映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「フィフティ・シェイズ・ダーカー」「ハクソー・リッジ」「結婚」「ありがとう、トニ・エルドマン」etc.

ガエル・ガルシア・ベルナル

ノー・エスケープ 自由への国境

Desierto
メキシコとアメリカの国境地帯。不法入国を試みるモイセスは、15人の仲間と共に国境を越え、自由の国アメリカに入国しようと、灼熱の砂漠地帯を歩き続けていた。だが、突如そこに不法移民たちをライフルで撃ち殺す謎の狙撃者が現れ、仲間は次々に命を落としていく。狙撃者の正体は不明、摂氏50度の砂漠、水も武器も逃げ場もないという極限状況の中、モイセスは何とかして生き延びようと、命懸けで逃走するが…。

不法移民と彼らを狙う謎の狙撃者との攻防を描くサバイバル・スリラー「ノー・エスケープ 自由への国境」。監督は名匠アルフォンソ・キュアロンの息子にして「ゼロ・グラビティ」の脚本家であるホナス・キュアロンだ。本作の製作年は2015年。「ゼロ・グラビティ」より本作の脚本の構想が先だったこと、さらに、今、メキシコ国境との壁建設の問題で揺れているトランプ政権誕生以前の作品ということを思うと、その先見性に感服する。物語はキリリと短い88分で、終始、抜群の緊張感を味わえる。トラックの故障で図らずも徒歩で灼熱の砂漠地帯を横断することになったメキシコ人の移民たちを、人間狩りよろしくライフルで狙い撃ちにするのは、移民を憎悪する謎の白人だ。広大な砂漠は、究極の密室と化し、まったく先読みできないサバイバル劇が繰り広げられる。いきなりの銃撃、獰猛な猟犬による襲撃と、流血のバイオレンス描写は、容赦がない。秀逸なのは、移民たちや、謎の狙撃者の背景をほとんど説明せず、最小限のせりふと小道具、表情のみで描き切ったことである。その潔い演出に、ガエル・ガルシア・ベルナル、ジェフリー・ディーン・モーガンら、実力派がきっちりと演技で応え、只事ではない緊迫感を生み出した。不法移民、差別主義、排他性、行き過ぎた自警に人命軽視。社会派ドラマに傾く要素満載だが、本作に説教臭さは皆無で、サバイバルという娯楽作として成立している。不法移民たちが命懸けで目指すアメリカは、本当に“自由の国”なのだろうか。そして砂漠の向こう側に、希望や未来はあるのだろうか。本作で父アルフォンソは製作にまわり、ホナスは商業映画デビューだ。その才能のDNAは確かに受け継がれている。
【75点】
(原題「DESIERTO」)
(メキシコ・仏/ホナス・キュアロン監督/ガエル・ガルシア・ベルナル、ジェフリー・ディーン・モーガン、アロンドラ・イダルゴ、他)
(タイムリー度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ノー・エスケープ 自由への国境|映画情報のぴあ映画生活

私だけのハッピー・エンディング

私だけのハッピー・エンディング [Blu-ray]私だけのハッピー・エンディング [Blu-ray]
クチコミを見る
ガンを宣告された30歳の女性が人生最後の恋をする「私だけのハッピー・エンディング」。難病ものにありがちな湿っぽさがないところがいい。

広告代理店に勤務する30歳のキャリアウーマンのマーリーは、自由きままな独身女性。陽気な性格で友人もたくさんいるが、本気の恋はお断りだ。すべてが順調だったある日、検診で、医師から突然“ガン”の宣告を受ける。ショックを受けながらも、いつもと変わらぬ態度で過ごそうとするマーリーだったが、ハレモノにさわるように接する友人の態度や、不仲な両親の存在にイライラがつのる。余命半年で死の恐怖におびえる中、マーリーは自暴自棄になるが、そんな自分を静かに受け止めてくれる主治医のジュリアンの存在が、いつしか彼女の心の支えになっていく…。

