映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ドリーム」「亜人」「僕のワンダフルライフ」etc.

カトリーヌ・ドヌーヴ

太陽のめざめ

太陽のめざめ [DVD]
16歳の少年マロニーは、窃盗と無免許運転でつかまり、育児放棄が疑われる母親と共に、裁判所に呼び出される。判事のフローランスや周囲に反抗的な態度をとるマロニーだったが、薬物依存で男癖の悪い母親をかばおうとしたことから、判事の温情で、少年院送りではなく、より自由に過ごせる更生施設に行くことになる。フローランスは、マロニーと似た境遇から更生したヤンをマロニーの教育係につける。判事や指導員、ヤンの根気強い指導で少しずつ変わっていくマロニーだったが、相変わらず問題ばかり起こす日々をくり返す。そんな時、指導員の娘テスに出会い不器用な恋に落ちる…。

家庭に問題があり心に傷を負った少年が周囲の励ましで変化していく姿を追ったヒューマンドラマ「太陽のめざめ」。主人公マロニーは、6歳の時、判事の目の前で母親から育児放棄された過去がある。成長して荒れた生活を送り、何度も問題を起こす非行少年だが、自分を捨てた母親をかばうなど、根っこの部分は悪人ではない。彼に必要なのは、落ち着いた環境と教育、とことん信じて愛してくれる人間の存在なのだとわかる。それでも彼は、何度チャンスを与えてもらってもそれをふいにし、周囲の期待を裏切ってしまうのだ。自分をコントロールできず、やり場のない怒りをぶつけるマロニー。そんな主人公を演じる新人のロッド・パラドが素晴らしい。鋭い刃物のような目つき、それでいて肩を丸めて涙を流すナイーブな面も。せっかく自分を愛してくれる恋人テスに出会っても、上手く愛情を伝えることができないマロニーが不憫になる。物語は、非行少年を根気よく見守る大人という、ある意味、都合のいい構図なのだが、時に優しく、時に厳しく接する判事を演じるのが大女優のカトリーヌ・ドヌーヴであることで、この映画のレベルが上がっている。大人への敵意や不信感もあるが、誰かの子どもであることの意味を知っているマロニーが、教育係のヤンやフローレンス判事にみせるふとした優しさに、それまで受けた感謝の思いが見えた。ラストには、決して楽ではない未来をしっかり生きてほしいとの希望が込められている。
【60点】
(原題「STANDING TALL/LA TETE HAUTE」)
(フランス/エマニュエル・ベルコ監督/カトリーヌ・ドヌーヴ、ロッド・パラド、ブノワ・マジメル、他)
(成長物語度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
太陽のめざめ|映画情報のぴあ映画生活

神様メール

神様メール [DVD]
ベルギーのブリュッセルのとあるアパートに家族と一緒に住んでいる神は、慈悲深いイメージとは程遠い嫌なヤツだった。パソコンを使って面白半分に災害や事故を引き起こし、小さな不快の法則を作ったりしながら、世界を管理している。神の娘で10歳のエアは、全知全能なくせに人々を救わない、いじわるな父親に怒りを覚え、家出を決意。アパートを出る直前、エアは立ち入りを禁じらている父の部屋に入り、パソコンをいじって、世界中の人々のスマホに余命を知らせるメールを送信する。エアは大パニックに陥った世界を救う旅に出るが…。

