映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」「ユダヤ人を救った動物園」etc.

オドレイ・トトゥ

エタニティ 永遠の花たちへ



19世紀末のフランス。上流階級の令嬢で、17歳のヴァランティーヌは、親が決めたジュールとの婚約を一度は破棄するが、彼の熱心な求愛に心を動かされ結婚する。二人は、深い絆で結ばれた夫婦となるが、病気や戦争で子どもが亡くなる悲劇に見舞われる。ジュールも亡くなり失意のヴァランティーヌだったが、残った息子アンリが幼なじみのマチルドと結婚し、孫が生まれたことが彼女に再び喜びをもたらした。マチルドの従妹のガブリエルと彼女の夫も頻繁に家を訪れ、大家族のような、穏やかな幸せな日々が続く。だがヴァランティーヌと家族たちの運命には、思いがけない形で転機が訪れる…。

花と緑に囲まれたフランスの美しい大邸宅を舞台に、ある富豪の一家の3人の女性たちの人生を描く大河ドラマ「エタニティ 永遠の花たちへ」。アリス・フェルネの原作小説をベースに「青いパパイヤの香り」「夏至」などの名匠トラン・アン・ユン監督が、圧倒的な映像美で描く物語だ。テーマは、生と死が永遠(エタニティ)に繰り返され、受け継がれていくこと。命の連鎖を支える時間の存在を、美しいものとしてとらえて、受け入れていくことだろう。

オドレイ・トトゥ、メラニー・ロラン、ベレニス・ベジョという仏映画界を代表する人気女優の贅沢な競演は見所のひとつだ。19世紀から20世紀にかけての上流社会の優雅な暮らしぶりや、衣装や家具調度品が美しく、思わず見惚れてしまう。だが、あまりにもストーリーが平坦でメリハリがない。戦死や病死、時に修道院に入って俗世から離れるなど、家族に降りかかる悲劇が何度か描かれるが、女性たちは悲しみを胸に秘めながら静かに乗り越えていくといった描写だ。そもそも、3世代の女性を描くという触れ込みなのに、よくよく見れば、母、娘、孫ではなく、母、息子の嫁、その嫁の従妹という3人の関係性が微妙に不自然だったりする。そんな「?」もあるにはあるが、トラン・アン・ユン作品を支えてきた名撮影監督マーク・リー・ピンビンの、しびれるような映像美に酔いしれ、しばし別世界へと誘われれば、心地よい陶酔感を味わえるだろう。監督の妻トラン・ヌー・イェン・ケーの、しみいるような美声のナレーションが、これまた独特の優美なムードを醸し出している。
【55点】
(原題「ETERNITY」)
(仏・ベルギー/トラン・アン・ユン監督/オドレイ・トトゥ、メラニー・ロラン、ベレニス・ベジョ、他)
(映像美度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ニューヨークの巴里夫(パリジャン)

ニューヨークの巴里夫(パリジャン) [DVD]
40歳の小説家がNYで人生に悪戦苦闘するヒューマン・コメディ「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」。ロマン・デュリスっていつまでも若いなぁ。

バルセロナ留学中に知り合った妻ウェンディと2人の子供と一緒にパリで暮らすグザヴィエは、40歳になり小説家としてそれなりに成功していた。だが、親友でレズビアンのイザベルに精子を提供したことから、ウェンディと気まずくなり、ついに離婚を切り出されてしまう。子供を連れてNYへと移り住んだウェンディと話し合うため、グザヴィエもまたNYでしばらく暮らすことに。イザベルの浮気に加担したり、昔の恋人マルティーヌが現れたりと、彼の人生はますます混迷を極めていく…。