ひまわりのような笑顔のケイト・ハドソンが演じるヒロインのマーリーは、陽気で明るく、物事が深刻になってもユーモアでするりとかわす、そんなプラス思考の女性だ。だが、自信満々でポジティブな分、本当にシリアスな事態になった時は脆い。いつも明るいが、根っこの部分では、悲しい出来事に弱く、怖がりだ。マーリーは余命半年と言われて初めて、周囲をじっくり見ることになる。このあたりは実話をもとにした「50/50」とも共通していて、人は非常事態になって初めて、真の友人や、本当に大切なことが分かると教えてくれる。マーリーと恋に落ちる、主治医のジュリアンは、あまりにもいい人で都合がよすぎる気がしないでもないが、彼の誠実さがマーリーを素直にし、生きる意味を教えてくれるのだ。それに、この物語は一種のファンタジーでもある。その証拠に、マーリーにはある時期から“神”が見える。この神を演じているのがウーピー・ゴールドバーグ。本人が好きな姿として見えるのが神という設定が、なかなかしゃれている。マーリーは死ぬ前に3つの願いをかなえてもらうが、最後までとっておいた3つめはもちろん本物の愛。陽気なラストは、ケイトとウーピーのツーショットのおかげで、さわやかな余韻を残してくれた。
【50点】
(原題「A LITTLE BIT OF HEAVEN」)
(アメリカ/ニコール・カッセル監督/ケイト・ハドソン、ガエル・ガルシア・ベルナル、キャシー・ベイツ、他)
(ファンタジー度:★★★☆☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

私だけのハッピー・エンディング@ぴあ映画生活

ルドandクルシ

ルドandクルシ [DVD]ルドandクルシ [DVD]
いいかげんだが憎めないダメ兄弟の夢と現実を描く物語は、ラテン系らしい大らかさがある。メキシコの片田舎のバナナ園で働くベトとタトの兄弟は、草サッカーに熱中しながら、貧しくも楽しい日々を過ごしていた。偶然スカウトの目に留まり、2人は相次いで大都会メキシコシティでプロ・サッカー選手になる。兄のベトはルド(タフな乱暴者)、弟のタトはクルシ(ダサい自惚れ屋)と呼ばれ活躍するようになるが、兄はギャンブルに、弟は女の誘惑に惑わされて…。

アルフォンソ・キュアロン、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ、ギレルモ・デル・トロの3人は、国際的に活躍する実力派映画監督たち。彼らが母国メキシコで立ち上げた製作会社の社名は“チャ・チャ・チャ”。何だかふざけたような陽気な名前だがこの屈託のなさがメキシコという国、ひいてはこの製作会社の第一弾である本作の魅力だ。ラテン系特有のテンションの高さゆえに仲がいいのか悪いのかビミョーなルドとクルシ。彼らは、サッカー選手としてスカウトされてからは栄光と挫折という、文字通り人生のアップダウンを味わうことに。挙句の果てに八百長がらみの兄弟対決というのっぴきならない事態に陥ってしまう。ここで特徴的なのは、メキシコ国民の常軌を逸したサッカー熱だ。メキシコのプロ・サッカーリーグは、世界的には弱小だが、サッカー愛は、ブラジルやイタリアに引けを取らない狂乱の世界。それは時に、賭けや八百長といういかがわしい側面もあったりする。いがみあっているようで本当は根っこの部分で絆を保っている兄弟の運命は、サッカーの試合で最も緊張する瞬間・PKを迎えるが、その結果は映画を見て確かめてほしい。ラストはほろ苦いものだが、それでも人生生きてりゃ何とかなるさ!的な陽気さが伝わってくるのがいい。兄弟を演じる、ガエル・ガルシア・ベルナルとディエゴ・ルナという国際派スターの共演が、この小品にスペシャル感を加味している。
【60点】
(原題「RUDO Y CURSI」)
(メキシコ/カルロス・キュアロン監督/ガエル・ガルシア・ベルナル、ディエゴ・ルナ、ギレルモ・フランチェラ 、他)
(仲良くケンカしな度:★★★★★)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いし ます(^o^)

