映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

クァク・ジェヨン

ドッペルゲンガーものあれこれ

コラム映画で時々登場するドッペルゲンガー。ドイツ語で、分身、複体、ダブルを意味する言葉で、日本語では自己像幻視と訳されています。自分自身の姿、あるいは自分とそっくりの姿をした分身を見る幻覚の現象で、第2の自我との解釈もあるそう。

ドッペルゲンガーを題材にした映画には、

オムニバス映画「世にも怪奇な物語」(1967)の第2話「影を殺した男」
黒沢清監督の「ドッペルゲンガー」(2002)
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の「複製された男」(2013)

などがあります。

「世の中には自分とそっくりな人間が3人いる」、「自分の生き写しを見たら、その後に死ぬ」。ドッペルゲンガー現象には、いくつかの謎めいた恐ろしい言い伝えがあるためか、ホラーやサスペンス、ミステリーとして描かれることが多いモチーフです。そっくりな“人間”ではないのですが、オスカー・ワイルドの小説で何度か映画化された「ドリアン・グレイの肖像」も、ドッペルゲンガーものの一種と考えていいでしょう。

そんなちょっとコワいドッペルゲンガーですが、現在公開中の映画「風の色」は、この題材を不思議なラブストーリーとして描いた異色の恋愛映画です。日本・韓国合作の本作は、出演俳優は日本人、メガホンを取るのは韓国のクァク・ジェヨン監督。「猟奇的な彼女」や「僕の彼女はサイボーグ」などで日本でも人気のこの監督は、ドッペルゲンガーにマジック(手品)を組み合わせて、風変わりな物語を作り上げました。正直、ご都合主義や突飛な展開もあるのですが、2組の男女が紡ぐファンタジックなストーリーを、こんな語り口で描けるのは、ジェヨン監督ならでは。流氷の北海道の雪景色や、桜が舞い散る東京の風景など、映像センスの良さも見所です。

もし、別次元にこの世界と同じ世界が存在し、そこに自分とまったく同じ人間が生きていたら? 時空を超えて再び出会う恋人たちの物語で、ロマンチックな気分にひたるのもいいかもしれません  (*^.^*)


風の色 (講談社文庫)
鬼塚 忠
講談社
2017-11-15


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

更年期的な彼女

更年奇的な彼女 [DVD]
2009年。女子大生のチー・ジアは卒業式にウェデイング・ドレスで出席し、同棲中の恋人にサプライズでプロポーズするが、公衆の面前で見事にフラれてしまう。トラウマを引きずりながら26歳になった彼女は、医者から若年性更年期と診断されてしまう。ある日、大学時代に冴えない男だったユアンと再会、彼に助けられたチー・ジアは、帰る場所がないというユアンと、なりゆきで一緒に住むことになる。ユアンは、チージアの“最悪の経験”を忘れさせようと大奮闘。そんな時、元カレの結婚式の招待状が届き、チージアは元カレを奪還しようと計画するが…。

若年性更年期と診断されてしまった20代の女性の破天荒な恋のトラブルを描く中国映画のラブ・コメディー「更年期的な彼女」。本作は中国映画だが、監督は韓国のクァク・ジェヨン監督で、これは「猟奇的な彼女」「僕の彼女はサイボーグ」に続く、ジョエン監督のアジアの彼女3部作の完結編という位置付けだ。ラブコメの秀作「猟奇的な彼女」、設定の意外性という面白さがあったファンタジックな「僕の彼女はサイボーグ」に比べ、本作は、あまりにも残念な出来ばえだ。ヒロインのチージアは勘違い系の美女で自分が何を求めているかもわからない女性。チージアの親友は毒舌の美女だが親友を思ってのアドバイスはすべて的外れ。実はチージアに想いを寄せるユアンもいつまでも煮え切らない。つまり、誰にも感情移入できないので、観客としては、見ていてつらい。全体的に暴走気味でテンションが高いストーリーは、むしろ中国映画より韓国映画の方がフィットする。監督の手腕は実証済だし、俳優たちも決して悪くないが、どこかでボタンを掛け違えたような映画になってしまった。余談だが、日本語吹き替えにも大きな問題が。26歳という設定なら、それにふさわしい声優を使うべきだ。
【30点】
(原題「MEET MISS ANXIETY」)
(中国/クァク・ジェヨン監督/ジョウ・シュン、トン・ダーウェイ、ジャン・ズーリン、他)
(破天荒度:★★★★☆)

僕の彼女を紹介します

僕の彼女を紹介します [DVD]僕の彼女を紹介します [DVD]
◆プチレビュー◆
オールデイズ中心の音楽はこの映画にピッタリ。特に「STAY」は歌詞の意味からも使い方が上手い。だが、X JAPANの曲をわざわざ日本語で使うのはいかがなものか。せめてインストゥルメンタルなら許せたが…。

非番にもかかわらず職務に燃える女性警官ヨ・ギョンジンが誤認逮捕したのは、善良な高校教師コ・ミョンウ。とんでもない状態で出会った二人だが、なぜかお互いに惹かれあう。強い正義感と強情な性格のギョンジン。ミョンウはいつしか、何があっても彼女を守り抜こうと心に誓う。しかし、そんな二人を思いもかけぬ悲劇が襲う…。

泣いてばかりの印象が強い韓国映画界の女優たち。そんな中でチョン・ジヒョンの存在は貴重だ。モデル出身だけあって容姿端麗。なのにコメディをやらせるとめっぽう上手い。「猟奇的な彼女」はそんなジヒョンの魅力全開の秀作だった。一時期、路線変更をねらっていたようだが、やはりこの人には、はつらつとした役が良く似合う。

たっぷり笑わせたっぷり泣かせる本作だが、ストーリー展開はむちゃくちゃだ。笑いの部分の強引さはともかく、泣きが入る展開はほとんどゴリおし状態である。突如展開される昔話はもちろん悲劇で、当然死人が出る。いきなり起こる悲劇の事故以降、叙情的な音楽に乗ってしつこく紙ヒコーキが飛ぶ。そうかと思えば炎をバックにポーズするなど、意味のないサービス・ショットも。気象状況も全く辻褄があわない。どこの誰だ、こんな脚本を書いたのは?!

ほとんど映画としての体裁を捨てているといっても過言ではないが、ここでふと気付いた。韓国映画は、こうまでしてお客を楽しませようとしているのだと。観客が望むのは、笑いと涙。女性から見ても魅力的なジ・ヒョンの美しい姿と、ハリウッド映画なみのエンタテインメントである。それならその全てをご提供いたしましょう!この映画は、そんな捨て身のサービス精神に満ちている。だから見終わったあと妙に気分がいいのだ。この際、こちらも思いきり楽しもうではないか。アレやコレはどうなったの?などと決してツッコんではいけない。

ラスト近くに、ある人物が登場するのが大いにウケた。この場面を楽しむためにも、前作の「猟奇的な彼女」を事前に鑑賞しておくことを強くお勧めする。

□2004年 韓国映画  英語原題「WINDSTRUCK」
□監督:クァク・ジェヨン
□出演:チョン・ジヒョン、チャン・ヒョク、キム・テウ、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