映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」「ユダヤ人を救った動物園」etc.

ケイシー・アフレック

マンチェスター・バイ・ザ・シー

マンチェスター・バイ・ザ・シー
ボストン郊外で便利屋をしているリーは、兄ジョーの突然の死をきっかけに、故郷の町マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻る。すぐに立ち去る予定だったが、兄が遺言で、16歳の甥パトリックの後見人としてリーを指名したと知って驚く。養育費も準備され、家のローンも返済済だったが、条件はリーがこの町に引っ越してくることだった。弁護士に返事を保留したリーは、やむを得ずしばらく町に滞在することに。リーは、かつて暮らしたこの町で起った悲劇的な過去に向き合うことになる…。

癒えることのない悲しみを抱えた主人公が過去に向き合うヒューマン・ドラマ「マンチェスター・バイ・ザ・シー」。タイトルは主人公リーがかつて暮らした、そして二度と戻ることはないと思っていた故郷の町の名前だ。海辺のその町は、美しいがどこかもの哀しく、空や海にさす淡い光も寂しげである。リーはいったい、過去にどんなことがあったのか。故郷に居場所がなくなったのはなぜなのか。遠巻きにリーを見つめる周囲の人々の短い言葉やリーの回想によって少しずつ過去の出来事が明らかになるプロセスは、ミステリアスで引きこまれる。過去のパートが謎めいている一方で、叔父リーの過去をほとんど知らない現代っ子のパトリックと数日過ごすうちに、リーの頑なな心がほんの少し和らいでくる現在パートは、疑似親子のような関係性を予感させる。だが、監督ケネス・ロナーガンの脚本は、そんな安易な癒しや再生には傾かない。心が壊れ無感覚になってしまったリーは、凡百の慰めなど受け付けないほど、深い喪失感の中にいるのだ。リーに大きな変化や成長がないのが、この物語のリアリティであり最大の個性である。ボソボソと口ごもりながら話し、視線を落として猫背で歩くリーは、まるで自分で自分を罰しているかのように、影が薄い主人公だ。最小限のセリフと、表情や仕草だけでリーの絶望を演じ切ったケイシー・アフレックの抑えた演技が素晴らしい。出番は少ないが元妻を演じるミシェル・ウィリアムズもまた秀逸だ。かつて激しいやりとりがあったであろう夫婦のその時の姿をあえて描かない演出に、脚本の上手さがある。この町で生きるのはあまりにつらすぎる。だが、もう一度誰かのために生きるチャンスを与えられた。決して消えない心の痛みをそのまま抱えながら、それでもリーは、小さな1歩を踏み出そうとしている。青く凪いだ海に垂れる釣り糸の先には、きっと希望があると信じて。暗く重くるしい映画だが、じっくりと向き合ってその滋味を味わってほしい。
【85点】
(原題「MANCHESTER BY THE SEA」)
(アメリカ/ケネス・ロナーガン監督/ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、他)
(喪失感度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
マンチェスター・バイ・ザ・シー|映画情報のぴあ映画生活

ザ・ブリザード

ザ・ブリザード ブルーレイ(デジタルコピー付き) [Blu-ray]
1952年、アメリカ、マサチューセッツ州ケープコッド沖。史上最大級のブリザードに遭遇した巨大タンカーが、船体が真っ二つになって遭難する。沿岸警備隊チャタム局の4人の隊員たちは、新任司令官の命令で、小型救助艇で、取り残された乗組員の救出へ向かう。隊員のバーニーは、以前、救助に失敗し8人の命を失ったことを悔やみ、「もう誰も死なせはしない」と決心していた。だが残された時間は数時間。荒れ狂う海で命綱であるコンパスを失った救助艇は、史上最も不可能な救出ミッションに挑もうとしていた…。

