映画通信シネマッシモ


映画通信シネマッシモは、2018年4月をもって、終了しました。

ブログ終了にあたり、たくさんのあたたかいコメントをお寄せいただき、本当にありがとうございました。
皆さまの映画ライフに少しでもお役に立てたならこれほど嬉しいことはありません。
長い間のご愛顧に心より感謝いたします。

クヮヴェンジャネ・ウォレス

ANNIE アニー

ANNIE/アニー(初回限定版) [Blu-ray]
名作ミュージカルを現代風にアレンジした「ANNIE アニー」。キャメロン・ディアスの怪演が一番の見どころ。

現代のNY。失踪した両親を待ち続ける孤児のアニーは、事故に遭いそうなところをIT長者でNY市長候補のスタックスに助けられる。スタックスの選挙参謀は、アニーの境遇を知って選挙のイメージアップのために彼女を引き取ることを提案。極度の潔癖症で人付き合いが苦手なスタックスだったが、アニーと奇妙な共同生活を送る中、2人の間に絆が芽生える。だが、ある日、アニーの両親という男女が名乗り出る…。

世界中で人気のブロードウェイ・ミュージカルで、1982年には映画化もされている。今回のリメークは時代を現代にするなど、設定を変え、同時代性をアピールした作りになっている。ネット社会のメディア戦略はいかにも21世紀だし、アニーが負けず嫌いな都会っ子なのも新鮮だ。だがどうにもミュージカルとしての魅力に乏しい。有名なスタンダートナンバー「トゥモロー」が流れれば懐かしさや安定感はあるものの、すべてが軽いノリなのだ。アニーは、大富豪のスタックスが自分を選挙キャンペーンの道具にしようとしているのは百も承知。彼女も自分の両親をみつけるのにスタックスの知名度を利用しようと考える駆け引きがあったりと、けなげというより、したたかでたくましい。とはいえ、スタックスとアニーがやがて心を通わせるのはお約束。ただ彼らは擬似親子というより、戦友のようなのだ。2人が映画館で観る映画には、ミラ・クニスとアシュトン・カッチャーが出演するなど、何気に豪華。何かと不満のこのミュージカルだが、歌やダンスのイメージからはかけ離れたキャメロン・ディアスが、過去の栄光にすがる元シンガーで、孤児たちをコキ使う意地悪な養母を演じていることに注目したい。完全に周囲から浮き上がって異彩を放ち、最も記憶に残るはずだ。
【50点】
(原題「ANNIE」)
(アメリカ/ウィル・グラック監督/ジェイミー・フォックス、クヮヴェンジャネ・ウォレス、キャメロン・ディアス、他)
(現代性度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ANNIE/アニー@ぴあ映画生活

映画レビュー「ハッシュパピー バスタブ島の少女」

ハッシュパピー バスタブ島の少女 [Blu-ray]
◆プチレビュー◆
6歳の少女の心の成長を描く「ハッシュパピー バスタブ島の少女」。生命力みなぎる荒々しいファンタジーは、唯一無二の魅力。 【90点】

 6歳の少女ハッシュパピーは、バスタブ島で父ウィンクや住民たちと共に穏やかに暮らしている。だが大嵐が島を襲い、すべてを奪っていった。さらに父が重い病気であることが判明。厳しすぎる現実に途方にくれながらも、ハッシュパピーは、父を、そして世界を守るため、ある決心をする…。

 タンポポのような髪型をした最高にキュートな野生児。それがこの物語のヒロインのハッシュパピーだ。住むのは、堤防によって世界から切り離された閉塞的なコミュニティー。暮らしは極貧。大好きな母はずいぶん昔に家を出たきりだし、父は飲んだくれの荒くれ男。常識的に見れば、トンデモなく不幸な環境なのだが、ハッシュパピーは、いつだって明るくタフで、思慮深い。この少女の力強さが物語を引っ張っていく。

 ハッシュパピーの考えはこうだ。この世界では命あるものはすべてバランスよく収まっていて、それは大切な自然界の秩序であり、絶対に守らねばならない。だがバスタブ島が温暖化によって存続の危機にあり、同時に氷河の中から目覚める有史以前の獰猛な野獣の出現を恐れてもいる。6歳の少女の目を通して、自然への愛情と畏怖、さらに生きる勇気を描くが、語り口が神話的でファンタジックなのには驚かされる。幻想と現実は、地続きであるがゆえに少女の決心は揺るぎがない。「この世界は、あたしが守る」。

 監督のベン・ザイトリンは、作曲家、アニメーターなど、さまざまな才能を発揮するマルチ・クリエイターで、本作が長編映画初監督となる。低予算、無名俳優で作り上げた本作は、ファンタジーながら、自然の猛威、政府の干渉、格差や貧困といったリアルな視点も忘れていない。さらにそこに、海上にある異世界という強力な磁場を用意するひねり技も。深い哀しみに負けず、奇跡を呼び起こす少女の成長と自己形成というビルドゥングスロマンに仕上げた手腕は、見事だ。

 ヒロインを演じたクヮヴェンジャネ・ウォレスちゃんは、撮影時6歳。カンヌ映画祭やアカデミー賞をはじめ、数々の映画祭で絶賛されたが、なるほど彼女の感受性豊かでいながら自然体の名演には唸らされる。荒々しいカメラワークと繊細な音楽の対比も絶妙。絶望的な世界に屹立する小さなヒロインの雄雄しいシルエットと、心優しい野獣がおこした奇跡の神話は、生命力そのもの。心揺さぶる傑作だ。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)幻想的度:★★★★☆

□2012年 アメリカ映画 □原題「BEASTS OF THE SOUTHERN WILD」
□監督:ベン・ザイトリン
□出演:クヮヴェンジャネ・ウォレス、ドワイト・ヘンリー、リービ・イースタリー、他
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜@ぴあ映画生活
おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