映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」「ユダヤ人を救った動物園」etc.

ケネス・ブラナー

オリエント急行殺人事件

オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
ヨーロッパ各地を結ぶ豪華寝台列車オリエント急行で、アメリカ人の富豪ラチェットが刺殺される事件が起こる。偶然、この列車に乗り合わせていた世界的名探偵エルキュール・ポアロは、大雪で立ち往生し密室となった列車の、一等車両の乗客に話を聞いていくが、乗客たちには全員アリバイがあった。未亡人、家庭教師、宣教師、公爵夫人、教授、医者、セールスマン…。目的地以外共通点がないように見えた乗客たちだったが、やがて過去に起きた悲劇的な事件との関連性が浮かび上がる…。

アガサ・クリスティの名作ミステリーを豪華キャストで映画化した「オリエント急行殺人事件」。原作は1934年に初版された傑作推理小説。シドニー・ルメット監督によってオールスターキャストで映画化された1974年の映画もまた、名作ミステリーとして名高い。灰色の脳細胞を持つ名探偵ポアロが難事件に挑むストーリーは、基本的には同じだが、ケネス・ブラナー監督は、自らが演じるポアロも含めて、現代的な解釈を施している。訳ありの乗客たちを演じるのは、ほとんどが主役級の俳優だ。犯人を知っていても、結末が分かっていても、十分に楽しめるのは、彼らの演技合戦が素晴らしいからに他ならない。まるで古典芸能を見ているような豊かな気分になる。意外なキャスティングとしては、ダンサーのセルゲイ・ポルーニン。出演時間は少ないが、強烈なインパクトを残してくれた。

贅沢なオリエント急行の列車の中はもちろん豪華で見応えがあるが、今回のポアロは、大雪で立ち往生する列車の外でお茶を飲んだり、列車の屋根の上を走ったり、とにかく“外に出る”。シネスコ映像による広大な風景は、過去作にはなかった魅力だ。この世には善と悪しか存在しないというのがポアロの持論だが、この殺人事件のあまりにも悲しい真相は、ポアロに、真実が持つ別の側面を認めさせる。名探偵もまた事件によって学び、成長しているのだ。舞台で鍛え上げたケネス・ブラナーの存在感は抜群で、神経質でこだわり派、鋭い観察眼と分析力に加え、語学力や幅広い教養も併せ持つポアロを、巨大なヒゲと軽妙なセリフで演じて、ハマリ役である。どうやら次はナイルへ向かう様子。シリーズ化が楽しみになった。
【75点】
(原題「MURDER ON THE ORIENT EXPRESS」)
(アメリカ/ケネス・ブラナー監督/ケネス・ブラナー、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファー、他)
(豪華キャスト度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

シンデレラ

シンデレラ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
名作アニメをディズニーが実写映画化した「シンデレラ」。舞踏会シーンの美しさは圧巻。

幼い頃に母を亡くしたエラは、父親の再婚で継母トレメイン夫人とその連れ子である姉妹と暮らすことに。しかし父が事故で急死し、エラは継母たちに使用人のようにこき使われる。母の教えである“勇気と優しさ”を胸につらい仕打ちに耐えるエラだったが、ある日涙をこらえきれずに家を飛び出し、森へと馬を走らせる。そこで青年キッドに出会い心惹かれるが、実はキットは王国の王子だった…。

最近のディズニーの十八番である名作アニメの実写版は、それまで知られた物語を変化させるのがテクニックだったが、本作は私たちがよく知る「シンデレラ」の物語にほぼ忠実だ。それでもヒロインのエラは随所に現代的な魅力を放つ。王子と森で出会ったエラは質素な身なりで自分の境遇を隠さない。王子は最初は身分を伏せてはいるが次第に格式や因習から自由になっていく。王道のストーリーといえども、やはり現代的なテイストは必須なのだ。何より継母の悪巧みに対しシンデレラことエラが「あなたから王子と王国を守る」と宣言するのが新しい。シェイクスピア俳優でもあるケネス・ブラナー監督の格調高い演出は、大人の観客も十分に楽しませるもので、色彩の洪水のように華麗な舞踏会や、美しい馬車がかぼちゃにもどっていくスピード感あふれる演出には目をみはった。ヒロインのリリー・ジェームズの清純な美しさもいいが、継母役のケイト・ブランシェットの上手さもまた際立っていた。自分の幸せは自分でつかむ。そのためには“ありのまま”でなくてはいけない。ディズニーの新・王道はここでもしっかり活きている。
【70点】
(原題「CINDERELLA」)
(アメリカ/ケネス・ブラナー監督/リリー・ジェームズ、ケイト・ブランシェット、リチャード・マッデン、他)
(ゴージャス度:★★★★★)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
シンデレラ@ぴあ映画生活

