映画通信シネマッシモ


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

ゲイリー・オールドマン

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 (オリジナル・サウンドトラック)
第2次世界大戦勃発後の1940年、ヨーロッパでナチス・ドイツが猛威をふるうなか、イギリスでは、チェンバレンの後任としてウィンストン・チャーチルが英国首相に就任した。フランスは陥落寸前、英仏軍がダンケルクの海岸に窮地に追い込まれる絶対絶命の中、政界で敵が多いチャーチルは、ヒトラーとどう向き合うかの選択を迫られる。和平か、徹底抗戦か。街で市民の声を聞いたチャーチルは、国会で議員たちに向かって演説を始める…。

第2次世界大戦下のイギリスで、苦渋の選択を迫られるウィンストン・チャーチルの首相就任からダンケルクの戦いまでの4週間を描く伝記ドラマ「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」。対話か、抗戦か。ヒトラーという分かり易い絶対悪が存在していた時代、ここでの抗戦は正義の選択だ。だがそれは後の世の人間だから言えること。人間としても政治家としても欠点が多く、政敵だらけだったチャーチルは、不安と絶望の中で、国民に犠牲を強いる苦渋の決断をすることになる。歴史の渦中にいたチャーチルの決断に、今の私たちを含む全世界の運命がかかっていたのだ。本作は“DARKEST HOUR(最も暗い時)”に立ち上がることができる人間だけが真のリーダーなのだと教えるドラマなのである。

政治家の伝記映画だが堅苦しさはなく、新人秘書の目を通すことによって、老政治家チャーチルの私生活や家庭人としての側面、風変わりな仕事ぶりなどを描いたのが効果的だ。無心で猫とたわむれたり、トレードマークのVサインの意外な誕生秘話など、微笑ましいエピソードも楽しめる。何より偉大なチャーチルを、チャーミングな変わり者として演じ切ったゲイリー・オールドマンの名演抜きに、この映画は語れない。彼が今まで演じてきた、ロックスターや悪役などのアウトローの妙演は、政界一の嫌われ者と言われたチャーチルと不思議なほど共通点があるのだ。演説のシーンはどれも見事だが、地下鉄の中で庶民に直接声を聞くシークエンスが素晴らしく感動的である。名もなき国民こそが本当に強く願っていたのだ。「断じて降伏はしない!」と。ジョー・ライト監督は、奥深い人間描写でチャーチルとその周辺の人物たちを見事に描いている。そして特殊メイクの辻一弘の突出した才能が、魅力に満ちたチャーチルを作り上げたことも忘れずに付け加えたい。
【80点】
(原題「DARKEST HOUR」)
(イギリス/ジョー・ライト監督/ゲイリー・オールドマン、クリスティン・スコット・トーマス、リリー・ジェームズ、他)
(歴史秘話度:★★★★☆)


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ロボコップ

ロボコップ 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
ポール・バーホーベン監督による大人気SFアクションのリメイク「ロボコップ」。語り部役のジャーナリストが一番アブない。

世界各地の軍備のロボット化が進む2028年。アメリカの巨大企業オムニコープ社は、ロボット・テクノロジーを牛耳ろうと画策していた。そんな時、デトロイトで愛する家族とともに暮らす勤勉な警官アレックス・マーフィーが、車の爆破に巻きこまれ、身体の大部分を再生不可能なほどに損傷してしまう。だがオムニコープ社の最先端のテクノロジーは、そんなアレックスを“ロボコップ”として再生する。驚異的な犯罪捜査能力を持って次々に凶悪犯罪を解決するロボコップに、世論はロボット擁護に傾いた。だが、アレックスは、失われていく記憶の中で、オムニコープ社の陰謀を知る…。

1987年製作の「ロボコップ」は低予算のカルト的SFアクションだが、バーホーベンの下世話な演出が功を奏して思いがけず大ヒット、2本の続編やTVシリーズも作られた人気作だった。その作品が第1作から約30年の時を経てリメイクされたのが本作。監督は熾烈なポリス・アクション「エリート・スクワッド」が世界中で高く評価されたブラジル人監督のジョゼ・パジーリャだ。ロボコップとなって蘇った主人公がその圧倒的な力で暴れまわることや、自分は人間なのか機械なのかとアイデンティティーを模索して苦悩するのは同じだが、バーホーベン風の確信犯的下品な演出は封印し、ビジュアルもアクションもスタイリッシュなSFアクションに仕上がっている。何しろ、全身ブラックのスーツと赤い光を放つフェイス・バイザーを身にまとったビジュアルがクールでいい。主役を演じるスウェーデン人俳優のジョエル・キナマンは少々地味なのだが、このルックスなら問答無用のヒーローだ。漆黒の大型バイクを駆る姿はさながらバッドマンのようだが、出演者にマイケル・キートンとゲイリー・オールドマンがいるところを見ると、狙った演出に違いない。オリジナルへの敬意を感じるのはバーホーベン映画を思わせる下品でブチ切れたキャラを演じるサミュエル・L・ジャクソンの存在だ。ロボットとオムニコープ社を露骨に支援する過激なジャーナリスト役はとびきりイカレていて、全編を貫くムチャな展開をブラック・ユーモアでしっかりと支えている。
【60点】
(原題「ROBOCOP」)
(アメリカ/ジョゼ・パジーリャ監督/ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、他)
(スタイリッシュ度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

