21世紀を生きる吸血鬼の男女の奇妙なラブ・ストーリー「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」。音楽を重要な脇役にするあたり、ジャームッシュらしい。

アメリカ・デトロイトの寂れた屋敷に隠れるように暮らすアダムは、表舞台には姿を現さないが、どんな弦楽器も引きこなすカリスマ・ミュージシャン。実はアダムは何世紀も生き続けている吸血鬼で、純粋な血液を病院からひそかに調達して生きている。その一方で、堕落し蛮行を繰り返す人間たちに眉をひそめていた。ある時、何世紀も恋人として愛し合ってきた同じ吸血鬼の恋人のイヴがモロッコのタンジールからアダムに会いにやってくる。甘い時間を過ごす二人だったが、そこにイヴの妹で型破りな性格のエヴァが現れたことから、彼らの運命が狂いはじめる…。

オフビートな作風が魅力のジム・ジャームッシュの新作は、吸血鬼映画。昨今流行のファンタジーやアクションものとは一線を画す、アンニュイなラブ・ストーリーだ。何世紀も生きている吸血鬼の恋人同士の名前がアダムとイヴとは随分と古典的だが、アダムが天才ミュージシャンという設定がいかにも音楽好きのジャームッシュらしい。夜のドライブではジャック・ホワイトの生家、元ミシガン劇場の跡地などを巡ってみせる。財政破綻して寂れたデトロイトの夜景は不思議なほど魅力的だ。だが街の荒廃が自己破壊的な人間の姿に重なり、高潔な吸血鬼がそれを嘆くという構図や、吸血鬼が人間をゾンビと呼ぶなど、随処にシニカルな視点がうかがえる。アダムとイヴがあたりかまわず人間を襲って血を吸ったりせず、病院で調達する“上物の血液”しか飲まないのは、人間を軽蔑しているからなのだ。イヴの妹で少々問題児のエヴァは運命を転がすトリックスターで、彼女の登場でアダムとイヴは、デトロイトを離れざるをえなくなる。だが頼りにしていた、キットこと異端の作家クリストファー・マーロウは、汚染された血をうっかり飲んで死に至る。この世はもはや吸血鬼が生きるにはあまりにも汚れた世界なのか。しかし衰弱していく恋人たちが選択する道は、原初的な欲望に立ち返るものだ。原点回帰こそ生きる活路ということだろうか。吸血鬼カップルを演じるのは、不健康な美しさが持ち味のトム・ヒドルストンとティルダ・スウィントン。知的で獰猛、エレガントでスタイリッシュな吸血鬼役は、あまりにもハマッていた。
【65点】
(原題「ONLY LOVERS LEFT ALIVE」)
(米・英・独/ジム・ジャームッシュ監督/トム・ヒドルストン、ティルダ・スウィントン、ミア・ワシコウスカ、他)
(シニカル度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

21世紀を生きる吸血鬼の男女の奇妙なラブ・ストーリー「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」。音楽を重要な脇役にするあたり、ジャームッシュらしい。 アメリカ・デトロイトの寂れた屋敷に隠れるように暮らすアダムは、表舞台には姿を現さないが、どんな弦楽器も引きこなすカリスマ・ミュージシャン。実はアダムは何世紀も生き続けている吸血鬼で、純粋な血液を病院からひそかに調達して生きている。その一方で、堕落し蛮行を繰り返す人間たちに眉をひそめていた。ある時、何世紀も恋人として愛し合ってきた同じ吸血鬼の恋人のイヴがモロッコのタンジールからアダムに会いにやってくる。甘い時間を過ごす二人だったが、そこにイヴの妹で型破りな性格のエヴァが現れたことから、彼らの運命が狂いはじめる…。 オフビートな作風が魅力のジム・ジャームッシュの新作は、吸血鬼映画。昨今流行のファンタジーやアクションものとは一線を画す、アンニュイなラブ・ストーリーだ。何世紀も生きている吸血鬼の恋人同士の名前がアダムとイヴとは随分と古典的だが、アダムが天才ミュージシャンという設定がいかにも音楽好きのジャームッシュらしい。夜のドライブではジャック・ホワイトの生家、元ミシガン劇場の跡地などを巡ってみせる。財政破綻して寂れたデトロイトの夜景は不思議なほど魅力的だ。だが街の荒廃が自己破壊的な人間の姿に重なり、高潔な吸血鬼がそれを嘆くという構図や、吸血鬼が人間をゾンビと呼ぶなど、随処にシニカルな視点がうかがえる。アダムとイヴがあたりかまわず人間を襲って血を吸ったりせず、病院で調達する“上物の血液”しか飲まないのは、人間を軽蔑しているからなのだ。イヴの妹で少々問題児のエヴァは運命を転がすトリックスターで、彼女の登場でアダムとイヴは、デトロイトを離れざるをえなくなる。だが頼りにしていた、キットこと異端の作家クリストファー・マーロウは、汚染された血をうっかり飲んで死に至る。この世はもはや吸血鬼が生きるにはあまりにも汚れた世界なのか。しかし衰弱していく恋人たちが選択する道は、原初的な欲望に立ち返るものだ。原点回帰こそ生きる欲望ということだろうか。吸血鬼カップルを演じるのは、不健康な美しさが持ち味のトム・ヒドルストンとティルダ・スウィントン。知的で獰猛。エレガントでスタイリッシュな吸血鬼役は、あまりにもハマッていた。【65点】(原題「ONLY LOVERS LEFT ALIVE」)(米・英・独/ジム・ジャームッシュ監督/トム・ヒドルストン、ティルダ・スウィントン、ミア・ワシコウスカ、他)(シニカル度:★★★★☆)