映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「あさひなぐ」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」「プラネタリウム」「ユリゴコロ」etc.

クリストファー・ノーラン

ダンケルク

DUNKIRK
1940年、英仏連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。背後は海。陸も空も敵が迫っていた。若き兵士トミーとその仲間らはそれでも生き抜くことをあきらめてはいない。一方で、母国イギリスでは海を隔てた対岸の仲間の救出に、民間船までもが動員されることになり、船長のドーソンらは危険を顧みずダンケルクへと向かう。英空軍のパイロットのファリアもまた、圧倒的に形勢不利な状況の中、出撃。こうして、命懸けの救出作戦が始まった…。

第2次世界大戦中に約40万人もの兵士を救った史上最大の救出作戦を描く戦争スペクタクル「ダンケルク」。斬新な世界観で観客を魅了してきた俊英クリストファー・ノーラン監督が初めて実話の映画化に挑んだ力作だ。ダンケルクの撤退は、過去にも何度か映画化されていて、民間人が命がけで兵士を助けたということもあり、美談として語り継がれている。結果が分かっているスタンダードな史実だが、ノーラン監督の手にかかると、驚くほどの緊迫感で迫りくる戦争叙事詩となる。映画を見る観客は、そのまま曇天のダンケルクの戦場へと放り込まれ、すさまじい映像体験に圧倒されるはずだ。

ノーラン監督らしい演出は、時間と場所をシャッフルして描いたことだろう。陸・海・空の3つのパートに分かれているが、構成は極めて緻密だ。一見、3パートは同時進行しているように見えるが、ダンケルクの浜辺の陸上は1週間、民間船がダンケルクへと向かう海は1日、戦闘機が舞う空の戦いは1時間の出来事なのだ。その3つが最後には同じ瞬間に向かって収束していくストーリー展開は、見事というしかない。圧倒的な迫力の映像や、トム・ハーディやキリアン・マーフィ、ケネス・ブラナーら、名優たちの競演も素晴らしい。同時に、兵士のPTSD(心的外傷後ストレス障害)や仲間同士の諍いなどの極限状態のドラマも織り交ぜている。そんな中、マーク・ライランス演じる民間船の船長と息子の、毅然とした行動には心を打たれた。一致団結して戦った名もない人々の自己犠牲と勇気のおかげで、今の私たちがある。メッセージが明白だからこそ、華々しい勝利の戦いではなく、生き残りをかけた大撤退が、胸に迫ってくるのだ。くどくどと説明などせず映像で勝負する潔い演出で、上映時間はキリリと短い106分。無駄なシーンは何一つない。圧巻の臨場感を体験するためにも、ぜひ大スクリーンで見てほしい。
【90点】
(原題「DUNKIRK」)
(米・英・仏・オランダ/クリストファー・ノーラン監督/トム・ハーディ、キリアン・マーフィ、ケネス・ブラナー、他)
(愛国心度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

インターステラー

インターステラー ブルーレイ スチールブック仕様(2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
人類の存亡をかけて宇宙へ旅立つ壮大なミッションを描くSFドラマ「インターステラー」。驚愕の映像と父娘愛のドラマで、169分の長尺をグイグイ引っ張っていく。

近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類は滅亡の危機を迎えていた。元パイロットのクーパーは、居住可能な新たな惑星を探すという危険なミッションに挑むことになる。幼い娘を地球に残して旅立つ苦悩と、人類を滅亡から救う使命の間で葛藤するクーパーだったが、やがて「必ず戻ってくる」との約束を胸に、数人のクルーと共に、前人未到の宇宙空間へと旅立つことになる…。