人間に余命を知らせるメールを送ってしまった神様の娘が、行く先々で小さな奇跡をもたらす異色の宗教ファンタジー「神様メール」。ベルギーの鬼才ジャコ・ヴァン・ドルマル監督の作品は、オフビートなキャラクター、ブラックな笑い、シリアスな設定を奇想天外なアイデアで描くなど、予測不能な作風が特徴だ。本作もまたしかり。神様とその家族がブリュッセルのアパートに住んでいたり、神がひねくれ者のエゴイストだったり、パソコンで人間の運命を管理していたり。設定がいちいち可笑しいが、これは単純なコメディーではない。人々はエアから送られてきたメールで自分の余命を知るのだが、死期を知ることはすなわち、生きることを究極的に見つめなおすことにつながる。残り時間、自分が本当にしたいことは何なのか。北極まで大冒険に出る会社員もいれば、ゴリラと恋に落ちる主婦、不死身の美女を愛してしまう殺し屋もいる。どうせまだ死なないからと遊び半分で自殺(?)を繰り返すものも。そんな極端な人々がいる一方で、自分が亡き後の子どもの行く末を心配する親もいるのだ。生きがいをみつける手伝いをするエアが、それぞれの“心の音楽”を聞かせる設定がしゃれている。神の長男のJC(イエス・キリスト)はどうやら父とソリがあわなかったようで、妹のエアに父の弱点を教えながら「新・新約聖書」を書くようにすすめる。そして、エアのもたらす奇跡がやがて世界を変えていくのだ。教会やバチカンが聞いたら激怒しそうな内容だが、単に宗教を笑いとばすだけでなく、時に揺らいでしまいがちな信仰をもう一度精査してみてはどうかと提案しているかのよう。ラストのぶっ飛んだ幸福感、エアを演じるプリ・グロワーヌのキュートな魅力、笑いの影に隠された深いテーマ。見所満載のファンキーな佳作である。
【75点】
(原題「LE TOUT NOUVEAU TESTAMENT/THE BRAND NEW TESTAMENT」)
(ベルギー・仏・ルクセンブルグ/ジャコ・ヴァン・ドルマル監督/ブノワ・ポールヴールド、カトリーヌ・ドヌーヴ、フランソワ・ダミアン、他)
(ファンキー度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
神様メール|映画情報のぴあ映画生活

しあわせの雨傘

しあわせの雨傘 コレクターズ・エディション<2枚組> [DVD]しあわせの雨傘 コレクターズ・エディション<2枚組> [DVD]
オゾン流の女性讃歌のこの映画、エレガントなイメージのカトリーヌ・ドヌーヴのジャージ姿が見ものだが、それ以上に、平凡な主婦だと思っていたヒロインの意外な奔放さと底力にワクワクする。スザンヌは、ジョギングと詩作が日課のブルジョア主婦。雨傘工場を経営する夫ロベールは、妻は美しく着飾って家にいればいいんだ!という典型的な亭主関白だ。夫の浮気を知っても見て見ぬふりをする母に対し、娘ジョエルは「ママみたいになりたくない」と非難する。そんなある日、ロベールが心臓発作で倒れ、やむをえずスザンヌが雨傘工場を切り盛りすることに。ここから、スザンヌの秘めた本能が目覚め始める…。

カラフルな雨傘が揺れると、思わず若きドヌーヴの代表作「シェルブールの雨傘」を思い出してしまう。だが、悲恋に耐えた可憐な娘は、いつしかたくましく、それでいて天然の可愛らしさを忘れない、愛すべきおばさんに成長していた。何しろ、三本ラインもりりしいジャージ姿でスクリーンに登場するドヌーヴなど初めて見る。ブルジョア主婦ならではのおおらかさで、ストライキで息まく労働者たちをなだめ、芸術家志望の息子ローランに傘のデザインをまかせて雨傘工場を見る見る立て直していくプロセスは、100パーセント楽観主義だ。亭主の浮気相手の秘書までも正妻スザンヌの魅力の虜になってしまうのだから可笑しい。ストーリーは、意外にも先読みを許さない展開で、労働者階級出身の市長とスザンヌの過去の関係に驚くのは序の口。ローランの出生の秘密や、工場経営者からなんと政治の世界へと踏み出す、飛躍した展開は、ミュージカルも顔負けのハイテンポだ。最後にはドヌーヴは歌まで披露してくれる。1943年生まれのこの大女優、全盛期と思われる時代は何度もあったが、ここにきて女優人生のハイライトが訪れているかのように、生き生きとしてみえる。フランソワ・オゾンという監督は、今の仏映画界を代表する俊英だが、規制の枠にとらわれず、硬軟を使い分けるセンスでいつも映画ファンを驚かせてくれる。70年代を背景したことで、フェミニズムへの気配りをチラリと見せるあたりもニクい。原題は仏語で「飾り壺」の意味。ロベールが言う「彼女は飾り壺さ。でも空(カラ)じゃない」とのセリフが効いていた。
【65点】
(原題「POTICHE」)
(フランス/フランソワ・オゾン監督/カトリーヌ・ドヌーヴ、ジェラール・ドパルデュー、ファブリス・ルキーニ、他)
(ポップ度:★★★★☆)

