映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週末の公開映画から オススメの1本! ◎
チリ他合作映画「ナチュラルウーマン」

クリスチャン・ベイル

THE PROMISE 君への誓い


1914年のトルコ南部。オスマン帝国の村出身のアルメニア人青年ミカエルは、医学を学ぶために首都コンスタンチノープル(現イスタンブール)の大学に入学する。彼はフランスから帰郷したアルメニア人の美しい女性アナと心を通わせるが、アナはアメリカ人ジャーナリストのクリスという恋人がいた。やがて第1次世界大戦が勃発しトルコが参戦すると、アルメニア人への不当な弾圧が始まり、ミカエルも問答無用で徴兵され強制労働を強いられる。ミカエルは、なんとか脱走を図り故郷へ戻るが…。

20世紀初頭にオスマン帝国が行ったアルメニア人大虐殺・追放事件を、運命に翻弄される3人の男女の姿を通して描く社会派ドラマ「THE PROMISE 君への誓い」。ナチス・ドイツによるホロコーストの約20年も前に起こったこのジェノサイドでは、150万の尊い命が奪われた。事件については、アルメニア系カナダ人のアトム・エゴヤン監督の「アララトの聖母」やトルコ系ドイツ人のファティ・アキン監督の「消えた声が、その名を呼ぶ」などで描かれている。また本作の劇中にチラリと登場する、修道士で作曲家コミタスの生涯を描いた映像詩の映画「コミタス」(ドン・アスカリアン監督)もある。だが、一般的にはあまり知られていないこの事件の全容を、正面から詳細に分かりやすく、有名スターを多く起用して描いたという点では本作が初だろう。ミカエルとアナ、クリスの三角関係のメロドラマは、決して物語を通俗化していない。時代と運命に翻弄されながら生き抜こうと奮闘する姿からは、悲しみだけではなく、人間が持つ生命力を感じさせる。

国家の都合で、ひとつの民族を、理不尽に抹殺しようとした歴史は、無慈悲な暴力そのもので、言葉を失ってしまう。知られざる歴史の悲劇に光を当てることは映画の使命のひとつだ。地味で暗い内容ながら、各国のスター俳優が集っているのも、そんなメッセージに賛同してのことだろう。「ホテル・ルワンダ」のテリー・ジョージ監督は、実在の人物をからめて虐殺事件の真実を描きながら、同時に民族や国境を超えた友情や愛情が存在したことを描くのも忘れていない。今もトルコ政府が事件を公式には認めていないことから、現地での撮影許可が下りず、映画は、3つの国約22ヶ所をめぐってロケを行うなどの逆境を乗り越えて作られたそうだ。想像を絶する体験から時に復讐の思いに駆られるミカエルに、アナが言う「生き残ることこそが復讐なのよ」との言葉があまりにも重かった。
【65点】
(原題「THE PROMISE」)
(スペイン・米/テリー・ジョージ監督/オスカー・アイザック、シャルロット・ル・ボン、クリスチャン・ベイル、他)
(歴史秘話度:★★★★★)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

聖杯たちの騎士

聖杯たちの騎士 [Blu-ray]
ハリウッドで脚本家として成功したリックは、華やかで享楽的なセレブの暮らしを送りながらも、心の奥では常に虚しさを感じていた。そんな彼の脳裏に、かつて出会った6人の女性の記憶が蘇る。美しい彼女たちに導かれるように、リックは過去と対峙し、内面に抱えた孤独と向き合っていく…。

ハリウッドで成功した男の心の旅を静かなモノローグと流麗な映像で描く「聖杯たちの騎士」。タロットカートの“聖杯の騎士”にちなみ、物語は章立てで展開する。富と名声を得て享楽的な日々を過ごしながら、崩壊した家族や失った愛を思い、自分はどこで人生を間違ってしまったのか、本当に求めるものとは…と自問しながらさ迷う物語は、テレンス・マリック版の「甘い生活」のようだ。説明らしい説明はほとんどないが、まるで夢のような映像で描かれる抒情詩に、いつしか引きこまれる。ケイト・ブランシェット、ナタリー・ポートマンら、実力派女優が演じる6人の美女は、主人公リックを時に優しく包み、時に見放し、時に導く存在だ。だがリックの思いは満たされることはない。物質的な豊かさで満足できないのと同じように、一人の女性の愛では彼の心は決して満たされないのだ。日本庭園で不要なものは持たずシンプルな生き方を学んでも、教会で苦難は神が与えた愛だと諭されても、それは答えではない。聖杯のタロットカードが正位置と逆位置ではまったく意味が異なり無限の解釈が可能なのと同じように、リックが求める人生の真実もまた、明確な答えはなく、何かを求めてさ迷う心の旅こそが真実となるのだろう。大都会の喧噪、華やかなパーティ、荒々しい荒野、寄せては返す波と包み込むような海と空。撮影監督エマニュエル・ルベツキの、神業の境地に達したカメラワークに酔いしれる至福の映像体験だ。
【70点】
(原題「KNIGHT OF CUPS」)
(アメリカ/テレンス・マリック監督/クリスチャン・ベイル、ケイト・ブランシェット、ナタリー・ポートマン、他)
(映像美度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
聖杯たちの騎士|映画情報のぴあ映画生活