エージェント:ライアン

【Amazon.co.jp限定】 エージェント:ライアン ブルーレイ&ブルーレイ特典ディスク スチールブック仕様(2枚組)(完全数量限定) [Blu-ray]
ジャック・ライアンシリーズの前日譚を描く「エージェント:ライアン」。文武両道のライアンは結局スーパーヒーローだった。

ウォール街に勤務する若き経済アナリスト、ジャック・ライアンは、実はCIAの分析官という裏の顔を持つ。ある日、ロシアの投資会社チェレヴィン・グループの不審な動きを察知したライアンは、全世界を標的とした経済テロが起こると予測する。上官のハーパーにエージェントの現地派遣を要請するが、ライアン自身が直接モスクワで調査をすることに。突然命を狙われ、初めて人を殺めたライアンは、困惑しながらも、恐るべき巨大な陰謀に立ち向かっていく…。

トム・クランシー原作の人気キャラクター、ジャック・ライアンは、映画ではかつて、アレック・ボールドウィン、ハリソン・フォード、ベン・アフレックが演じてきた。本作のクリス・パインは4代目ライアンとなるが、描かれるのは、ライアンが分析官からエージェントになる、いわばエピソード0(ゼロ)。物語はオリジナル・ストーリーである。海兵隊出身で、アフガンで負傷したライアンは、経済学、分析学の才能を買われ、CIAにリクルートされる。いきなり現場に放り込まれ、あれよあれよという間に、エージェント誕生というスピード展開だ。ジャック・ライアンといえば頭脳派のイメージだが、本作では若き日のライアンという設定もあり、かなりのアクション派。さしたる訓練も積んでいない彼が次々に敵を倒すその理由を「海兵隊出身で良かった」の一言で片付ける安直さ、ロシアが悪でアメリカが正義という、まるで冷戦時代のような単純な構図など、ご都合主義も多々あれど、そこはハリウッドのサスペンス・アクション、娯楽エンタテインメントとして楽しませてくれる。この大味なアクション映画の監督が英国のシェークスピア俳優ケネス・ブラナーというのはちょっと意外だが、「マイティ・ソー」でも監督を務めたくらいなので、アクションは本来嫌いじゃないのかもしれない。そのブラナー、監督としてはもう少し深みのある物語にしてほしかったが、彼が演じる悪役のチェレヴィンはなかなか面白い。国家を信じて国家に裏切られるこの人物の背景が知りたくなった。
【50点】
(原題「JACK RYAN: SHADOW RECRUIT」)
(アメリカ/ケネス・ブラナー監督/クリス・パイン、キーラ・ナイトレイ、ケヴィン・コスナー、他)
(エンタテインメント度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

エージェント:ライアン@ぴあ映画生活

マリリン 7日間の恋

マリリン 7日間の恋 [Blu-ray]マリリン 7日間の恋 [Blu-ray]
クチコミを見る
世紀の大スター、マリリン・モンローの秘めた恋を描く「マリリン 7日間の恋」。無理にマリリンに似せようとしないウィリアムズの演技がいい。

1956年、英国演劇界の名優ローレンス・オリヴィエと共演するために、ハリウッドからマリリン・モンローがやってくる。オリヴィエが監督と主演を務める映画「王子と踊り子」に出演するマリリンは大歓迎を受けるものの、異国での撮影によるプレッシャー、夫アーサー・ミラーとの確執、何よりオリヴィエが彼女の演技を受け入れないことで、孤立し、情緒不安定になる。そんな中、若き助監督のコリンに不安や孤独を打ち明けるうちに、二人は次第に親密になっていくのだが…。