巴里夫と書いてパリジャンと読む。ちょっと古風な邦題がついているが、これは、「スパニッシュ・アパートメント」「ロシアン・ドールズ」に続く、グザヴィエ青春3部作の完結編だ。スペイン留学で知り合った女性と結婚し、2人の子供にも恵まれて、小説家になった40歳のグザヴィエが、ニューヨークへ行って、自分を見つめ直す物語なのだが、優柔不断で大人になりきれないグザヴィエの人生は、NYでも、ますますカオス状態。彼が執筆している小説「難題」とリンクし、これが映画の原題にもなっている。40歳にもなって、相変わらずグダグダな人生を送りながらも、懸命に幸せを追い続ける主人公を可愛いと思うか、しょーがないヤツ!と嫌悪するかで評価が分かれるのだが、ここでひとつ強調したいのは、グザヴィエはダメ男だが、父親として子供たちを精一杯愛しているという点だ。かつての恋人となりゆきで一夜を共にしたり、執筆のスランプに悩んだり、2人(正確には3人)の子供のそばにいるために偽装結婚まで!落ち着いて考えるとトンデモナイ状況なのだが、クラピッシュ監督の語り口はあくまでも軽やかだ。困った顔がよく似合うロマン・デュリスの軽妙な好演も手伝って、ラストは“大人の”ハッピーエンド。青春3部作はこれで終わりだが、50歳のグザヴィエがどうなっているかとても気になる。物語の続きがもっとみたくなった。
【65点】
(原題「CHINESE PUZZLE/CASSE TETE CHINOIS」)
(仏・米・ベルギー/セドリック・クラピッシュ監督/ロマン・デュリス、オドレイ・トトゥ、セシル・ドゥ・フランス、他)
(カオス度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ニューヨークの巴里夫@ぴあ映画生活

ココ・アヴァン・シャネル

ココ・アヴァン・シャネル特別版 [DVD]ココ・アヴァン・シャネル特別版 [DVD]
何本か作られているココ・シャネルを描く作品の1本だが、本作はオーソドックスというより平凡で、パンチ不足の伝記映画になった。孤児院で育った少女時代から、お針子になり、将校の愛人に。やがて運命の恋人ボーイ・カペルと激しい恋に落ち、彼の理解と援助でデザイナーとして頭角を現すが、彼女の生涯唯一の恋には悲しい結末が待っていた。

ファッション・ブランドのシャネルが正式にサポートしているという点が本作の唯一の特権性だ。シャネルを語るとき、20世紀初めの女性の美意識を激変させ、他人と対立しても自分の意見を主張して仕事への活力とした点は見逃せないのだが、この映画は彼女のデザイナーとしての才能のひらめきよりも、運命的な恋の方に焦点をあてている。だが、これではただの恋愛映画にしか見えず、何とも物足りない。主役のオドレイ・トトゥはコケティッシュで、中性的な魅力の女性を好演しているが、シャネルの特有の頑固さや強さが足りない。シャネルといえば高級服の代名詞だが、もともとはカジュアルで楽な服作りを目指し、女性を窮屈さから解放した功績があるデザイナー。貧しい生まれだからこそ生まれた発想の原点を知るにはいい。
【50点】
(原題「COCO AVANT CHANEL」)
(フランス/アンヌ・フォンテーヌ監督/オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールブールド、アレッサンドロ・ニボラ、他)
(ファッショナブル度:★★★★☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

プライスレス 素敵な恋の見つけ方

プライスレス~素敵な恋の見つけ方~
豪華なリゾートホテルでの恋の駆け引きはいかにも欧州のエスプリ。玉の輿狙いのジゴレットのイレーヌと純朴な男ジャンの恋愛コメディだ。一見、お金が全ての若い女が悪者に見えるが、男もなりゆきで中年マダムのツバメに。若さを買う老人と彼らにタカる若い男女。結局、みんなお互い様だ。だが、仏映画はそんな恋愛の不道徳を決して非難しない。二人で海を見るシーンが印象的だが、ラストが雑なのが残念。リッチでおしゃれな衣装に注目だ。
【70点】
(原題「HORS DE PRIX」)
(フランス/ピエール・サルヴァドーリ監督/オドレイ・トトゥ、ガド・エルマレ、マリー=クリスティーヌ・アダム、他)
(小悪魔度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]ダ・ヴィンチ・コード デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
◆プチレビュー◆
物語の秘密はあくまで仮説。キリスト教徒には大ひんしゅくかもしれないが、神も仏もない人間にはちょっぴり楽しく興味深い、怒涛の2時間30分だ。キャスティングは好みが分かれるだろう。