人気ブログランキン  グ←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

クリスマス・ストーリー

クリスマス・ストーリー [DVD]クリスマス・ストーリー [DVD]
クリスマスに集まる家族のあたたかな物語…と思っていたら期待を裏切られる映画なので要注意だ。個人主義のフランス、自己主張のヨーロッパという構図が、愛憎に満ちた家族の中に見え隠れする。ある年のクリスマス。ヴュイヤール家では、母ジュノンの病気が発覚したことから、複雑な理由で疎遠になっていた子供たちが一堂に集まった。特に、絶縁されていた次男のアンリの登場は、皆の心をかき乱し、心の中に抱いていた不安や不満が露になっていく…。

母親を演じるのは大女優のカトリーヌ・ドヌーヴで、子供や孫たちでにぎわう一家の中心にどっしりと存在している。だがそれは私たち日本人が一般に考える愛情あふれる母親像とは大きくかけ離れたものだ。彼女には幼くして逝った子ジョゼフを含めて4人の子供がいるのだが、子供に対して好き嫌いがはっきりしていて、しかもそれを本人にズバリと言う。こんな母親に驚いてしまうのだが、子供たち同士もまた憎しみを隠そうともしない。そんなドラマチックな家族関係の中に、母ジュノンの白血病の治療のため骨髄移植が必要という事実が投げ込まれる。もっとも、血縁だからといって適合するわけでなく、嫌いな親族からの提供を母親が嫌がるところから、話が複雑になってくる。果たして誰のドナーが適合するのか。はたまた母ジュノンはそのドナーを受け入れるのか。決して和やかとは言えない登場人物たちだが、皆がなんらかの形で抱えている感情が“欠損”だ。それは多くの場合、死なのだが、時には病んだ精神による劣等感や、一人だけ異なる宗教、愛する女性をあきらめた諦念も。無理に分かりあおうとしないところや、そのままの形で自己主張することで本当の家族の姿が見えるところは好感が持てる描き方だ。物語は、問題児の次男アンリを激しく憎む長女エリザベートが戯曲家であることから、何か芝居じみたところもあるのだが、これもまた人生というつぶやきには、不思議な説得力があった。ドヌーヴとキアラ・マストロヤンニの母娘共演をはじめ、豪華キャストが集結。明確な結論やご都合主義の和解とは無縁な物語がフランス映画らしい。シビアなストーリーだが、どんな感情を持つにせよ、人は必ず誰かの役にたつ存在だし、支え合うことで初めて家族になれるのだというメッセージが、じんわりと伝わってきた。
【60点】
(原題「UN CONTE DE NOEL/A Christmas Tale」)
(フランス/アルノー・デプレシャン監督/カトリーヌ・ドヌーヴ、マチュー・アマルリック、アンヌ・コンシニ、他)
(愛憎度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
クリスマス・ストーリー@ぴあ映画生活

隠された日記 母たち、娘たち

隠された日記~母たち、娘たち~ [DVD]隠された日記~母たち、娘たち~ [DVD]
3世代にわたる女性の生き方を描くヒューマン・ドラマは、自由に生きることの意味を問うものだ。カナダで働くオドレイは、久しぶりにフランスに戻り両親の住む片田舎の街を訪ねる。優しい父とは対照的に、母のマルティーヌはいつも厳しくよそよそしい。オドレイは、母とのぎこちない関係に耐えられず、仕事を理由に、亡くなった祖父が住んでいた、今は空き家の海辺の一軒家で休暇を過ごすことに。ある時、キッチンの奥に隠されていた古い日記を偶然見つける。それは50年前にマルティーヌら子供を捨てて家を出た祖母ルイーズのものだった…。