マネー・ショート 華麗なる大逆転

マネー・ショート 華麗なる大逆転 ブルーレイ+DVD セット [Blu-ray]
2005年のアメリカ。変わり者の金融トレーダーのマイケルは、サブプライム・ローンが数年以内に債務不履行に陥る可能性がある事に気付くが、ウォール街では一笑を買ってしまう。そこで「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引に目をつけ、新たな戦略で出し抜いてやろうと考える。同じ頃、マイケルの動きを察知した、銀行家ジャレットはヘッジファンドマネージャーのマークに連絡を取り、伝説の銀行家ベンらもまた、経済破綻の到来を予測し、ウォール街を出し抜こうと図っていた…。

世界金融危機の到来を予期した金融界の4人のアウトサイダーたちの物語を描く「マネー・ショート 華麗なる大逆転」。リーマン・ショックの裏側を描くこの映画、経済破綻という結果が分かっているのに、めっぽう面白い。専門的な経済用語が飛び交うが、そこは「俺たち」シリーズを手掛けたコメディー畑のアダム・マッケイ監督、テンポよく、飽きさせない演出で、難しいコトをやさしく紐解いてくれるので、安心してほしい。金融危機を予想した数少ない投資家やトレーダーたちが、どう動いたか。金融界のモラルのなさやそのハチャメチャぶりがいかにひどいか。我々庶民にとっては、飛び交う金額の桁が大きすぎて、実感できないのが難点だが、アメリカの狂乱が世界中に与える大打撃は理解できる。この映画の副題は“華麗なる大逆転”だが、物語に痛快さはなく、むしろ漂うのは悲哀と憂鬱だ。劇中で、ブラピ演じる伝説の銀行家ベンが、経済破綻に賭けて勝利を確実にした若者たちに言う。「単純に喜ぶな。これでアメリカの無数の庶民が家と職を失い、破産するんだぞ」。自国の悲劇と崩壊を予測し、それに賭けて勝利しても、そのマネーゲームの後味はすこぶる苦いのだ。クリスチャン・ベールをはじめ、俳優陣は揃って好演。中でも、コメディアンだが最近ではめっきり演技派になったスティーブ・カレルが演じる神経症のトレーダーの人間性を深く掘り下げているのは、金融界のアンモラルを何とか正そうとしているかのようだ。アカデミー賞では脚色賞を見事に受賞。物語の随所で、ドラマと関係のないスターたち(実名でカメオ出演)が難解な経済用語や仕組みを観客に向かって比喩で説明するというエンタテインメント風の演出が、ユニークかつ効果的だった。
【85点】
(原題「THE BIG SHORT」)
(アメリカ/アダム・マッケイ監督/クリスチャン・ベール、ブラッド・ピット、ライアン・ゴズリング、他)
(ビター度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
マネー・ショート 華麗なる大逆転@ぴあ映画生活

ファーナス 決別の朝

ファーナス/訣別の朝 [Blu-ray]
社会の底辺でもがく男がさらに転落していく様を描く人間ドラマ「ファーナス 決別の朝」。暗く地味な作品によくもここまで豪華キャストが集まったモンだ。

ペンシルバニア州の寂れた鉄鋼の町ブラドックで生まれ育ったラッセルは、老いた父の面倒を見ながら、恋人のレナと慎ましく暮らしていた。一方、彼の弟ロドニーはイラク帰還兵で心に深い傷を負い鬱屈した日々を送っている。ある日、ラッセルは交通事故を起こしてしまい刑務所へ。さらにロドニーが山岳地帯に住む危険な男たちとのトラブルに巻き込まれたことで、ラッセルの運命は闇へと転がり落ちていく…。