ルーブル美術館で謎めいた死体が発見される。ダ・ヴィンチの素描を模した形で息絶えた館長のソニエールが残した手がかりの中に、宗教象徴学の権威でハーバード大学教授ラングドンの名前が。そのため彼は容疑者として追われることになる。暗号解読官で館長の孫娘ソフィーと共に、謎を解こうとするラングドンだったが…。

スコセッシの「最後の誘惑」やパゾリーニの「リコッタ(「ロゴパグ」)」など、教会の怒りを買った映画は数多い。時には上映禁止の処置まで取られたが、今回は禁止するにはあまりに話題性がある。いまさら待ったをかけたとて、逆に宣伝効果になってしまうだけ。原作ファンも未読の人も、今年最も気になる映画のはずだ。

謎めいた暗号で解き明かされるのは、人を殺めてまでも守る聖杯の秘密。鍵を握るのはダ・ヴィンチの「最後の晩餐」だ。ここにイエスの重大な謎が秘められている。キリスト教の闇の歴史と宗教象徴学のうんちくが多く語られるが、映画の中での説明はさわりだけ。言葉での説明を省略した分、歴史の再現場面や具体的な映像を見せて情報を提供している。活字とは違う映像の視覚的なメリットを最大限に活かしていて評価したい。また、ルーブル美術館をはじめ、本物の歴史建造物が見事。映画のもうひとつの主役と言ってもいいくらいだ。

膨大な量の原作の内容を全て語るのはもともと無理な話。その分、映画は心理描写よりスピード感で勝負した。ロン・ハワードの作品で人間描写がほとんどないのはいかがなものか?とも思うが、何しろ、主人公たちは警察と秘密結社の両方に追われながら、謎を解かねばならないのだから、ひとつひとつの余韻にひたるヒマはない。評価が分かれるであろうこの作品。まずは映画を見て自分の目で確かめてほしい。ちなみに私は、賛否両論になることがおもしろい映画の条件だと思っている。

□2005年 アメリカ映画  原題「THE DA VINCI CODE」
□監督:ロン・ハワード
□出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ポール・ベタニー、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

ロング・エンゲージメント

ロング・エンゲージメント [DVD]ロング・エンゲージメント [DVD]
◆プチレビュー◆
本来、ジュネ監督は、グロテスクな寓話風な作風が特徴で、オドレイ・トトゥともども「アメリ」の呪縛から解放してやりたいが、この分じゃ当分難しそうだ。

マチルドとマネクは幼なじみの恋人同士。深く愛しあうが、第一次世界大戦が勃発し二人は引き裂かれてしまう。マネクの身を案じながら待つマチルドのもとにある日、悲報が届くが、彼の最期を見たものは誰もいない。「きっと生きている。彼に何かあれば私には判るはず」。不思議な愛の直感はマチルドを壮大な旅へと誘うのだった。

映画の良し悪しを判断する以前に、この映画のわかり難さに触れておきたい。登場人物の多さ、名前の難解さ、時間軸のずれ。ミステリー仕立てなので、人物の把握は必須なのだが、最初に登場する重要人物5人は戦争の最前線にいるため、服はボロボロな上に顔が汚れて見分けがつかない。小物や髪型などで特徴を掴み、とにかくこの5人の区別がつくようにしておくことを、まずはお勧めする。そうしないと、その後の展開に大いに支障をきたしてしまうのだ。

物語はひと言で言うと「思い込み」系の暴走ラブ・ストーリー。だが半分は戦争映画の様相なので、かなり激しい戦闘シーンや残酷描写が平気で登場。ほんわかムードの「アメリ」のノリを期待すると、大きく裏切られる。戦場でマネクに起こった出来事と、彼の生存を信じて旅をするマチルドが紐解くミステリーが複雑にからみあって、真相へと向かう構造だ。幸せな回想場面が激しい戦争場面にサンドイッチされて、メリハリがはっきりついている。

