそうとする。やがて自らの激しい野心に目覚めたジェシーは、ファッション業界の裏側に渦巻く邪悪な毒に染まっていく…。

田舎から出てきた純真な美少女が弱肉強食のファッション業界で自らの闇に目覚め、のしあがっていく「ネオン・デーモン」。物語の大筋をこう説明すると、ポール・バーホーベン監督の「ショーガール」を連想しそうだが、本作の監督は「ドライヴ」「オンリー・ゴット」で観客を驚かせてきたデンマーク出身の鬼才ニコラス・ウィンディング・レフンだ。単純なサクセス・ストーリーで終わるはずがない。美を競うモデル業界を背景に描かれるのは、嫉妬と狂気。人間の価値は、外見の美にあるときっぱり言い切るセリフがあるが、美のためなら命さえも惜しまないファッション業界ならば、当然の“常識”だろう。悪趣味スレスレの幻想的でエキセントリックな映像や、ヒロインの激変、彼女がたどる驚愕の運命など、すべてが過剰で強烈だ。「マレフィセント」のエル・ファニングが最高にハマっていて、ピュアな美少女がダークサイドに堕ちていく過程も、とらえどころのない繊細な演技をみせて、説得力がある。この危険な映画こそ、デーモン(悪魔)の化身。メイク係のジェナ・マローン、モーテルの管理人のキアヌ・リーヴスらの怪演も見逃せない。好き嫌い、賛否両論、大いに結構と言わんばかりに、堂々と観客を挑発する異色作だ。
【60点】
(原題「THE NEON DEMON」)
(米・デンマーク・仏/ニコラス・ウィンディング・レフン監督/エル・ファニング、カール・グルスマン、ジェナ・マローン、他)
(エキセントリック度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ネオン・デーモン|映画情報のぴあ映画生活

マッド・ガンズ

マッド・ガンズ [Blu-ray]
水をめぐる争いが絶えない荒廃した近未来で繰り広げられる愛憎劇「マッド・ガンズ」。いつの日か実り豊かな農園を取り戻そうと願っていた父アーネストを突然亡くしたメアリーは、隣家の青年フレムと結婚する。だが父の遺志を継ぐかに見えたフレムの胸には、ある恐ろしい野望が潜んでいた…。

女優グウィネス・パルトローの実弟であるジェイク・パルトローが監督したサバイバル・アクションなのだが、どうにもピリッとしない内容だ。タイトルやポスタービジュアルから「マッド・マックス」風のSFアクションを勝手に想像していたのだが、実際は、荒廃した近未来を舞台にした西部劇だった。まぁ、それはいいとして、出演している若手実力派のニコラス・ホルトやエル・ファニングは旬の豪華キャストなのに、彼らをほとんど活かせてないことに文句を言いたい。作業用ロボットのせいで死んだと思われていた父親が実は…というミステリーは、メアリーの弟で繊細な心を持った少年ジェロームの目線で語られる。ジェロームの成長物語であることが、かろうじてドラマとして成り立っている点。どうにもお話そのものに説得力がないのがトホホだが、荒野の砂漠や太陽といったドライな映像はなかなかスタイリッシュだった。あ、美少女エルちゃんの花嫁姿に萌えるもヨシ!
【40点】
(原題「YOUNG ONES」)
(アメリカ/ジェイク・パルトロー監督/ニコラス・ホルト、エル・ファニング、コディ・スミット=マクフィー、他)
(俳優無駄使い度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
マッド・ガンズ@ぴあ映画生活

マレフィセント

マレフィセント MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
おとぎ話の悪役の視点で真実の愛を描く実写ファンタジー「マレフィセント」。アンジーの魅力で邪悪な妖精はいつしか慈愛の美女へ。

とある王国で待望のプリンセス、オーロラ姫が誕生し、盛大に祝賀パーティーが開催された。大勢の客が城にやってきて祝福する中、招かれざる客で、邪悪な妖精マレフィセントが現れ「王女は16歳の誕生日に永遠の眠りにつく」という恐ろしい呪いをかける。王によって森に隠されたオーロラ姫は、穏やかに美しく成長するが、なぜかマレフィセントはそんな姫をじっと見守っていた…。

おとぎ話や童話を新解釈するのは何も目新しいことではない。だが、ハリウッドのトップ女優アンジェリーナ・ジョリーが、ディズニーの名作「眠れる森の美女」の悪役を演じることで、本作は勝ったも同然の個性を持った。邪悪な妖精マレフィセントは、なぜオーロラ姫に呪いをかけたのか。そして呪いを解く真実の愛とは。この2つのテーマが、映画を現代的にしている。女性主導のストーリーや、真実の愛の答は、おどろくほど「アナと雪の女王」に似ているのだが、決定的に違うのは、生身の美女アンジーの存在感だ。尖った角、高い頬骨、漆黒の衣装と、恐ろしいいでたちなのに、とびきり強く美しいマレフィセントに、観客は魅了されるはず。さらには、オーロラ姫を陰で見守るマレフィセントの母性には、実子、養子を含めて6人の子供を育てる実生活のアンジーが重なって見えるだろう。無論ディズニー映画らしく、幻想的で美しいビジュアルは健在だ。終盤には激しいアクションも用意されていて、物語は怒涛のハッピーエンドへとなだれ込む。ラストはオーロラ姫のくったくのなさで、めでたし、めでたし、という展開だ。それにしても、「アナ雪」といい本作といい、目につくのは王子様の役立たずぶりである。昨今の女性は、出会ったばかりの白馬の王子様なんぞには何も期待していないということか。フェミニズム映画として鑑賞してみるのも一興だ。
【65点】
(原題「MALEFICENT」)
(アメリカ/ロバート・ストロンバーグ監督/アンジェリーナ・ジョリー、エル・ファニング、シャルト・コプリー、他)
(母性愛度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
マレフィセント@ぴあ映画生活