アメリカ沿岸警備隊史上最も困難とされた海難事故“SSペンドルトン号の救出劇”を、実話をもとに描いた海洋パニック・アクション「ザ・ブリザード」。沈没する巨大タンカーの乗組員と、救出に向かう沿岸警備隊の、両方のドラマを同時進行で描いていく。それにしても、これほどの嵐の中、遭難した32名を救うのに、乗り込むのは木製のオンボロ小型船、最初からほとんど救助のための設備もなく、そもそもマサチューセッツ州沖の危険な砂州チャタム・バーを超えるという難題付のミッションとは。設定として、ムチャぶりもはなはだしいと言いたいが、実話なのだから、しかたがない。内向的でトラウマ持ちだが正義感が強い沿岸警備隊のバーニーのドラマはやや物足りないが、奇想天外な策でサバイバルを繰り広げる一等機関士シーバードが率いる、救助を待つタンカー内のドラマはなかなかユニークだ。身も心も凍てついてしまいそうなこの映画、冬に見るには少々ツラいが、現状を冷静に判断した上で、最大限の勇気で圧倒的な自然に立ち向かった男たちのドラマは、この上なく熱い。映画のラストに、実在した人々の写真が紹介され、さらなる感動を誘う。
【70点】
(原題「THE FINEST HOURS」)
(アメリカ/クレイグ・ギレスピー監督/クリス・パイン、エリック・バナ、ケイシー・アフレック、他)
(ムチャ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
ザ・ブリザード@ぴあ映画生活

容疑者、ホアキン・フェニックス

容疑者、ホアキン・フェニックス [DVD]容疑者、ホアキン・フェニックス [DVD] [DVD]
若き名優ホアキン・フェニックスが、時間と大金と俳優生命を賭けて仕掛けた壮大なジョークの顛末を描いたフェイク・ドキュメンタリーが「容疑者、ホアキン・フェニックス」だ。

故リバー・フェニックスの弟で、「グラディエイター」「ウォーク・ザ・ライン」でオスカーに2度もノミネートされたホアキン・フェニックスが、突如、俳優引退とラッパー転向を宣言したのが2008年。しかも、激太り、ヒゲ伸ばし放題、挙動不審で会話もままならないホアキンを見て、世間は、兄リバー同様、薬物依存の末に精神を病んだのではとささやき、同情した。いったいホアキンに何が起こったのか?!世界中が心配する中、2年後、ラッパー転向も心身の激変も、すべてがフェイクだと判明する…。

2年間も仕事をキャンセルし、億単位の私財を投じ、奇行を繰り返す。こんな手の込んだイタズラを仕掛ける俳優が本当にいるとは。劇中、肥満体を揺すりながらラッパーデビューを目指して奮闘するホアキンの姿は痛々しいのだが、彼の音楽への熱意(?)を見込んでプロデュースを引き受けた超大物プロデューサー、ディディ(ショーン・コムズ)をはじめ、多くのセレブが本気で騙されている姿は、さらにイタい。だが、今となってはすべてが大ウソだと分かっているので、彼のヘタなラップ(「ウォーク・ザ・ライン」では実際に美声を披露しているので、本当は歌は上手い)や病気としか思えない奇行、マネージャーへの暴言や、俳優仲間への嫉妬・中傷など、すべてが演技なのだと思うと、改めて彼の高い“演技力”に感心したりもするのだ。

この前代未聞のお騒がせモキュメンタリーを監督したのは、ベン・アフレックの実弟で、ホアキンの義弟(ホアキンの妹サマーの夫)である俳優ケイシー・アフレック。これが彼の栄えある監督デビューだ。

そもそもは、アメリカで人気のリアリティ番組を見て騙される人が多いことを知って、思いついた企画だそう。手間暇をかけ世間を騙した本作の真の目的は何だったのだろう。アメリカのリアリティ番組は、ドキュメンタリースタイルで素人出演者に密着して撮影する。出演者も過剰に反応し、視聴者がそれに審判を下すという、ある種、異様な双方向性を持っている。他人の人生を覗き見した上に、批判するという低俗な行為への痛烈な抗議なのだろうか。本作にその効果があったのかどうかは、はなはだ疑問だが、意図的に周囲を騙し大騒動を巻き起こしたホアキン・フェニックスの向こう側に、行き過ぎのセレブ信奉や、リアリティ番組の非リアリティ、歪んだ変身願望などが透けてみえて、結果、現代アメリカの負の部分を意外な形で露呈した作品となった。本作のポスターには、ヒゲ面にサングラスのホアキンの顔面に「WANTED」の文字。“信じた私が、バカでした”というキャッチコピーが、改めて苦笑を誘う。

(出演:ホアキン・フェニックス、アントニー・ラングドン、ケイリー・ペルロフ、他)
(2010年/アメリカ/ケイシー・アフレック監督/原題「I'M STILL HERE」)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

容疑者、ホアキン・フェニックス@ぴあ映画生活

キラー・インサイド・ミー

キラー・インサイド・ミー [DVD]キラー・インサイド・ミー [DVD]
封印されていた暴力への激しい欲望に、答えなどない。共感できない主人公を、淡々と演じるケイシー・アフレックが不気味なほど上手い。