ロボコップ@ぴあ映画生活

映画レビュー「裏切りのサーカス」

裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [Blu-ray]裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [Blu-ray]
クチコミを見る
◆プチレビュー◆
地味だが渋く、複雑だが緻密な“大人仕様”のスパイ映画「裏切りのサーカス」。ゲイリー・オールドマンがいぶし銀の演技を見せる。 【70点】

 1980年代の東西冷戦下、英国諜報部“サーカス”の元スパイ、スマイリーは、新たな指令を受ける。それは組織の中枢に20年も潜入しているソ連の二重スパイを捜し始末せよ、というものだった。4人の幹部組織の男たちに標的を絞り、容疑者を洗い出していくスマイリーは、やがて意外な真実にたどり着く…。

 派手な銃撃戦に、最新鋭の武器、華麗な立ち回りと美女たち。英国諜報部のスパイというと、どうしても007が思い浮かぶため、ついつい華やかなイメージを抱いてしまう。だが、実際のスパイというのは、ずいぶん地味で勤勉である。神経をすり減らす情報戦の中、登場人物の誰もが疲労感たっぷりなのも頷ける。

 原作は、元・英国情報局MI6諜報員の経歴を持つ作家で、スパイ小説の大家ジョン・ル・カレの代表作「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」。彼がMI6在職中に、実際に起こった大事件を基にしているという。

 二重スパイ“モグラ”を探る初老の元幹部スマイリーが、容疑者と目星をつけたのは、組織幹部ティンカー(鍵師)、テイラー(仕立屋)、ソルジャー(兵士)、プアマン(貧者)。東西冷戦期は、情報こそが最大の武器で、そこに権力闘争がからみ、さらにその先には、男たちの野心と哀愁、悲しい愛と理想の影が浮かぶのだ。

 主人公スマイリーを演じるのは、英国の名優ゲイリー・オールドマンだ。悪役もこなせる彼は、かつてはロックスターのシド・ヴィシャスや吸血鬼ドラキュラを演じるなど、尖がった役を得意とした個性派である。その幅広い演技力はそのままに、本作では、不実な妻を愛し抜きながら、冷静な洞察力と静かな行動力で、二重スパイを洗い出す内向的な老スパイを演じ、見る者を魅了する。ほとんど表情を変えないこの主人公の、非情な世界で生きる決意と秘めた正義感が胸を打つ。

 70年代に名優アレック・ギネス主演で約5時間のTVシリーズになったこの物語は、登場人物が多く、設定もかなり複雑で、一度で細部まで理解するのは骨が折れる。物語は遅々として進まないが、一気に謎が氷解するクライマックスの演出が見事だ。シャンソンの名曲「ラ・メール」のメロディにのって、真相がくっきりと姿を現す。そこにはあまりに哀しいロマンスがあった。残ったのは涙の形の銃痕。これこそ大人のためにある渋いミステリーである。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)いぶし銀度:★★★★★

□2011年 英・仏・独合作映画 □原題「TINKER TAILOR SOLDIER SPY」
□監督:トーマス・アレフレッドソン
□出演:ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、マーク・ストロング、他
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

裏切りのサーカス@ぴあ映画生活

レイン・フォール/雨の牙

レイン・フォール/雨の牙 コレクターズ・エディション [DVD]レイン・フォール/雨の牙 コレクターズ・エディション [DVD]
原作はベストセラーの人気シリーズだが、映画はチマチマしたサスペンスという印象だ。物語は、大都市・東京を舞台に、日系アメリカ人で凄腕の殺し屋ジョン・レインが政権汚職と国家間の陰謀に巻き込まれるハード・ボイルド・アクション。ニッポン勘違いや観光案内風な映像は皆無で、せっかくまともな日本描写なのに、物語がそれに応えてくれない。ITや人からの情報、武器の入手などの描写がこう乏しくては、本当に凄腕暗殺者で、本当に国家の危機なのかと疑いたくなる。特に終盤の雑な展開がいただけない。原作者は日本滞在歴も長いという元CIA工作員。なんでもない路地やさびれたアパートなど、どこか無国籍なムードが漂うカメラワークが面白かった。
【55点】
(原題「Rain Fall」)
(日本/マックス・マニックス監督/椎名桔平、長谷川京子、ゲイリー・オールドマン、他)
(迫力度:★★☆☆☆)

人気ブログランキング用バナー

←この記事が気に入ったら、ポチッとクリックお願いします(^o^)

おすすめ情報
最新コメント
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
おすすめ情報
おすすめ情報

おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

  • ライブドアブログ