SUPER 8/スーパーエイト

SUPER 8/スーパーエイト [DVD]SUPER 8/スーパーエイト [DVD]
どこか懐かしい作風にはスピルバーグ映画へのオマージュが満載。「SUPER 8/スーパーエイト」は、SF大作であると同時に、映画への愛を描いた作品だ。

1979年、オハイオ州の田舎町に住む少年ジョーは仲間たちと8ミリカメラでの映画作りに熱中していた。深夜の駅で撮影していた彼らのそばで貨物列車の衝突事故が発生。脱線した貨車には“米国空軍”の文字があり、空軍施設・エリア51から“何か”を極秘に輸送していたのだ。事故を目撃した子供たちのカメラには、一部始終が記録されていた。それ以来、平穏な町は封鎖され、ジョーたちは、真実を探しに行くことを決める…。

タイトルの“SUPER 8”とは、1965年にコダックが発売したカセット式のフィルム、およびその規格のカメラのことだ。劇中では子供たちが8ミリフィルムでゾンビ映画を作るのに使っていて、そのカメラが偶然にも、政府や軍が隠ぺいする重大な秘密を記録してしまうというわけだ。こうなると国家的陰謀がからむクライムサスペンスを連想するが、物語はノスタルジックな雰囲気と、寂しさを抱えた少年の心の成長を描いて「E.T.」を思わせる。軍がひた隠す“それ”は凶暴な姿をしているが、その出自を知った主人公ジョーは、深い悲しみを感じ取る。子供の喪失感とイノセンスを描くのはスピルバーグの十八番で、J.J.エイブラムスはスピルバーグへの敬意そのままに、母を亡くした少年のピュアな心をストレートに描いてみせた。美少女アリスをめぐる少年たちのライバル意識、親同士の確執、強烈な体験を共有した者だけが持ちうる友情と結束。その延長線上に、悲しみや孤独を乗り越えて生きていく決意があった。ジョーとアリスの心理描写が丁寧で、クライマックスの感動へと自然と導かれる。ストーリーを追いながらも、頭のすみっこで少年たちの映画作りの行方が気になっていたのだが、それにもエンドロールで鮮やかに答えてくれたのが嬉しかった。何よりも、TVドラマの映画化や続編ものばかりの映画界で、ヒットメーカーが手掛けた大作映画が完全オリジナルであるという意味は大きい。
【70点】
(原題「SUPER 8」)
(アメリカ/J.J.エイブラムス監督/カイル・チャンドラー、エル・ファニング、ロン・エルダード、他)
(ノスタルジー度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
SUPER8/スーパーエイト@ぴあ映画生活

SOMEWHERE

SOMEWHERE [DVD]SOMEWHERE [DVD]
映像センスには定評があるソフィア・コッポラらしいドライな感覚の人間ドラマだ。映画業界ならではのセレブな空気と、そこに潜む孤独には、巨匠フランシス・フォード・コッポラの娘として業界のド真ん中で育ったソフィア自身の体験が色濃く反映されている。

人気映画俳優のジョニー・マルコは、パーティ三昧の生活を送っている。ハリウッドの伝説的ホテル、シャトー・マーモントに住み、高級車を乗り回す派手な暮らしを送っているジョニーだったが、同時に彼には常に空虚な感覚がつきまとっていた。ある時、別れた妻と暮らす11歳の娘クレオをしばらくの間預かることになる。自堕落な生活は一変し、クレオとの穏やかな日々が始まった。自分が失くした大切なものに気付きはじめたジョニーだったが、やがて父娘には別れの日がくる…。

センチメンタルなのにどこか乾いた空気が、ソフィア・コッポラならではのテイストで、それは自伝的要素の強い本作でも強く感じられる。主人公は、成功した俳優で、華やかに見えるが、携帯に次々に送られてくる名無しのメールには彼を罵る内容ばかり。これらを無表情にみつめるジョニーの横顔が、彼の人生の空虚さを如実に表していた。一方、天使のように純真な11歳のクレオは、ピュアな性格だが、親の都合であちこちに移動させられ、誰かに対して怒りや反抗の気持ち持つことなど忘れたかのような女の子。こちらも経済的に豊かだが満たされない人生なのだ。そんな二人がかけがえのない時間を過ごす様子が、切なくもいとおしい。なんだかヘンテコなイタリア旅行、午後のまどろみ、たわいないおしゃべり。キャンプに持っていく持ち物を決めるだけでも楽しくてたまらない。さりげない感情のうつろいを、センスのいい音楽にのせてスケッチするのがいかにもソフィア・コッポラらしい。セレブ生活の狂乱もことさら責めるわけでもなく淡々とつづるので、まるでガラス越しに見る風景のようである。実際に、われわれ庶民にとってソフィアが育ってきた世界は、遠くでみつめるだけの世界なのだ。自分の人生のむなしさに気付いたジョニーに待っている結末とは? ラストがまた、いかにもソフィアらしい。ダコタ・ファニングの妹エル・ファニングの透明感あふれる姿が美しく、スケートを披露する場面は心にしみた。一見にぎやかで華麗だが、あくまで借り住まいのホテル暮らしが、物悲しさを醸し出している。第67回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞作。
【65点】
(原題「SOMEWHERE」)
(アメリカ/ソフィア・コッポラ監督/スティーヴン・ドーフ、エル・ファニング、他)
(物悲しさ度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
SOMEWHERE@ぴあ映画生活

【送料無料】 DVD/洋画/SOMEWHERE/TCED-1282

【送料無料】 DVD/洋画/SOMEWHERE/TCED-1282
価格:3,990円(税込、送料込)

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