映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評


【本音で語る新作映画レビュー】
シネマッシモでは、映画レビューはネタバレなしのヒントあり。映画を見る前と見た後と、2度読んで楽しめます。
映画評サイトもこのブログで4代目になりました。すべての映画好きを歓迎します!
(点数は100点が、★は5つが満点)
シネマッシモとは、シネマ(映画)とマッシモ(イタリア語でmax,最大)とを組み合わせた造語。
どうぞゆっくり楽しんでください \(^▽^)/

◎ 今週の気になる映画 ◎
「カフェ・ソサエティ」「ノーエスケイプ」「追憶」「赤毛のアン」etc.

コン・ユ

男と女



子どもたちの国際学校のために、フィンランド・ヘルシンキにやってきたサンミンと海外勤務中のギホンは、二人でフィンランド北部にあるキャンプ場に向かうが、途中、大雪で通行止めとなり森の中の小屋へと向かう。荒涼とした雪原の中、二人は、感情に身を任せ求めあい、名前も知らないまま別れる。それから8ヶ月後のソウル。あの時のことは雪景色が見せたひと時の夢だったのだと思い、日常に戻ったサンミンの前に、突如ギホンが現れる。再会し、惹かれあう二人だったが…。

雪のフィンランドで出会った男女が互いに家庭を持ちながら激しく惹かれあう姿を描くラブ・ストーリー「男と女」。クロード・ルルーシュ監督の名作仏映画と同名の邦題だが、リメークというわけではなく、おそらくインスパイアされたのだろう。共に家庭を持ちながら不倫に溺れるサンミンとギホンには、障害がある子どもを持つという設定で、より禁断の恋のカラーが濃くなっている。雪景色のフィンランドの風景が幻想的な前半、大都会のソウルが舞台の後半と背景はメリハリが効いているが、季節は共に冬で、二人の男女の孤独感が際立つ。キャリアウーマンだが障害を持つ我が子を懸命に育てる日々に疲れ、孤独でやるせない思いを抱えるサンミンを演じるチョン・ドヨンが相変わらず上手い。国際的にも評価が高い彼女は、脱ぎっぷりと大胆な演技が持ち味だが複雑な表情こそが持ち味だ。ドヨンだからこそ、仕事、家庭に疲れ心にぽっかりとあいた穴を埋めるかのように恋に溺れるという“どうしようもなさ”をセリフではなく表情で伝えることができる。「トガニ 幼き瞳の告発」などのコン・ユも、サンミンを追う(ストーカーに限りなく近いのだが…)ギホンの一途さ、情けなさを、静に熱演していた。ラストは、ある意味、予測できるのだが、それでも役者の上手さでひっぱるラブストーリーに仕上がっている。
【55点】
(原題「A MAN AND A WOMAN」)
(韓国/イ・ユンギ監督/チョン・ドヨン、コン・ユ、パク・ビョンウン、他)
(情熱的度:★★★★☆)
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!

人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
男と女|映画情報のぴあ映画生活

映画レビュー「トガニ 幼き瞳の告発」

トガニ 幼き瞳の告発 (オリジナル・バージョン) [Blu-ray]トガニ 幼き瞳の告発 (オリジナル・バージョン) [Blu-ray]
◆プチレビュー◆
実話に基づく児童虐待事件を描く衝撃作「トガニ 幼き瞳の告発」。韓国では法改正まで行われ、映画の力を示す作品となった。 【70点】

 地方都市の聴覚障害者学校に赴任した美術教師イノは、その学校で、校長をはじめ、複数の教職員によって、児童への暴行や性的虐待が日常的に行われていることを知り愕然とする。憤ったイノは、人権センターの女性ユジンと共に、加害者の校長らを告発するが…。

 タイトルの“トガニ”とは、直訳すると“坩堝(るつぼ)”の意味。虐待、性的暴行、隠蔽、無関心。実際に起こったこの異様な事件には、なるほど、さまざまな負の要素がからみあい、混じり合っている。

 しつけと称して行う執拗な体罰や、女子生徒、男子生徒を問わずに繰り返される性的虐待など、壮絶なシーンを真っ向から描く勇気には、作り手の並々ならぬ意欲が見て取れる。聴覚障害を持つ幼い児童へのおぞましい仕打ちもさることながら、事件が明るみに出てからの、学校側のあの手この手での隠蔽工作には、心の底から怒りがこみ上げた。無関心で無責任な行政、収賄と保身にまみれた警察、不条理な法制度もまた罪深い。だが、懸命な努力を積み重ね、決定的な証拠をつかんだイノと子供たちの命がけの戦いには、さらに残酷な運命が待っているのだ。

 この衝撃的な映画で光るのは、子供たちの圧倒的な存在感である。演技とはいえ、このような内容の役柄に、プレッシャーがかからないわけはない。だが、劇中で重要な役を演じる3人の子役たちは、手話を完璧にマスターし、セリフに頼らず感情を吐露するという難役を見事にこなしている。教師たちの卑劣さと対極をなす、いじらしく健気な子供たちの存在。物語の中核をなす法廷シーンでの、子供たちによる息詰まる告発サスペンスは、とりわけ注目だ。

 本作の原作は、コン・ジヨンの同名小説。惨すぎる内容に衝撃を受けた俳優コン・ユが、映画化を切望したそうだ。甘いルックスでラブ・ストーリーのイメージが強いコン・ユだが、本作では、事件への怒りと、それでも変わらない現実の理不尽に苦悩する教師を熱演して素晴らしい。この主人公が、特別な能力もなく、熱い正義漢でもない、弱さを持つごく普通の人間であることが、物語をリアルにした。同時に、もの言わぬ子供たちの心の叫びが際立つ要因にもなっている。

