オーバードライヴ [Blu-ray]
(ショート・バージョン)
息子を助けるため暴走する過激親父を描くサスペンス・アクション「オーバードライヴ」。

何も知らずに友人から麻薬を手渡された18歳の息子が逮捕されたことを知った父親のジョン。息子を助けるために検察側と取引し、麻薬組織へ潜入することを決意する。息子の減刑と彼が巻き込まれた事件の真相をつかむために、危険を承知で、組織の中枢へと近づいていくジョンだったが…。

ロック様ことドウェイン・ジョンソンは、シリアスもコメディも両方いける人気俳優の地位を確立したが、これは息子愛が炸裂する超過激オヤジのアクション・サスペンスだ。息子の冤罪をはらすために素人が巨大麻薬組織に潜入捜査に入るというのは、あまりにもムチャクチャなのだが、なんとこれ、実話がベースだそう。アクションは、銃撃戦やカー・チェイスは一応用意されてはいるが、ドウェイン・ジョンソンらしい肉弾戦は封印。愛する家族のため命をかけるドラマや裏社会のダークな側面を描くことを重視しているということなのだろう。ストーリーは展開が早く、雑な感は否めないが、ジョンの相棒となる若者ダニエルを演じるジョン・バーンサルの好演は拾いもの。それにしても、捜査に貢献すれば減刑すると言えば聞こえはいいが、要は、麻薬犯罪者が仲間を売れば刑を軽くするという密告(Snitch)システム。いくら映画とはいえ、一般人の命を危険にさらしてでも組織壊滅をもくろむ米国の法の在り方には驚いてしまう。
【50点】
(原題「Snitch」)
(アメリカ/リック・ローマン・ウォー監督/ドウェイン・ジョンソン、バリー・ペッパー、スーザン・サランドン、他)
(無謀度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)