恋愛睡眠のすすめ

恋愛睡眠のすすめ スペシャル・エディション [DVD]恋愛睡眠のすすめ スペシャル・エディション [DVD]
映像派のゴンドリーらしく、ファンタジックな物語にポップな映像、派手ではないが印象的で摩訶不思議な特撮でおくる恋愛物語。主人公は夢の中で恋の成就を願うが…。好みが分かれそうな作品だが私は好きだ。ロシア・アニメ風の映像が特に気に入っている。
【75点】
(原題「THE SCIENCE OF SLEEP/LA SCIENCE DES REVES」)
(フランス・イタリア/ミシェル・ゴンドリー監督/ガエル・ガルシア・ベルナル、シャルロット・ゲンズブール、アラン・シャバ、他)
(特撮のセンス度:★★★★)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

バッド・エデュケーション

バッド・エデュケーション [DVD]バッド・エデュケーション [DVD]
◆プチレビュー◆
アルモドバルの半自伝的ドラマだが、巨匠となった今、このタイミングで本作を打ち出すセンスがすごい。女装のガエルが、なぜか「プリティ・ウーマン」の娼婦時代のジュリア・ロバーツに見えてしまって困った。

若くして成功した映画監督エンリケの前に、彼の旧友イグナシオだと名乗る青年が脚本を持って現われる。イグナシオは、エンリケが神学校に通う幼い頃、禁断の愛を交わした親友だ。引き裂かれた幼い愛を思い出すエンリケだが、何かが違う。彼は本当にイグナシオなのか…。

同性愛がメディアに多く描かれ、市民権を得た今日でも、偏見は未だ残る。それでも英国の耽美的な美青年を用いた同性愛映画などは、日本でも相当な人気を博した。しかし、このテーマがラテン諸国、特にアルモドバルの手にかかると、全く趣の異なったものになる。こってりと濃厚な禁断の愛は、なんと神学校を舞台に生まれるのだ。

ガエル・ガルシア・ベルナルはアルモドバル映画は初出演。これにアルモドバル常連のフェレ・マルチネスを組み合わせる。神学校で神父が生徒を愛し、生徒同士もまた愛情を持つという、教会から上映禁止をくらいそうな設定だ。しかも題名は“悪い教育”。カトリックの歪んだ教育を告発するような内容に見えるが、実際はその手の社会性はほとんど見えない。教会擁護はもちろんないが、この映画は、自分たちがこうなったのは教会のせいだというような単純な構造ではない。

イグナシオを名のる青年が書いた脚本に基づいた映画が劇中劇として進行し、物語はミステリー仕立てで進んでいく。本当のイグナシオは誰なのか。遠い寄宿学校時代の事件の真相は何だったのか。次第に明かされていく真実。薄々それを知りながら、事態を見つめ映画を作り続けるエンリケは好奇心に溢れる映画人そのものだ。アルモドバルは、半自伝的だというこの物語に善悪の区別をつけてはいない。登場人物は、快楽と恥辱にまみれながらも皆タフで魅力的だ。

今や世界的な巨匠になってしまった異才アルモドバル。インディーズの魂を持続しながら、メジャーな存在になった稀有な映像作家だ。今回はいつも以上に赤裸々で極彩色の映像に満ちている。彼の作品は、おしゃれなのか悪趣味なのか、きわどいところが魅力。実際は究極の美意識の上に成り立つ第一級のアートなのだ。本作の内容は過激だが、すこぶる美しい作品である。

□2004年 スペイン映画  スペイン語原題「La Mala Educacion」
□監督:ペドロ・アルモドバル
□出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、フェレ・マルチネス、ハビエル・カマラ、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

モーターサイクル・ダイアリーズ

モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 [DVD]モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 [DVD]
◆プチレビュー◆
ラストにアルベルト本人や、いかだのマンボ=タンゴ号の写真が登場し、感動を誘う。エンド・ロールが終わるまで是非見て欲しい。しかし、馬より遅いバイクとは、相当なオンボロに違いない。よくまぁ、無事で…。

23歳の青年医学生エルネストは先輩のアルベルトと共に中古のバイクで南米大陸を横断する旅に出る。喘息持ちで病弱なエルネストには無謀とも思える計画だった。南米の豊かな自然と、貧困に喘ぐ人々を目の当たりにしたその旅は、青年エルネストの人生観を確実に変えるものとなる…。

エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ。後のチェ・ゲバラの青春時代を描いたこの作品は、彼の著書「チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記」が原作だ。チェ・ゲバラといえば、軍用ベレーをかぶった姿がお馴染み。世界的に有名な革命家の若き日々を描くロード・ムービーは、新鮮で純粋な青春映画だ。