 児童虐待をテーマとしているだけに、目を覆いたくなる場面が多いが、小説も映画も、内容はその無惨な事件の半分も描いていないという。本作は韓国で公開後、大反響を巻き起こし、韓国国民の怒りの声が、事件の再調査、子供への性暴力犯罪の処罰に関する改正法案“トガニ法”の立案を促し、学校も廃校となった。映画は社会を映す鏡だが、映画によって社会に変革をもたらすこともある。私は、そんな映画の“正しい力”を信じたい。

(シネマッシモ評価:★5つが満点)衝撃度:★★★★★

□2011年 韓国映画 □原題「DOGANI/Silenced」
□監督:ファン・ドンヒョク
□出演:コン・ユ、チョン・ユミ、他
チケットぴあ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)

トガニ 幼き瞳の告発@ぴあ映画生活

あなたの初恋探します

あなたの初恋探します プレミアム版 [DVD]あなたの初恋探します プレミアム版 [DVD]
韓国映画らしいキュートなラブ・ストーリー。ミュージカルシーンに監督のこだわりが見える。

舞台監督として忙しい日々を送るジウは、恋愛に前向きになれない30代の女性。かつて旅したインドで出会った初恋の人が忘れられないのだ。そんな娘を心配した父に無理やり連れてこられたのが「初恋探し株式会社」。社長のギジュンは生真面目な性格で、初仕事となるジウの初恋探しに懸命に取り組む。非協力的なジウに困り果てるギジュンだったが…。

第一印象は最悪で、反発しあう男女が、やがて恋に落ちる。ラブコメの定番の展開をしっかり踏襲した作品だ。そこに初恋というロマンチックな味付けを施し、さらに偶然や運命というスパイスを降りかければ、美味しい韓国映画の一丁上がりである。日本でも人気の韓流スターのコン・ユが、生真面目でどこか抜けた「初恋探し株式会社」社長のギジュンと、ヒロインの初恋の相手でワイルドなキム・ジョンウクの一人二役に挑戦し、全く異なるタイプの男性を演じ分けているのが面白い。本作のオリジナルは、韓国で大ヒットを続けるミュージカルで、その名も「キム・ジョンウク探し」。監督のチャン・ユジョンのオリジナル・ミュージカルだそうだ。初監督となる映画でも舞台を意識していて、ジウが思いがけなくミュージカル女優としてステージに立つ「ラストショー」の演出には気合が入っている。一方で、映画ならではの魅力はインドロケ。“ブルーシティ”と呼ばれるジョドプールの風景は、不思議な混沌とさわやかさが混じり合い、エキゾチックに思い出を彩った。最後の最後に登場するエピソードこそ運命の不可思議さ。10年間思い続ける純愛を信じられる粘り強いロマンチスト向けの恋愛映画といえようか。
【55点】
(原題「FINDING MR. DESTINY」)
(韓国/チャン・ユジョン監督/イム・スジョン、コン・ユ、他)
(キュート度:★★★★☆)
チケットぴあ



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ←ランキング参加中です!


人気ブログランキング←この記事が気に入ったらポチッとクリックお願いします(^o^)
あなたの初恋探します@ぴあ映画生活

シネマッシモにようこそ
◇ シネマッシモについて ◇

このブログが気に入ったら、ポチッとクリックお願いします♪
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

映画レビュー用BRバナー
インフォメーション


映画ライター渡まち子が運営するセカンド・ブログ「映画の中に猫がいる」もよろしく!【猫目線】で語る映画評で、のんびり、まったり運営中です(笑)。 猫好きの方、映画好きの方、ぜひ遊びにきてください。相互リンクも募集中!
こちらからどうぞ!
おすすめ情報
作品検索はこちら
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
トラックバック(承認済)
午後8時の訪問者 (映画的・絵画的・音楽的)
午後8時の訪問者
コメント(承認済)
映画レビュー(長文)索引

    
    
    
    
    
    
    
  
    

A−Z
0−9
カテゴリ
お仕事受注
映画評やコラムの執筆、講演など、映画に関する仕事を承ります。連絡はメールでお気軽にどうぞ。

 メールはこちらから↓
cinemassimo555★jcom.home.ne.jp
(★を@に変更して下さい)

執筆やラジオ出演など、メールと電話で対応可能な場合は、全国から仕事を受注していますので、まずはお問合せください。
プロフィール
プロフィール more
◆ペンネーム:渡まち子
◆映画ライター、映画評論家
◆こんなお仕事やってます:
新聞、雑誌、インターネットで、映画評、映画コラム、DVD紹介などを執筆。他にも、映画コメンテーターとしてラジオ出演、大学での公開講座や企業主催の映画セミナーなど、映画に関する幅広い仕事をこなしながら活動中です。
◆青山学院文学部史学科卒業。西洋史が専攻で、卒業論文はベネチア史。学んだことを生きている間に有効に活かせるのだろうか…と、かなり心配。
◆エトセトラ:
古今東西の映画をこよなく愛す、自他ともに認めるシネフィル(映画狂)です。時に苦言を呈すこともあるその映画批評の基本は、映画へのあふれる愛情と自負しています。どんなダメ映画でも必ずひとつはあるイイところを発見するのが得意技。大のサッカー好きで、欧州リーグからJリーグまでTPOに合わせて楽しんでます。
震災には負けない!
リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

icon icon
おすすめ情報
おすすめ情報

twitterやってます!
おすすめ情報

楽天市場
おすすめ情報

Archives
相互リンクについて
相互リンクについて

  ↑ 必ずお読みください。
いいね!もよろしく♪
Facebookをご利用の皆さん、このブログが気に入ったら、ぜひ「いいね!」ボタンをポチッと押してください。 渡まち子の励みになります!
タグクラウド
  • ライブドアブログ