映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「ジャスティス・リーグ」「火花」「ギフテッド」「光」etc.

キム・ジウン

密偵

The Age of Shadows [Blu-ray]
日本統治下の1920年代の朝鮮半島。朝鮮人でありながら日本警察に所属するイ・ジョンチュルは、部長のヒガシから、武装独立運動組織“義烈団(ウィヨルダン)”を監視するよう特命を受ける。義烈団のリーダー、キム・ウジンに接近し、懇意になったジョンチュルだったが、それは義烈団の団長チョン・チェサンが、ジョンチュルを義烈団に引きこむために仕組んだ餌だった。日本警察の中でジョンチュルを見張るライバルや、それぞれの組織に潜入させた情報屋などが流す出所不明の情報が飛び交う中、義烈団は、上海から京城(現ソウル)へ向かう列車に大量の爆薬を運び込むことに成功する。誰が敵で誰が味方か判らない探り合いの状況の中、列車は国境を越えて京城へと向かうが…。

韓国の独立運動をめぐる秘密諜報戦の駆け引きを描く歴史サスペンス・アクション「密偵」。日本警察で働く主人公ジョンチュルは、独立など夢と諦め、権力側についた“売国奴”だが、心の底では愛国心を失っておらず、義烈団の行動や理念を知れば知るほど、ジョンチュルの意識と心情は揺れ動く。一見、日本を悪役にした抗日愛国映画のスタイルだが、時の権力におもねる者、保身に走る者が韓国の側にもいた事実を冷静な視点で盛り込んだ点は、評価したいところだ。裏切りや内通などが繰り返され物語はスリリングに進んでいくが、裏切る側の理由をきちんと描いているので、観客の感情に訴える内容になっている。

ハリウッドにも進出したキム・ジウン監督は、主人公を複雑な内面を抱える人間として描き、戦争が時に人間性を破壊する様や、裏切りや騙し合いの中でも決して奪えない誇りがあることを訴える。思わず目を背けたくなるような残虐な拷問シーンや殺戮シーンもあるのだが、基本は娯楽サスペンスなので、演出はスピーディーだ。名優ソン・ガンホはさすがの名演を見せるし、人気急上昇のコン・ユが、動く密室の列車の中で攻防を繰り広げるシークエンスは、彼が出演した大ヒット映画「新感染」を彷彿とさせる。ジウン監督作品の常連イ・ビョンホンも美味しい役で貫禄たっぷり。1920年代の衣装や家具調度品などが美しく、艶やかで湿度を帯びたダークな映像が歴史ものらしい重厚感を与えている。
【65点】
(原題「THE AGE OF SHADOWS」)
(韓国/キム・ジウン監督/ソン・ガンホ、コン・ユ、ハン・ジミン、他)
(スパイ映画度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ラストスタンド

ラストスタンド [Blu-ray]
アーノルド・シュワルツェネッガーの復帰作「ラストスタンド」は往年の西部劇を彷彿とさせるアクション活劇。内容が単純明快だからこそ大スター、シュワちゃんの魅力がより際立つ。

麻薬王コルテスが軍隊並みの装備を備えた仲間の助けを借りて脱獄し、メキシコを目指して逃走する。元ロス市警の敏腕刑事で、今は国境の小さな町の保安官をしているオーウェンズは、FBIからの電話で「凶悪犯罪者集団が町を通過する。手を出すな」と指示される。だが、オーウェンズは眠っていた闘志を呼び起こし、戦闘経験はないものの、オーウェンズを慕う4人とチームを結成。町の武器オタクから武器を調達し、「俺たちが“最後の砦(ラストスタンド)”だ!」と結束する。辺境の町を舞台に、最凶の麻薬王一味との前代未聞の大決戦が始まろうとしていた…。

シュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガーが本格的に主演する作品は、「ターミネーター3」以来10年ぶりだ。その記念すべき復帰作は、西部劇を彷彿とさせるアクション映画。頼りにならないFBIやSWATを尻目に、田舎町の即席チームが見事な活躍を見せる娯楽作で、単純にスカッとする。もちろんシュワ演じる主人公は、一見のんびりとした初老の保安官だが実は凄腕という頼れるヒーロー。うじうじ悩んだり、やっつけられたりはせず、保安官としてのプライドと元敏腕刑事の経験や技で難敵を迎え撃つ。ハイテク武器を装備した凶悪集団に対し、骨董品の武器で戦う姿は、老いたりといえども「まだまだオレは負けないゾ!」との気合が聞こえるよう。「歳かな」という自虐的なセリフもユーモラスで、民間人も交えた仲間たちとの絆やチームワークも、ほのぼのとしていい感じだ。クライマックスには、ハリウッド・アクションお得意の無駄な殴り合いという“サービス”もあって、テッパンの作り。資金力も軍備力もある麻薬王が、いくら高速とはいえ、わざわざ車で国境を越えようとするという物語の矛盾に、ツッコミは不要だ。過去の主演作品では単独で戦う不死身のヒーロー役が多かったシュワちゃん。復帰作では、頼りないけど気のいい仲間を大切にする人間味あふれる主人公を好演している。銃を構えた決めポーズと有無を言わせぬ正義の鉄拳。シュワルツェネッガーのオーラは健在だ。
【65点】
(原題「THE LAST STAND」)
(アメリカ/キム・ジウン監督/アーノルド・シュワルツェネッガー、フォレスト・ウィッテカー、ジョニー・ノックスヴィル、他)
(完全復活度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ラストスタンド@ぴあ映画生活

悪魔を見た

悪魔を見た スペシャル・エディション [DVD]悪魔を見た スペシャル・エディション [DVD]
復讐ものは韓国映画の十八番。とはいえ、これほど強烈な作品は久しぶりだ。ここにはもはや善も悪もない。国家情報院捜査官のスヒョンは、殺人鬼に最愛の婚約者を殺される。無残なバラバラ死体を見たスヒョンは復讐を決意し、極秘で調査した結果、犯人は凶行を繰りかえすギョンチョルという中年男だと突き止める。スヒョンは彼を追いつめるが、あえてとどめを刺さず、GPSカプセルを飲み込ませ、野に放つ。ギョンチョルが犯行に及ぶ直前に現われ、残虐な制裁を加えるスヒョン。やがて死闘はエスカレートし、予測不能な展開になっていく…。

犯罪者への復讐の成就の基準とはなんだろう。相手を殺すことか、それとも生きながらに苦しめることか、はたまた心から反省して善人になってもらうことなのか。婚約者を奪われたスヒョンは、国家情報院捜査官という仕事柄、武器やGPSカプセルなども使えるし、そもそも卓越した格闘能力で相手に止めを刺すことも可能なのだ。だが彼はそうしない。サイコキラーのギョンチョルに、肉体的な苦痛を与えて追いつめていこうとする算段なのだ。だが物事は思い通りにはいかないもので、このギョンチョルという男、いったいどういう育ち方をしたのか、まったく反省の色がない。“性懲りもなく”とはこの男のためにある言葉で、これでは制裁を加えているスヒョンの方がくたびれもうけに思えてくるほどだ。しかしスヒョンもまた純粋な悪に深くかかわることで、自らも悪の化身になっていくところがこの作品の濃密なところだ。こうなるともう、完全に無法地帯である。そもそも、映画に登場する名悪役は、善悪を超越したところで悟りにも似た静かな境地にいるもの。だがこのギョンチョルときたら、食欲、性欲ともに旺盛で、生々しいことこの上ない。名優のチェ・ミンシクの鬼気迫る名演には、ほのかなユーモアも混じっていて、さすがは韓国映画界一の演技派だと唸ってしまう。ギャアギャアと叫びまくるチェ・ミンシクが“陽”のキャラなら、見た目は冷静だが、中身は完全に狂っているスヒョンを演じるイ・ビョンホンは“陰”のキャラ。そんな二人は磁石のプラスとマイナスのように引かれ合い、相対して決着を着けるときがくる。これがまるで“ソウ”シリーズのような様相を呈するのが違和感があるのだが、こういうけれん味こそが本作の壮絶な復讐劇にはふさわしいのかもしれない。ちなみに、司法の側の人間はいったい何をしているのか?とツッコミを入れたくなるが、韓国映画の復讐ものにそんなヤボは言わないのがお約束だ。
【65点】
(原題「I SAW THE DEVIL」)
(韓国/キム・ジウン監督/イ・ビョンホン/チェ・ミンシク/オ・サナ、他)
(インパクト度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
悪魔を見た@ぴあ映画生活

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