私たちは、後にキューバ革命の闘士となり世界中の革命に影響を与えるゲバラの運命を、その死も含めて既に知っているのだが、ここでは彼の革命家としての姿はいっさい描かれない。ゲバラの一番有名な部分をバッサリ切り捨てることで、この映画は潔い伝記映画となっていて、無名の一青年の瑞々しさが映し出されていると思う。特別なヒーローではなく、他の人よりも少しだけ熱い心を持った無鉄砲な青年に、誰もが等身大の親しみを覚えるだろう。

革命を愛という言葉で解釈した彼の原点が垣間見えるようなエピソードが続くが、同時にゲバラの複雑な魅力も感じられる。十人十色と俗に言うが、この人の場合“一人十色”とでも言おうか。ハンセン病の治療に情熱を注ぎ、自分のための最後の薬を瀕死の老婆に与えるのも彼なら、後に反革命分子を何百人も処刑するのも同じ彼だ。厳しくも美しい南米大陸の大自然の中で見た、ラテン民族特有の陽気な気質と厳然として存在する階級差。ゲバラ個人と南米の持つ複雑さが重なって見える。この旅のインパクトは、青年エルネストの中に革命家チェ・ゲバラを静かに芽生えさせた。

製作はロバート・レッドフォード。政治的になりがちな人物を繊細に処理し、魅力ある映画を誕生させた。W.サレスを監督に選ぶ識別眼にも感心させられる。旅はしばしば人間を変えるが、ゲバラという革命家の誕生のきっかけが旅だったのは興味深い。世界が変わる日を夢見て革命に身を投じた“永久的な”革命家ゲバラは、生涯、留まることを知らない人生をおくった。魅力的な旅は同じ場所にいることを決して許さないのだ。

□2003年 イギリス・アメリカ合作映画  原題「THE MOTORCYCLE DIARIES」
□監督:ウォルター・サレス
□出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ、ミア・マエストロ、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

アモーレス・ペロス

アモーレス・ペロス スペシャル・コレクターズ・エディション
メキシコ・シティを舞台に1つの交通事故で結びつく3つの物語を、微妙に交差するオムニバス形式で描く。一見、住む世界が違うかのような人々は、皆、等しく愛に苦しんでいるのだが…。

アモーレス・ぺロスとは直訳すると「犬のような愛」の意味。劇中に沢山登場するたちは、人間たちの分身のようでもある。血まみれの闘犬、閉じ込められた室内犬、捨て犬…。過酷な運命を暗示するのは犬たちだ。

都市の暴力性と運命に翻弄される人間、そしてそれを乗り越えたときに見える希望を、力強く描く。汗や血が匂ってくるような映像も目に焼きつく。完成度の高い脚本が素晴らしい。

(1999年/メキシコ/アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督/スペイン語原題「AMORES PERROS」)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

天国の口、終りの楽園。

天国の口、終りの楽園。
17歳の二人の少年が、年上の女性ルイサを誘って、美しいビーチを目指す。“ヤリたい”さかりの2人をルイサは軽くあしらうが、彼女には大きな秘密が…。

劇中でルイサがまとう腰を隠す布はパレオ。水着の上から羽織ったりする布で様々な用途に使える便利モノ。もともとは熱帯、亜熱帯地方で用いられたもので、衣服の原型ともいえる。

少年たちにひと夏のほろ苦い思い出を残したルイサは、腰に巻いたパレオをほどいて、海に入る。太陽が降り注ぐ美しい海は、ルイサを優しく抱きしめて受け止める。少年たちはもう二度と彼女に会うことはないのだ。

(2001年/メキシコ/アルフォンソ・キュアロン監督/スペイン語原題「Y Tu Mama Tambien」

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
震災には負けない!
リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

icon icon
おすすめ情報
おすすめ情報

twitterやってます!
おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
いいね!もよろしく♪
Facebookをご利用の皆さん、このブログが気に入ったら、ぜひ「いいね!」ボタンをポチッと押してください。 渡まち子の励みになります!
タグクラウド
  • ライブドアブログ