その時代その時代で悩みながら懸命に生きる女性たちを描く物語は、名作「めぐりあう時間たち」を思い出させるが、本作では、祖母の日記をひも解くことで徐々に静かなミステリーが立ち上ってくる。現代女性のオドレイは仕事もあり経済的にも自立している。だが恋愛には不器用で、現在妊娠しているが家庭を築く自信がない。母マルティーヌは医師として優秀だが娘も含め他人との関係を上手く築けない。日記の持ち主の祖母ルイーズは、1950年代に女性が社会に出て働くことが難しかった時代を悩みぬいて生きた女性だ。古い日記には、料理のレシピと共に、家庭だけに縛られる生き方や、自分を理解してくれない夫への苦悩が綴られている。50年代のフランスがこんなにも女性に対して保守的だったのかと驚くが、開放的で世界の先端を行っていたのは大都会のパリだけ、片田舎の名もない街の現状はこのようなものだったのかもしれない。ルイーズの姿を“見る”のは彼女の孫であるオドレイだけで、娘のマルティーヌは姿を見るどころかルイーズの存在そのものを否定するように冷たい態度だ。それは自分たちを捨てて家を出た母への憎しみに見えるのだが、実はそれだけではない。物語は、オドレイの出産や、母娘の和解などには曖昧な答えしか出さない。その代わりに終盤に、50年前に忽然と姿を消したルイーズの秘密を明らかにして観客を驚かせる。静かな物語に似つかわしくないとさえ思うその衝撃の事実を、おそらく母のマルティーヌはうすうす感じていたのだろう。台所の奥深くに隠された日記に書かれた「子供たちには自由に生きてほしい」との言葉と、残された大金。切なくて衝撃的な事実を受け入れた時、母からも娘からも捨てられたと思いこむことで、心を武装して生きてきたマルティーヌは、初めて涙を流すことができた。好感が持てない母親を演じるドヌーブが、さすがの貫録で上手さを見せる。謎解きを主眼にはせず、女性史を寡黙に語りながら、母と娘の小さな前進をみつめる物語として味わいたい。
【60点】
(原題「MERES ET FILLES」)
(フランス・カナダ/ジュリー・ロペス=クルヴァル監督/カトリーヌ・ドヌーヴ、マリナ・ハンズ、マリ=ジョゼ・クローズ、他)
(女性映画度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
隠された日記〜母たち、娘たち〜@ぴあ映画生活

シェルブールの雨傘

シェルブールの雨傘 デジタルリマスター版(2枚組) [DVD]シェルブールの雨傘 デジタルリマスター版(2枚組) [DVD]
セリフをすべて歌で表現するという大胆なスタイルで映画史に名を残すフランス映画。可憐で繊細な娘を演じる若きカトリーヌ・ドヌーブが美しい。さらに。大作曲家ミシェル・ルグランの楽曲が悲恋物語を美しく彩る。

フランス北西部の港町シェルブール。傘屋の娘ジェヌビエーブと自動車修理工のギイは、恋人同士。ささやかながら幸福な毎日を送る二人だったが、ギイは兵役へ。戦地へと赴くことになる。愛し合いながらも戦争によって引き裂かれ、別々の人生を歩まねばならなくなった男女の悲恋を描く物語だ。

この作品の中に登場するのが、1月6日の、キリスト教のエピファニー(公現節)に食べるとされるフランスの伝統的な菓子ガレット・デ・ロワ。アーモンドクリーム入りのパイで、フェーブ(そら豆の意味)と呼ばれる小さな陶器の人形を入れて焼く。家族や親しい友人同士で切り分け、フェーブが入っていたケーキが当たった人は、祝福を受け、1年間幸福に包まれるという言い伝えがある。