広大なアメリカの大半はド田舎で、多くの人々は、経済発展や時には文明からも見捨てられたような場所で暮らしている。オバマ大統領の熱っぽい演説をぼんやりとTVで眺める人々は、自分たちが“変われない”ことを知っているのだろうか。主人公ラッセルが暮らす、かつて鉄工所で栄えたその街には希望も未来もない。彼は半ばあきらめながら、それでも身の丈にあった暮らしを穏やかに生きていたのだが、そんなラッセルを不幸な運命が襲う。イラク帰りの弟は激しいPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しみ、殴り合いで自分を傷つけることしかできない。選択肢は鉄工所か軍隊かという男たちが、特殊なコミュニティである山岳地帯に住む無法者たちのえじきになるのだから、この話がいかに暗く、重くるしいものかは想像がつくだろう。愛する弟を奪われた兄ラッセルの復讐もまた、やるせないもので、爽快感とは無縁だ。物語の背景は、「ウィンターズ・ボーン」や「ディア・ハンター」など、過去作の要素の既視感が満載で、正直、オリジナリティには欠けている。だが、「クレイジー・ハート」で名を挙げたスコット・クーパー監督が長いブランクの果てに作った本作に集まった俳優たちは、主演のクリスチャン・ベイルを筆頭に、F.ウィテカー、W.デフォー、W.ハレルソン、S.シェパードとクセモノ揃いの豪華キャストなのだから驚きだ。線が細いイメージのC.アフレックもファイトシーンでは男臭さを爆発させる。女性向けとは言い難い作品だが、主人公と元恋人が橋の上で交わす別れのシークエンスは、あまりに切なく胸に迫る。
【60点】
(原題「OUT OF THE FURNACE」)
(アメリカ/スコット・クーパー監督/クリスチャン・ベイル、ウディ・ハレルソン、ケイシー・アフレック、他)
(やるせなさ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ファーナス/訣別の朝@ぴあ映画生活

アメリカン・ハッスル

アメリカン・ハッスル コレクターズ・エディション [Blu-ray]
詐欺師とFBIが組んでおとり捜査作戦を遂行するエンタメ・サスペンス「アメリカン・ハッスル」。出演俳優の演技のアンサンブルが最高だ。

1979年、アメリカのアトランティック・シティ。天才詐欺師アーヴィンと相棒で愛人のシドニーは、FBI捜査官リッチーに逮捕されてしまうが、自由と引き換えにFBIのおとり捜査に協力するように命じられる。カジノの利権に群がる政治家とマフィアを罠にハメるその作戦で、ターゲットになったのはカーマイン市長。それはやがてアメリカを揺るがす汚職スキャンダル“アブスキャム事件”へと発展していくのだが、アーヴィンの妻のロザリンが、嫉妬から捜査のじゃまをする動きをみせ、事態は混乱していく…。

FBI捜査官が詐欺師と組んで汚職を暴く。ウソみたいなホントの話が“アブスキャム事件”だが、アメリカにはこの手のトンデモ話は数多い。物語はもちろんデフォルメして語られるのだが、何しろ俳優たちの変わりように目を見張る。ハゲでメタボな詐欺師C.ベイル、詐欺師の相棒で姉御気質のA.アダムスは胸元も露なセクシーな愛人、野心家でキレやすいFBI捜査官B.クーパーは直毛をわざわざ巻いたカーリーヘア姿だし、情緒不安定な詐欺師の妻J.ローレンスは美人でゴージャスなのに疲れきった人妻というルックスだ。オスカー俳優、ノミネート俳優がズラリと揃うこの映画、70年代ファッションでキメたそれぞれのキャラが立ちまくっている。大物ロバート・デ・ニーロも含めて、全員が揃うとその相性が絶妙で、倫理観や正義感とは無縁の男女たちがなぜか憎めなくなるのだ。偽のアラブの大富豪をダシにして市長やマフィアをハメる作戦は、やが全米を揺るがす一大政治スキャンダルへと発展するが、物語は社会派的な香りよりも、ダメ人間たちのいびつなラブ・ストーリーの趣が強い。デヴィッド・O・ラッセル監督は“人間を描く”ことにかけては一級の腕を見せてくれる。見た目のスゴさでは一九分けでポッコリおなかのベイルがダントツだが、キャラの面白さは、自由奔放にして情緒不安定な人妻役のローレンスが群を抜く。今見ると愛おしくもダサい70年代ファッションと、響き的には死語に近い“ハッスル”という言葉、ラストに用意されたドンデン返し。あらゆる意味で目が釘付けになる痛快エンタテインメントだ。
【75点】
(原題「AMERICAN HUSTLE」)
(アメリカ/デヴィッド・O・ラッセル 監督/クリスチャン・ベイル、ブラッドリー・クーパー、エイミー・アダムス、他)
(豪華キャスト度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