人類を救うために未知なる宇宙へ。この「アルマゲドン」な設定に、実は、見る前は、期待度は薄かった。だが、蓋をあけてみれば、やっぱり才人クリストファー・ノーラン、時間と空間、そして愛をテーマに、壮大な宇宙への旅をスタイリッシュな映像で描いてくれた。相対性理論とキップ・ソーン博士のタイムワープ論などは、根っからの文系の私には難しすぎて困ったが、映画のベースは父と娘の親子愛なので、意外なほどすんなりとストーリーを追うことができる。人類が居住可能な星は本当にあるのか?とのサスペンスフルな展開で緊張感をはらみつつ、映像派のノーラン監督が魅せてくれるのは今まで見たことがないような宇宙のヴィジュアルだ。ワームホールを通過しブラックホールに突入、宇宙空間で時空を超越すれば、4次元、5次元の世界が見えてくる。終盤に登場する、本棚のシークエンスは、時空を超えた親子愛の神秘とでも言おうか。マコノヒー、ハサウェイ、チャステイン、ケインら、実力派俳優が勢ぞろいするが、話が壮大すぎて彼らの演技の素晴らしさのことを、しばし忘れてしまっていた。このことが、人類の歴史や英知など、広大な宇宙の中では、些細なことにすぎないとの思いに重なった時、改めてノーラン作品のスケールの大きさを実感するのである。
【90点】
(原題「INTERSTELLAR」)
(アメリカ/クリストファー・ノーラン監督/マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、他)
(壮大度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
インターステラー@ぴあ映画生活

映画レビュー「ダークナイト ライジング」

ダークナイト ライジング BATMAN COWL ブルーレイ プレミアムBOX(初回数量限定生産) [Blu-ray]ダークナイト ライジング BATMAN COWL ブルーレイ プレミアムBOX(初回数量限定生産) [Blu-ray]
クチコミを見る
◆プチレビュー◆
ノーラン版バットマンの完結編「ダークナイト ライジング」。正義と悪の定義を深く掘り下げた壮絶な物語から一瞬も目が離せない。 【80点】

 トゥーフェイスことデント検事殺害の罪を被ったまま、姿を消したバットマン。だが、ゴッサムシティに、街の破壊をもくろむ凶悪犯ベインが現れたことで、億万長者のブルース・ウェインは、再びバットマンとなって戦うことを決意する…。

 ついに完結する「バットマン」には、あらゆるところに意外性が仕掛けられている。物語の舞台は、前作から8年後。恋人レイチェルの死から立ち直れず、他人との接触を避け、世捨て人のように暮らすブルースの前に現れたのは、敵か味方か不明の謎の泥棒キャットウーマンと、不気味なヘッドギアを付けた史上最凶の男ベイン。かつての敵ジョーカーがアナーキストだとすれば、ベインは狡猾なテロリストである。この悪人の正体と出自は終盤に明かされるが、彼とつながる人物の深い闇は、驚くべきものだ。

 ベインとその仲間によってすべてを奪われ、奈落の底に突き落とされたブルースが、そこからどう這い上がるのか。ここにも意外性が隠されている。ヒントは、バットマンというヒーローが、特殊能力を持たない普通の人間だということ。精神と肉体を極限まで鍛えることで、バットマンの闘志は初めて正義という名の衣をまとうことができるのだ。

 壮大で独特な美意識に彩られた迫力の映像にも注目したい。アメフト会場でのおぞましいテロ行為は、地が割れ、人を飲み込み、この世の終わりかとも思えるすさまじさを至近距離のカメラでスピーティに追う。一方で、巨大な橋が次々に爆破され崩れ落ちる様は、神の視点のような冷徹な俯瞰映像だ。ユニークでクールな武器も健在。バットマンが操る飛行能力を持つ新型バットモービル“フライング・ビーグル”の疾走には興奮必至だ。

 クリスチャン・ベールら、おなじみの俳優陣や新キャラは文句のつけどころがないが、今回はゲイリー・オールドマン演じるゴードン警部とブルースの、これまた意外なつながりが明かされ、闇の物語の中での一筋の希望となっている。ジョセフ・ゴードン=レヴィットが演じる警官ジョンには、ラストに「そうか、彼が“彼”だったとは!」というサプライズも用意されている。

 本作の登場人物は、皆、心に闇を抱えながら正義と悪のせめぎあいの中で苦しむキャラクター。“壮絶に伝説が終わる”とのキャッチコピーにふさわしいファイナルには、大きな犠牲的精神と献身が通奏低音のように横たわっている。この物語は、黙示録なのだろうか。そうではない。私たち観客は、闇の騎士(ダークナイト)バットマンという複雑なヒーローが暗躍する超大作エンタテインメントを通して、もう一度世界に希望を取り戻す人間ドラマを目撃するのだ。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)壮絶度:★★★★★