1950年代のテキサスの田舎町。ルーは、街の誰からも頼られる仕事熱心な保安官助手で、幼馴染の女性教師エイミーという恋人もいる好青年だ。そんな彼は上司の命令で、町外れに住む娼婦のジョイスを立ち退かせようとするが、逆に彼女に強く惹かれてしまい、情事に溺れるようになる。ある日、ジョイスから彼女に夢中のエルマーと、その父で街の有力者のチェスターを罠にハメて金を奪う計画を持ちかけられる。ジョイスとの出会いから、長年封じ込めていた残虐性があらわになったルーだったが、計画は思わぬ方向へ転がり始める…。

原作は、アメリカの代表的なフィルム・ノワール作家ジム・トンプスンの「おれの中の殺し屋」。主人公ルーは子供のころに亡くした兄の死への復讐を秘めて、ジョイスの計画に乗るように思えるが、本当は彼の心の奥に眠っていた暴力と殺人の衝動を、開放する機会をずっと待っていたのかもしれない。彼は、平和と退屈の隙間に紛れ込んだ異分子で、汚れた存在である娼婦の中に、自分が本当になりたいと願う姿を見たに違いない。「すぐ終わる。すまない。愛してる」と優しさと哀れみの言葉を囁きながら、ジョイスを殴り殺すルー。彼は、刺激のかけらもない自分という存在そのものを破壊しているのだ。こんな破滅願望は、誰の胸にも秘められているのだろうか。ルーがあからさまな異常者ではなく、孤独や痛みを内包するごく当たり前の人間だけに、繰り返される殺人や凶行の答えを導き出すことが恐ろしくなる。何より、現代にはびこる動機なき犯罪の芽が、平和で豊かなはずの1950年代の米国の田舎町に、すでにどす黒く芽生えていたことに戦慄を覚えた。
【60点】
(原題「THE KILLER INSIDE ME」)
(米・スウェーデン・英・加/マイケル・ウィンターボトム監督/ケイシー・アフレック、ケイト・ハドソン、ジェシカ・アルバ、他)
(共感度:★☆☆☆☆)

チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
キラー・インサイド・ミー@ぴあ映画生活

ゴーン・ベイビー・ゴーン

ゴーン・ベイビー・ゴーンゴーン・ベイビー・ゴーン
日本ではなぜか劇場未公開だった米映画「ゴーン・ベイビー・ゴーン」をDVDで鑑賞。

俳優のベン・アフレックが初めて監督に挑戦した作品だ。
主演はベンの実弟ケイシー・アフレック。共演は、最近売れっ子のミシェル・モナハン。他に、ベテランのモーガン・フリーマンとエド・ハリスが重要な役で登場。ちなみにベンは出演せず監督業に専念している。

ボストン・ドーチェスター地区を舞台に、少女誘拐事件を追う暗いサスペンスだ。これだけの豪華キャストなのに、なぜ日本ではビデオ・スルー(劇場公開されず直接レンタル店に並ぶ作品)になってしまったのかは不明だが、過激な銃の描写でR指定は必至、何より幼児虐待という陰鬱なテーマが問題だったのでは…と推察する。案の定、米国での興収はかんばしくなかった。

物語は、やや懲りすぎの感はあるものの、アメリカ映画によくある勧善懲悪ものではなく、何が正しいのかをはっきりと描かない、いわゆる問題提起型の作品と言えようか。子供にとって何が幸せなのか、親と社会の役割や限界などがテーマ。作り手の意欲は感じるのだが、子供を題材にしているだけに、白黒をはっきりと付けない曖昧さがあと味の悪さにつながってしまった。それから、ケイシーはいい役者だが、風貌が幼いので、やさぐれ探偵に見えないのもマイナスだったと思う。

それでも監督であるアフレックは、出身地のボストンの空気を上手くつかみ、地元住民をエキストラに使ってリアルな質感を目指すなど、真摯に取り組んでいる。彼はかつて、「グッドウィル・ハンティング」の共同脚本で盟友マット・デイモンと共にオスカーを受賞した才能の持ち主だ。米国では、児童犯罪は、デリケートな社会問題。本作では、あえて難しいテーマに挑む気概とアフレックの映画作りへのこだわりを、評価したい。

(出演:ケイシー・アフレック、ミシャル・モナハン、モーガン・フリーマン、他)
(2007年/アメリカ/ベン・アフレック監督/原題「Gone Baby Gone」)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

ゴーン・ベイビー・ゴーン@ぴあ映画生活
シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