アメリカン・ハッスル@ぴあ映画生活

ザ・ファイター

ザ・ファイター コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]ザ・ファイター コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
ボクシング映画にハズレなしというが、本作でもまたそのことが証明された。ボクシングというストイックなスポーツの魅力と、労働者階級出身のボクサーが抱える問題だらけの人生が見事にシンクロし、深い感動を呼ぶ。

マサチューセッツ州ローウェルに住むミッキーとディッキーは異父兄弟。兄のディッキーは才能あるボクサーだったのに、薬物に手を出し、すさんだ毎日を送っている。弟のミッキーは、トレーナーの兄やマネージャーの母が組む無理な試合のせいでさっぱり勝てない。ミッキーの恋人のシャーリーンは、家族と手を切ってトレーニングすればきっと勝てると提案するが…。

1985年にプロデビューしたアイルランド系米国人ミッキー・ウォードは、2003年に引退するまで数々の名勝負を繰り広げた伝説のボクサーだ。ミッキーはガッツあふれるボクサーだが善良でシャイな性格。一方、兄のディッキーは虚栄心が強く怠惰で、薬物依存。ついには、強盗騒ぎを起こして監獄送りになる。さらに悪いことにマネージャーを務める過保護な母親がミッキーの足を引っ張っていた。気の強い恋人シャーリーンは、ミッキーのために彼と家族を切り離そうとするが、内気なはずのミッキーは、毅然として言う。「僕には、きみもディッキーも母さんも必要なんだ」。誰かに必要とされること。それがどん底まで落ちた兄ディッキーを救ったのだ。その後、弟のトレーナーとして自覚したディッキーは薬物と手を切り、兄弟は二人三脚で栄光をつかんでいく。そのプロセスは、スポーツもの特有の高揚感に満ちていた。これはミッキーという“三流ボクサー”の才能が開花するボクシング映画である以上に、問題を抱えた家族が変化していく物語なのだ。クライマックスの迫力のファイトシーンには、見ているこちらも思わず拳に力が入る。ショボいのに愛すべきローウェルという町そのものが一人のキャラクターのようで、町の誇りである兄弟ボクサーに懸命にエールをおくっているかのよう。体重を13kgも落とし髪を抜き歯並びまで変えて怪演するクリスチャン・ベイルと、子供を愛しすぎるがゆえに束縛してしまう母を演じたメリッサ・レオが見事にオスカーを受賞したが、恋人シャーリーンを演じるエイミー・アダムスやミッキー役のマーク・ウォルバーグも文句なしに素晴らしい。ボクシング映画というと主人公一人が際立つのが普通だが、本作は俳優たちの名演技のアンサンブルによって、忘れがたい作品になっている。
【75点】
(原題「THE FIGHTER」)
(アメリカ/デヴィッド・O・ラッセル監督/マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、メリッサ・レオ、他)
(家族愛度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ザ・ファイター@ぴあ映画生活

【送料無料】ザ・ファイター COLLECTOR'S EDITION

【送料無料】ザ・ファイター COLLECTOR'S EDITION
価格:2,953円(税込、送料別)

映画レビュー「3時10分、決断のとき」

3時10分、決断のとき [DVD]3時10分、決断のとき [DVD]
◆プチレビュー◆
勧善懲悪ではない複雑な面白さがある異色西部劇。オリジナルに比べアクション度がアップした。 【70点】

 妻と二人の息子と共に牧場を営むダン・エヴァンス。借金が返せず生活が困窮したため、強盗団のボスを護送する仕事を引き受ける。最初は報酬が目当てだったが、ダンは男の誇りをかけ、この危険な仕事をやり遂げる決意をする…。

 全米では2007年に公開され大好評、オスカーにもからんだ作品だというのに、日本公開まで随分と時間がかかった。西部劇が作られる数はめっきり減ったが、それでもアメリカ人の心の原風景であるこのジャンルは根強い人気がある。もっとも、今やそのアメリカ魂を演じるのは、オーストラリア(生まれはNZ)とイギリス・ウェールズの俳優だ。しかし、この二人が意外なほど良い。