□2012年 アメリカ映画 □原題「THE DARK KNIGHT RISES」
□監督:クリストファー・ノーラン
□出演:クリスチャン・ベール、アン・ハサウェイ、トム・ハーディ、他
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ダークナイト ライジング@ぴあ映画生活

映画レビュー「インセプション」

インセプション [DVD]インセプション [DVD]
◆プチレビュー◆
物語は複雑だがスタイリッシュなアクションで一気に魅せるSF娯楽作。夢と現実を結ぶのは願いだった。 【70点】

 コブは、人が最も無防備になる夢の中で、他人のアイデアを盗む犯罪分野のスペシャリスト。国際指名手配中でアメリカに戻れない彼に、大実業家・サイトーが半ば強引に仕事を依頼する。それは他人の潜在意識に入り込み、ある考えを植えつける“インセプション”という最高難易度の犯罪だった…。

 身体を動かさずに物語を見る映画は、夢を見る行為によく似ている。スクリーンの仮想空間の中、私たちは作り手から与えられた物語で、笑い、泣き、悩み、感動する。違いは現実と非現実の境界を知覚しているかどうかだ。そんな極めて映画的な題材“夢”に挑んだクリストファー・ノーランは、作家性と商業性を兼ね備えた稀有な監督である。デビュー作「フォロウィング」では、他人の家に無断で入り込んだが、本作では夢に侵入。しかも都合のいい夢を用意してそこに誘導し、潜在意識を操る。近未来では、夢とは、共有でき、潜入でき、創作できるものだ。ビジネスと犯罪の恰好のフィールドというわけである。

 主人公コブが、命懸けの仕事を引き受けるのは、成功と引き換えに愛する家族のもとへ帰るため。依頼主のサイトーが彼に課した仕事は、ライバル企業のオーナーの跡取り・ロバートに、自分で自分の会社を潰す考えを植えつけるというインセプションだ。成功すれば究極の完全犯罪である。物語は、日本、フランス、モロッコなど6ヶ国を舞台に壮大なスケールで展開する。コブは一流のチームを結成し、周到な計画を立て、現実そっくりの夢の中へロバートを誘いこむが、夢を守る訓練を受けたロバートの抵抗にあった上、最愛の妻モルがたびたび彼の前に立ち塞がった。通常、夢の中で死ぬと目覚めるが、強烈な薬で誘導された夢では、死ぬと潜在意識の虚無に落ちて廃人になる。コブたちは危険な夢の中で敵と激闘になり、事態は思わぬ方向へと発展してしまう。

 入り組んだ物語にはアクションとセンチメンタリズムが同居するが、主戦場となる夢の世界が多重構造というのが面白い。もともと偽造の夢の中、そこでの夢の中で見る夢となると、もはや壮大なだまし絵の世界に近い。瞬時に頭で理解しようとしても、混乱してしまうが、それぞれの世界でド派手なアクションが用意されているので、不思議とストレスは感じない。何しろビジュアルが驚異的なのだ。街が折れ曲がり、無重力で格闘すれば、空間が歪む。階層になった夢のルールで、数分が数年になれば時間が歪む。迷宮の中、コブ自身のトラウマと、意識の深層にある願いがあまりにも切ない。

 夢という無形で無限の素材を使い、犯罪、アクション、ラブストーリーまで組み合わせた前代未聞のこの映画、“邯鄲の夢”にも似た物語はなるほど複雑だが、思わず唸る面白さだ。コブの急所である妻との関係性が、物語を衝撃的なラストへと導いていく。チームの一人で夢の設計師の名前はアリアドネ。ギリシャ神話で、迷宮からの脱出に糸玉を使うことを教える女性の名だ。難問を解決する鍵“アリアドネの糸”は、本作では、現実に戻るために自分だけが感覚を知る小さな独楽(こま)。独楽は回り続けるのか、それとも止まるのか。見る人に解釈を委ねるラストが、いつまでも余韻となって残る。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)スタイリッシュ度:★★★★☆

□2010年 アメリカ映画 原題「Inception」
□監督:クリストファー・ノーラン
□出演:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、マリオン・コティヤール、他

映画レビュー用BRバナー


←応援ポチ、よろしくお願いします!