出征前夜にギイと結ばれたジェヌビエーブに、このフェーブ入りのケーキが当たり、金色の紙の王冠をかぶるシーンがあるが、ギイの不在を耐えがたく感じながら、彼の子供を宿してしまったことを知ったジェヌビエーブは、幸運のケーキが当たっても嬉しそうな顔をしないのが印象的だ。彼女に求婚する宝石商のカサールが王冠をかぶるジェヌビエーブに「マリア様のようだ」と言うほど、この時のドヌーブの表情は美しい。

市井の人々の人生を踏みにじる戦争の悲劇を描きながら、決して暗いトーンにせず、全編に甘いムードが漂っているメロドラマの名作だ。この度、デジタル・リマスター版が公開されることになり、作品も再評価されよう。

(出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ニーノ・カステルヌオーヴォ、マルク・ミシェル、他)
(1963年/仏・独/ジャック・ドゥミ監督/原題「LES PARAPLUIES DE CHERBOURG」)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックお願いします(^o^)

ペルセポリス

ペルセポリス [DVD]ペルセポリス [DVD]
センス溢れる映像は、ほとんどが美しいモノクローム。色彩がないからこそ際立つ構図の鋭さや作画の個性など、このアニメの魅力は尽きない。常に前向きなイラン人女性マルジの激動かつユーモラスな半生を活写する。意外とのびやかだった王政期のイランの事情も巧みに盛り込み、自由の意味を問う知的な映画だ。優しくりりしい祖母がマルジに言う「これから沢山のバカに会うだろう」のセリフが最高だ。イランでは上映禁止の話題作である。
【80点】
(原題「PERSEPOLIS」)
(フランス/マルジャン・サトラピ&ヴァンサン・パロノー監督/(声)キアラ・マストロヤンニ、カトリーヌ・ドヌーヴ、ダニエル・ダリュー、他)
(ユーモア度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

輝ける女たち

輝ける女たち [DVD]輝ける女たち [DVD]
身勝手な恋と生き方を決して責めず、むしろ慈しんで描くのは仏映画が最も得意とするところ。この物語では大切な人の死によって再び集まった家族の絆を笑いをまじえて描く。いじわるな元妻を悠々と演じたドヌーヴと吹き替えなしで歌うベアールが上手い。負け組の中年男役ランヴァンもいい味を出している。
【55点】
(原題「LE HEROS DE LA FAMILLE/FAMILY HERO」)
(フランス/ティエリー・クリファ監督/ジェラール・ランヴァン、カトリーヌ・ドヌーヴ、エマニュエル・ベアール、ミュウミュウ、他)
(人生再出発度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

ロバと王女

ロバと王女 デジタルニューマスター版
大女優のカトリーヌ・ドヌーヴが最も美しい頃に出演した、幻の映画が「ロバと王女」で、デジタルニューマスター版として劇場公開もされたのだが、見逃していたのでDVDでチェックした。

噂には聞いていたが、この映画はスゴい。かなりの珍作だ。コメディなのか、ミュージカルなのか判別不能だが、一応ファンタジーということにしておく。

おとぎの国のように富んだ青の国で、最愛の王妃を病で亡くした王が、「私よりも美しい人と再婚を」と言い残した王妃の言葉で選んだのは実の娘。ここでかなり理性を失っている話だと判るが、困惑した娘の王女が相談を持ちかけた妖精が相当いいかげんなヤツで、王女に、高度な技で作るドレスを父王に次々と要求させる。だが、王はあっさりと望みをかなえてしまうので、では、国の宝である財宝を生むロバの皮が欲しいと言えと提言。「最初からそう言えよ!」とツッコみたくなる。

このロバの皮をかぶって醜い下女に変装(どこが?!)した王女は、隣国の赤の国へと逃げるのだが、映画の後半のほとんどがロバのかぶりものを付けた姿なのだから、見ている方はたまらない。さらに、ロバのお引きズリ姿のドヌーヴが歌ったりする姿が、楽しげに展開、強引に王子の花嫁探しへとなだれ込む。しまいには、数々のおかしな展開を経て、王子と結婚するその場に、ヘリコプター(アリなのか?)で父王とその妃に収まった妖精が仲良く登場して大団円ときた。