 タイトルにある3時10分とは、3時10分発のユマ行き列車のこと。逮捕したベン・ウェイドを刑務所に入れるためにはその列車に乗せねばならないが、目的地の駅までの途中には、ボス奪還を狙う手下の一味や、アパッチ族の襲撃、さらにウェイドに恨みを持つ男たちなど、数々の障害が待ち受ける。そんな中、互いに警戒しつつも善玉ダンと悪玉ウェイドの間に不思議な絆が生まれるのが興味深い。というのも、ウェイドという男、頭がよくクールで、優しさと非情さを併せ持つ魅力あるキャラなのだ。いい悪役はいい映画の必要条件のひとつと言える。物語は、男同士の誇りが共鳴し、スリリングな局面を迎えていく。

 だが、この話の裏側には単純な善悪ではない屈折した事情がある。南北戦争では狙撃の名手だったダンは、今は悪どい地主から嫌がらせを受けている。妻に苦労をかけ、息子たちに毅然とした姿を見せられない。その悔しさは、生活苦から卑屈になった自分への憤りだ。一方ウェイドは、親に捨てられ誰の力も借りずに生きてきたならず者。命懸けで護送の仕事をするダンに、羨望にも似た感情を抱くのは、自分とは無縁の“家族”の存在をダンの後ろに見たためだ。

 それにしてもクリスチャン・ベールという役者は損な人だと思う。主役クラスの上手い俳優なのにいつも共演者に食われている。「ダークナイト」では故ヒース・レジャーに、「ターミネーター4」では人間と機械の合成キャラに見せ場をさらわれた。本作でも終始ラッセル・クロウにおされているベールだが、クライマックスの演技は素晴らしい。なぜ自分がこのやせた土地にこだわるのか、なぜ護送の仕事に命を懸けるのかを話すシーンは泣かせる場面だ。その後のクロウの予想外の行動も、ベールの男気あってこそである。

 借金のために護送の仕事を引き受けたダンに、ウェイドが「金をやるから自分を逃がせ」と誘惑しプレッシャーをかけるあたりは、まるで心理劇のような緊張感で、思わず息をのむ。はたしてダンはどんな決断を下すのか。オリジナルの「決断の3時10分」(1957)は隠れた名作だが、本作とはラストが異なる。オリジナルが、立場の違う男同士の奇妙な友情の物語だったのに対し、リメイクの本作で重視したのは父から子へ伝える本当の男らしさ。それは、命よりも大切な誇りを守ることに他ならない。家族の絆が希薄になり、人間関係も利害や競争が優先の現代、この愚直なまでの生き様は心に沁みる。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)男気度:★★★★☆

□2007年 アメリカ映画 原題「3:10toYuma」
□監督:ジェームズ・マンゴールド
□出演:ラッセル・クロウ、クリスチャン・ベイル、ピーター・フォンダ、他

映画レビュー用BRバナー
←応援ポチ、よろしくお願いします!

ターミネーター4

ターミネーター4 コレクターズ・エディション [DVD]ターミネーター4 コレクターズ・エディション [DVD]
これはSFというより、もはや戦争映画。それほど戦いは熾烈で未来は荒廃している。スーパーコンピューター“スカイネット”が支配する2018年の地球で、わずかに生き残った人類は、ジョン・コナーを指導者として機械と戦っていた。そこに謎の男マーカスが、カイルという少年を救うべくコナーのもとへとたどり着く。カイルは後にジョンの父となるのだが、母サラが残した予言のテープと現実との差異がジョンを動揺させる。未来から過去へと移行する旧シリーズとは違い、この1本だけを見れば時間移動はない。加えて、旧作では重要な役割を果たしてきた個性的なターミネーターもいない。そこにはただ残忍な殺人マシーンがいるだけだ。「ターミネーター」のタイトルは不要なのではと思うほどなのだが、それでもジョンが言う懐かしいキメ台詞やシュワルツェネッガーの驚きの特別出演にはワクワクする。

シリーズ4作目にして新生3部作の始まりである本作の魅力は新キャラのマーカスに尽きる。人間と機械の両方の哀しみを知る彼が、ジョンと人類のために払う犠牲は涙なくしては見られない。「私はジョン・コナー」と何度も繰り返す主人公は、マーカスの人間性に支えられ“自分自身”になったといえよう。複雑な時間軸と変化する過去や未来に、凝った世界観がある。そこに人類を助ける特別な存在がいたという事実が、このダークな物語の希望の光だ。
【70点】
(原題「TERMINATOR SALVATION」)
(アメリカ/マックG監督/クリスチャン・ベイル、サム・ワーシントン、アントン・イェルチン、他)
(救世主度:★★★☆☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックお願いします(^o^)

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が趣味で運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり更新中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
当サイトはリンクフリーです
★相互リンクは設けておりませんが、当サイトはリンクフリーなので自由にリンクしてください。リンクの報告は基本的に不要です。
リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