ミステリー形式なので物語の詳細には触れないが、ちょっとした驚きは、大半がフランス人キャストのこの映画に、ジョディ・フォスターが出演していること。重要な役だが特に目立つわけではないこの役に、なぜ米国人オスカー女優が?と思ったが、何でも彼女、ジュネ監督の熱烈なファンなのだそう。

原作はセバスチャン・ジャプリゾの全仏ベスト・セラー小説。全編セピア調のノスタルジックな映像で構成されたジュネ・ワールドは、デジタル撮影技術の高さを窺わせて見応え十分だ。色彩や構図など絵画のような美しさ。細部に徹底的にこだわった極めてジュネ的な恋愛映画の力作である。

□2004年 フランス映画  英語原題「A VERY LONG ENGAGEMENT」
□監督:ジャン=ピエール・ジュネ
□出演:オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、マリオン・コティヤール、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

アメリ

アメリ [DVD]アメリ [DVD]
◆プチレビュー◆
キッチュな映像が魅力で、想像力に富んだ秀作。「幸せになる」。このコピーが最高!

モンマルトルのカフェ・ムーランで働くアメリは空想好きで内向的な女の子。彼女の趣味は、人をちょっとだけ幸せにするイタズラをすること。そんなアメリは、ある日、捨てられたスピード写真のコレクターである青年ニノに出会って恋をするが、現実との対決が最も苦手なアメリは、なかなか恋心を打ち明けられず悩む。人を幸せにするアメリ。今度は自分が幸せになる番だが…。

アメリは夢見がちな少女がそのまま大人になったような、ちょっと変わった女の子。しかし、両親はもちろん、アメリを取り巻く人々は、もっとヘンな人たちばかり。ひとクセある奇妙な面構えの面々が登場し、ジュネ監督の世界を構成している。好きなものと嫌いなものを3つまで挙げて、登場人物を説明するところがユニークだ。観客は思わず微笑むけれど、アメリ自身は劇中はあまり笑顔をみせず、真剣な表情が多い。彼女はいつでもマジなのだ。

徹底して作りこんだ映像が見所。一見レトロなパリの街角の様相は、実は良く見ると非現実的な世界。地下鉄や通りのポスター一枚まで張り替えたという装飾は、全て監督のこだわりと物語の小さな伏線をなしている。観客は気が付いたらアメリと同じ高さの視線を持たされている。くすんだ色彩の映像が特徴の仏映画の常識を翻す鮮やかな色彩とキッチュな感覚。この映画がファッション雑誌で多くとりあげられているのも納得だ。

元々フランスという国は個人主義で世界に名をはせるお国。他人に干渉しない、私のことはほっといて、という国民性がレッテルのその国で、「アメリ」のようなファンタジックな映画が爆発的な人気を博しているのも考えてみたら不思議な話。アメリの行う悪戯や小さな親切は、一歩間違えれば大きなお世話で、偽善に陥りやすい。絵本のような不思議な世界とノスタルジックな感覚が、それを何気なく救っているのだ。ジュネ監督が本来持つグロテスクな方向性が、映画の端々に悪戯のように隠されているのも逆に楽しい。

フランスからやってきた超話題作は、意外なほどこじんまりとした愛らしい作品。ダイアナ妃の死が新聞に載るような現代を時代設定にしながら、携帯電話もパソコンも登場しない。レトロで情緒あふれるモンマルトルの風景が、どこか懐かしい。風変わりな住民たちの暮しや表情に心が和むが、実は細部にまでとことんこだわった手の込んだ作品。フランス人の持ついい部分を集めて作ったような映画だ。日々の暮しのなかの“ちょっとしたお気に入り”を見つけて幸福を感じよう。人が幸せになる映画を作りたかったというジュネ監督の想いが伝わってくるようだ。

□2001年 フランス映画 原題「LE FABULEUX DESTIN D'AMELIE POULAIN」
□監督:ジャン・ピエール・ジュネ
□出演:オドレイ・トトゥ、マシュー・カソヴィッツ、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