映画レビュー「ダークナイト」

ダークナイト 特別版 [DVD]ダークナイト 特別版 [DVD]
◆プチレビュー◆
闇のヒーローの苦悩を描く人間ドラマが秀逸。故ヒース・レジャーの鬼気迫る演技は必見だ。 【85点】

 ゴッサム・シティは、正義漢の新任検事ベントらのおかげで平和な街に。だが、そこに悪のカリスマ・ジョーカーが現われる。暴挙を繰り返すジョーカーに、バットマンこと大富豪のブルース・ウェインは追いつめられる…。

 題名から“バットマン”の文字が消えた。前作「バットマン・ビギンズ」も含め、過去を刷新する決意表明で、この作品の本気度は極めて高い。バットマンはアメコミ・ヒーローの中でも一際ダークで異彩を放つが、今回は対峙する悪の猛威も桁外れ。もはや単純なヒーローものの枠には収まらないのだ。不気味な死の影が覆うこの傑作は、映画冒頭から重低音で脳髄の芯まで響いてくる。

 バットマンの武器は、自らの意思で鍛えた運動能力と知性だけだ。圧倒的な財力のおかげでバットモービルやバットスーツなど、スペシャルな装備を持ってはいるが、もともと彼には超人的な能力はない。命がけの戦いは彼の身体に無数の傷痕を残している。傷は肉体だけではない。平和を求めるバットマンの原動力は、両親を殺した悪への憎悪なのだ。これでは心の傷跡も増える一方だ。しかも、彼が行う、法律とは別の正義は、結果的に悪を呼び寄せてしまう。正真正銘のアナーキーにして極悪非道なジョーカーがそれだ。「おまえは俺だ」というジョーカーの言葉に苦悩するバットマン。二律背反に限界ギリギリまで引き裂かれる主人公の魂が、人間ドラマとして深い感動を誘う。

 本作では、ジョーカー、トゥー・フェイスという過去に登場したキャラを呼び戻した。二人にバットマンを加えた三つの力の衝突が物語を転がしていく。重要キャストの命さえ平気で奪う異様なストーリーはいったいどこへ向かうのか。観客の混乱をよそに、狡猾なジョーカーはバットマンの周りの生命を天秤にかけて弄ぶ。だが、もがくヒーローが、炎から抜け出す時こそ覚醒のとき。二輪車バットポッドが轟音とともに駆け抜けた瞬間、最高にエモーショナルな興奮に包まれる。

 この一級のクライム・アクションは、演技面でも隙はない。主役から脇役まで実力派揃いだが、中でもジョーカー役のヒース・レジャーの怪演は圧巻というしかない。ジョーカーと言えば、かつて名優ジャック・ニコルソンが演じた役。だがヒースは、プレッシャーを不敵な笑みに内包し、役柄をモノにした。陰気な猫背に黄色い歯、時には女装さえしてみせる。狂気の極みで吼える若き演技派は、自らの命と引き代えるかのごとく、死でニコルソンを越えていった。

 正義に燃えるデント判事を光の騎士と呼び、あえて汚名を被るバットマンこそは闇の騎士(ダークナイト)。2人の間には、愛する女性レイチェルへの思いも横たわる。最強にして最狂の敵ジョーカーが仕掛けたゲームに対し、バットマンは彼のみにしか出来ない行為で応える。それは“正しい選択”だ。

 夜明け前は最も暗い。闇に消えるストイックなヒーローの後姿がまぶたに焼き付いて離れない。彼はきっと戻ってくると信じよう。なぜなら、バットマンの正義を知るのは、忠実な執事アルフレッドと、私たち観客だけなのだから。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)スタイリッシュ度:★★★★★

□2008年 アメリカ映画 原題「THE DARK KNIGHT」
□監督:クリストファー・ノーラン
□出演:クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、他

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