いくら昔から伝わる童話とはいえ、製作時、この脚本を誰も疑問に思わなかったのか?!話が強引すぎて、文句を言う気力も失せるのと、ムチャを補って余りあるきらびやかな映像に理性が吹っ飛んだのかもしれない。思い出しただけで頭が爆発しそうだ。だが、一時期のフランス映画のファンタジーの徴候を理解する上で、必見の作品だと思う。

(1970年/フランス/ジャック・ドゥミ監督/仏語原題「PEAU D'ANE」)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

8人の女たち

8人の女たち デラックス版 [DVD]8人の女たち デラックス版 [DVD]
◆プチレビュー◆
タイトルはジョン・フォードの遺作「荒野の女たち」(原題「SEVEN WOMEN)が出典か。オゾン流の毒気はやや薄いが、過去の作品を使った遊び心が楽しい。

50年代のフランス。イヴの朝、ある豪邸で館の主マルセルが殺害される。屋敷は、電話線は切られ、大雪に閉ざされた密室状態。身内を中心に8人の女たちが集まっていたが、不倫、妊娠、金銭問題など、全員に殺害の動機があった。長女のシュゾンは、さっそく犯人探しを始めるが…。

やはりオゾン監督はタダモノではない。主役級の女優たちを一堂に集めて作った作品はなんとミュージカル。もちろん正統派ではなくオゾン流だ。50年代のテイストと、往年のハリウッド映画の名女優へのオマージュが満載の本作は、豪華で風変わりな推理劇。シニカルでコケティッシュな感触は一度味わったら、もうやみつきだ。

妻に二人の娘、妹やメイドなど、主に関わる女たちは、皆、殺人の動機が充分。互いの秘密が次々に明かされる過程で、仏を代表する女優たちが、唐突に歌い踊り出す。ドールハウスのようなテクニカラーの屋敷の中では、ミュージカル仕立ての進行も不思議と違和感がない。ファッションも意図的に大仰で、目にも楽しい。しかも8人全員が一人一曲、歌い踊るサービスぶりなのだから嬉しくなる。

オゾン作品と言えば、同性愛や近親相姦、軽いタッチの殺人などがお約束だが、本作でも、思わぬ謎解きの小道具として登場。ポップな中にもちゃんと毒が仕込んであるのだ。いちいち驚いているヒマはない。

大女優から新進気鋭の若手まで、百花繚乱だが、中でも、インパクト抜群なのが女主人の妹を演じるイザベル・ユペール。欲求不満で、家族中に当り散らし、トラウマと心臓病を抱えて暴走中のオーギュスティーヌは、最高に笑える存在。ユペールの確かな演技力が、極上のコミカルさを生んでいる。シットコム(シチュエーション・コメディ)よろしく、笑い声を献上したいほど。彼女の変身後の姿は必見だ。

ミュージカルの不自然さが苦手という人にも、これはかなりお勧めでは。ここまでデフォルメされた展開なら、唐突さがむしろ魅力となる。映画ファンには過去のヒロインのイメージを発見できるお楽しみ付き。メイドのルイーズが大切にしている元の女主人の写真は、故ロミー・シュナイダーではないか!

ラストに明かされる家族の意外な秘密。これは明らかに女たちのドラマなのだ。その証拠に、一家の主の顔は、ほんの一瞬を除いて最後まで画面に登場することはない。美貌とパワー溢れる仏女優たちのノリまくった夢の競演は、映画界の大事件。オゾンの初期の肩書きは“鬼才”。最近ではさかんに“俊英”と呼ばれているが、この人が将来“巨匠”になるのは間違いない。

□2002年 フランス映画 原題「8FEMMES」
□監督:フランソワ・オゾン
□出演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ファニー・アルダン、エマニュエル・ベアール、イザベル・ユペール、ヴィルジニー・ルドワイヤン、リュディヴィーヌ・サニエ、フィルミーヌ・リシャール、ダニエル・ダリュー、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