オリヴィエの第3助監督を務めたコリン・クラークの回想録を元にしたこの物語は、はたしてどこまでが本当なのだろう。その7日間の恋は、恋というよりむしろ友情に近いものなのだが、それでも映画史上の神話ともいえるマリリン・モンローに秘密のロマンスがあったという物語はなんともロマンチックだ。シェークスピア俳優で伝統的な演技を重視するオリヴィエと、ハリウッド育ちのマリリンは、同じ大スターでもすべてにおいて正反対。直観的なセンスとメソッド演技にこだわるマリリンにオリヴィエはいらつくが、それは彼女が、演技する必要さえない、天性の才能の持ち主だと知っているからだ。そこにいるだけで映画が成立する唯一無二の存在マリリン。だが決して彼女は天真爛漫なだけの女優ではなかったとするのがこの映画の秀でたところだ。不安と孤独に苛まされ、マリリン自身が長い時間をかけて作り上げた“マリリン・モンローの虚像”に疲れきった、痛々しいセックス・シンボル。そんな壊れやすい大スターを演じるミシェル・ウィリアムズが秀逸だ。ダンスシーンや「王子と踊り子」の演技などでは、マリリンそっくりの動きをみせはするが、ウィリアムズはあえてマリリンの“そっくりさん”になろうとせず、むしろ少女のように傷つきやすい繊細な内面からアプローチし、結果的に素晴らしいマリリンになった。映画「王子と踊り子」の演技の裏話や、舞台版で同じ役を演じたオリヴィエの妻ヴィヴィアン・リーのわだかまりなど、この軽いコメディ映画の裏にこんなにもシリアスな思惑が渦巻いていたという事実が興味深い。
【70点】
(原題「My Week With Marilyn」)
(英・米/サイモン・カーティス監督/ミシェル・ウィリアムズ、ケネス・ブラナー、エマ・ワトソン、他)
(ナイーヴ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

マリリン 7日間の恋@ぴあ映画生活

マイティ・ソー

マイティ・ソー 3Dスーパーセット [Blu-ray]マイティ・ソー 3Dスーパーセット [Blu-ray]
北欧神話にアメコミを足し合わせ、ケネス・ブラナー流に料理すると、古典的なヒーローが誕生する不思議。クリス・ヘムズワースのマッチョぶりが妙に笑える。

神の世界“アスガルド”で最強の戦士であったソーは、横暴なふるまいで神々の世界を危険にさらす。父であり神々の王であるオーディンはソーの行為の怒り、彼の力と最強の武器“ムジョルニア”を奪い、地球へと追放する。無力で地球に落ちたソーは天文学者のジェーンと出会ったことで、徐々に人の痛みや弱さを理解していく。一方で、邪神のロキは神々の世界の征服を企み、ソーのもとへ凶悪な敵を送りこむ…。

何しろ主人公は神様だ。豪快で乱暴でオレ様ヒーローっぷりはハンパではない。荒々しいイメージの北欧神話をベースに、最新VFXを駆使した映像世界が、不思議なムードを醸し出している。監督は、意外なことに、シェークスピア劇を得意とするケネス・ブラナーだ。落ち着いて考えれば、かなりムチャクチャな話なのに、重厚に仕上げてしまうのは、さすがとしかいいようがない。物語を楽しめる理由は、主人公ソーが極めて分かりやすいキャラクターだからだろう。神々の王の息子という高貴な血筋の彼は、後継者としての自覚は有り余るほどで、闘いには進んで身を投じる正義感。傲慢な性格も、地球人の女性に恋すればあっさりと改善される。根は素直なのだ。トンカチ…、いやいや、ハンマーの形をした武器“ムジョルニア”はいかにも無骨だが、本物の戦士だけが使いこなすことができる。その資格は、父と子の葛藤を乗り越えた先にあったというのは、ほとんどギリシャ悲劇のようだ。ソーに仕える3人の忠実な戦士の一人ホーガンを演じる浅野忠信が、本作でハリウッドデビューを果たしているが、セリフは少ないもののビジュアル的には決して埋没していない。話は荒唐無稽だが実力ある役者との共演で、日本人俳優が存在感を示したことは喜ばしい。
【60点】
(原題「THOR」)
(アメリカ/ケネス・ブラナー監督/クリス・ヘムズワース、ナタリー・ポートマン、アンソニー・ホプキンス、他)
(豪快度:★★★★☆)
チケットぴあ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

マイティ・ソー@ぴあ映画生活

【送料無料】マイティ・ソー【MARVELCorner】

【送料無料】マイティ・ソー【MARVELCorner】
価格:3,092円(税込、送料別)

パイレーツ・ロック

パイレーツ・ロック [DVD]パイレーツ・ロック [DVD]
常に音楽シーンを牽引するブリテイッシュ・ロックにこんな規制秘話があったとは。1966年、英国では国営のBBCラジオからロックを流す時間はわずか45分。だが法が及ばない海上に海賊放送局があったというお話だ。高校を退学になったカールは、更正のため母の旧友のクエンティンの船に乗り込む。そこは個性的でクールなDJたちが政府の目を盗んで1日中ロックを流し続ける海賊放送局だった。自由を謳歌する船での生活で、カールは徐々に変化していく。

さすがは「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督、群像劇をテンポよくさばく腕がサエている。60年代のロックの名曲をバックに繰り広げられるコメディタッチの物語は、音楽ファン以外も十分に楽しめる内容だ。DJたちはアクが強く個性豊か。アメリカ出身のザ・カウント役のフィリップ・シーモア・ホフマンなど、あのルックスなのに最高にカッコよく見えてくるから不思議である。前半は無軌道だが自由なロックの空気を満喫し、後半は彼らを潰そうともくろむ政府との攻防でスリリングな展開に。はたして、海中に沈むレコードとDJたちの運命は?ディープな音楽ファンには、名曲の歌詞とストーリーのリンク度が不足で不満かもしれないが、ビートルズやストーンズを生んだ英国の音楽秘話と、ライト感覚の反骨精神を楽しみたい一般の映画ファンには文句なくお勧めだ。名曲「青い影」のメロディには思わず泣けた。
【70点】
(原題「THE BOAT THAT ROCKED」)
(イギリス/リチャード・カーティス監督/フィリップ・シーモア・ホフマン、トム・スターリッジ、ビル・ナイ、他)
(音楽満喫度:★★★★☆)

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

スルース

スルース 【探偵】 [DVD]スルース 【探偵】 [DVD]
英国を代表する俳優ケインとロウの二人芝居で魅せる作品は、男のエゴがむき出しで興味深い。初老の推理小説家と彼の妻の浮気相手が、屋敷の中で壮絶な心理戦を繰り広げる。ほとんど演劇を見ているのと同じ空間は、映画的広がりは感じないのだが、この作品ではそれは欠点ではなく魅力になっている。高慢で陰湿なケインが抜群だが、野卑なロウも負けてない。ただし女にはどちらも願い下げ。オリジナルと見比べるのも一興だろう。
【70点】
(原題「SLEUTH」)
(アメリカ/ケネス・ブラナー監督/マイケル・ケイン、ジュード・ロウ、他)
(スタイリッシュ度:★★★☆☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

魔笛

魔笛 [DVD]魔笛 [DVD]
なぜ英語で歌うのか?!モーツァルトの魔笛ほど有名な作品で、本物の歌手を使うなら英語圏でも歌は独語でいくべきだ。才人ブラナーらしく、時代設定を20世紀に置き換えるが、もとが荒唐無稽な話なのであまり意味をなさない。ただ戦車に乗って登場する夜の女王のビジュアルには思わずシビれた。
【50点】
(原題「THE MAGIC FLUTE」)
(イギリス/ケネス・ブラナー監督/ジョセフ・カイザー、エイミー・カーソン、ルネ・バーベ、他)
(熱意は買います度:★★★★☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックしてもらえると嬉しいです\(^o^)/

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
タグクラウド
  • ライブドアブログ